なぜ3年目で仕事向いてないと感じるのか?理由と原因から8つの転職判断基準
悩むビジネスマン

「3年目なのに仕事向いてないように感じる。仕事できないし、とにかくつらい。。。転職したほうがいいのかな?」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「3年目で仕事向いてないと感じ転職を検討している人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • 3年目で仕事向いてないと感じる理由と原因
  • 3年目で仕事向いてないと感じた時の転職判断基準
  • 社会人3年目の転職活動で対策と注意すべき点まとめ

今、我慢してはいませんか?

仕事向いてないと悩む会社員は非常に多くいます。
とくに20代の若手社員は、将来のキャリアに不安を抱いています。

あなただけではありません。

でもどうすればいいか分からない。
3年目で仕事向いてないと感じる理由と原因から解決策の対策と対処法を解説していきます!

ハルマ@ブログ管理人ハルマ@ブログ管理人

「3年目で仕事向いてないと感じる理由と原因から転職判断基準まで網羅的に情報をまとめていきます。今まさに3年目で仕事向いてないと感じ転職を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください!」

3年目で仕事向いてないと感じる理由と原因

「初めての退職は入社何年目の時?」

「初めて入社した会社を辞めたのは、入社何年目の時でしたか?」
この問いの答えが上図の通りで、3年目が最多(25.7%)となっています。

働く女性

「どんなお仕事も、3年目が一番辛いと聞きます。私自身もそうでしたし、私の親友の女の子も、3年目に初めて転職しようかと考えてると相談のお話をしてきてくれたこともあります。」
引用: Yahoo!知恵袋「職場の悩み」

上記経験談のように社会人3年目で苦しむ声が多く散見されます。

この事象をまたの名を「25歳の壁」とも呼びます。
実際、3年目時が最も仕事上の壁にぶつかった状況があったと調査でも明らかに。

ではなぜ、仕事向いてないと感じてしまうのか?
3年目で仕事向いてないと感じる理由と原因についてまとめていきます。

【理由1】将来のキャリア形成に不安を抱いてるから

まず1つ目の理由が「将来のキャリア形成に不安を抱いてるから」

大前提として、3年勤めれば仕事は覚えます。
実際に国立女性教育会館の調査で「担当業務を遂行するための知識・技能」は年数を重ねるごとに向上。

上図の通り、3年目には男女とも約半数の社会人が「技能はある」と回答。

しかし、知識・技能はあるにもかかわらず別の設問をみてみると。
「将来のキャリアにつながる仕事をしている」への回答は逆に年を追うごとに低下。

低下した原因は、仕事の将来性に不安が拭えないため。

「このまま仕事を続けていいのだろうか?」
「本当にこの仕事は自分に合っているのか?」

仕事の将来性が分かってしまったからこその不安。
続けてしまっては、自分のキャリア形成に影響するのではないか?

実際、社会人1年目に比べて3年目は仕事へのモチベーションが低下。
モチベーションが低い要因は「仕事にやりがいを感じることが出来ないため」

つまり、キャリア形成の見直し時期だということ。
自分の仕事を再確認し、ターニングポイントの3年目ともいえそうです。

【理由2】3年経過しても未だ仕事でミスしてしまうから

次に2つ目の理由が「3年経過しても未だ仕事でミスしてしまうから」

仕事に悩む男性

「入社三年目なのですが、いまだに一日一回はミスをします。。大小さまざまなミスだったりですが。今は少しでもミスを減らす為に、チェックをかかさず念入りにしてるのですが、この前それでもミスが生じました‥」
引用: Yahoo!知恵袋「職場の悩み」

3年経過して社会人全員が技能があるとは限らない。
同調査で半数は「不十分」と回答している点からも読み取れます。

しかし、3年目ともなれば会社では「中堅社員」として扱われます。

一般的には、中堅社員とは入社3年目以降で、主任や課長などの役職についていない社員を指します。入社1年目から3年目の若手社員と異なり、自分1人である程度の業務を遂行できる能力を持っていると認識されます。

