終わってる会社の特徴14選!未来のない会社に留まるリスクとストレスなく辞める方法
悩むビジネスマン

「うちの会社、もしかして終わってる?会社の未来が不安だけど、でもどうすればいいか分からない・・・」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「会社の未来に疑問を持っている人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • 終わってる会社の特徴
  • 終わってる会社から転職する方法
  • 今すぐには辞められないときの対処法

ハルマ@ブログ管理人ハルマ@ブログ管理人

「終わってる会社から転職する流れやストレスなく退職する方法もまとめていきます!今まさに会社の将来性が終わってる、と感じている方はぜひ参考にしてみてください!」

「終わってる会社」とは?本記事での定義

本題に入る前に、「終わってる会社」とは何なのでしょうか?

物価高、円安、コロナ拡大・・・
日本経済にネガティブな影響をもたらし続ける昨今。

これらの影響をダイレクトに受けるのが企業業績。
実際、物価高による倒産は急増し今後もさらに増えるとTDBが公表。

経済の先行き不透明感が漂えば、会社の将来性にも不安は募ります。

しかし、「この会社、終わってるな・・・」
このように感じる終わってる会社の特徴は業績だけではありません。

終わってる会社には「ある共通点」が存在します。

その共通点とは何か?
一言でいうなら「従業員ファーストではない会社」

会社の成長は従業員がいるからこそ成しえること。
従業員の心身やキャリア形成に影響するような会社は終わってる。

なぜなら、企業の成長と従業員エンゲージメントは相関することがすでに報告されているから。

従業員をなおざりにする会社に未来はない。
従って、本記事では「終わってる会社」=「従業員ファーストではない会社」と定義。

業績だけではない終わってる会社の具体的な特徴について、次章で詳しく解説していきます!

関連記事:見切りをつけて逃げた方がいい会社の特徴8選と対策【やばい職場は逃げるが勝ち】

【厳選】終わってる会社の特徴14選

早速終わってる会社の特徴14選を順番に解説していきます。

【厳選】終わってる会社の特徴14選

  1. 挨拶がない会社
  2. 評価制度がない会社
  3. オフィスが汚い会社
  4. 副業を禁止する会社
  5. ITリテラシーが低い会社
  6. 必要経費まで削減する会社
  7. クラッシャー上司がいる会社
  8. 若手とベテランしかいない会社
  9. 優秀な人が次々に辞めていく会社
  10. 社員同士で足を引っ張り合う会社
  11. ハラスメント対策を講じない会社
  12. 経営の理念や方針がすぐに変わる会社
  13. そもそも企業理念が浸透していない会社
  14. サービス残業やサービス出勤がある会社

【特徴1】挨拶がない会社

「挨拶がない会社」

【特徴2】評価制度がない会社

「評価制度がない会社」

【特徴3】オフィスが汚い会社

「オフィスが汚い会社」

【特徴4】副業を禁止する会社

「副業を禁止する会社」

【特徴5】ITリテラシーが低い会社

「ITリテラシーが低い会社」

【特徴6】必要経費まで削減する会社

「必要経費まで削減する会社」

【特徴7】クラッシャー上司がいる会社

「クラッシャー上司がいる会社」

【特徴8】若手とベテランしかいない会社

「若手とベテランしかいない会社」

【特徴9】優秀な人が次々に辞めていく会社

「優秀な人が次々に辞めていく会社」

【特徴10】社員同士で足を引っ張り合う会社

「社員同士で足を引っ張り合う会社」

【特徴11】ハラスメント対策を講じない会社

「ハラスメント対策を講じない会社」

【特徴12】経営の理念や方針がすぐに変わる会社

「経営の理念や方針がすぐに変わる会社」

【特徴13】そもそも企業理念が浸透していない会社

「そもそも企業理念が浸透していない会社」

【特徴14】サービス残業やサービス出勤がある会社

「サービス残業やサービス出勤がある会社」

特徴から分かる終わってる会社に留まるリスク

ここまで終わってる会社の特徴をまとめてきました。
では特徴から分かる終わってる会社に留まるリスクとは何か?

終わってる会社に留まるリスク

  • スキルが身につかない
  • 給与アップが見込めない
  • ワークライフバランスが叶わない

つまり、あなた自身の市場価値は上がらないということ。

終わってる会社は従業員ファーストではない会社。
会社ファーストであって、従業員のキャリア形成など考えてはいません。

終わってる会社から転職したいときの行動・流れ

「業界・企業の将来性への不安」
転職を考え始めたきっかけの上位に入る動機。

気づいている人は、行動が早い。
実際、3年で離職する若者は3割を超えており転職者数は年々増加。

終わってる会社に留まること自体がリスクです。

では具体的に、どのような流れで行動すればいいのか?
終わってる会社から転職したいときの行動・流れについて解説していきます。

【行動1】自己分析からキャリアの棚卸しを行う

「自己分析からキャリアの棚卸しを行う」

自己分析に役立つ!プロのキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【行動2】複数の転職エージェントをフル活用する

「複数の転職エージェントをフル活用する」

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

【行動3】徹底的に面接対策を行って苦手意識を克服する

「徹底的に面接対策を行って苦手意識を克服する」

苦手意識を持ったまま受けても良い結果は得られない。
事前の面接対策(模擬面接や企業分析)は転職活動では必須な作業。

内定率を少しでも上げる意味でも対策は重要だと断言できます。

ではどうすればいいのか?
面接対策についても転職エージェントをうまく活用しましょう。

模擬面接や企業分析などアドバイスをもらえます。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

ストレスなく終わってる会社を退職する方法

無事に内定をゲット!
転職先が決まっても、退職の旨報告する必要があります。

しかし、終わっている会社なのでカウンターオファーを繰り出す可能性もゼロではない。

上司の顔も見たくないし職場は居心地が悪い。
そんなストレスなく終わってる会社を退職する方法があります!

それが「退職代行サービス」
退職代行サービスを利用することで、自分で報告することなく辞められます。

労働組合or弁護士が対応!安心の退職代行サービスおすすめ3選

今すぐには終わってる会社を辞められないときの対処法

今すぐには終わってる会社を辞められないときの対処法をまとめていきます。

【対処法1】いつでも転職できるように情報収集を行う

「いつでも転職できるように情報収集を行う」

【対処法2】副業に挑戦してスキルも収入も増やす

「副業に挑戦してスキルも収入も増やす」

【対処法3】キャリアのプロに相談して方向性を見出す

「キャリアのプロに相談して方向性を見出す」

まとめ:終わってる会社に留まることが何よりのリスク

終わってる会社の特徴とストレスなく辞める方法をまとめてきました。

改めて、終わってる会社の特徴をまとめると、

【厳選】終わってる会社の特徴14選

  1. 挨拶がない会社
  2. 評価制度がない会社
  3. オフィスが汚い会社
  4. 副業を禁止する会社
  5. ITリテラシーが低い会社
  6. 必要経費まで削減する会社
  7. クラッシャー上司がいる会社
  8. 若手とベテランしかいない会社
  9. 優秀な人が次々に辞めていく会社
  10. 社員同士で足を引っ張り合う会社
  11. ハラスメント対策を講じない会社
  12. 経営の理念や方針がすぐに変わる会社
  13. そもそも企業理念が浸透していない会社
  14. サービス残業やサービス出勤がある会社

自己分析に役立つ!プロのキャリアコーチングサービスおすすめ3選