【辞めたい?】リクルートへの転職は後悔する3つの理由と向いてる人の特徴
悩むビジネスマン

「リクルートに転職すると後悔するのかな?中途社員の口コミから転職を検討したい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「リクルートへの転職を検討している人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • リクルートへの転職は後悔する理由
  • 向いてる人の特徴と転職で後悔しないための対策
  • リクルート転職に失敗しない選考突破のポイント

人材サービス業界最大手の「リクルート」

もはや知らない人はいないほど超有名企業
就活生だけでなく転職希望者にも人気の企業ですね。

そんな有名企業をGoogle検索してみると、以下のワードがヒットしました。

「リクルート 転職 後悔」

到底ポジティブとは思えない関連ワード。
転職や就職を検討している方にとっては非常に気になる情報です。

そこで本記事ではリクルートの実態をリサーチ!
元社員による転職後の口コミから真相を検証していきます!

本記事の結論を先にお伝えすると・・・

リクルート転職を後悔する最大の要因は「社員の主観」
後悔している人もいれば、まったく後悔していない人もいるということ。

実際、元社員の中には成長できる環境として評価が高いです。

本当に転職して後悔してしまうのか?
転職前に転職エージェントに相談してみることを強くおすすめします。

個人でリサーチするにも限界があります。
企業分析するにも業界に精通するプロに相談するのが賢明です。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

リクルートへの転職は後悔する3つの理由

仕事に悩む男性

「リクルートに転職後、なかなか結果が出ずに前の会社に残った方がよかったと何度も思ったけど、少しずつ成果が挙がって今がある。正解はかなり時間が経たないと分からない。」
引用: Twitter

なぜリクルートに転職すると後悔してしまうのか?
具体的なリクルートへの転職は後悔する3つの理由について触れていきます。

【理由1】目標達成(ノルマ)がきついから後悔する

仕事に悩む人

「知り合いが、リクルート㈱に内定を貰いましたが、同業の先輩から、仕事内容がキツイし、残業地獄だし、離職率が高いから止めたほうがいいと言われ悩んでいます。」
引用: Yahoo!知恵袋「職業」

特に多い理由として「目標達成(ノルマ)がきついから後悔する」

リクルートにノルマ(課題)はありません。
ただし、個々で設定した数値目標は存在します。

一人ひとりの自己実現を達成する指標となる目標。
それはリクルートが重視する価値観の一つ(Will)に基づくもの。

目標が達成できないと罰せられる、というわけではありません。

なぜ達成できなかったのか?
どうすれば目標は達成できるのか?

改善を繰り返し、最終的な自己成長へと繋がるのがリクルートの社風。

高い目標が設定されているため、比較的残業は多い。
かつ目標未達なら、インセンティブ(給与)にも影響します。

実際、目標達成は非常にきつく大変だという元社員の口コミは多いです。

疑問に思う女性

「月ごとに達成目標がありそれが達成できると少ないがインセンティブのようなものがあった。ノルマとか、数字を追いかけるような内容ではないが、業務改善に取り組み月末に具体的にどう改善できたかを提示するなど、派遣社員としてルーチンワークをこなすだけではなくやり甲斐を感じられるような取り組みもできた。」
引用: 転職会議「株式会社リクルートキャリア」

疑問に思う男性

「ノルマがきつく直接ボーナスに反映されるので、右から左にただ仕事をこなす人間が転職してくるとすぐにやめる。」
引用: 転職会議「株式会社リクルートジョブズ」

しかし達成したその先に待つのは「やりがい」
つまり目標を単なるノルマと捉える人は、単にきついだけの仕事。

自己成長、自己実現できる環境をどう生かすかは、一人ひとりの「Will」次第です。

【理由2】福利厚生は充実度に欠けるから後悔する

一部の転職者に不満なのが「福利厚生は充実度に欠けるから後悔する」

リクルートの平均年収は直近IR情報で「997万円」
1,000万円近い高収入は転職者にとって魅力要素の一つです。

ただ、福利厚生に関して不満は少なくないです。
特に元社員の口コミからも多いのが「住宅手当(家賃補助)」

迷う女性

「住宅手当はなしです。そのため、新卒で入社したはいいのですが地元の支社で働くことができず、あまり貯金ができない状態です。中途の方は地元で採用されているのに、これだけが不満でした。」
引用: 転職会議「株式会社リクルートライフスタイル」

