【やばい】契約社員になってはいけない6つの理由と正社員に転職する方法
悩むビジネスマン

「契約社員になるのはやばいこと?デメリットしかない?契約社員になってはいけない理由を教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「契約社員になるか悩んでいる人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • 契約社員になってはいけない理由
  • 契約社員になってはいけない人の特徴
  • 契約社員ではなく正社員に転職する方法

「あなたが契約社員になりたい理由は何ですか?」

答えられる方は、契約社員向きです。
でも明確な理由がなければ、なるのは避けることをおすすめします。

契約社員になってはいけない理由と正社員に転職する方法を詳しく解説していきます。

ハルマ@ブログ管理人ハルマ@ブログ管理人

「実は契約社員から正社員転換が難しい制度もあります。今まさに契約社員と正社員の比較情報を調べている方は、ぜひ参考にしてみてください!」

契約社員になってはいけない6つの理由

契約社員から正社員転換を希望する人が急増中。

直近ではさらに増加傾向にあり。
別の調査でも同様に正社員を希望する割合が増えています。

なぜ契約社員から正社員転換が増えているのか?

要因の一つとして挙げられるのが「コロナ」
働き方が見直され、契約社員のリスクが浮き彫りとなったから。

気づいている人は、すでに行動しています。
契約社員(非正規労働)はデメリットの多い雇用形態であることを。

具体的に契約社員になってはいけない理由とは何か?
正社員と比較して浮かび上がるリスクについてまとめていきます。

今すぐ契約社員から正社員になる最適な方法を知りたい方はこちらをご覧ください。

【理由1】生活が安定しないから

まず1つ目の理由が「生活が安定しないから」

契約社員は「期間の定めのある有期契約労働者」
1回の契約で働ける労働契約期間は原則3年になります。

契約終了となれば自動で退職扱いになります。
更新も会社側の判断になるため、継続契約を希望しても叶わない場合あり。

一方、正社員は期間の定めのない雇用契約。
契約期間もなければ、簡単に解雇することもできません。

ですのでこの時点で、契約社員はリスク。
働けるかどうかはすべて会社が握っているということになります。

【理由2】待遇は依然悪いから

次に2つ目の理由が「待遇は依然悪いから」

同一労働同一賃金」が2020年に施行。
同一企業内での正社員と契約社員との間の不合理な待遇差の解消ことが目的です。

ただし、本施行を守らなくても罰則はありません。
つまり会社側の努力義務であって、絶対ではないということ。

実際、契約社員の雇止めや解雇など労使間トラブルは依然として多い。
(出典:東京都産業労働局「契約社員に関する実態調査」

また、契約社員に退職金の支給はありません。
ボーナスの支給は会社との契約内容次第ですがある場合もあります。

ただし、正社員と額を比較すると差は大きい。
厚労省公表の資料をみると「80万円以上」の差が生じています。

休暇も取りづらいと悲痛な体験談も寄せられています。

接客の仕事3

「正規職員は特別有給休暇を取得しローテーションで勤務しているが、正規職員とほとんど変わらない働き方である私たち契約社員は、特別有給休暇が適用されず毎日出勤している。(契約社員・20代・女性・保育士/千葉)」
引用: 連合「新型コロナウイルスに関する労働相談Q&A」

