仕事ができない人の顔つきや見た目の特徴8選と仕事できる人との決定的な違い
悩むビジネスマン

「仕事ができない人って顔つきにも現れる?仕事できないよりできる顔つきになりたい・・!」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「仕事できる人の顔つきになりたい人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • 仕事ができない人の顔つきや見た目の特徴
  • 仕事ができない人と仕事できる人との決定的な違い
  • 仕事ができない人からできる人の顔つきに近づく方法

ハルマ@ブログ管理人ハルマ@ブログ管理人

「仕事ができない人とできる人の顔つきには決定的な違いがあります。仕事できる人に生まれ変わりたい人は、ぜひ参考にしてみてください!」

結論→顔つきだけで仕事ができない人かは不明

結論からいうと、顔つきだけで仕事ができない人かは不明です。

顔つきで仕事の出来不出来が分かるなら面接は不要ですね。
なぜなら、履歴書に顔写真も経歴も情報として提出できているから。

見た目より内面を考慮する必要があるからこそ面接は実施されるもの。

ただ、顔つきで仕事ができない人だと勝手に判断されるケースは多々あります。

人間の情報で最も影響するのは「視覚」
視覚情報が人に与える影響度は『55%』で、これをメラビアンの法則と呼びます。

その中でも特に印象に残りやすいのが「顔つき」
アンケート調査でも7割以上が顔の印象は残りやすいと回答。

つまり、顔つきが悪いとネガティブな印象も与えてしまうということ。
裏を返せば、顔つきを変えるだけで仕事できる人に見られるようになることは可能だといえます。

実際、外見が魅力的な人は聡明にも見えてしまうもの。
これを社会心理学の「ハロー効果」と呼ばれる認知バイアスの一種です。

従って、努力次第で仕事できる人には生まれ変われるということです。

今すぐ仕事できる人の顔つきに生まれ変わりたい方はこちらをご覧ください。

仕事ができない人の顔つきや見た目の特徴8選

疑問に思う男性

「仕事ができる男性と、仕事ができない男性かつやる気がない男性では顔つきって違うんでしょうか??」
引用: Yahoo!知恵袋「恋愛相談」

顔つきだけで仕事できるできないの判別は不可能。
でも、仕事できない人ほど顔つきですでに負けています。

経営の神様、松下幸之助氏も「性格や精気は顔に出る」と語っています。
(出典:東洋経済「結果が出ない人は「表情」がすでに負けている」

ではどんな特徴が仕事できない人の典型なのか?
仕事ができない人の顔つきや見た目の特徴8選をまとめていきます。

【特徴1】寝癖が立っている

まず1つ目の特徴が「寝癖が立っている」

先にも紹介した通り、人は視覚優位に判断します。
寝癖が立っている状態をポジティブに思う人はいません。

特に営業など人と関わる仕事を行っている人は要注意。

寝癖が立っているだけで「この人仕事できない」
ネガティブに判断されてしまうため、毎朝のチェックは大切です。

【特徴2】太っている

次に2つ目の特徴が「太っている」

体型は人それぞれの個性。
体質や遺伝でも大きく影響してきます。

ただし、太っていることはネガティブに影響してきます。

女性の体型と見た目に関する意識調査を実施。
本調査によると、太っている方が最大で4.4歳も老けて見えることが明らかに。

つまり、太っていることは見た目にも影響してきます。

【特徴3】化粧が適当

3つ目の特徴が「化粧が適当」

こちらも視覚優位から判断される見た目。
寝癖と同等に人と関わる仕事を行っている人は要注意です。

ポジティブな印象は受けないでしょう。
実際、女性からもあまりよくない意見があがっています。

迷う女性

「化粧は自分のためにするのではなく、見る人に不快感を与えないようにするものだと思う
(40代/エンジニア/派遣/栃木)」
引用: 女の転職type「オフィスメイクどうしてる?」

【特徴4】笑顔がない

4つ目の特徴が「笑顔がない」

見た目は自分より相手への影響度が高いです。
寝癖も化粧も、自分はいいと思っていても周囲が気になります。

笑顔も同様に、あるなしで影響度が大きく変わってきます。
実際、9割の人が笑顔を含むコミュニケーションは仕事に影響すると回答

笑顔を意識し、作るだけで仕事できる人に生まれ変われます。

【特徴5】挨拶しない

5つ目の特徴が「挨拶しない」

笑顔がないと同様の内容です。
コミュニケーションの円滑さに影響し、直接仕事にも影響します。

【特徴6】姿勢が悪い

6つ目の特徴が「姿勢が悪い」

姿勢がいい人は仕事できる人と見られます。
つまり、姿勢が悪いと仕事できない人と判断されがち。

さらに注意すべきは、姿勢の悪さは腰痛の原因にもなりえます。

実際、運動不足に次いで多い原因が「姿勢の悪さ」
腰痛の痛みで仕事効率は平均4割も低下することが報告されています。
(出典:ファンケル「腰に関するアンケート調査実施」

