【辞めたい】パーソルキャリアはやばいと言われる5つの理由と評判を口コミや競合比較から検証
悩むビジネスマン

「パーソルキャリアはやばいってホント?評判を教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「パーソルキャリアに就職・転職を考えている人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • パーソルキャリアはやばいと言われる理由
  • 同業他社を比較したパーソルキャリアのやばい評判
  • パーソルキャリアに向いてる人の特徴と最適な就活支援

テレビCMやSNSでも話題の「パーソルキャリア」

パーソルホールディングス株式会社の子会社の一つ。
転職サービスの「doda」をはじめ、様々な人材サービスを手掛ける会社です。

そんな大手企業のパーソルキャリアをGoogle検索してみると、以下のワードがヒットしました。

「パーソルキャリア やばい」

他にも「パーソルキャリア 激務」や「パーソルキャリア 辞めたい」など。
到底ポジティブとは思えない関連ワードが出現していることが分かります。

悪評ともとれる情報が出回っていますが本当なのでしょうか?
就職や転職を検討している方にとっては、非常に気になる情報です。

そこで本記事ではパーソルキャリアの評判をリサーチ!
元従業員の口コミや競合他社との比較から真相を検証していきます!

本記事の結論を先にお伝えすると・・・

パーソルキャリアはやばいと言われる理由は「利用者の主観」
つまり、やばいと感じる人もいればまったくひどいと感じない人もいるということ。

悪評が流れるのはこれらやばいと感じた元社員によるもの。

客観的にみれば特にやばい実態は確認できず。
やばい情報が気になる方は、就活の専門家に一度相談することを強くおすすめします。

その就活の専門家というのが「就活エージェント」

個人でリサーチするにも限界があります。
企業分析するにも業界に精通するプロに相談するのが賢明です。

無料の個別カウンセリングから自分に本当に合った企業を紹介してくれます。

【無料】早期の内定獲得を実現!就活生・新卒向け就活エージェントおすすめ3選

転職活動中の方は「転職エージェント」をフル活用しましょう

企業の内情だけでなく労働環境までリサーチできます。
年収交渉も代行してくれるため、有効かつ効率的に活動を進められるメリットがあります。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

パーソルキャリアとはどんな会社?会社概要まとめ

パーソルキャリアはやばいと言われる理由を解説する前に。
パーソルキャリアとはどんな会社か?会社概要をまとめておきます。

社名 パーソルキャリア株式会社
本社所在地 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
従業員数(単体) 4,538名(有期社員含む グループ会社出向中の者は除く 2022年3月1日時点)
事業内容 人材紹介サービス
求人メディアの運営
転職・就職支援
採用・経営支援
副業・兼業・フリーランス支援サービスの提供

パーソルキャリアはやばいと言われる5つの理由

ここから早速、パーソルキャリアはやばいと言われる5つの理由について触れていきます。

【理由1】ノルマが多く激務だからやばい?

絶望する男性

「リクルートは強烈なノルマの世界で人材担当をしているのだから仕方ないところあるけど。かなり、リクルート離れが進んでますね。まだ、JACやパーソルやパソナやロンザンなどのほうがましとの意見が多い。」
引用: Yahoo!知恵袋「転職」

就職希望者で最も気になる情報が「ノルマが多く激務だからやばい?」

結論からいうと、ノルマは多いです。
ノルマが多いから激務にもなりがちだといえます。

特に激務になりがちなのが、アドバイザーなどの「営業職」
実際、パーソルキャリアの職種別の残業時間を比較しても明らかです。

パーソルキャリア
職種別の比較情報
キャリアアドバイザー コンサルタント 人材紹介 事務 エンジニア
残業時間(月間) 39.4時間 35.9時間 45.6時間 27.5時間 16.5時間

(出典:OpenWork「パーソルキャリア株式会社」

営業職が軒並み残業時間は多い状況。
一方、事務やエンジニアなどの管理系は著しく少ないのがわかります。

また、元社員の口コミをみてもノルマに対する不満は多い。
なかでも目立つのが「厳しいノルマを課せられてもインセンティブは安い」

仕事に疲れた女性

「他の大手に比べて、住宅補助などの制度がない割に、激務なのに給料が割に合わない。社長を大事にしてるとは口では言っているが、もう少し働く社員のことを考えて寄り添った福利厚生にした方が良いと思う。」
引用: 転職会議「パーソルキャリア株式会社」

パーソルキャリアに就職・転職したい。
でもノルマも多くて、激務な生活は送りたくない!