中堅社員は上記定義の通り、一人で業務遂行できると認識されます。

なので、3年目に入っても未だに仕事を覚えられない状態。
ミスしてしまう状況は、辞めたくもなるし仕事向いてないと考えてしまうので当然です。

ミスの原因は、本人の能力(向き不向き)も要因としてあります。
ですが、職場環境や会社などの外的要因も原因として考えられます。

実際、厳しい職場環境ほどミスは増えることが報告されています。

つまり、仕事はそのままで会社を変えるだけでも状況は変わる可能性あり。

【理由3】今までと異なる職場・労働環境の変化が訪れるから

そして3つ目の理由が「今までと異なる職場・労働環境の変化が訪れるから」

3年目ともなれば労働環境には変化がみられます。
異動、後輩の育成、転勤など今までと異なる環境に身を置く機会は増えます。

実際に入社3年目の社員は、役割が大きく変化する時期。
そのため、「3年目社員向け研修」が各サービスよりリリースされています。

しかし、働き方意識の調査は年数を重ねるごとに変化。
1年目は「積極的で前向き」だったのが、3年目では「プライベート重視」

さらに、異動等で仕事が変わることで新入社員扱い。
後輩の指導に疲れ果て、プライベートを重視する傾向が顕著になっています。

仕事が辛い男性

「仕事が向いていない気がしてツラいです。社会人3年目男です。3ヶ月前に人事異動で営業に配属されました。前の部署とは業務が全く異なるのでまるで新入社員のようです。」
引用: Yahoo!知恵袋「職場の悩み」

仕事に疲れた女性

「入社3年目になる後輩の指導に疲れてしまいました。全く仕事を覚えません。」
引用: Yahoo!知恵袋「職場の悩み」

原因として、仕事のつらさからの逃避。
プレーヤーからマネジメントに変わった途端に仕事のできなさが露呈。

3年目で仕事向いてないと感じた時の転職判断基準8選

厚労省調べで『53.4%』が転職に満足と回答。
つまり、半数以上の転職者が転職に満足していることが分かる。

ただし、全員が報われるわけではない。
どんな場合に、転職のタイミングは判断すべきなのか?

ポイントは「将来につながるキャリア形成」
調査で現代の20代は「自身の成長・キャリア」を重視し入社を決めています。

自身の将来につながらない仕事を続けてもリスク。
早々に転職し、望むキャリアを早期に形成するのが理想的だといえる。

そのための3年目で仕事向いてないと感じた時の転職判断基準8選を紹介していきます。

【基準1】現職でのメリットを捨てる勇気があるかどうか

まず1つ目の転職判断基準が「現職でのメリットを捨てる勇気があるかどうか」

転職して同じメリットを得られるとは限らない。
つまり、メリットを失っても転職で得たいものがあるかどうか。

転職するかの判断はあなた次第。
勇気を出して決断を下せるなら、転職しても成功することでしょう。

【基準2】現在の仕事の成果に対する評価は適正かどうか

次に2つ目の転職判断基準が「現在の仕事の成果に対する評価は適正かどうか」

年収や昇給、賞与などの人事評価。
仕事に対するこれら評価は適切である必要があります。

しかし、あまりに評価が低い。
また上司や社長の一存で評価を下される会社は危険。

あなたの評価を適正に評価されていない可能性が高いです。

このような会社に留まってもメリットはありません。
今後のキャリアにすら悪影響を及ぼしかねない状況です。

早々に転職を考え、動き出したほうが将来のためでもあります。

【基準3】理想のキャリアを現職では実現できるかどうか

3つ目の転職判断基準が「理想のキャリアを現職では実現できるかどうか」

どんなキャリアを歩みたいか?
人それぞれ、価値観や重視すべき働き方は異なります。

あなたにも、「理想のキャリア」は当然あるでしょう。
叶えたいキャリアが、現職で実現不可能なら早々に転職すべきです。

なぜなら、一生叶わずに終わってしまうから。
「会社主体」で考えるのではなく、「自分主体」にキャリアは考えましょう。

【基準4】3年目でも教育、訓練機会は充実しているかどうか

4つ目の転職判断基準が「3年目でも教育、訓練機会は充実しているかどうか」

社員への人件費は「コスト」ではなく「投資」
このような価値観を持てる会社は、未来があります。

現職の会社は、人材に投資はしているでしょうか?
教育や訓練機会など、社員の成長につながる取り組みは積極的でしょうか?

