仕事を辞めた方がいいサイン10選と最適な辞め時【やめなさいのサインとは】
仕事に悩む人

「仕事辞めたい。。でも職場の人に迷惑かけてしまうから辞められない。。このままだと精神が崩壊しそう、どうすればいい?」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「仕事を辞めようか悩んでいる人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • 仕事を辞めた方がいいサイン
  • サインを受けて最適な辞め時
  • 仕事の辞め時を決めたら次に取り組むべき行動

ハルマ@ブログ管理人ハルマ@ブログ管理人

「仕事を辞める時にストレスをためないためのポイントもまとめていきます。今まさに仕事に悩み、辞めようか迷っている人はぜひ参考にしてみてください!」

仕事を辞めた方がいいサイン10選

9割もの社会人が仕事辞めたいと思ったことがあると回答。

どんな時に辞めたいと感じるのか?
仕事をやめなさいのサインを一言でいうなら、心身の不調。

そして、特徴は「一人で抱え込みやすい人」

大事なのはあなた自身の健康。

健康以上に大切なことなどありません。
実際、「こころの健康」は自分らしく生きるための重要な条件だと厚労省が公言しています。

仕事を辞めた方がいいサイン10選をまとめていきます。

【サイン1】将来への希望が湧いてこない

まず1つ目のサインが「将来への希望が湧いてこない」

仕事に追い込まれた男性

「この会社は未来のビジョンが全く見えないのです。自分にはやりたいことや夢がないのでこのままこの会社に居続けるとずるずると何の夢もみることもなく終わるような気がします。」
引用: Yahoo!知恵袋「退職」

【サイン2】職場に相談できる人がいない

次に2つ目のサインが「職場に相談できる人がいない」

【サイン3】尊敬できる人が一人もいない

3つ目のサインが「尊敬できる人が一人もいない」

【サイン4】休日誰とも会いたいと思わない

4つ目のサインが「休日誰とも会いたいと思わない」

うつ病の前兆。

【サイン5】転勤・社内異動の辞令を受けた

5つ目のサインが「転勤・社内異動の辞令を受けた」

【サイン6】今まで楽しかったことが楽しめない

6つ目のサインが「今まで楽しかったことが楽しめない」

【サイン7】会社にいると定時ばかり気にする

7つ目のサインが「会社にいると定時ばかり気にする」

【サイン8】仕事でミスしても改善する気が起きない

8つ目のサインが「仕事でミスしても改善する気が起きない」

【サイン9】会社に対して期待より不安の方が大きい

9つ目のサインが「会社に対して期待より不安の方が大きい」

【サイン10】休日明けに仕事を考えると虚しさが募る

そして最後のサインが「休日明けに仕事を考えると虚しさが募る」

仕事をやめなさいのサインを受けて最適な辞め時とは

仕事を辞めた方がいいサインが分かりました。
では仕事をやめなさいのサインを受けて最適な辞め時とはいつか?