姿勢の悪さは見た目ではなく仕事効率にも影響するため注意が必要です。

【特徴7】鼻毛が出ている

7つ目の特徴が「鼻毛が出ている」

5割もの女性が鼻毛が出ている=仕事できない人と判断しています。
さらに仕事できないだけでなく、年収が低そうという印象があると回答

鼻毛はしっかり定期的に切りましょう。

【特徴8】フケなどが体に付着している

そして8つ目の特徴が「フケなどが体に付着している」

清潔感は仕事上、とにかく大事。
実際、調査から理想の上司の条件第1位は「清潔感」

毎日の身だしなみを整えることが重要です。

仕事ができない人と仕事できる人との決定的な違い

ここまで、仕事ができない人の顔つきや見た目の特徴をまとめてきました。

顔つきだけで仕事の出来不出来を見分けるのは難しい。
ただ仕事ができない人と仕事できる人との決定的な違いがあります。

それは「仕事に対する姿勢」

基本的に日本人は、見た目に対する意識は低いです。
世界と比較してもビジネスマンのスキンケア実施率は最下位。
(出典:リッチメディア「仕事と見た目調査」

でも、仕事できる人は総じて見た目を気にしています。
それは、常に人からの「見られ方」を意識しているからなんです。

実際、顔つきを含む外見と年収には相関あり。
外見が良ければ収入にプラスの影響があると美貌格差では語られている。

顔つきでの生涯年収の差はなんと2,700万円!
見た目を意識するだけで、仕事やプライベートに好影響をもたらします。

仕事できる人は、仕事に対する姿勢が良い。
だからこそ見た目や顔つきにも好印象を持たれやすいといえそうです。

仕事ができない人からできる人の顔つきに近づく方法

面接の選考で見た目の第一印象は9割以上が重要と回答。
顔採用も事実存在するため、仕事するうえで顔つきは重要です。
(出典:立教大学「見た目と雇用」

ではどうすれば仕事できる人になれるのか?
具体的な仕事ができない人からできる人の顔つきに近づく方法を解説していきます

【方法1】見た目を整える

まずは「見た目を整える」

整えるだけで仕事できる人に生まれ変われます。
具体的には、特徴で紹介した8つを改善するだけでも変化あり。

多くの人が、人を見た目で判断しています。
判断材料となる見た目を整えるだけでも、がらりと印象は変わります。

また「自分磨き」は自信にもつながります。
実際、自分磨きで自分に自信がついた人は約9割にものぼります。

つまり、見た目は気持ちまでポジティブになるということ。
見た目を変える努力をするだけで、仕事できる人に生まれ変われます。

【方法2】強みが何なのかを明確にする

見た目だけでなく「強みが何なのかを明確にする」

内面を磨けば外見も変わります。
気持ちもポジティブになって、周囲から仕事できる人に映ります。

では仕事上で、どうやって内面を磨けばいいのか?

簡単な方法は強み(長所)を伸ばすこと。
弱みを改善するのではなく、強みを見つけて伸ばすのが有効です。

なぜなら、強みは弱みさえ凌駕するから。
この考えを「長所伸展法」と呼び、著名な経営者の教えの一つになります。

とはいえ、強みを見つけるのは簡単なことではありません。

どうすれば自分の強みは見つけられるのか?
それは、その道のプロに相談し客観的に分析してもらうのが賢明

その道のプロというのが「キャリアコーチング」

強みの引き出しや活かし方は自分では特定が難しい。
だからプロに相談し、アドバイスもらいながら進めるのがおすすめです。

無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロのキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【方法3】強みをいかせる仕事に転職する

そして「強みをいかせる仕事に転職する」

強みが分かったら、強みを活かせる環境を探しましょう。
苦手な仕事、弱みが優位の職場に留まっても仕事できる人にはなれません。

強みを活かせる環境に移るには転職が最適解です。

あなたを必要としている会社はいくらでもあります。
ただ気づいていないだけで、まだ出会っていないだけなんです。

転職エージェントを活用すれば、あなたの強みを活かせる会社を探してきてくれます

内定獲得までフルサポートが受けられます。
環境を変えるだけで、仕事できない人からできる人に生まれ変われます。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

まとめ:顔つきだけで仕事ができない人とできる人には格差が生じる

仕事ができない人の顔つきや見た目の特徴に関する情報をまとめてきました。

改めて、仕事ができない人の顔つきや見た目の特徴をまとめると、

仕事ができない人の顔つきや見た目の特徴

  1. 寝癖が立っている
  2. 太っている
  3. 化粧が適当
  4. 笑顔がない
  5. 挨拶しない
  6. 姿勢が悪い
  7. 鼻毛が出ている
  8. フケなどが体に付着している

外見(見た目)だけでなく内面を磨くことで仕事できる人に映ります。

内面を磨く最たる方法が「自己分析」
プロにアドバイスもらうことで「知らない自分」を発見できます。

自己分析に役立つ!プロのキャリアコーチングサービスおすすめ3選