依然として契約社員の待遇は悪いと言わざるを得ないでしょう。

【理由3】世間体が悪いから

3つ目の理由が「世間体が悪いから」

契約社員は、「非正規労働者」に分類される雇用形態。
非正規社員の世間体は悪く、社会的信用が低いのは火を見るより明らか。

実際、住宅購入時の借入額に差が生じています。

正社員(会社員)の平均額は「2,388万円」
その一方で、契約社員(短期社員)の平均額は「2,013万円」

その差はなんと「300万円」
信用力が低い(世間体が悪い)ことによるリスクは大きいといえます。

【理由4】結婚しにくいから

4つ目の理由が「結婚しにくいから」

結婚の条件に欠かせない「経済力」
未婚・既婚ともに求められるのは将来への備えだといえます。

でも、契約社員のままだと結婚は遠のくばかりです。
なぜなら、正社員との収入には明らかな差が生じているからです。

上図の通り、正社員は年齢とともに収入増。
一方、契約社員の収入は年齢を重ねてもずっと横ばい。

実際、正社員と契約社員の就労形態別有配偶率を比較しても明らかです。

正社員は『57.8%』が34歳までに配偶者がいます。
しかし契約社員は『23.3%』しか配偶者がいません。

つまり、契約社員は4人中1人しか結婚できていないことになります。

【理由5】市場変化の影響を受けやすいから

5つ目の理由が「市場変化の影響を受けやすいから」

今回のコロナによってリスクは顕在化されました。
契約社員をはじめとする非正規労働者は真っ先に影響を受けるということを。

実際、非正規労働者のリストラ、雇い止めは加速。
非正規労働者への影響は深刻だとするニュースが飛び交っています。

【理由6】キャリア形成の将来性はないから

そして6つ目の理由が「キャリア形成の将来性はないから」

契約社員を会社が雇う目的は何か?
大きくは「人手不足の解消」と「人件費の削減」の2つ。

会社のつなぎのような存在として雇用。
実際、契約社員の将来性について不満を抱く声は多くあがっています。

頭を抱える女性

「正社員と同等の仕事をしているのに賃金が低すぎ、不安定な雇用のため、将来の設計が立てづらい。」
引用: 東京都産業労働局「契約社員に関する実態調査」

契約社員になってはいけない人の特徴

ここまで契約社員になってはいけない理由を解説してきました。

ではどんな人が向いていないのか?
契約社員になってはいけない人の特徴をまとめていきます。

【特徴1】将来的な安定が欲しい人

まず1つ目の特徴が「将来的な安定が欲しい人」

契約社員の将来性は不安定。
なぜなら、契約社員は雇用期間が決まった「有期雇用」だから。

有期契約期間が満了すれば契約終了。
更新ができなければ、再び仕事を探さなければなりません。

一方、正社員は期間の定めがない「無期雇用」
キャリア形成だけでなく昇給期待も大いにあります。

将来的な安定を得たい人は正社員を目指すに限ります。

【特徴2】家や車をローンで買いたい人

次に2つ目の特徴が「家や車をローンで買いたい人」

ローンを組めるかどうかは社会的信用が影響します。
つまり、雇用形態および収入の安定性が影響度合いとしては大きい。

実際に住宅ローン審査では、正社員でない人は通りにくい。
契約社員の住宅ローン審査体験談をみても相当苦戦しているのがわかります。

ですので、契約社員でローンを組むのは不利。
正社員になって組むか、多額の頭金を準備する必要がありそうです。

【特徴3】専門的なスキルがない人

そして3つ目の特徴が「専門的なスキルがない人」

企業が契約社員を活用している理由最多は「専門的・技術的な業務に対応するため」

一時的な繁忙期の補強や人材不足時の補助が目的。

スキルを対価に会社を転々と変えることも可能です。
専門的なスキルがあれば、多様な働き方を自ら選択できます。

つまり、スキルがない人はまずはスキル習得に励むのが賢明。
スキルがないまま契約社員になっても、永遠に仕事を探し続ける羽目にあいます。

契約社員になってはいけない人が取るべき対策

特徴の次は契約社員になってはいけない人が取るべき対策をご紹介します。

結論からいうと、働き方の選択肢を増やす対策。
契約社員だけではない働き方は、自らの行動から実現できます。

どんな対策を取ることで選択肢は増えるのか?
具体的な対策とおすすめのサービスについて合わせてまとめていきます!

【対策1】需要の高いスキルを習得する

まず1つ目の対策が「需要の高いスキルを習得する」

スキル次第で働き方の選択肢は増えます。
正社員としての就業だけでなくフリーランス転身も容易です。

しかし、スキルなら何でもいいわけではありません。

「需要の高い」スキルの習得が何より優先度が高い。
つまり、より多くの会社のニーズに応えられるスキルがおすすめです。

具体的なスキルの一つが「Webスキル」

ライティング、マーケティング、デザインなど。
Webビジネス、EC事業にかかわるスキル習得が選択肢の幅を広げてくれます。

実際、日本のEC市場規模は右肩上がりで増加傾向にあり。
2010年度と比較すると、2020年度は2倍上に規模は成長しています。

Webスキル習得にはオンラインスクールに通うことを強くおすすめします。

なぜなら、独学では遠回りになるうえ挫折する可能性が高いから。
スキル習得には、その道のプロに教わりながら進めるのが鉄則です。

おすすめのスクール3社をご紹介します。
同じ志を持った仲間との出会いもあり、切磋琢磨できる環境はすでに準備されています。

Webスキル習得に特化!オンラインスクールおすすめ3選(無料カウンセリング実施中)

【対策2】自己分析を行ってキャリアの棚卸しを行う

次に2つ目の対策が「自己分析を行ってキャリアの棚卸しを行う」

  • 仕事上の強みや弱みは何か?
  • どんな仕事が自分には向いているのか?
  • 今後、どんなキャリアを歩みたいのか?

