【やめとけ】ソニーはなぜ「就職やばい」と言われるのか?理由と転職して後悔する人の原因
悩むビジネスマン

「ソニーに就職したい!でも就職はやばいと聞くけど、やめといたほうがいいのかな?」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「ソニーに就職・転職を検討している人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • ソニーへの就職はやばいと言われる理由
  • ソニーに転職して後悔する人のやばい原因
  • 向いてる人の特徴と転職で後悔しないための対策

就活生だけでなく転職者にも人気の「ソニー」

転職人気企業ランキングの総合順位で第3位。
国内企業の時価総額ランキングでも第3位にランクイン。

名実ともにトップクラスの優良企業なのがソニー。
そんな人気のソニーをGoogle検索してみると、以下のワードがヒットしました。


「ソニー 就職 やばい」
「ソニー 就職 やめとけ」
「ソニー 就職 後悔」

到底ポジティブとは思えない関連ワード。
悪評ともとれる情報が出回っていますが、本当なのでしょうか?

就職や転職を検討している方にとっては非常に気になる情報です。

そこで本記事ではソニーの評判をリサーチ!
元従業員の口コミや競合他社との比較から真相を検証していきます!

本記事の結論を先にお伝えすると・・・

ソニーがやばいと感じるのは「社員の主観」
やばいと感じる人もいればまったくやばいと感じない人もいる。

客観的にみれば特にやばい実態は確認できず。
実際、元社員の中には成長できる環境として評価が高いです。

本当にやばいのかどうか?
やばい情報が気になる方は、就活の専門家に一度相談することを強くおすすめします。

その就活の専門家というのが「就活エージェント」

個人でリサーチするにも限界があります。
企業分析するにも業界に精通するプロに相談するのが賢明です。

無料の個別カウンセリングから自分に本当に合った企業を紹介してくれます。

【無料】早期の内定獲得を実現!就活生・新卒向け就活エージェントおすすめ3選

ソニーへの就職はやばいと言われる5つの理由

仕事に悩む男性

「ソニーに就職しようと思っていましたが、やばいのでしょうか?」
引用: Yahoo!知恵袋「企業と経営」

なぜやばいと感じるのか?
具体的なソニーへの就職はやばいと言われる5つの理由を触れていきます。

【理由1】年収が高すぎるからやばい

特に多く見受けられる情報が「年収が高すぎるからやばい」

結論からいうと、ソニーの年収は高いです。
直近のIR情報から平均年収を調べると「1,084万円」

1,000万円を超える高給取りなのが分かります。
さらに全産業の平均(433万円)と比較しても圧倒的な高さ。

ソニーの年収が高すぎて疑う就活生もいるほどです。

悩むビジネスマン

「ソニーの年収は他の大手メーカーに比べ高いような気がするのですがなぜですか?日立やパナソニックなどと比べ企業規模はそんなに大差がないようにおもわれるのですが・・・。」
引用: Yahoo!知恵袋「会社情報、業界市場リサーチ」

つまり、ソニーの年収は高すぎてやばい。
就職・転職できれば、経済面での苦境は訪れることはないでしょう。

【理由2】就職難易度が高いからやばい

就活生で特に多いのが「就職難易度が高いからやばい」

言わずもがなソニーは就職難易度が高いです。
どれくらい高いのか?同業他社(電気機器)の中で最も高い。

大学通信が公表する「企業入社難易度ランキング
本ランキングの「電気機器・電子」分野で見事1位を獲得しています。

実際、元就活生も口を揃えて高かったと嘆きます。

仕事に悩む人

「大抵の大企業は狙えますがソニーのような超一流大学ばっか採用するところはマーチ理系だとやや厳しいと思います。」
引用: Yahoo!知恵袋「就職活動」

頭を抱えた男性

「ソニーは推薦の募集はしてなかったと思います。私が学生の頃もソニーには推薦がありませんでした。一般だと単純に倍率は数百倍なので旧帝大といえども難関なのは変わらないですね。」
引用: Yahoo!知恵袋「就職活動」