疲れた女性

「【気になること・改善したほうがいい点】福利厚生。住宅手当などがあればさらにいい。」
引用: 転職会議「株式会社リクルートライフスタイル」

仕事に悩む男性

「【気になること・改善したほうがいい点】住宅手当や、家族手当があると尚よかった。」
引用: 転職会議「株式会社リクルートライフスタイル」

大企業(従業員数1,000人以上)の住宅手当支給割合は『61.7%』
半数以上の大企業が住宅手当は出していることが厚労省資料で分かっています。

しかしリクルートに住宅手当はありません。
給与には満足、でも福利厚生が充実していれば尚良い、という声が多い。

つまり、住宅手当を転職で重視する方には後悔する要素の一つといえそうです。

【理由3】周りが優秀過ぎて劣等感から後悔する

そして大企業あるあるが「周りが優秀過ぎて劣等感から後悔する」

仕事に追い込まれた男性

「周りで働いている人の意識が高すぎるあまり、劣等感にかられることがある。」
引用: ライトハウス「株式会社リクルート」

優秀な人材が集まる会社ほど劣等感に苛まれる。
特にリクルートは優秀な人材が集まりやすい会社なだけあって顕著です。

実際、リクルートに限らず多くの人が悩み苦しんでいます。

仕事に悩む男性

「転職先のメンバーが優秀な人ばかりで、自分のビジネススキルの低さに劣等感を抱き、毎日辞めたいと思っています。」
引用: リクナビNEXT「転職相談室」

つまり、自己肯定感の低い人には向かない会社。
他人と比べてしまう人は、リクルートに転職しても後悔すると断言できます。

転職してもリクルートを辞めてしまう主な原因

ここまでリクルートへの転職は後悔する理由を解説してきました。

では実際に辞めてしまう原因はなんなのか?
転職してもリクルートを辞めてしまう主な原因についてまとめていきます。

【原因1】リクルートの社風が合わないため

まず1つ目の辞めてしまう原因が「リクルートの社風が合わないため」

リクルートの社風は独特です。
他の一般企業に比べても、ユニークな企業文化を作り上げています。

具体的にはどんな企業文化があるのか?
リクルートを代表する社風の一例を示すと以下の通りです。

リクルートの社風を一言でいうなら「常に成長を求められる環境」

そのため、とにかく若い社員が多い。
バイタリティー溢れる自己を律する優秀な社員が多いです。

ただ見方によっては大学のサークルと評価する人の少なくありません。

仕事で手が止まる女性

「全体的に若い人が多い会社なので、人間関係に悩むことはなかった。良くも悪くも大学のサークルのような社風。」
引用: 転職会議「株式会社リクルート」

結果、独特の社風についていけない人は現れます。

仕事が辛い男性

「とにかくあっている人には合っているし合っていない人にとってはただ苦痛の文化社風だと感じる。」
引用: 転職会議「株式会社リクルートキャリア」

つまり、社風が独特であるが故に向き不向きは顕著に出るということ。
事前にリクルートの企業分析やリサーチを行わなければ、辞めてしまう末路が待っています。

【原因2】「内定すごい」とネームバリューで決めたため

そして2つ目の辞めてしまう原因が「「内定すごい」とネームバリューで決めたため」

リクルートに転職できること自体、優秀の証。
周囲はあなたを称賛し、「内定すごい」と口を揃えて評価することでしょう。

元リクルート社員も一定の評価を得たと回答しています。

前向いて歩くビジネスマン

「社会でも元リクルートと言えば優秀だと賞賛されるくらいです。当然入社難易度も非常に高く、高学歴というだけでは全く歯が立ちません。有能である必要があります。」
引用: Yahoo!知恵袋「転職」