「いったい、自分は何をしたいのか?」
進むべき方向が定まらないと仕事も選ぶことはできません。

「自己分析」は今まで歩んできたキャリアの振り返り。

どんな人生を歩んできたのか?
振り返ることでこの先の「生き方」が見えてきます。

とはいえ、自己を客観的に分析するのは至難の業。
誰もが簡単にできれば、キャリアに悩むことはありません。

ではどうすればいいのか?
自己分析はプロのキャリアコーチングを受けることで迷いなく行えます

自己分析に迷ったら、まず気軽に相談をおすすめします。
無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロのキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【対策3】市場変化の影響を受けにくい会社に転職する

そして3つ目の対策が「市場変化の影響を受けにくい会社に転職する」

コロナをきっかけに倒産する会社は増加(コロナ倒産)。
会社だけでなく働く従業員もリストラや雇い止めは増えました。

今後も雇用に影響する市場変化は起こりえます。
ですので、外的影響を受けにくい会社に転職するのも一つの対策になります。

その対策となる会社が「大手企業」

影響を真っ先に受けるのは「中小零細企業」
コロナ破綻の半数以上が零細企業という情報もあるほどです。

資本力のある大手企業に転職できれば、これら影響は受けにくいといえます。

大手企業への転職には転職エージェントの力を必ず借りましょう
人事担当との太いパイプを持ち、転職活動を少しでも有利に進められます。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

契約社員から正社員になった!最適な方法3選

結論、契約社員はデメリットの多い雇用形態。
ではどうすれば、契約社員のデメリットを回避できるのか?

答えは「正社員になること」
しかも登用ではなく別の会社に転職するのが最適な方法です。

具体的な契約社員から正社員になった最適な方法をご紹介していきます!

正社員登用などの転換制度が難しい理由についてこちらで解説しています。

【方法1】転職エージェントを活用する

まず1つ目の方法が「転職エージェントを活用する」

転職活動で必要な職務経歴書や履歴書。
書き方一つで書類選考通過率に、大きな影響を与えます。

必ずその道のプロにアドバイスもらいながら書き進めるのが賢明。

転職のプロというのが「転職エージェント」
転職エージェントを活用すれば、企業への推薦状も書いてもらえます

煩わしい年収交渉や企業との連絡代行も可能。
効率的かつ有効に転職活動を進める意味でも転職エージェントの存在は大きいでしょう。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

【方法2】就職支援サービスを利用する

次に2つ目の方法が「就職支援サービスを利用する」

自分一人で転職活動を進めたい方。
エージェントを頼らず自由に活動したい方は、求人サイトの利用がおすすめです。

求人サイトの中でも特に規模が大きいのは「リクナビNEXT

大手企業からベンチャーまで5万件以上の求人を掲載。
中には上場企業も数多く掲載される業界トップクラスの求人数を誇ります。

【方法3】プログラミングスクールに通う

そして3つ目の方法が「プログラミングスクールに通う」

今後IT人材の需要は、増加することが予想されています。
なかでも企業が求める人材は「スキルを持ったITエンジニア」

エンジニアにとってのスキルとは「プログラミング」
つまり、プログラミングは食いっぱぐれないスキルの一つ。

需要増加を見込んで今ではプログラミングスクールが多くリリースされています

そのスクールの多くが「転職保証付き」
スキル習得だけでなく正社員としての転職保証も就いています。
※転職できなければ全額返金するスクールもあり

需要の高いスキルを習得して正社員になれる。
契約社員の現状を脱却したい方に最適な選択肢の一つだといえます。

未経験からITエンジニア転職!転職成功率9割超のプログラミングスクールおすすめ3選

実は契約社員から正社員転換が難しい制度

正社員転換制度や登用制度など。
契約社員から正社員を目指せる制度は準備されています。

でも実は契約社員から正社員転換が難しい制度だとご存じでしょうか?

例えば、契約社員を対象にした「無期転換ルール」

有期労働契約が5年を超えて更新された場合、 有期契約労働者(契約社員、アルバイトなど)からの申込みにより、期間の定めのない労働契約 (無期労働契約)に転換されるルールのことです。

でも5年経過する前に雇い止めにあうケースもあり。
そもそも5年も経過しないと無期労働契約を結べない時点で難しい。

しかも無期労働契約は正社員とは限らない。
単に期間の定めがないだけで、正社員になれるわけではない。

契約社員の更新自体も会社の同意が必要。
つまり、不要だと判断された社員(スキル・経験なし)は更新せず。

正社員転換制度を導入する企業の割合は『54.6%』
そもそも導入すらしない企業も存在し、かつ登用実績がなかった企業の割合は『38%』

体験談からも契約社員は一度レールから外れるとなかなか正社員になれないと悲痛な叫びが寄せられています。

絶望する男性

「契約社員で10年近くしていました。一度、レールを外れるとなかなか正社員にはなれません。」
引用: 日本共産党「若者ネットワーク」

いずれにしても契約社員はリスクが高い。
契約社員に進んでなるものではないと断言できます。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

契約社員から労働者を卒業できる職業3選

頭を抱えた男性

「契約社員になってはいけないのは分かったけど、そもそも会社勤めが向いてないかも。。正社員以外の選択肢はありませんか?」

労働者が向いてないと感じる方に!
そんな契約社員から労働者を卒業できる職業3選をまとめていきます!

