優秀な人ほど見切りが早い3つの理由と辞めるべき職場の特徴【優秀な人が辞めた後】
悩むビジネスマン

「なぜ優秀な人は見切りが早い?そして優秀な人が立て続けに辞める職場は、それほどヤバイ職場ってこと?」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「優秀な人が立て続けに辞める職場の将来性に不安を抱いている人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • 優秀な人ほど見切りが早い理由
  • 優秀な人も見切りが早い辞めるべき職場の特徴
  • 退職時の注意点と見切りをつけるのが早い人の共通点

あなたも、疑問に思ったことはありませんか?

「なぜ優秀な人ほど、見切りが早いのか。」

早いのには必ず理由があります。
そして辞める職場にも、ある特徴があります。

留まってもリスクしかないことに、早く気づいた方がいい。

優秀な人ほど見切りが早い理由と会社を辞める時の注意点を詳しく解説していきます。

ハルマ@ブログ管理人ハルマ@ブログ管理人

「優秀な人も見切りが早い辞めるべき職場の特徴も詳しく解説していきます!今まさに職場の将来に不安を覚える方は、ぜひ参考にしてみてください!」

優秀な人ほど見切りが早い3つの理由

職場で優秀な人ってどんな人でしょうか?
優秀の意味を調べると、「非常にすぐれていること。また、そのさま。」

つまり一言でいえば、優秀な人ほど行動力があるということ。

「先回り力」とも置き換えられますね。
行動力があるから優秀なのであって、優秀でなければ行動力はありません。

なぜなら、人間のほとんどは行動しない生き物だから。
(これを「262の法則」ともいい、優秀な人はわずか2割)

そして、見切りが早い最たる原因は「会社の将来性」

どういうことなのか?
具体的な優秀な人ほど見切りが早い3つの理由をまとめていきます。

【理由1】自分で将来予測を立てているから

まず1つ目の理由が「自分で将来予測を立てているから」

「将来予測」とは、自分のキャリアと会社の将来性。
優秀な人とは、常に最悪のシナリオを想定して動いています。

キャリアに影響するなら早々に見切って動きます。
なぜなら、叶わない場所に留まってもメリットがないことを知っているから。

だからこそ行動力があるんです。
5年後、10年後のキャリアに現職では叶えられるのか?

