「人手不足でざまあみろ!」と感じた本音とブラック企業を倒産に追い込む唯一の方法
喜ぶ男性

「人手不足でざまあみろと言いたい!実際に辞めた人たちはどう感じているんだろう?辞めることで何か状況は変わる?」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「今すぐにでも辞めて人手不足でざまあみろ!と言いたい人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • 人手不足でざまあみろと感じた経験者の本音
  • ブラック企業を倒産に追い込む唯一の方法
  • 職場が人手不足となってざまあみろと追い込む手順

ハルマ@ブログ管理人ハルマ@ブログ管理人

「会社を辞めてあなたも「人手不足でざまあみろ!」と心の中で思いたいなら、ぜひ最後まで読み進めてみてください!体験談からリアルな本音と具体的な手順まで知ることができます。」

「人手不足でざまあみろ!」と感じた本音

早速、「人手不足でざまあみろ!」と感じた本音をまとめていきます。

【本音1】職場が危機的状況でざまあみろ!

辞めたら人手が足りず「職場が危機的状況でざまあみろ!」

退職後も会社や職場の状況は気になるもの。
残る社員や後輩に聞いてみると、その多くは回ってないと話します。

会社が苦しむ状況をみると「人手不足でざまあみろ!」と感じるのでしょう。

【本音2】辞めたら人手不足に拍車がかかりざまあみろ!

連鎖的に「辞めたら人手不足に拍車がかかりざまあみろ!」

この現象を「連鎖退職」ともいいます。
次々に辞める会社には、必ず理由があります。

人手不足に拍車がかかってざまあみろと心底思うようです。

関連記事:優秀な人ほど見切りが早い3つの理由と辞めるべき職場の特徴【優秀な人が辞めた後】

【本音3】会社が人手不足で苦しんでいてざまあみろ!

最も実感したいのが「会社が人手不足で苦しんでいてざまあみろ!」

辞めると結果的にどうなるのか?
職場全体が人手不足に困窮し、会社は苦しみます。

それほど、会社にとって従業員は重要。
従業員なくして会社も職場も回るはずはありません。

【本音4】良い職場なら人手不足にならない(=ざまあみろ!と思わない)

ホワイトな会社なら「良い職場なら人手不足にならない(=ざまあみろ!と思わない)」

回らないほど人手不足なら、募集をかける必要があります。
本音にもあるように、良い職場なら人手不足になどなりません。

なぜなら、良い職場で働きたいとみんな心から思っているから。

それでも人手が集まらない会社は存在します。
そのような会社に対してのみ「人手不足でざまあみろ!」と感じるのが本音です。

人手不足でざまあみろと実感するorしない決定的な違い

結局のところ、人手不足でざまあみろと実感するorしない決定的な違いは何か?

結論からいうと、ブラック企業かどうかの違いです。
今すぐにでも崩壊してほしい職場なら、人手不足でざまあみろと感じます。

なぜなら、良い会社、職場には勝手に人が集まるから。
人手不足で困る、まして倒産にまで追い込まれることもありません。

辞める時も「ざまあみろ!」など考えるはずありません。
お世話になった会社であれば、心から感謝の意を表します。

ただ多くは、ネガティブな理由で辞めていきます。
実際、10人中7人は退職理由の本音を会社に伝えていないようです。
(出典:エン・ジャパン「退職理由のホンネと建前」

本音の退職理由トップは「人間関係が悪かった」

つまり、会社と社員との関係はそれほど悪かったということ。
働く社員を大事にしない会社・職場は、いずれ淘汰される末路が待っています。

そして、社員が辞めた後に心の底から「人手不足でざまあみろ!」と感じることでしょう。

関連記事:「退職してざまあみろ!」←辞めた時のリアルな心境とボロクソに言わせない対処法

ブラック企業を倒産に追い込む方法は「あなたが辞めること」

ブラック企業を辞めると「人手不足でざまあみろ!」と感じます。
実際、退職後の状況をみても人手不足に拍車がかかり危機的状況に陥るのは明白。

つまり、ブラック企業を倒産に追い込む方法は「あなたが辞めること」

人手不足に陥れば、倒産する会社は増えます。
あなたが辞めるだけでもブラック企業は世の中から減ります。

口コミだけでなくTSRの調査をみても、人手不足で倒産件数は増えているのが分かります。

ひろゆき氏もブラック企業を潰す方法は「従業員が一斉に辞めること」と語っています。

「ホワイト企業」だけを増やす好循環

  1. 「まずはブラック企業を辞めて、次はちゃんとした企業を選ぼう」
  2. 「生活保護に頼りながら、自分の価値を認めてくれるところで働こう」
  3. 「お金の心配がなくなったから、この隙にスキルを磨いて、もっと稼げるようになろう」

