【週5はきつい!】週5勤務がきつい理由とフルタイムに向いてない人への解決策
仕事に悩む人

「週5勤務なんてきつい!解決策は何かありませんか?」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「週5勤務がきつくて解決策を探している人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • 週5勤務がきつい3つの理由
  • 週5勤務(フルタイム)に向いてない人への解決策

ハルマ@ブログ管理人ハルマ@ブログ管理人

「週5勤務がきつくて働き方を見直したい方は、ぜひ参考にしてみてください!」

週5勤務がきつい3つの理由

仕事をしている人の約9割が「働きたくない」と実感。
口コミでも週5で8時間働くことはきついのが多数派。

バイト・パートでも希望の勤務日数は「週3日」
週5日以上働くことを希望している人はわずか4分の1に留まる結果に。

具体的な週5勤務がきつい3つの理由についてまとめていきます。

【理由1】長時間労働は集中力が続かないからきつい

まず1つ目の理由が「長時間労働は集中力が続かないからきつい」

人間の集中力は「40分程度」と言われています。
なので1日8時間労働の週5勤務は人間にとって無理をしている状況といえます。

人は普通どのくらい集中できるのか、医学的見地から考察すると、40分程度と言われている。効率よく集中するには、脳をたまに解放することが大切で、散歩が良いとされている。足の筋肉を動かすことで脳が活性化する。

さらに現代社会はストレス社会。
様々なストレスが原因となって疲労は蓄積されています。

残業なんてしてしまえばさらにきつい。
50時間以上の労働ともなればフルタイムに比べて有意差はあることが報告されています。

なので、精神的にも身体的にも疲弊。
結果、週5勤務の長時間労働はきついと感じてしまう。

【理由2】帰宅後の自由時間が少ないからきつい

次に2つ目の理由が「帰宅後の自由時間が少ないからきつい」

仕事から帰ってきての自由時間はどれくらいか?
マイナビ調べで、最も割合として多いのがわずか「90~120分」

しかも帰宅後の家事は必須で行う必要がある。
がしかし共働きの場合、家事分担は妻の割合が『67%』と負担は大きい。
(出典:ディップ「共働き世代のリアルな声についてのアンケート調査」

疲労が回復できなければきついのは当然。
通勤の移動時間も発生するため、週5も働くのはきついと感じる。

【理由3】仕事と仕事以外の両立が難しいからきつい

そして3つ目の理由が「仕事と仕事以外の両立が難しいからきつい」

仕事で手が止まる女性

「生活の面倒をみる介護なので、週5日間一定の時間を仕事に拘束される働き方では介護と仕事を両立できなかった。(ジルママさん)」
引用: ディップ「介護と仕事の両立を調査」

週5勤務(フルタイム)に向いてない人への解決策

多様な働き方の実施および導入検討事例

様々な働き方が提案されている昨今。
そもそも働く目的は「収入を得るため」が最多。

バイトでも週5以上働く理由は「収入」
なのであればきつい週5から解放される働き方に切り替えるのが賢明といえます。

連続5日間の呪縛から解放されたい人。
週5勤務(フルタイム)に向いてない人への解決策についてまとめていきます。

【解決策1】週4日勤務の会社に転職する

最も手っ取り早い解決策が「週4日勤務の会社に転職する」

実は週4日勤務(週休3日制)とする会社は増えています。
実際、厚労省調べで平成31年は『7.7%』から令和2年に『8.3%』まで導入企業が増加。

特に同資料から大企業より300~999人規模の中小企業の導入が増えています。

つまり、週4日勤務に変えたい方は中小企業への転職がねらい目。
そして転職活動では、必ず転職エージェントの力を借りて進めましょう。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

【解決策2】リモートワーク導入の企業に転職する

「リモートワーク導入の企業に転職する」

リモートワークの働き方は総じて満足度が高いです。
特に「働く時間(始業、終業時間や休憩など総合的に)」が最も満足度は高い結果を得られています。

ただし、リモートワークの頻度(週1日以下~週5日)による有意差は認められず。
出社組に比べてリモートワーカーのほうが働き方の充実度は良好であることが調査から明らかに。

ではどれくらいの頻度が最もベストなのか?
調査から出社頻度の理想は「週3日以下」が約7割となっています。

つまり出社頻度が3日以下、リモートワークは2日以上という働き方がベストだといえます。

このように柔軟な働き方を実現しやすい業界は「IT業界」
IT業界が最もリモートワークの働き方を積極導入する業種にあたります。
(出典:総務省「令和元年通信利用動向調査の結果」