理系でもマーチ以下は厳しい。
ソニーの採用倍率は数百倍で、旧帝大ですら難しいとのこと。

そのため、自身とソニー入社組を比較し卑下する投稿も目立ちます。

追い込まれた男性

「クラスメイトがソニーとかそういうデカい企業に就職してるのに対してクソ田舎で就職決まった俺の落ちこぼれ感やばい」
引用: Twitter

つまり、ソニーの就職難易度は高すぎてやばい。
超人気かつ優良企業であるため、並大抵の対策では通らないでしょう。

しっかり対策および自己分析を行って望むのが最低限の努力になります。

最も効率的かつ有効な対策が「就活エージェントの活用」
就活のプロに相談しアドバイスもらうことで、他就活生より一歩先行く対策が講じれます。

【無料】早期の内定獲得を実現!就活生・新卒向け就活エージェントおすすめ3選

【理由3】企画力が高すぎるからやばい

ソニーのサービスに関する情報で「企画力が高すぎるからやばい」

喜ぶ男性

「ソニーさんの企画力やばい!!!!!就職したい!!」
引用: Twitter

疲れた女性

「やばい ソニーミュージックめっちゃ楽しそう就職したい 倍率高すぎやろ」
引用: Twitter

つまり、就職希望者だけでなく一般ユーザーにとってもやばい会社。

まさに世界をリードする総合電機メーカー。
「クリエイティビティとテクノロジーの力で、世界を感動で満たす」

ソニーの存在意義と企業価値の向上はこれからも続きます。

【理由4】仕事きつい激務だからやばい

就職後に気になるのが「仕事きつい激務だからやばい」

ソニーは仕事が大変(きつい)なのは事実。
しかし残業が多すぎるほどやばい仕事ではありません。

実際、残業時間は競合と比較しても少ない。
元社員の口コミを確認しても、労働環境に不満を漏らす声は見受けられませんでした。

デスクワーク(男性)

「残業で休みが活動的でなくなるといったことや、帰りが極端に遅くなることはありませんでした。仕事内容も激務というよりはしっかりとやれることをやっていくというような内容のため、安定したワークライフバランスを確立できると思います。」
引用: 転職会議「ソニーグループ株式会社」

つまり、仕事きついかは人の主観によるもの。
激務かどうかは働く労働者それぞれが感じた単なる評価。

きついと感じる人もいれば、激務とも感じない人もいる。
総じてソニーの場合は、ワークライフバランスの取れた会社だと評価されています。

【理由5】第二新卒(転職)の難易度も高いからやばい

そして転職希望者が気になる情報として「第二新卒(転職)の難易度も高いからやばい」

第二新卒としてソニーに応募することは可能です。
実際に募集要項を見ると「第二新卒応募可。」と記載されています。

dodaの求人情報を見ても、いくつか募集が行われています。

しかし、就職難易度と同じく転職難易度は高いです。
並大抵の努力と対策では歯が立たないほど難易度は高いと捉えたほうがよいでしょう。

つまり、ソニーは転職難易度も高すぎてやばい。
しっかり転職エージェントなどプロに相談しながら転職活動に望むのがよいでしょう。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

ソニーと同業他社を比較したやばい評判を検証

ここまでの情報はすべて主観によるもの。
やばいと感じる人もいれば、まったく感じない人もいる。

では客観的に見た時のソニーの評判はどうなのか?
主観だけでは評価に偏りが生じるため、競合他社との比較情報が必要です。

ここではソニーと同業他社を比較したやばい評判を検証していきます!

比較表(電気機器) ソニー キーエンス 日立製作所
平均年収 1,084万円 2,182万円 896万円
初任給(大卒)
初任給(院卒)
月給250,000円
月給280,000円
月給220,000円
月給240,000円
月給217,000円
月給241,000円
賞与 年2回 年4回 年2回
諸手当 通勤費
超過勤務手当
時間外手当
地域住宅補助
通勤手当
ほか
通勤費(全額支給)等
平均年齢 42.6歳 36.1歳 42.7歳
平均勤続年数 16.7年 12.5年 19.3年
平均残業時間 27.8時間/月 42.8時間/月 32.7時間/月
有給消化率 63.1%/年 46.9%/年 55.9%/年
入社難易度 61.5 60.8 60.2
福利厚生 社会保険完備
財形貯蓄制度
社員持株会
借上げ社宅制度
独身寮
各種育児関連制度
介護休職制度
ボランティア休職制度
フレキシブルキャリア休職
など
各種社会保険
借上住宅
社員持株
財形貯蓄
退職金(日本版401kなど)
キーエンスグループ健康保険組合
ほか
社会保険完備
住宅支援制度(寮、手当等)
財形制度
持株制度
カフェテリアプラン
など
総合評価 4.62 3.98 3.73

【数値データ引用元】
ソニーグループ株式会社「IR資料室」
転職会議「ソニーグループ株式会社」
リクナビ2023「ソニーグループ」
株式会社キーエンス「経営情報」
転職会議「株式会社キーエンス」
リクナビ2023「キーエンス」
株式会社日立製作所「IR資料室」
転職会議「株式会社日立製作所」
リクナビ2023「株式会社日立製作所」