残念ながら不十分だと感じるなら、転職を考えましょう。
留まってもこき使われて、キャリアも経験も残せないまま終わります。

【基準5】現職で得られるスキルや伸ばせる能力はあるかどうか

5つ目の転職判断基準が「現職で得られるスキルや伸ばせる能力はあるかどうか」

仕事で得られるスキルにも「質」があります。
需要の高いスキルなのか、誰でもできる需要のないスキルか。

どちらが「付加価値人材」になりえるでしょうか?
答えは簡単ですね、前者の「需要の高いスキル」です。

また強みを活かした伸ばせる能力も、得られるかの判断基準としては最適です。

これらスキルが現職で得られないなら即転職。
転職して、スキル習得に励んだほうが、将来は明るいです。

【基準6】自分ではどうすることもできない職場の悩みかどうか

6つ目の転職判断基準が「自分ではどうすることもできない職場の悩みかどうか」

仕事をしていれば、様々な悩みが生じます。
人間関係、業務の内容、取引先との交渉など。

しかし、職場の悩みにも2種類あります。

それが「影響の輪」と「関心の輪」
簡単にいえば、自分でコントロールできる悩みかどうかです。

自分ではコントロールできない悩みを悩み続けても、たんに消耗するだけ。

「影響の輪」の中で完結できる人生を歩みましょう。
そのための手段が転職であり、会社選び・仕事選びはもっと重要です。

【基準7】転職活動を実際に行ってすぐに内定を取れるかどうか

7つ目の転職判断基準が「転職活動を実際に行ってすぐに内定を取れるかどうか」

転職活動の目的とは何か?