常に未来を生きているのが優秀な人に特徴ともいえます。

【理由2】変化を恐れず物事に対して柔軟だから

次に2つ目の理由が「変化を恐れず物事に対して柔軟だから」

人間は、変化を恐れる生き物です。
リスクだと分かっていても変化を嫌って、変化しない選択肢をとります。

変化しないまま留まるとどうなるか?
いわゆる「茹でガエル現象」という状況に陥ります。

しかし、優秀な人というのは行動力があります。
変化を恐れず、果敢に挑戦し柔軟に対処していきます。

ビジネスで生き残れるのは、環境に適応した人。
頭のいい人でも、会社に従順な人でもありません。

優秀な人ほど見切りが早いのは、変化を恐れない勇敢な証拠です。

【理由3】常にリスクヘッジし行動しているから

そして3つ目の理由が「常にリスクヘッジし行動しているから」

会社は常にリスクヘッジを想定しています。
また優秀な人も同様に、自分自身のリスクヘッジを行っています。

いつ何が起こるか分からない昨今。
万が一、リストラなどあっても困らないように。

行動できない人は、リスクであることに気づいていません。

優秀な人も見切りが早い辞めるべき職場の特徴

優秀な人ほど見切りが早いです。

それは行動力があるから。
そして、行動力を起こす最たる原因は会社の将来性。

結論、優秀な人ほど見切りが早い会社は将来性のない会社。

では具体的に、辞めるべき職場の特徴とは?
特徴が分かれば、優秀な人ほど見切りが早い理由にも納得感が生まれます。

優秀な人も見切りが早い辞めるべき職場の特徴を解説していきます。

【特徴1】働き方が時代遅れな職場

まず1つ目の特徴が「働き方が時代遅れな職場」

これほど社会が多様化する昨今。
働き方も時代遅れでは、社員の不満は募ります。

実際、社会人の7割が働き方および働く環境に不満があると回答。
(出典:ザイマックス総研「首都圏オフィスワーカー調査」

具体的には、副業、リモートワークの可否。
これら働き方の選択肢が増えるのは、従業員の満足度を上げるため。

ひいては、会社の利益にも直結する施策であるため。
それをなおざりにすると、優秀な人も早々に見切るのは当然。

もはや将来性ゼロ、辞めるべき職場の最たる特徴だといえます。

【特徴2】適正な評価を受けられない職場

次に2つ目の特徴が「適正な評価を受けられない職場」

優秀な人ほど、自身に誇りをもって行動しています。

しかし、不透明な人事評価では報われない。
まして上司の主観や気分で仕事が評価されるなど言語道断。

評価に意見しても聞き入れない。
部下の意見が通らない職場は、自己評価も報われない職場。

つまり、早々に見切るのが賢明になるのは当然の結果。
働く社員が報われる、社員ファーストは会社を目指すべきだといえます。

【特徴3】キャリアの選択肢が少ない職場

そして3つ目の特徴が「キャリアの選択肢が少ない職場」

出世できない、上がつかえている。
キャリアの多様な選択肢を準備しておくのも会社の役目です。

しかし、選択できないならキャリアの幅も広がらない。
従業員の将来性には期待できず、留まるメリットもなくなります。

優秀な人が見切って突然辞めた後の職場はどうなる?

優秀な人が早々に見切る原因は会社の将来性。

そんな優秀な人が次々に辞める職場に待ち構える末路とは?
優秀な人が見切って突然辞めた後の職場はどうなるか、解説します。

【状況1】職場の雰囲気が悪くなる

まず1つ目の辞めた後の状況は「職場の雰囲気が悪くなる」

迷う女性

「何人もの優秀な人達が辞めてます。先に辞めた人達もお局の虐めが原因です。会社にも報告して辞めたそうです。結局、人の入れ替えで、仕事出来る人が育たず、お局が居ないといけない状態です。今回の件も私が悪者で終了しました。疲れました。早く逃げて帰りたいです。こんな雰囲気の職場にいたくないです。」
引用: Yahoo!知恵袋「職場の悩み」

従業員のネガティブな退職は、残された従業員に伝播します。

職場の雰囲気も悪くなります。
上記体験談からも分かる通り、連鎖的に他も逃げたくなります。

【状況2】社員のモチベーションが低下する

次に2つ目の辞めた後の状況は「社員のモチベーションが低下する」

職場の雰囲気が悪くなれば、社員のモチベーションも低下します。

そしてモチベーションは、エンゲージメントにも影響。
エンゲージメントが向上すれば退職率低下に寄与することは報告されています。

つまりモチベーション低下は、結果的に退職に繋がるということ。

優秀な人ほどすぐに見切るのはそのため。
社員のモチベーション維持のための対策は、会社の重要課題だといえます。

【状況3】生産性は低下し一人当たりの業務量が増える

そして3つ目の辞めた後の状況は「生産性は低下し一人当たりの業務量が増える」

優秀な人に業務は集中します。
しかし、業務の大半を回していた優秀な人がいなくなったら?

誰かが穴は埋めなければなりません。
結果、以前に比べて一人当たりの業務量は増えます。

これを「262の法則」とも言います。

ただ業務量が増えるだけではありません。
業務の効率性も低下するため、生産性も低下します。

つまり、会社の利益にも影響するということ。
それほど優秀な人の存在が大きいことを、辞めた後に思い知らされる末路が待っています。

見切りが早い優秀な人に続いて会社を辞める時の注意点

頭を抱えた男性

「将来性のない会社には留まりたくない!でもどうすれば?優秀な人のように早々に見切るにも準備が・・辞める時は何に注意すればいいですか?」

優秀な人ほど見切りは早いです。
では優秀な人に続いて会社を辞める時、何に注意すればいいのか?