【評判1】初任給の高さは業界トップクラスのやばさ

比較情報からまず明確なのは「初任給の高さは業界トップクラスのやばさ」

平均年収ではキーエンスの右に出るものはいません。
しかし新卒の初任給をみると、ソニーの水準は業界トップクラス。

大卒・院卒ともに他社優位であることが分かります。

さらに福利厚生や有給消化率も充実。
ワークライフバランスの取りやすい会社だといえそうです。

その結果、就活生からも絶大な人気を集めます。
実際、入社難易度は「61.5」と比較から優位性あり。

ランキングをみても「電気機器・電子」分野で1位を獲得する人気ぶり。

ソニーへの就職を希望する方は徹底した就活対策が必須です。
必ず就活エージェントに相談し、プロの手ほどきを受けることをおすすめします。

【無料】早期の内定獲得を実現!就活生・新卒向け就活エージェントおすすめ3選

【評判2】残業時間も少なく総合評価も高すぎな人気企業

そして客観的にも優位なのが「残業時間も少なく総合評価も高すぎな人気企業」

ソニーの平均残業時間は30時間未満。
同業他社は30時間を超えるなか、ソニーの一人勝ちともいえます。

比較情報から客観的にソニーのやばさを総括すると、

比較情報から客観的にソニーのやばさ

  • 初任給は大卒・院卒ともにソニーが優位
  • 残業時間、有給消化率などワークライフバランスもソニーが優位
  • 入社後の昇給などを考慮した平均年収はキーエンスが優位
  • しかし、残業時間と初任給から労働時間あたりの給与はソニーが高い
  • その結果、ソニーは人気の高い企業で総合評価も4.5以上と高評価

日本を代表する電子機器メーカー大手。
誰もが入社を憧れる、働きやすい優良企業なのがソニー。

今現在、就職活動中で企業を選んでいる段階なら。
対策を講じて挑戦する価値は、十分にあるのではないでしょうか?

【無料】早期の内定獲得を実現!就活生・新卒向け就活エージェントおすすめ3選

ソニーに転職して後悔する人のやばい原因

就活生だけでなく転職者にも人気のソニー。
しかし、転職して後悔してしまう人は一定数いるようです。

では転職で後悔してしまう人の原因は何なのか?
ソニーに転職して後悔する人のやばい原因を解説していきます。

【原因1】ソニーの社風が合わないため

まず1つ目の原因が「ソニーの社風が合わないため」

追い込まれた男性

「ソニーの社風自体が大変厳しいものですから、ソニー内では、皆当然。って思っているかもしれません。」
引用: Yahoo!知恵袋「労働問題」

仕事に向き不向きがあるように、企業に対しても向き不向きはあります。

社風は企業それぞれが持つ文化や価値観。
抽象的な雰囲気や中で働く社員に対しても当てはまる言葉です。

ソニーの社風が合わず後悔する人の多くは、企業分析不足。

就活前にしっかりどんな会社なのか?
ソニーが目指す世界はどこなのか?分析することが重要です。

【原因2】「内定すごい」とネームバリューで決めたため

そして特に多い原因が「「内定すごい」とネームバリューで決めたため」

頭を抱えた男性

「SONYに内定もらうことって凄いことなんですか?いとこが自慢してくるのでうざいです。あと大学は東京理科大学らしい」
引用: Yahoo!知恵袋「就職活動」

ソニーほどの大企業から内定なら称賛を浴びます。
称賛を浴びたいからがんばる人も当然ながらいます。

しかし会社名が独り歩きし過ぎる結果、ミスマッチは起きます。

理想と現実は仕事ではあるあるな話。
自己分析に反する会社を選んでも報われることはありません。

やめとけと言われてもソニー就職に向いてる人の特徴

ここまでソニーの評判を調べてきました。
ではやめとけと言われてもソニー就職に向いてる人の特徴は何なのでしょうか?

向いてなければ、結果的にやばい末路が待っています。
具体的なソニーに向いてる人の特徴をまとめていきます。

【特徴1】ソニーの企業理念に共感できる人

まず1つ目の特徴が「ソニーの企業理念に共感できる人」

  • ソニーのビジネス変革に、情報システムの視点から携わりたいという強いマインドをお持ちの方
  • 既存の仕組みを変え、新しい価値を創造したいというチャレンジ精神とバイタリティをお持ちの方
  • 自分で目標を設定し、自分で考え、自分で行動し、結果を出せる方