IT業界のなかでも特に融通の利く職種が「ITエンジニア」
パソコン1台で業務に取り組めて、場所を問わない働き方が可能です。

IT業界への転職にはIT専門の転職エージェントを活用しましょう。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

エンジニア未経験ならプログラミングスクールに通うのがおすすめです。

未経験からITエンジニア転職!転職成功率9割超のプログラミングスクールおすすめ3選

【解決策3】起業して自由なライフスタイルを手に入れる

「起業して自由なライフスタイルを手に入れる」

起業の動機で最多なのが「自由に仕事がしたかった」
(出典:日本政策公庫「2021年度起業と起業意識に関する調査」

起業すればきつい週5の呪縛からも解放されます。
毎日が休み、毎日が仕事、人生を設計するのはあなたです。

起業するといってもどんな事業がおすすめか?
初心者で起業も考えたことがない方にとってはスタートからつまづきます。

初心者から起業するならおすすめは「結婚相談所経営」

男女を成婚に導く社会貢献性の高い事業。
場所も、時間も、自由に選べる副業・起業ビジネスとなります。

結婚相談所経営の中でも「日本結婚相談所連盟」への加盟がおすすめです。

粗利益90%以上!上場企業運営の信頼できるビジネス。
興味があれば無料の説明会に参加してみてはいかがでしょうか。

その他、起業におすすめの業種については関連記事をご覧ください。

関連記事:【2022年】独立開業しやすい仕事ランキング20選!起業に必要スキル・資格も紹介

【解決策4】派遣社員になってライフワークを充実させる

「派遣社員になってライフワークを充実させる」

雇用形態別に「ワークライフバランス」について調査。
結果は以下の通りで、派遣社員が最も良いという回答を得ています。

【現在のワークライフバランスはいかがですか?】

良好な理由は「正社員と違って働く日数も自分で選ぶことができるから」

労働日数だけでなく派遣先や仕事内容。
環境まで選ぶことができるため、自由な働き方には適しています。

ただし派遣社員には働くうえでのデメリットもあります。
しっかり先を見据えて雇用形態は選ぶのがよいでしょう。

関連記事:【やめとけ】正社員型派遣はやめたほうがいい6つの理由と正社員になる最適な方法

【解決策5】Webライターになって仕事と職場環境を選ぶ

「Webライターになって仕事と職場環境を選ぶ」

初期費用もかけず、誰でも未経験から始められるWebライターがおすすめです。

関連記事:個人事業主になれない人の特徴5選【自営業に向いてる人の性格とおすすめ職種も紹介】

週5がきついなら働き方を見直すことからまず始めよう

週5勤務(フルタイム)に向いてない人への解決策

  1. 週4日勤務の会社に転職する
  2. リモートワーク導入の企業に転職する
  3. 起業して自由なライフスタイルを手に入れる
  4. 派遣社員になってライフワークを充実させる
  5. Webライターになって仕事と職場環境を選ぶ

働き方の多様化や仕組みの導入が進む昨今。
きつい週5勤務から解放される解決策は確実にあります。

週5がきついなら働き方を見直すことからまず始めるのがよいでしょう。

週5勤務から解放されれば、幸福度は上がります。
実際、アイスランドで週4日勤務が試験導入され生産性が向上。

ストレスも減って仕事への活力が増加したとの報告も上がっています。

世界ではすでにフルタイム勤務以外の働き方を望んでいます。
ですが日本はフルタイム勤務者が多く、多様な働き方があることすら気づいていない。
(出典:prtimes「グローバルキャンディデイト嗜好調査結果」

行動するかしないか、働き方を変えるかどうか。
きつい週5勤務から逃れられるかどうかは、あなたの行動次第です。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

まとめ:きつい週5勤務を無理しなくても解決策はある!

週5勤務がきつい理由とフルタイムに向いてない人への解決策をまとめてきました。

改めて、週5勤務がきつい理由をまとめると、

週5勤務がきつい3つの理由

  1. 長時間労働は集中力が続かないからきつい
  2. 帰宅後の自由時間が少ないからきつい
  3. 仕事と仕事以外の両立が難しいからきつい

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)