そんな方は、職種選びは慎重に行うのが良いかもしれません。

【理由2】離職率が高いブラックだからやばい?

ノルマだけでなく労働環境で気になるのが「離職率が高いブラックだからやばい?」

結論、パーソルキャリアは離職率を公表していません。
正式な情報開示がないため、高いか低いかの判断も不可能。

ですが、パーソルキャリアは人材紹介をメインに手掛ける会社です。

人材業界の離職率は高くなりがちだといえます。
なぜなら、労働集約型のビジネスで一人の担当業務は多いから。

実際、厚労省の「雇用動向調査」をみても人材業界が含まれるサービス業の離職率は『18.7%』
全産業の平均離職率(14.2%)より高い状況となっています。

また、元社員の口コミをみても離職率は高いと証言。
別の動画でも、離職率は6割を超えると赤裸々に明かしています。

仕事で手が止まる女性

「400万円までは比較的すぐに行く。短期で仕事をしたい人、第二新卒で転職したい方には向いているかもしれません。(離職率も高いので本当に3年働いている同期はとても少なくなります。)」
引用: 転職会議「パーソルキャリア株式会社」

労働環境が気になる方は、転職エージェントに相談しましょう。

企業の労働環境や働き方などの情報を収集できます。
「失敗しない転職」を実現したい方は、転職エージェントの活用は必須です。

ちなみに、同じグループ会社のパーソルプロセス&テクノロジーは離職率が『6.4%』となっています。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

【理由3】就職難易度が高すぎるからやばい?

就活生が特に気にする情報として「就職難易度が高すぎるからやばい?」

パーソルキャリアの就職難易度はいかほどか?
実際に調べてみると、採用倍率はリクナビ調べから「約37~55倍」
(採用予定人数201~300名に対してプレエントリー候補リスト登録人数が11031名)

さらに、就活サイトが公表する「就職希望企業ランキング:その他サービス編」でパーソルキャリアは16位。

つまり、パーソルキャリアの就職難易度は高い。
人材業界の中でも就職難易度は高い会社だといえそうです。

言い換えれば、それ相応の就活対策を講じなければ簡単に落とされるということ。

就職活動での対策に不安を覚える方。
内定を早期に勝ち取りたい方は、必ず就活エージェントの力を借りましょう。

【無料】早期の内定獲得を実現!就活生・新卒向け就活エージェントおすすめ3選

【理由4】採用大学に偏りがあるからやばい?

就職難易度だけでなく気になるのが「採用大学に偏りがあるからやばい?」

結論、パーソルキャリアの過去の採用実績から偏りはなし。
なぜなら、偏差値50以下の大学卒も採用しているからです。

実際に採用実績の大学を見ると以下の通りとなります。

青山学院大学、岩手大学、大阪市立大学、大阪大学、大阪大学大学院、小樽商科大学、お茶の水女子大学、帯広畜産大学大学院、学習院大学、九州大学、京都大学、慶應義塾大学、神戸大学、国際教養大学、上智大学、西南学院大学、千葉大学、筑波大学、東京外国語大学、東京大学、東北大学大学院、名古屋大学、南山大学、新潟大学、弘前大学、広島大学、福島大学、北星学園大学、北海学園大学、北海道科学大学大学院、明治大学、山形大学、横浜市立大学、立教大学、立命館アジア太平洋大学、早稲田大学

国立大学、旧帝大、有名私立はもちろん。
偏差値50以下の大学も含まれており、採用にはバラつきが見られます。

つまり、採用大学に偏りなく平等にチャンスがあるということ。
もっといえば学歴フィルターもないことも分かり、完全実力次第だといえます。

ですが、油断したら簡単に落とされます。
内定を獲得するためには「入念な就活対策」が必要不可欠です。

そのための最適な方法が「就活エージェントの活用」

就職活動での対策に不安を覚える方。
内定を早期に勝ち取りたい方は、必ず就活エージェントの力を借りましょう。

【無料】早期の内定獲得を実現!就活生・新卒向け就活エージェントおすすめ3選

【理由5】採用方法は顔採用を実施しているからやばい?