ここでは見切りが早い優秀な人に続いて会社を辞める時の注意点をまとめていきます。

【注意点1】必ず転職先が決まってから辞める

大前提として「必ず転職先が決まってから辞める」

内定をもらってから退職するようにしましょう。
転職先が決まってないまま、見切り発車で辞めるのはリスクが高いです。

リスクというのは、経済的かつ精神的な不安定さ。

しかし転職先が決まっていればこれらリスクは解消されます。
かついつでも辞められる安心感も得られるため、必ず先に転職活動を行いましょう。

そのための手段の一つに取り入れるべきなのが「転職エージェント」

転職エージェントを活用すれば、効率よく内定を獲得できます。
あなたの適性や叶えたい働き方を考慮し、最適な会社の求人を紹介してくれます

求人紹介だけでなく年収交渉など煩わしいやり取りも代行してくれます。

登録から内定獲得までの利用はすべて無料。
利用しない手はどこにもなく、転ばぬ先の杖としても役立ちます。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

【注意点2】自己分析から将来のキャリアを見定める

転職活動を始める前に「自己分析から将来のキャリアを見定める」

なぜ自己分析は必要なのか?
就活だけでなく転職活動時にも自己分析は必須です。

なぜなら、自己分析が不完全では進むべき方向性が見えてこないから。

  • いったい仕事で何をしたいのか?
  • 何を成し遂げたいのか?そのための仕事は何が最適か?
  • 自分の強みや弱み、得意なこと・不得意なことは何か?

つまり、キャリアの軸が定まらないということ。
方向性が定まらないまま転職しても、また同じ轍を踏むだけです。

とはいえ、自己分析は一人でできるほど簡単なものではない。

時間がかかるうえ、そもそもどうすればいいかも分からない。
そんな方におすすめなのが「プロのキャリアコーチングサービス」

自己分析はプロに相談しながら進めるのが確実かつ効率的です。

一人で迷うより、プロに相談するだけで悩みの解消は早まります。
無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロのキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【注意点3】ブラック企業は排除して転職活動を行う

同じ轍を踏まないように「ブラック企業は排除して転職活動を行う」

そもそもブラック企業を排除して転職活動は行えるのか?
結論からいうと可能で、そのための方法が「転職エージェントの活用」

転職エージェントの中にはブラック企業を排除し求人を紹介するサービスもあります。

ブラック企業に出くわしたくない方。
求人の段階からやばい会社に応募したくない方は、ぜひご活用ください。

ブラック企業を徹底排除!転職エージェントおすすめ3選

【注意点4】引き留められても退職の強い意志を示す

辞める報告をしても「引き留められても退職の強い意志を示す」

6割以上の上司が、退職意向のある社員に対してカウンターオファーを行ったことがあると回答した調査結果があります。

優秀な人であればあるほど引き留めにあいます。
退職の意思が強いなら、しっかり意思を表明しましょう。

【注意点5】退職を切り出せないなら代行サービスを利用する

どうしても「退職を切り出せないなら代行サービスを利用する」

いまや退職代行サービスの認知度は約6割。
「退職」を重く考える必要も、煩雑な手続きも行わなくて辞められます

  • 上司に退職の報告をするのが怖い
  • どうやって伝えたらいいかも分からない
  • 退職を伝えても職場に留まるのは気が引ける

退職のことを考えて消耗してはいませんか?

退職代行サービスを使えばストレスなく辞められます。
自分のタイミングで、簡単に辞められる方法がすでに準備されています。

あとは勇気を出して行動するのみ。
退職代行サービスに連絡すれば、あとは退職完了まで進めてくれます。

労働組合or弁護士が対応!安心の退職代行サービスおすすめ3選

見切りをつけるのが早い人の共通点は「疑問」を持てるかどうか

ここまで、優秀な人ほど見切りが早い理由と原因について解説してきました。

優秀な人は行動力があります。
行動力があるから、見切るのも早いのです。

そして見切りをつけるのが早い人の共通点は「疑問」を持てるかどうかです。

つまり、現状の当たり前を疑えるかどうか。
疑問に思えない人は、すでに茹でガエル状態の可能性が高いです。

一歩踏み出すことで見える景色は広がります。
優秀な人ほど、常に最悪のシナリオを想定し危機管理能力に長けています。

現状に疑問を持ち、辞めるべき職場の特徴に当てはまるなら。

そして優秀な人が見切り、動いているなら。
すでにあなたも、動く時なのではないでしょうか?

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

まとめ:優秀な人ほど見切りが早い理由と辞めるべき職場の特徴

優秀な人ほど見切りが早い理由と辞めるべき職場の特徴をまとめてきました。

改めて、優秀な人ほど見切りが早い理由をまとめると、

優秀な人ほど見切りが早い理由

  1. 自分で将来予測を立てているから
  2. 変化を恐れず物事に対して柔軟だから
  3. 常にリスクヘッジし行動しているから

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)