しかし、転職が目的になってしまえば後悔します。
なぜなら、リクルートのネームバリューに惹かれて決めているから。

実際、リクルートに転職した方も苦労したと投稿。

いったいなぜリクルートに転職したいのか?
目的が明確でなければ結果、業務量の多さや難易度の高い仕事に疲れて辞めてしまいます。

リクルートへの転職に向いてる人の特徴3選

リクルート転職を後悔する理由と辞めてしまう原因を解説してきました。

仕事に悩む人

「今結構後悔してることと言ったら転職先。自分のスキル面の成長を考えるとやっぱあのときリクルートグループに行っとくべきだったかもなーと。」
引用: Twitter

結論、リクルート入社の機会があったにもかかわらず転職しなかったことに後悔する人の方が多い。

それほどリクルートという会社は魅力的な企業。
転職しない後悔より、転職して後悔するほうが得られるものは大きいといえます。

つまり、リクルートに転職するか否かはあなたの選択次第。
そんなリクルートへの転職に向いてる人の特徴3選をまとめます。

【特徴1】自己の成長を楽しめる人

まず1つ目の特徴が「自己の成長を楽しめる人」

「まだ、ここにない、出会い。」
リクルートが掲げる理念であり、果たすべきミッション。

自己の成長なくして役割は担えません。
好奇心もって、情熱に投資できる人ほどリクルートに向いています。

【特徴2】自発的に社会課題を解決したい人

次に2つ目の特徴が「自発的に社会課題を解決したい人」

社会の「不」の解消こそ、リクルートのバリュー。
根底にある価値観であり、大切にする考え方になっています。

【特徴3】将来的には独立・起業を目指したい人

そして3つ目の特徴が「将来的には独立・起業を目指したい人」

国税庁調べで会社員の平均勤続年数は「12.4年」
一方、リクルートの年数を調べてみると「8.34年」

4年近くリクルートは勤続年数が短いことが分かります。

決してブラック企業とかではなく。
リクルートの社風でもある「イノベーション創出」にあります。

つまり、起業家を目指す社員が多いということ。
リクルートを経て、より社会の課題を解決するサービスを生み出す。

このサイクルを生み出せる人にこそ、リクルートは向いているといえます。

リクルートへの転職で後悔しないための対策

  • リクルートに転職を検討している方
  • リクルートの一員として社会に貢献したい方

上記の方に向けてリクルートへの転職で後悔しないための対策をご紹介します。

【対策1】自己分析を徹底的に行う

まずは「自己分析を徹底的に行う」

なぜ自己分析が重要なのか?
それは、長い会社員人生をデザインするため。

大学を卒業すれば、長くとも40年近くは会社員人生を歩むことになります。

長い人生、適当に会社を選んでしまうとどうなるか?
やばい生活が待っているのは、想像しなくても分かります。

どんな仕事をしたいのか?やりたいのか?
将来、叶えたいキャリアを描ける会社はどこか?

これらの疑問に対し、軸を明確にするために「自己分析」が必須になります。

己を客観的に分析することで、強みも弱みも分かります。
したい仕事と向いてる仕事とのギャップにも気づけて、軸を再定義できます。

ただとはいえ、自己分析は一人でできるほど簡単なものではありません。

時間がかかるうえ、そもそもどうすればいいかも分からない。
そんな方におすすめなのが「プロのキャリアコーチングサービス」

自己分析はプロに相談しながら進めるのが確実かつ効率的です。

一人で迷うより、プロに相談するだけで悩みの解消は早まります。
無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロのキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【対策2】転職エージェントをフル活用する

自己分析が完了したら「転職エージェントをフル活用する」

転職活動を具体的に考えたら、早速プロに相談しましょう。
何をするにも、まずは専門家からアドバイスもらうことは鉄則です。

その転職のプロというのが「転職エージェント」

あなたに適した求人を紹介してくれます。
求人の紹介だけでなく転職活動中のサポート全般も受けられます

特にエージェント独自の企業分析は、非常に役に立ちます。
転職の相談だけでも有益ですので、現状の悩みを聞いてもらってはいかがでしょうか。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

【対策3】元社員の口コミから内情を把握する

セルフ対策として「元社員の口コミから内情を把握する」

エージェントの企業分析だけでは不安な方。
そんな方は、元社員の口コミで構成される情報サイトの利用もおすすめです。

特におすすめの口コミ情報サイトが「転職会議

国内最大級300万件以上の口コミ情報を掲載。
元社員による忖度なし&リアルな企業情報を垣間見ることができます。

リクルート転職に失敗しない選考突破のポイント

リクルート転職に失敗しない選考突破のポイントをまとめます。

【ポイント1】転職面接に落ちた人の特徴

まず1つ目のポイントが「転職面接に落ちた人の特徴」

リクルートの転職面接に落ちた人の特徴

  • 他責思考な人
  • チームではなく個で動きたい人
  • リクルートのビジョンに共感できない人

【ポイント2】中途採用の評判と選考内容

次に2つ目のポイントが「中途採用の評判と選考内容」

転職難易度は高い。
なぜなら、人気企業であり応募者も多いから。

実際、転職人気企業ランキングにてリクルートはトップ10入り。

そんなリクルートの中途採用の選考内容は主に3つ。
「書類選考」、「SPI・筆記試験」、「面接」という順番で行われます。

面接は募集職種によって回数も内容も異なります。

主に、一次面接では人事もしくは現場マネージャーが担当。
二次面接で部長クラス、そして最終面接で役員が面接、というパターンが多いです。

具体的な選考内容は以下の通りです。

  1. 「応募ページ」よりエントリー
  2. 書類選考
  3. 面接(3回程度)・適性試験
  4. 内定

【ポイント3】具体的な転職活動時の面接対策

そして3つ目のポイントが「具体的な転職活動時の面接対策」

優先すべき面接対策は「企業を知る」
コーポレートサイトの「大切にする価値観」は必ず把握。

その他、求める人物像やよくある質問。
一般的な面接対策については、必ず転職エージェントの力を借りましょう。

論理武装なく相手に立ち向かうようなもの。
素手で対峙しても、良い結果は得られません。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