人手不足でざまあみろと感じるのはもちろんのこと。
それ以上に、あなたの退職は社会のためにもつながるということです。

関連記事:見切りをつけて逃げた方がいい会社の特徴8選と対策【やばい職場は逃げるが勝ち】

職場が人手不足となってざまあみろと追い込む手順と対処法

ではどうすれば、次はちゃんとした企業を選べるのか?
職場が人手不足となってざまあみろと追い込む手順と対処法を解説していきます!

【手順1】まずは転職活動を行って情報収集を行う

まずは「転職活動を行って情報収集を行う」

退職して転職することが大前提です。
そのため、まずは情報収集を行う必要があります。

情報収集しなければ、ちゃんとした企業がどこなのか?選ぶこともできません。

そして個人で情報収集しても限界があります。
会社の内情まで調べる術はなく、表面上の情報しか得られません。

人手不足に陥るやばい会社に転職したくない方は、必ず転職エージェントを活用しましょう

転職エージェントを活用すれば、会社の内情まで知れます。
社長はどんな人柄で、何のために求人を出しているのか?

求人の掲載も常時ではなく、事業拡大のためなど増強のためなのか?

情報収集することで「ちゃんとした企業」に巡り合えます。
この事前準備を入念に行うか、怠るかで先のキャリアは決まると言っても過言ではありません。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

【手順2】自己分析を徹底しキャリアの方向性を決める

情報収集しながら「自己分析を徹底しキャリアの方向性を決める」

会社の情報だけでなく自分自身のことも見つめ直しましょう。
どんなキャリアを歩みたいのか?仕事の強みや弱みはなんなのか?

キャリアの方向性が決まらないと、選ぶべき会社も定まりません。

この方法を「自己分析」ともいいます。
一人でもできますが、プロに相談することを強くおすすめします。

なぜなら、大半はやり方を間違っているから。
結果、企業とのミスマッチが起きて再び転職する羽目になります。

プロのキャリアコーチングに相談すれば、知らなかった自分と出会えます

無料のカウンセリングを受けるだけでも心は軽くなります。
悩みは一人ではなく、誰かに相談するから早期解決へとつながります。

自己分析に役立つ!プロのキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【手順3】退職代行サービスを利用してサクッと辞める

そして「退職代行サービスを利用してサクッと辞める」

  • 「上司が怖くて退職を切り出せない。」
  • 「どうすれば会社を辞められるのか分からない。」
  • 「退職日までの期間、職場に留まるのが気まずい。」

これらの悩みを解消してくれるのが「退職代行サービス」
その名の通り、あなたに代わって退職を代行してくれるサービスのこと。

メディア、テレビでも話題のサービス。
いまや認知度も高く、退職成功率は100%のサービスも存在します

退職で煩わしいストレスを感じたくない。
早々に辞めて気分を晴らしたい!そのように考える方は、ぜひ活用してみてください。

相談も24時間365日対応で、安心して退職することが可能です。

労働組合or弁護士が対応!安心の退職代行サービスおすすめ3選

まとめ:ブラック企業を人手不足で倒産に追い込みさせてざまあみろ!

人手不足でざまあみろと感じた本音と退職までの手順をまとめてきました。

改めて、人手不足でざまあみろと感じた本音をまとめると、

人手不足でざまあみろと感じた本音

  1. 職場が危機的状況でざまあみろ!
  2. 辞めたら人手不足に拍車がかかりざまあみろ!
  3. 会社が人手不足で苦しんでいてざまあみろ!
  4. 良い職場なら人手不足にならない(=ざまあみろ!と思わない)

自己分析に役立つ!プロのキャリアコーチングサービスおすすめ3選

労働組合or弁護士が対応!安心の退職代行サービスおすすめ3選