実は、「内定獲得」だけではありません。
「市場価値」を調べる目的にも大いに役立ちます。

なぜなら、企業が欲しい人材=価値の高い人材だから。
つまり、内定をいくつも取れる人材は付加価値の高い人材だということ。

転職活動を実際に行ってみることで、客観的に価値を把握することができます。

そのためにも転職活動を試してみるのもあり。
具体的な転職判断基準の一つとして、取り入れることができます。

【基準8】会社の労働環境や従業員への上司の対応は適切かどうか

そして8つ目の転職判断基準が「会社の労働環境や従業員への上司の対応は適切かどうか」

一言でいえば、ブラック企業かどうかの基準。
それらの基準を調べるのに最適なのが、労働環境や上司の対応。

まずは改善提案を行って、会社がどのように対処するかを見定めましょう。

誠心誠意対応する会社ならホワイト。
まったく改善すら取り入れない会社はブラック。

少しでも違和感を覚えるなら転職を視野に動きましょう。

「石の上にも3年」はもはや死語!転職で環境は変えられる

ここまで、仕事向いてないと感じた時の転職判断基準について解説してきました。

ただ判断基準が分かっても「年数」を気になる人は多いです。
その一つの基準が「石の上にも3年」と呼ばれる「3年以上」

実際、求人の応募条件に「○○経験3年以上」という表記も散見されます。

ですが「石の上にも3年」はもはや死語!
なぜなら、当時の「3年」と現代の「3年」とでは環境も価値観も異なるから。

転職市場でも重要なのは「定数」ではなく「何をしてきたか」が重視されています。
(出典:リクルートエージェント「石の上にも三年ってホント?」

3年目の25歳は、人生のまだまだ1/4に過ぎない。
「自分を知る」ためにも、積極的に経験に投資をすべきだといえます。

社会人3年目の転職は未経験でも有利

むしろ社会人3年目の転職は未経験でも有利です。

なぜなら、第二新卒枠が存在するから。
第二新卒枠は、新卒以上に採用市場で企業から重宝されています。

重宝する理由は、新卒よりもコストを抑えられる点。
すでに新卒時代に社員教育を受けているため、教育コストは抑えられます。

転職のベストなタイミングは1月~3月と秋採用

そして転職のベストなタイミングは1月~3月と秋採用になります。

理由は、4月と9月入社にあわせて求人が増えるため。
1年を通して最も増えるのは4月入社を見越した「1月~3月」

この時期を見計らって、転職活動を始めるのがベストだと断言できます。

転職判断基準はあっても決断するのはあなた次第

でも転職判断基準はあっても決断するのはあなた次第

退職を気にする人もいますが、いつでもいい。
民法上では、解約を申し入れてから2週間後に退職できます。

判断基準があっても辞めるのにも勇気は必要。
今すぐ辞めたい、でも決断できないなら退職代行というサービスもあります。

いまや退職代行サービスの認知度は約6割。
「退職」を重く考える必要も、煩雑な手続きも行わなくて辞められます

  • 上司に退職の報告をするのが怖い
  • どうやって伝えたらいいかも分からない
  • 退職を伝えても職場に留まるのは気が引ける

退職のことを考えて消耗してはいませんか?

退職代行サービスを使えばストレスなく辞められます。
自分のタイミングで、簡単に辞められる方法がすでに準備されています。

あとは勇気を出して行動するのみ。
退職代行サービスに連絡すれば、あとは退職完了まで進めてくれます。

労働組合or弁護士が対応!安心の退職代行サービスおすすめ3選

ではどうすれば?社会人3年目の転職活動で対策と注意点

dodaが公表する「転職成功者の年代別割合」
上図をみても分かる通り、20代が最も転職成功しやすい年齢だといえます。

つまり、転職を考えるなら早めに行動したほうがいいということ。

では、どんなポイントに気を付けて転職すればいいのか?
具体的な社会人3年目の転職活動で対策と注意すべき点をまとめていきます。

【対策1】3年目に強い転職エージェントを利用する

まず行うべき対策として「3年目に強い転職エージェントを利用する」

「3年目に強い」とは、第二新卒もしくは20代向け。
若手に強い転職エージェントを利用することで、成功確率は上がります。

転職エージェントを利用すれば、あなたの理想に適した求人を紹介してくれます。

また、面接対策や書類添削などのアドバイスももらえます。
実務経験、スキルが高いと見込まれれば、年収交渉も代行してくれます。

転職活動に際して、利用しない手はまったくありません。
手厚いフォローは内定獲得まで無料で提供してくれますので、必須のサービスです。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

【対策2】自己分析からキャリアの方向性を見定める

もし強みがわからなければ「自己分析からキャリアの方向性を見定める」

なぜ自己分析が重要なのか?
それは、長い会社員人生をデザインするため。

大学を卒業すれば、長くとも40年近くは会社員人生を歩むことになります。

長い人生、適当に仕事を選んでしまうとどうなるか?
キャリアの方向性が定まらず、不安な日々を送る末路が待っています。

どんな仕事をしたいのか?やりたいのか?
将来、叶えたいキャリアを描ける会社はどこか?

