「退職してざまあみろ!」←辞めた時のリアルな心境とボロクソに言わせない対処法
追い込まれた男性

「退職したらざまあみろって思うのだろうか・・?でも切り出したらボロクソに言われそうで怖い。。どうすれば気分は晴れる?」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「今すぐにでも退職してざまあみろ!と言いたい人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • ざまあみろ!と退職時に感じた心境
  • 辞めてざまあみろと感じるための準備
  • 退職を告げる時にボロクソに言わせないための対処法

ハルマ@ブログ管理人ハルマ@ブログ管理人

「退職してあなたも「ざまあみろ!」と心の中で思いたいなら、ぜひ最後まで読み進めてみてください!体験談からリアルな心境と具体的な対処法まで知ることができます。」

「退職してざまあみろ!」←辞めた時のリアルな心境

まずはじめに、「退職してざまあみろ!」←辞めた時のリアルな心境をまとめます。

【退職時1】理不尽な仕事量から解放されてざまあみろ

特に多いのが「理不尽な仕事量から解放されてざまあみろ」

多くの社会人は日常的にストレスを感じています。
特に強い不安や悩みにつながっているのが「仕事の質・量」

会社を辞めれば強いストレスからも解放されます。
なので、退職したら「ざまあみろ!」と心から叫びたくなるのでしょう。

【退職時2】退職したら代替要員が厳しい人でざまあみろ

優秀な人にみられる「退職したら代替要員が厳しい人でざまあみろ」

退職者の穴は誰か代替要員が埋めなければなりません。
代替要員には、採用するか別の部署から異動させるかの方法がとられます。

いずれにしても、代替要員が現職場にとってストレスになる可能性はゼロではありません。

厳しい人であれば今以上の苦痛が訪れます。
退職前と後とで大きな差が生じることへ「ざまあみろ」と感じることでしょう。

関連記事:優秀な人ほど見切りが早い3つの理由と辞めるべき職場の特徴【優秀な人が辞めた後】

【退職時3】退職が上司への仕返しになってざまあみろ

辞めることによる副作用として「退職が上司への仕返しになってざまあみろ」

実際に退職で上司の評価は下がることは十分ありえます。
転職エージェントも上司本人の保身のため、退職を引き留めるケースがあると明かしています。

疑問に思う男性

「しかし後になって、上司は自分を高く評価しているわけではなく、単に部署の業務が回らなくなること、退職者を出すとマネジャーとしての自分の評価が下がることを気にして引き止めたのだ、と気付いたそうです。」
引用: リクナビNEXT「転職相談室」