一部で挙がっているのが「採用方法は顔採用を実施しているからやばい?」

「パーソルキャリアは顔採用では?」
このような情報が出回っていますが、正式な公表はありません。

つまり顔採用なのかどうか、定かではない。
社員動画はアップされているので、確認することは可能です。

とはいえ、就活では顔など見た目の第一印象が重要です。
ある調査でも、見た目採用を取り入れる企業(新卒採用担当)は事実存在します。

つまり、顔採用に関わらず面接対策は必須。
対策なく面接を受けることのほうがよっぽどやばい、ということです。

競合比較からパーソルキャリアのやばい評判を検証

パーソルキャリアはやばいと言われる理由をまとめてきました。

ここまでの情報はすべて主観によるもの。
やばいと感じる人もいれば、まったく感じない人もいる。

では、客観的に見た時のパーソルキャリアの評判はどうなのか?
主観だけでは評価に偏りが生じるため、競合他社との比較情報が必要です。

ここでは競合比較からパーソルキャリアのやばい評判を検証していきます!

同業他社(人材業界)比較表

まず同業他社(人材業界)比較表は以下の通りです。

比較表 パーソルキャリア リクルート パソナ
平均年収 528万円 715万円 472万円
初任給(大卒)
初任給(院卒)
月給222,000円
月給222,000円
月給326,551円
月給326,551円
月給235,000円
月給242,000円
賞与 年2回 年2回 年2回
諸手当 交通費支給
時間外勤務手当
深夜勤務手当
休日勤務手当
など
グレード手当
割増手当
深夜・休日勤務手当
通勤交通費
など
役職・役割手当
営業手当
時間外手当
通勤手当
家族手当
単身赴任手当
など
平均年齢 39.5歳 38.9歳 36.8歳
平均勤続年数 6.8年 8.34年 8.2年
平均残業時間 36.2時間/月 40.6時間/月 37.2時間/月
有給消化率 52.3%/年 48.9%/年 46.0%/年
福利厚生 各種社会保険完備
財形貯蓄制度
確定拠出年金制度
長期所得補償保険
従業員持株制度
団体保険
PERSOL福利厚生
など
各種社会保険完備
出産育児休暇
ケア休暇
婚姻休暇
慶弔休暇
転勤休暇
産前産後休暇
看護休暇
介護休暇
アニバーサリー休暇
STEP休暇
など
各種社会保険完備
パソナカフェテリアプラン
退職金
持株会
チャレンジ週間
財形貯蓄
各種融資
社員寮
マイホームサポート(住宅)
ブラッシュアップサポート(自己啓発)
ファミリーケアサポート(介護・育児)
リフレッシュサポート
マネープランサポート(貯蓄)
グループ会社ベネフィットワン
⇒宿泊施設2,000カ所(海外含む)
など
取扱い求人数 100,000件以上 210,000件以上 49,000件以上
総合評価 3.52 4.50 3.39

※2023年1月調査時点の情報

【数値データ引用元】
OpenWork「パーソルキャリア株式会社」
PERSOL(パーソル)グループ「投資家情報」
転職会議「パーソルキャリア株式会社」
マイナビ2023「パーソルキャリア(株)」
doda「求人数」
OpenWork「株式会社リクルート」
リクルートホールディングス「Investor Relations」
転職会議「株式会社リクルート」
株式会社リクルート「採用情報(新卒採用)」
リクルートエージェント「求人数」
OpenWork「株式会社パソナ」
パソナグループ「IR情報」
転職会議「株式会社パソナ」
マイナビ2023「パソナグループ」
パソナキャリア「求人数」