これらの疑問に対し、軸を明確にするために「自己分析」が必須になります。

己を客観的に分析することで、強みも弱みも分かります。
したい仕事と向いてる仕事とのギャップにも気づけて、軸を再定義できます。

ただとはいえ、自己分析は一人でできるほど簡単なものではありません。

時間がかかるうえ、そもそもどうすればいいかも分からない。
そんな方におすすめなのが「プロのキャリアコーチングサービス」

自己分析はプロに相談しながら進めるのが確実かつ効率的です。

一人で迷うより、プロに相談するだけで悩みの解消は早まります。
無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロのキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【対策3】会社員が向いてないなら独立開業も検討する

選択肢を広げる意味でも「会社員が向いてないなら独立開業も検討する」

仕事は、会社員になることだけがすべてではありません。
「フリーランス」や「個人事業主」など独立開業も選択肢はあります。

いまや個人でも活躍できる時代。
会社組織に属さなくても、生きていくことは可能です。

では、どんな業種が独立開業にはおすすめか?
完全初心者から独立開業を目指すなら「結婚相談所経営」がおすすめです。

男女を成婚に導く社会貢献性の高い事業。
場所も、時間も、自由に選べる副業・起業ビジネスとなります。

結婚相談所経営の中でも「IBJ」への加盟がおすすめです。

粗利益90%以上!上場企業運営の信頼できるビジネス。
興味があれば無料の説明会に参加してみてはいかがでしょうか。

その他、起業におすすめの業種については関連記事をご覧ください。

関連記事:【2023年】独立開業しやすい仕事ランキング20選!起業に必要スキル・資格も紹介

【対策4】離職率の高いブラック企業は事前に避ける

最も注意したいのが「離職率の高いブラック企業は事前に避ける」

離職率が高い会社・業界は、高い理由が必ず存在します。

その最たる理由が「労働環境」
業界によって、労働環境の良し悪しは異なります。

ではどんな業界が離職率は高いのか?
厚労省が公表する離職状況から確認すると、以下の通りです。

  1. 宿泊業・飲食サービス業:51.5%
  2. 生活関連サービス業・娯楽業:46.5%
  3. 教育・学習支援業:45.6%
  4. 医療、福祉:38.6%
  5. 小売業:37.4%

離職率が高い業界順になっています。
誰でも、離職率が高い業界になど転職したくはありません。

あえて危ない橋は渡る必要なんてありません。
ブラック企業を避けて、ホワイト企業に転職することを目指しましょう。

そのための最適な手段が「転職エージェントの活用」

転職エージェントの中にはブラック企業を排除し求人を紹介するサービスもあります。

ブラック企業に出くわしたくない方。
求人の段階からやばい会社に応募したくない方は、ぜひご活用ください。

ブラック企業を徹底排除!転職エージェントおすすめ3選

【対策5】需要の高いスキルを習得して市場価値を高める

そして5つ目の対策が「需要の高いスキルを習得して市場価値を高める」

「今すぐに転職はできない!」
このような方は、準備しておくのがよいでしょう。

事前の対策に適した準備が「需要の高いスキルの習得」

どんなスキルが需要は高いのか?
一言でいえば「Webに特化したスキル」

  • Webスキル
  • 英語スキル
  • プログラミングスキル

これらWebスキルが需要の高いスキル。
企業にとっても重宝したい経験の一つになります。

しかも、需要の高いスキル習得は市場価値向上にも寄与します。

「何から習得すればいいかわからない!」
そんな方は、需要の高いWebスキル習得に励むことをおすすめします。

Webスキル習得に特化!オンラインスクールおすすめ3選(無料カウンセリング実施中)

こんな人は3年経っても転職しないほうがいい人の特徴とは

ここまで、社会人3年目の転職活動で対策と注意点を解説してきました。

逆に転職は控えた方がいい人の特徴はあるのでしょうか?
こんな人は3年経っても転職しないほうがいい人の特徴とは何か、まとめていきます。

【特徴1】受け身な指示待ち人間

まず1つ目の特徴が「受け身な指示待ち人間」

企業は「付加価値人材」を求めています。
つまり、能動的で自主性に優れた人材だということ。

受け身の受動的な人材は、転職できても成果を出すのは難しいでしょう。

【特徴2】責任を取らない他責思考の人間

次に2つ目の特徴が「責任を取らない他責思考の人間」

会社員に責任は付き物。
特に、失敗したときの対処は問われます。

他責思考の人間では勤まりません。
職場の周囲にとってもネガティブ要因でしかありません。

【特徴3】転職理由がすべてネガティブな人間

そして3つ目の特徴が「転職理由がすべてネガティブな人間」

転職活動してもうまくいきません。
ネガティブな理由で転職する人材を企業は採用したいと考えるのか?