結論からいうと、「今」
仕事を辞めた方がいいと感じた「今」が最適な辞め時です。

それは、心身の健康を最優先に考えた結果。
今以上に、最適な辞め時など存在しません。

とはいえ、今すぐ会社を辞められるのか?
と聞かれれば現実問題、難しいのが本音としてあります。

つまり最適な辞め時とは、事前に退職日を自分で決めておくこと。

Xデーに向けて準備を始める「今」が最適な辞め時だといえます。
円満退社も考慮し、具体的な動き出すタイミングを雇用形態別にご紹介していきます。

会社員の場合は就業規則に従うのがベター

会社員の場合は就業規則に従うのがベターです。

大前提として、労働者には職業選択の自由があります。
民法でも「退職の申出は2週間前まで」に行うことで雇用契約は解除されます。

ただし、会社の就業規則にも退職申告の期間が明記されています。

一般的な期間は「1カ月前」
何のための期間なのか?具体的には、

・業務の引継ぎ
・人材の確保 など

退職が出た時の猶予期間として設定されています。。
そのため、円満退社を考えるなら就業規則に記載の期間に従って退職するのがベター。

社会的ルール(会社と労働者の関係性)を守って辞めるのが大切。

なんですが、「合意退職」という方法も存在します。
労働者が即日退職の希望を申告し、会社側が合意すれば即日退職となる方法。

一方的に雇用を解除する「解雇」とは異なります。
お互いの合意の上で成立するため、退職のリスクやトラブルもありません。

いずれにしてもまずは会社の就業規則を確認しましょう。
確認後、期間に従って退職日を設定しておくのがよいでしょう。

契約社員の場合は原則契約満了がベストな辞め時

契約社員の場合は原則契約満了がベストな辞め時です。

期間の定めのある労働契約は、労働者と使用者の合意により契約期間を定めたものであり、契約期間の満了によって労働契約は自動的に終了する

パートの場合は会社や上司に相談し決めるのが最適

パートの場合は会社や上司に相談し決めるのが最適です。

仕事の辞め時を決めたら次に取り組むべき行動

仕事の辞め時は、他の誰でもないあなたが決めること。

会社でも上司でもありません。
「辞めます」と報告するまで辞めることは基本出来ません。

最適な辞め時を決めたら、具体的な行動に移りましょう。

内容は非常にシンプル、難しくありません。
仕事の辞め時を決めたら次に取り組むべき行動を順番にまとめていきます。

【行動1】まずは自己分析を必ず行う

まずは「自己分析を必ず行う」

自己分析に役立つ!プロのキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【行動2】次に転職活動を行って転職先を決める

次に「転職活動を行って転職先を決める」

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

【行動3】そして退職に向けて会社・上司に報告する

そして「退職に向けて会社・上司に報告する」

労働組合or弁護士が対応!安心の退職代行サービスおすすめ3選

仕事を辞める時にストレスをためないためのポイント

ストレスをためないこと。
そのための事前準備が重要だということ。

仕事を辞める時にストレスをためないためのポイントをまとめていきます。

【ポイント1】必ず転職先が決まってから退職する

「必ず転職先が決まってから退職する」

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

【ポイント2】面接が苦手なら模擬面接を活用し練習する

「面接が苦手なら模擬面接を活用し練習する」

自己分析に役立つ!プロのキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【ポイント3】書類が苦手なら書類選考なしの求人に応募する

「書類が苦手なら書類選考なしの求人に応募する」

【ポイント4】退職報告が億劫なら代行サービスを利用する

「退職報告が億劫なら代行サービスを利用する」

労働組合or弁護士が対応!安心の退職代行サービスおすすめ3選

【ポイント5】内定ゼロも想定し失業保険について調べておく

「内定ゼロも想定し失業保険について調べておく」

【参考】仕事を辞めた方がいいサインを繰り返さないために

誰もサインは受け取りたくない。
健康で、健やかな生活を送りたい。
仕事も頑張りたい、キャリアも築きたい。

仕事を辞めた方がいいサインを繰り返さないためにどうすればいいのか?

結論からいうと、転職先を徹底的にリサーチすること。

ブラック企業は必ず存在する。
7割近くが法令違反の会社。

なので慎重に企業選びは行うべき。
自己分析だけでなく企業分析も重要ですが、個人で行うのは至難の業。

そこで有効な手段が「転職エージェント」の力を借りる方法。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

まとめ:仕事を辞めた方がいいサインと最適な辞め時

仕事を辞めた方がいいサインと最適な辞め時をまとめてきました。

改めて、仕事を辞めた方がいいサインをまとめると、

仕事を辞めた方がいいサイン10選

  1. 将来への希望が湧いてこない
  2. 職場に相談できる人がいない
  3. 尊敬できる人が一人もいない
  4. 休日誰とも会いたいと思わない
  5. 転勤・社内異動の辞令を受けた
  6. 今まで楽しかったことが楽しめない
  7. 会社にいると定時ばかり気にする
  8. 仕事でミスしても改善する気が起きない
  9. 会社に対して期待より不安の方が大きい
  10. 休日明けに仕事を考えると虚しさが募る

労働組合or弁護士が対応!安心の退職代行サービスおすすめ3選