【評判1】年収だけでなく新卒初任給も低い

まず競合比較から明らかなのは「年収だけでなく新卒初任給も低い」

パーソルキャリアの平均年収は「528万円」
人材業界最大手のリクルートで「715万円」

比較からも明らかで、200万円近い差がついてしまっています。

さらに初任給も比較してみます。
パーソルキャリアの初任給は「月給222,000円」
パソナの大卒初任給が「月給235,000円」と他社優位。

つまり、収入面では競合他社に劣るということ。
収入を第一希望に据える人材業界志望者は、企業選びは慎重に行うのがよいでしょう。

【評判2】残業は業界内では少ない働きやすさ

次に客観的情報での評判は「残業は業界内では少ない働きやすさ」

パーソルキャリアの平均残業時間は「36.2時間」
有給消化率は「52.3%」と、いずれも他社より優れています。

また福利厚生や諸手当も充実。
PERSOL独自の制度もあり、非常に働きやすい環境が揃っています。

つまり、働きやすさで選ぶならパーソルキャリアが優位。
ワークライフバランスを最優先に考えたい方に、最適な会社といえそうです。

【評判3】人材紹介サービス比較で求人数トップはリクルート

そして人材紹介サービス比較では「人材紹介サービス比較で求人数トップはリクルート」

人材業界の要ともいえる事業が「人材紹介サービス」
なかでも扱う求人数・求人情報の質は、サービスを提供するうえで重要です。

その人材紹介サービス比較でも他社優位。
最も強みを発揮するのは、最大手のリクルートエージェント

求人数は驚異の210,000件以上!
比較しても分かる通り、dodaの倍以上の求人情報を扱っています。

転職希望者にとって、リクルートエージェントの利用は必須と断言できます。

【体験談】パーソルキャリア元社員によるやばい評価

体験談からパーソルキャリア元社員によるやばい評価もみていきます。

【評価1】人材領域に特化のサービス展開が強み

働く女性

「人材会社の最大手の一つで、非常に安定感があります。誰もが知っている転職サイトで、ハイキャリア向けを扱っているので、需要が消えることはないのだと思います。長く働くにはおすすめします。」(20代後半、女性、正社員、一般事務)
引用: 転職会議「パーソルキャリア株式会社」

前を向くビジネスマン

「HRに関わる様々なソリューションを持っているため、様々な顧客の抱えている人事課題を多面的に解決することができる。業界最大級のサービスを持っていて、使えるアセットも豊富に存在しており、新規事業を作っていこうという動きがある」(20代前半、男性、正社員、キャリアカウンセラー)
引用: 転職会議「パーソルキャリア株式会社」

【評価2】ワークライフバランスに優れた職場環境

ビジネスウーマン

「大手企業である以上一定の管理下におかれてあることに加え、人材業ということもあって他社の手本にならないことはやらないという意識は根強い。現に休暇数はかなり多く、また残業に関しても部ごとに上限が設けられ、毎日PCは強制シャッドダウンがある。上長次第ではある部分も出てくるが管理意識も高く、時間外労働は減らす方向へ向かっている。」(20代後半、女性、正社員、法人営業)
引用: 転職会議「パーソルキャリア株式会社」

喜ぶ男性

「休みは比較的しっかりとれる点と22時以降はパソコンの電源が切れることなどから、働く環境は仕事が向いていれば、そこまで不満はないと思います。また、時短勤務や育休など環境に合わせて制度を利用することができることや、スケジュールは完全に個人で決められる点から柔軟に働くことができると思います。」(20代後半、男性、正社員)
引用: 転職会議「パーソルキャリア株式会社」

【評価3】女性の管理職登用にも積極的な組織風土

前向いて歩くビジネスマン

「女性の管理職が多く、女性の働きやすさという点では非常に充実している企業だと言える。社員の中には男女問わずに子育てと両立するために、時短勤務やリモート勤務を利用している社員も多く、ライフイベントに合わせて柔軟な働き方を許容する社風が浸透している。」(20代前半、男性、正社員、キャリアカウンセラー)
引用: 転職会議「パーソルキャリア株式会社」

デスクワーク(女性)

「結婚したり、産休とかしても戻ってきて働いてる人も多いです。女の人もバリバリ働いてる人が多いので、働きやすい職場だと思います。部署にもよりますが、女の人が強い会社だと思います。」(20代前半、女性、正社員、その他人材関連職)
引用: 転職会議「パーソルキャリア株式会社」