転職できても、転職先はブラック企業。
駒のようにこき使われる末路が待っています。

社会人3年目で仕事に疲れた・覚えられないときの対処法

とはいえ、すぐに転職できない。
今の会社でもう少しがんばりたい!そのような方も多い。

社会人3年目で仕事に疲れた・覚えられないときの対処法もまとめていきます。

【対処法1】メリハリのある生活

まず1つ目の対処法は「メリハリのある生活」

ワークライフバランスは大切。
長い人生、息継ぎなしに取り組むのは不可能です。

メリハリのある生活を意識しましょう。

【対処法2】自主的にスキル習得、資格取得

次に2つ目の対処法は「自主的にスキル習得、資格取得」

最もおすすめは「需要の高いスキルの習得」

「何から習得すればいいかわからない!」
そんな方は、需要の高いWebスキル習得に励むことをおすすめします。

Webスキル習得に特化!オンラインスクールおすすめ3選(無料カウンセリング実施中)

【対処法3】自律神経を整える

3つ目の対処法は「自律神経を整える」

緊張状態は、あらゆる場面に影響をもたらします。
自律神経を整えて、健やかな生活、毎日を送りましょう。

おすすめの自律神経を整える方法が「ストレッチ」
厚労省もストレッチングの効果は優位とした見解をしてしています。

【対処法4】自身の特徴を把握しておく

4つ目の対処法は「自身の特徴を把握しておく」

何が得意で、何が不得意なのか?
仕事選びでも、得意不得意は非常に重要です。

そのためにも特徴の把握が必須。
特徴を把握する最たる手段が「自己分析」になります。

自己分析に役立つ!プロのキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【対処法5】上司に思い切って直接相談する

5つ目の対処法は「上司に思い切って直接相談する」

誰かに相談するのもよい対処法。
身近な存在で、かつ経験豊富な対象といえば上司。

上司に相談するのも解決の糸口としては有効です。

【仕事6】休職制度を利用して見つめ直す

そして6つ目の対処法は「休職制度を利用して見つめ直す」

会社によって様々な「休職制度」が設けられています。
制度を活用して、今後の人生、キャリアを見つめ直しましょう。

まとめ:3年目で仕事向いてないと感じるのは正常で転職のタイミング

3年目で仕事向いてないと感じる理由と原因についてまとめてきました。

改めて、3年目で仕事向いてないと感じる理由をまとめると、

3年目で仕事向いてないと感じる理由

  1. 将来のキャリア形成に不安を抱いてるから
  2. 3年経過しても未だ仕事でミスしてしまうから
  3. 今までと異なる職場・労働環境の変化が訪れるから

そして、転職判断基準は以下の通りです。

3年目で仕事向いてないと感じた時の転職判断基準8選

  1. 現職でのメリットを捨てる勇気があるかどうか
  2. 現在の仕事の成果に対する評価は適正かどうか
  3. 理想のキャリアを現職では実現できるかどうか
  4. 3年目でも教育、訓練機会は充実しているかどうか
  5. 現職で得られるスキルや伸ばせる能力はあるかどうか
  6. 自分ではどうすることもできない職場の悩みかどうか
  7. 転職活動を実際に行ってすぐに内定を取れるかどうか
  8. 会社の労働環境や従業員への上司の対応は適切かどうか

転職活動中の方は「転職エージェント」をフル活用しましょう

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

今の仕事に、不安を抱いてはいませんか?
将来のキャリア選択に迷う方は、プロのキャリアコーチングに相談することをおすすめします。

迷ったらまずは、気軽に相談することをおすすめします。
無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロのキャリアコーチングサービスおすすめ3選