「仕事が辛いのは当たり前?」は正しい疑問【理由としんどい時の対処法】
悩むビジネスマン

「仕事がとにかく辛い・・・でも仕事辛いの当たり前ですよね?どうすればいいか分からなくなってきた。。」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「仕事が辛いのは当たり前?と疑問に持つ人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • 仕事が辛いのは当たり前かどうか
  • 当たり前でも辛いと感じない人もいる理由
  • 仕事が辛いししんどいと感じる原因に対する対処法

ハルマ@ブログ管理人ハルマ@ブログ管理人

「仕事が辛いのは当たり前な理由としんどい時の対処法をまとめていきます。今まさに仕事で辛い人はぜひ参考にしてみてください!」

「仕事が辛いのは当たり前?」は正しい疑問

仕事に悩む人

「仕事が辛いです。今自分がやっている仕事に自身がないです。毎回注意されていつもまた失敗したら怒られるとか、分からないことを聞いたらまた嫌な顔をされるとか考えてしまい本当に毎日が辛いです。」
引用: Yahoo!知恵袋「職場の悩み」

9割もの人が仕事は辛いと感じている。
口コミでも非常に多くのしんどさが伝わってきます。

なので「仕事が辛いのは当たり前?」は正しい疑問だと断言できます。

でもなぜ、そんなに辛いと感じるのか?
仕事辛いことが当たり前だと感じてしまう理由を深堀します。

それは「人がやりたくないことをするのが仕事」だから。

やりたいことができるのは、それは単なる「趣味」
でも誰もやりたくないことをやるから仕事であり、辛いと感じるのは当たり前。

当たり前でも辛いと感じない人もいるのはなぜか?

大前提として、仕事は辛いものです。
なぜなら、人がやりたくないことをするのが仕事だから。
そのために「給料」という対価をもらっている、それが仕事です。

でも当たり前でも辛いと感じない人もいます。
実際、仕事を楽しいと感じている人は6割。

当たり前でも辛いと感じない人もいるのはなぜか?
結論からいうと、自分に最適な環境を選んでいるから、なんです。

【理由1】職場の人間関係が良好だから

「職場の人間関係が良好だから」

【理由2】得意を活かせる仕事に就いているから

「得意を活かせる仕事に就いているから」

【理由3】しんどい時の逃げ方を知っているから

「しんどい時の逃げ方を知っているから」

人間関係が良好でも、得意な仕事をしていても。
仕事を行っている以上は、辛いと感じる場面や状況は必ずあります。

そんな時、要領いい人は「逃げ方」を知っています。

具体的には、転職活動を日頃から行っている。
退職するときにも退職代行サービスを準備している。

最終的には、辞めても構わないという心構えでしている。
過度にストレスを溜めない、逃げ道を自分で作っておく。

この意識の持ちようが大事。

労働組合or弁護士が対応!安心の退職代行サービスおすすめ3選

仕事が辛いししんどいと感じる原因に対する対処法

自分に合った環境を選ぶのがよき。
向かない環境は早々に転職するのがよい。

でも、今すぐに転職できない人もいる。
そんな時、どうすればいいのか?

仕事が辛いししんどいと感じる原因に対する対処法を解説。

【原因1】上司との関係が良くない

「上司との関係が良くない」

【原因2】職場の人間関係が悪い

「職場の人間関係が悪い」

【原因3】仕事内容が向いてない

「仕事内容が向いてない」

仕事辛いのは当たり前でも行動しないと何も変わらない

仕事が辛いなら環境を変えるのがベスト。
結論、仕事辛いのは当たり前でも行動しないと何も変わらないです。

まとめ:仕事辛いのは当たり前でも環境はいつでも変えられる

仕事が辛いのは当たり前な理由としんどい時の対処法をまとめてきました。

改めて、当たり前でも仕事辛いと感じない理由をまとめると、

当たり前でも仕事辛いと感じない理由

  1. 職場の人間関係が良好だから
  2. 得意を活かせる仕事に就いているから
  3. しんどい時の逃げ方を知っているから

労働組合or弁護士が対応!安心の退職代行サービスおすすめ3選