やばいと言われてもパーソルキャリアに向いてる人の特徴

ここまで主観と客観的な評価から見えてくるパーソルキャリアのやばい情報をまとめてきました。

では、どんな人が就職・転職には向いているのか?
やばいと言われてもパーソルキャリアに向いてる人の特徴についてまとめます。

【特徴1】VISION/MISSIONに共感しVALUEを体現できる人

まず1つ目の特徴が「VISION/MISSIONに共感しVALUEを体現できる人」

「はたらいて、笑おう」
パーソルキャリアが掲げるVISION。

そして、MISSIONが「人々に「はたらく」を自分のものにする力を」

人材を紹介するだけが事業の根幹ではありません。
関わるすべての「人」が持つ「可能性」を信じ、働き方を創造する会社。

そのためのVALUE(外向き・自分ゴト化・成長マインド)を設定。
パーソルキャリアが大切にする価値観に共感できる方は、向いています。

【特徴2】自己成長と社会貢献に向けてチームで挑戦できる人

そして2つ目の特徴が「自己成長と社会貢献に向けてチームで挑戦できる人」

パーソルキャリアの仕事は、「はたらく課題」を解決する仕事。
働くすべての人が抱える課題と向き合い、解決する社会貢献性の高い仕事です。

そのためには、自分事として捉える必要があります。
さらにポジティブな志向は、チームや組織を強くしていきます。

常に自分事として捉え、高い志を持って取り組める人は、向いています。

就活生向け!人気企業から早期内定を獲得する方法3選

仕事に悩む男性

「人気企業、有名企業に就職したい!でも面接は不安で、企業分析もどうすればいいかも分からない。。何かいい方法はありませんか?」

初めての就職活動で不安に感じる就活生は多いです。
そんな就活生向けに人気企業から内定を早期に獲得する就活支援があります!

その就活支援が「就活エージェントを活用する方法」

ESの書き方から面接対策まで徹底的にサポートを受けられます
利用はすべて無料!早期の内定獲得を実現したい就活生は利用しない手はありません。

特におすすめの3社をご紹介します。
現在就活まっただ中の大学生は、ぜひ参考にしてみてください。

【就活支援1】ジョブスプリング


公式ホームページ:https://jobspring.jp

サービスの特徴・強み

  • 学生のキャリアプランに寄り添った企業紹介
  • 経験を積んだエージェントが入社まで手厚くサポート
  • コンテンツも充実!イベント・セミナーでプロのノウハウを提供

利用に向いてる人

  • 地方在住で関東圏に就職希望の就活生(WEB面談対応)
  • 求人の紹介だけでなく就活イベントにも参加したい人

【就活支援2】キャリアパーク就職エージェント


公式ホームページ:https://careerpark.jp

サービスの特徴・強み

  • 上場企業が運営する就活支援サービス
  • 全国各地から優良企業を厳選!最短3日で内定などスピード内定が可能
  • 年間1000名以上に面談を行うアドバイザーが通過率アップに向けた選考対策を伝授

利用に向いてる人

  • アドバイザーと二人三脚で就活を乗り越えたい人
  • とにかく早く内定をゲットして安心したい就活生

【就活支援3】キャリセン就活エージェント


公式ホームページ:https://careecen-shukatsu-agent.com

サービスの特徴・強み

  • 約1時間の面談で学生さんに合った企業を紹介
  • キャリアアドバイザーとの個別面談で自分の強みなどの整理が可能
  • 採用コンサルティングの実績から企業側の目線も併せ持ったサポートが可能

利用に向いてる人

  • 首都圏、関西圏で就職を考えている就活生
  • 自分に合った企業の探し方がわからない人

パーソルキャリアなど大手企業への転職に強い転職エージェント3選

仕事に追い込まれた男性

「やばい情報も分かった!それでも大手企業に転職したい!どうすれば内定獲得を有利に進められる?」

パーソルキャリアなど大手企業への転職を有利に進める方法があります。

それが「転職エージェントをフル活用する方法」

転職エージェントは企業の人事担当と太いパイプを持っています。
さらにエージェントとのカウンセリングから推薦状も出してもらえます。

ですので少しでも転職活動を有利に進めるためにも、転職エージェントの活用は必須といえます。

ではどの転職エージェントがおすすめなのか?
パーソルキャリアなど大手企業への転職に強い転職エージェント3選をご紹介します!