株式会社リクルートの会社概要と中途採用情報まとめ

最後に株式会社リクルートの会社概要と中途採用情報をまとめます。

社名 株式会社リクルート
本社所在地 東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
従業員数 17,327人(2022年4月1日現在 / アルバイト・パート含)

【情報1】事業内容

まずリクルートの事業内容についてです。

リクルートの事業内容

  • 新卒採用サービス(学生及び既卒生を対象にした就職に関する情報を提供)
  • 中途採用サービス(転職に関する情報を提供)
  • 就職・採用・労務支援(就職や転職のサポート、企業向け業務支援サービスなどを提供)
  • HRエージェント(人材を求める企業と働きたい個人の価値ある結びつきを支援するサービスを提供)
  • アルバイト・パート(あらゆる世代の多様な求職者に向けたアルバイト・パート情報を提供)
  • 住まい(住まいの「借りたい」「買いたい」「建てたい」「売りたい」「リフォームしたい」に関する情報を提供)
  • マリッジ&ファミリー(婚活・結婚・出産育児にまつわる情報を提供)
  • 自動車(中古車情報からカー用品通販までクルマに関する情報を提供)
  • 進路(学生や社会人の進路選択をサポートする情報を提供)
  • 学習(学生や社会人に向けた学習サービス、学校向けの教育支援サービスを提供)
  • 旅行(旅行に関する幅広い情報を提供)
  • 飲食(飲食店情報やクーポン情報を提供)
  • ビューティー(ヘアサロン、リラク&ビューティーサロン、コスメなどの情報を提供)
  • 業務・経営支援(テクノロジーを活用した業務・経営支援サービスを提供)
  • 新規事業・R&Dその他(時代の変化に沿った様々なサービスを提供)
  • 総研(リクルートのビジネス領域に合わせ幅広く展開している調査・研究機関)

【情報2】業績推移

次にリクルートの業績推移についてです。

【情報3】平均年収(人材業界)

リクルートの平均年収を競合他社(人材業界)と比較すると以下の通り。

競合比較表 平均年収 職種別の平均年収
(営業)
職種別の平均年収
(エンジニア)
職種別の平均年収
(キャリアアドバイザー)
リクルート 712万円 667万円 776万円 682万円
パーソルキャリア 526万円 507万円 549万円 511万円
マイナビ 529万円 530万円 505万円 -万円
パソナ 470万円 481万円 -万円 -万円

【情報4】福利厚生(人材業界)

中途入社向けの福利厚生は以下の通りです。

比較表 リクルート パーソル マイナビ パソナ
福利厚生 社会保険
出産育児休暇
ケア休暇
ストック休暇
STEP休暇
各種休暇/休職
アニバーサリー手当
確定拠出年金
退職一時金
持株会
部活動
定期健康診断
過重労働面談
リフレッシュ(マッサージ)
各種相談窓口
その他育児との両立施策
など
従業員持株会
企業型確定拠出年金
財形貯蓄
団体保険
レジャー施設、グルメ等優待・割引
ファイナンシャルサポートサービス
会社負担生命保険、医療保険
オフィス内マッサージサービス
オフィス内カフェ
育児サポート
キャリアチャレンジ制度
ジョブトライアル制度
FLASH
複業制度
ドレスコードフリー
英語研修
GLP
など
財形制度
保養所・その他提携施設
社内クラブ
家事代行サービス
マイケアルーム
ライフプラン制度
時短読書ツール
なんでも相談窓口
など
マイキャリアバンク
オープンポジション
ドリカム制度
チャレンジの日
フレックスタイム勤務制度
DOCODEMOワークスタイル
ライフサポート制度
タイムサポートコース
エリアサポートコース
ファミリーケアサポートコース
チャレンジ休暇
MYDAY休暇
マイケアデイ
HAPPY HOLIDAY
など

まとめ:リクルートへの転職は後悔する理由と向いてる人の特徴

リクルートへの転職は後悔する理由と向いてる人の特徴をまとめてきました。

改めて、リクルートへの転職は後悔する理由をまとめると、

リクルートへの転職は後悔する理由

  1. 目標達成(ノルマ)がきついから後悔する
  2. 福利厚生は充実度に欠けるから後悔する
  3. 周りが優秀過ぎて劣等感から後悔する

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)