なので、退職で十分仕返しになります。
上司との関係が悪いほど「ざまあみろ」と心底思うことでしょう。

【退職時4】「退職したい」と伝えるだけでも気分爽快

意外にも多いのが「「退職したい」と伝えるだけでも気分爽快」

ただ退職を切り出すだけでも気分は晴れる。
今までの積もり積もったネガティブな感情を「退職」という2文字で解決できる。

心の中でガッツポーズと一緒に「ざまあみろ!」と感じるのでしょう。

退職した後にも会社や上司にざまあみろと感じる瞬間

退職時だけでなく辞めた後にもざまあみろと感じる瞬間はあります。

感じる瞬間とはどんな時か?
退職した後にも会社や上司にざまあみろと感じる瞬間もまとめていきます。

【退職後1】次々にスタッフも辞めてざまあみろ

自分のことだけでなく「次々にスタッフも辞めてざまあみろ」

【退職後2】仕事が合わなかった上司に対してざまあみろ

上司と部下の関係が良くなかったら「仕事が合わなかった上司に対してざまあみろ」

退職理由の本音ランキング1位が「上司・経営者」
それほど気に入らない、人間関係にも大きく影響する対象です。

仕事のパフォーマンスにも上司のやり方は影響します。
(出典:リクルートワークス研究所「上司の不適切な仕事の振り方が部署の業績や部下の成長に与える影響」

関係性が悪ければネガティブな感情は増幅します。
その結果、退職を告げた時に「ざまあみろ」と感情をぶつけるのでしょう。

【退職後3】辞めた後にブラック企業が潰れてざまあみろ

多くが賛同するであろう「辞めた後にブラック企業が潰れてざまあみろ」

「驚き」よりも「やっぱりな」という心境。

ブラック企業の倒産は多くが賛同する結果。
元社員にとっては、「ざまあみろ」と力が入るのにもうなづけます。

【退職後4】退職後に経営状況が悪化していてざまあみろ

潰れるまでにもいかなくても「退職後に経営状況が悪化していてざまあみろ」

どんな会社がいずれ潰れるのか?
特徴まで知りたい方は、以下関連記事も合わせてご覧ください。

関連記事:【倒産の前兆】いずれ潰れる会社の特徴12選と空気・雰囲気以外に見抜く方法

退職を告げる時にボロクソに言わせないための対処法

結論、ざまあみろと思う会社は早々に辞めるが正解。
精神的にも肉体的にも、辞めた後は晴れやかな気分を得られます。

では、退職したいあなた自身も「ざまあみろ」と感じるためにはどうすればいいのか?

退職までの準備を手順を追って解説します!
かつ退職を告げる時にボロクソに言わせないための対処法もまとめていきます!

【対処法1】自己分析を徹底しキャリアの方向性を決める

退職するためには転職活動を行う必要があります。
具体的な活動に入る前に自己分析を徹底しキャリアの方向性をまずは決めましょう。

  • いったい仕事で何をしたいのか?
  • 何を成し遂げたいのか?そのための仕事は何が最適か?
  • 自分の強みや弱み、得意なこと・不得意なことは何か?

自己分析が不完全だと、進むべき方向性は見えてきません。
方向性が定まらないまま転職活動しても、成功率は上がりません。

とはいえ、自己分析は一人でできるほど簡単なものではない。

時間がかかるうえ、そもそもどうすればいいかも分からない。
そんな方におすすめなのが「プロのキャリアコーチングサービス」

自己分析はプロに相談しながら進めるのが確実かつ効率的です。

一人で迷うより、プロに相談するだけで悩みの解消は早まります。
無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロのキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【対処法2】転職のプロに相談しながら転職活動を進める

自己分析が完了したら転職のプロに相談しながら転職活動を進めましょう。

退職を告げる前に必ず転職活動を行っておきましょう。
内定が出てないまま退職報告しても引き止めに合うのがオチです。

そして転職活動の際には、必ず転職のプロに相談しながら進めましょう。

行動するときはその道のプロに相談するのが賢明。
その転職のプロというのが「転職エージェント」

転職エージェントを活用すれば、内定獲得まで手厚いサポートが受けられます

求人の紹介はもちろん、煩わしい書類作成の添削。
企業に対して年収交渉まで代わりに行ってもらえます。

おすすめのエージェントを3社ご紹介します。
サポートはすべて無料、利用しない手はどこにもありません。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

【対処法3】退職代行サービスを利用してサクッと辞める

そして内定を獲得したら退職代行サービスを利用してサクッと辞めましょう!

退職代行サービスとは?
退職手続きを本人に変わって代行してくれるサービスのこと

退職の報告も手続きもすべて代行してくれます。
なので、上司に退職報告することも職場の人間に会うこともなく辞められます。

まさに「退職してざまあみろ!」という気分を味わえます。

退職代行サービスはいまや人気のサービス。
様々な会社から提供されていますが、必ず労働組合もしくは弁護士が運営するサービスを選びましょう。

おすすめの3社を厳選し紹介します。
どれも優れた実績あり、安心に利用できるサービスです。

労働組合or弁護士が対応!安心の退職代行サービスおすすめ3選

まとめ:ざまあみろ!と吐露するまでは粛々と退職準備に専念

退職してざまあみろ!と感じる心境と辞めるまでの準備をまとめてきました。

改めて、退職するまでの準備・対処法をまとめると、

ざまあみろ!と退職するまでの準備

  1. 自己分析を徹底しキャリアの方向性を決める
  2. 転職のプロに相談しながら転職活動を進める
  3. 退職代行サービスを利用してサクッと辞める

退職するためには転職活動を行う必要があります。
具体的な活動に入る前に自己分析を徹底し、キャリアの方向性をまずは決めましょう。

自己分析に役立つ!プロのキャリアコーチングサービスおすすめ3選