【おすすめ1】ワークポート

創業19年の豊富な実績を誇る転職決定人数No.1「ワークポート」
(公式ホームページ:https://workport.co.jp

サービスの特徴・強み

  • 転職決定人数No.1を誇る19年の運営実績(転職相談50万人以上)
  • 転職活動に便利な無料アプリやスクール(エンジニア向け)が豊富
  • 第2新卒~ハイクラスまでのベンチャー・大企業と幅広く求人を紹介

利用に向いている人

  • 確かな実績とサービス運用歴でエージェントを決めたい方
  • エンジニア、クリエイティブ、営業、管理部門に転職したい方
  • 名だたる有名企業、大企業に転職したい方

【おすすめ2】JACリクルートメント

年収600万~1500万のハイクラス転職特化「JACリクルートメント」
(公式ホームページ:http://www.jac-recruitment.jp

サービスの特徴・強み

  • 外資系や海外進出企業などグローバル転職のサポートに強い
  • 各業界や職種に特化した総勢約1,200名のコンサルタントが所属
  • 求職者の専門性や可能性、希望などを考慮したポジションの提案

利用に向いている人

  • 年収600万円以上の求人を探している方
  • 自分自身の専門性や強みをいかし挑戦したい方
  • 外資系企業に転職してグローバルに活躍したい方

【おすすめ3】ビズリーチ

選ばれた人だけのハイクラス転職サイト「ビズリーチ」
(公式ホームページ:https://www.bizreach.jp

サービスの特徴・強み

  • 年収1000万円以上の方に支持される転職サービスNo.1
  • 求人の3分の1以上が年収1000万円以上!高年収求人を多数掲載中
  • 優良企業や一流ヘッドハンターから直接スカウトが届く(市場価値把握に役立つ)

利用に向いている人

  • 現年収が750万円以上かつ20代~40代の人
  • 年収1000万円以上のハイクラス転職を実現したい人

辞めたい!パーソルキャリアをストレスなく退職する方法

辞めたい!パーソルキャリアをストレスなく退職する方法があります。

それが退職手続きを代行する「退職代行サービス」

いまや退職代行サービスの認知度は約6割。
「退職」を重く考える必要も、煩雑な手続きも行わなくて辞められます

  • 上司に退職の報告をするのが怖い
  • どうやって伝えたらいいかも分からない
  • 退職を伝えても職場に留まるのは気が引ける

退職のことを考えて消耗してはいませんか?

退職代行サービスを使えばストレスなく辞められます。
自分のタイミングで、簡単に辞められる方法がすでに準備されています。

あとは勇気を出して行動するのみ。
退職代行サービスに連絡すれば、あとは退職完了まで進めてくれます。

労働組合or弁護士が対応!安心の退職代行サービスおすすめ3選

パーソルホールディングスの会社概要とサービス特徴まとめ

最後にパーソルホールディングスの会社概要とサービス特徴をまとめておきます。

商号 パーソルホールディングス株式会社
本店所在地 〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-1-1
設立 2008年(平成20年)10月1日
グループ会社数 計135社(国内:38社 海外:97社)
(2023年1月1日時点)
連結従業員数 60,675名(2022年3月31日時点)
事業内容 ・労働者派遣事業
・有料職業紹介事業等の事業を行うグループ会社の経営計画
・管理並びにそれに付帯する業務

パーソルホールディングス株式会社は、パーソルキャリア株式会社の親会社。

まとめ:パーソルキャリアはやばいと言われる理由と評判・口コミ情報

パーソルキャリアはやばいと言われる理由と評判ををまとめてきました。

改めて、パーソルキャリアはやばいと言われる理由をまとめると、

パーソルキャリアはやばいと言われる理由

  1. ノルマが多く激務だからやばい?
  2. 離職率が高いブラックだからやばい?
  3. 就職難易度が高すぎるからやばい?
  4. 採用大学に偏りがあるからやばい?
  5. 採用方法は顔採用を実施しているからやばい?

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

就活生で面接対策やESの書き方に悩んでいる方は「就活エージェント」の利用がおすすめです。

【無料】早期の内定獲得を実現!就活生・新卒向け就活エージェントおすすめ3選