【職業1】結婚相談所経営

まず1つ目の契約社員から労働者を卒業できる職業が「結婚相談所経営」

男女を成婚に導く社会貢献性の高い事業。
場所も、時間も、自由に選べる副業・起業ビジネスとなります。

そんな結婚相談所経営をおすすめする理由は、利益率が高い点。

結婚を望む男女を引き合わせるシンプルなビジネス。
そのため、店舗や在庫などの費用をかけなくても始められます。

また特別なスキルも不要で、お世話好きに向いてる職種だといえます。

ただし、結婚相談所を始めるには連盟に加盟する必要あり。
なぜなら、結婚相談所の経営で最も苦戦するのが「集客」だからです。

連盟に加盟すれば、既存の会員ネットワークを活用しお見合いを組めます。
会員の中から簡単に気になるお相手を探せるので、開業早々に売上を立てることも可能です。

結婚相談所の加盟で最もおすすめなのが「日本結婚相談所連盟

粗利益90%以上!上場企業運営の信頼できるビジネス。
興味があれば無料の説明会に参加してみてはいかがでしょうか。

【職業2】動画クリエイター

次に2つ目の契約社員から労働者を卒業できる職業が「動画クリエイター」

動画コンテンツの編集を行う職種。
完全在宅、パソコン1台でできると現在人気を集めます。

そんな動画編集者をおすすめする理由は、将来性が大きい点。

動画広告市場は今後も右肩上がりで増加。
2025年には1兆円規模に達すると予測も出ているほどです。

動画編集の案件探しには「クラウドワークス」の利用がおすすめです。

ただ需要が伸びているとはいえ、ライバルも多い。
高収入の案件獲得には動画編集のスキル習得も重要になってきます。

動画編集のスキル習得にはスクールの受講が最短ルートでおすすめです。

特にスキル習得におすすめのスクールが「テックアカデミー

高単価の動画クリエイターを目指せる超実践型カリキュラム。
編集ツール3ヶ月無償&PCレンタル実質無料と特典も充実のスクールです。

【職業3】フリーランスエンジニア

そして3つ目の契約社員から労働者を卒業できる職業が「フリーランスエンジニア」

フリーで活動するエンジニアのこと。
企業から案件を受注し、開発して納品する仕事になります。

スキルあってのフリーランスエンジニア。
高収入にも期待できますが、経験者であることが絶対条件。

エンジニア未経験であれば、まずプログラミングスキル習得に励むのが賢明です。

未経験からITエンジニア転職!転職成功率9割超のプログラミングスクールおすすめ3選

【なぜなる?】それでも契約社員に向いている人とは

それでも契約社員に向いている人とはどんな人か?

【向いている1】仕事の責任を負いたくない人

まず1つ目の向いている人は「仕事の責任を負いたくない人」

契約社員に比べて正社員は責任を求められる。
その一方で、管理職登用や業務の役割の幅は広がる。

仕事の責任を極力負いたくない人は契約社員が向いているといえます。

【向いている2】決められた仕事だけをしたい人

次に2つ目の向いている人は「決められた仕事だけをしたい人」

契約社員を活用する理由は「専門的な業務に対応するため」
言い換えれば、決められた仕事だけを行うのが雇用の目的ともいえる。

事前に決められたことだけをしたい人は契約社員向きといえそうです。

【向いている3】プライベートと仕事を両立したい人

そして3つ目の向いている人は「プライベートと仕事を両立したい人」

ワークライフバランスに関する意識調査を実施。
結果、正社員より契約社員のほうがポジティブな意見は多い。

特に女性は出産、育児など仕事との両立を意識したい。

契約社員という選択肢もメリットとして捉えられる。
ですので、プライベートとの両立をはかりたい人には向いています。

まとめ:契約社員になってはいけないかは希望とする生活次第

契約社員になってはいけない理由と正社員に転職する方法をまとめてきました。

改めて、契約社員になってはいけない理由をまとめると、

契約社員になってはいけない理由

  1. 生活が安定しないから
  2. 待遇は依然悪いから
  3. 世間体が悪いから
  4. 結婚しにくいから
  5. 市場変化の影響を受けやすいから
  6. キャリア形成の将来性はないから

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)