ソニーに入社して何を成し遂げたいのか?
自身が描くビジョンとソニーの理念が合致する人は向いています。

【特徴2】自律型人材かつ好奇心旺盛な人

次に2つ目の特徴が「自律型人材かつ好奇心旺盛な人」

環境変化が早く、価値観も多様化する昨今。
自ら自律して情報収集および課題解決に取り組める人。

好奇心を持って自らを成長し続けられる人は、ソニーに向いています。

【特徴3】国内転勤や海外転勤も受け入れられる人

そして3つ目の特徴が「国内転勤や海外転勤も受け入れられる人」

ソニーは、もはや日本に留まらないグローバル企業。
世界が認める日本のテクノロジーNo.1」にも輝くほど外国人にも支持されています。

そのため、働き方では海外転勤も多いのが特徴。

海外勤務やグローバルに活躍したい人には最適な会社。
さらに、転勤者向けに借上げ社宅制度も福利厚生で準備されています。

転勤に抵抗がなく、ワークライフとして取り入れられる人は向いています。

ソニーへの転職で後悔しないための対策

  • ソニーへの転職を検討している会社員の方
  • ソニー就職を目指す就活生の方

上記の方に向けてソニーへの転職で後悔しないための対策をご紹介します。

【対策1】自己分析を徹底的に行う

まずは「自己分析を徹底的に行う」

なぜ自己分析が重要なのか?
それは、長い会社員人生をデザインするため。

大学を卒業すれば、長くとも40年近くは会社員人生を歩むことになります。

長い人生、適当に会社を選んでしまうとどうなるか?
やばい生活が待っているのは、想像しなくても分かります。

どんな仕事をしたいのか?やりたいのか?
将来、叶えたいキャリアを描ける会社はどこか?

これらの疑問に対し、軸を明確にするために「自己分析」が必須になります。

己を客観的に分析することで、強みも弱みも分かります。
したい仕事と向いてる仕事とのギャップにも気づけて、軸を再定義できます。

ただとはいえ、自己分析は一人でできるほど簡単なものではありません。

時間がかかるうえ、そもそもどうすればいいかも分からない。
そんな方におすすめなのが「プロのキャリアコーチングサービス」

自己分析はプロに相談しながら進めるのが確実かつ効率的です。

一人で迷うより、プロに相談するだけで悩みの解消は早まります。
無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロのキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【対策2】転職エージェントをフル活用する

自己分析が完了したら「転職エージェントをフル活用する」

転職活動を具体的に考えたら、早速プロに相談しましょう。
何をするにも、まずは専門家からアドバイスもらうことは鉄則です。

その転職のプロというのが「転職エージェント」

あなたに適した求人を紹介してくれます。
求人の紹介だけでなく転職活動中のサポート全般も受けられます。

特にエージェント独自の企業分析は、非常に役に立ちます。
転職の相談だけでも有益ですので、現状の悩みを聞いてもらってはいかがでしょうか。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

就活生なら就活・新卒専門のエージェントをフル活用しましょう。

【無料】早期の内定獲得を実現!就活生・新卒向け就活エージェントおすすめ3選

【対策3】元社員の口コミから内情を把握する

セルフ対策として「元社員の口コミから内情を把握する」

エージェントの企業分析だけでは不安な方。
そんな方は、元社員の口コミで構成される情報サイトの利用もおすすめです。

特におすすめの口コミ情報サイトが「転職会議

国内最大級300万件以上の口コミ情報を掲載。
元社員による忖度なし&リアルな企業情報を垣間見ることができます。

ソニー転職に失敗しない選考突破のポイント

対策だけでなくソニー転職に失敗しない選考突破のポイントをまとめます。

【ポイント1】転職面接に落ちた人の特徴

まず1つ目のポイントが「転職面接に落ちた人の特徴」

転職面接に落ちた人の特徴

  • 将来のキャリアプランを言語化できていない人
  • 「自分がどういう人間か」端的に説明できない人
  • 入社への意気込み(熱量)が低い&伝わらない人

「なぜソニーを選んだのか?」
人気企業である以上、適当な回答・準備では落とされます。

【ポイント2】中途採用の評判と選考内容

次に2つ目のポイントが「中途採用の評判と選考内容」

デスクワーク(男性)

「他にもスマホとか音楽系とか多方面で会社の知名度も高いですし、本社がアメリカなこともあって社風もとってもホワイトらしいので、ソニーに興味を持って入社希望者する方が多いはずです。ですのでソニーに興味がなく、本当にお金目当てのみで入社できる方はごく稀だと思います。」
引用: Yahoo!知恵袋「この仕事教えて」

口コミの通り、ソニーは中途にも人気の企業。
お給料や知名度、ステータスで選ぶような人はほぼ落ちます。

ソニーの選考内容をしっかり理解し、対策を施していきましょう。

【ポイント3】具体的な転職活動時の面接対策

そして3つ目のポイントが「具体的な転職活動時の面接対策」

優先すべき面接対策は「企業を知る」
ソニーが掲げる「Purpose & Values」は必ず把握。

その他、求める人物像やよくある質問。
一般的な面接対策については、転職エージェントの力を借りましょう。

論理武装ないまま相手に立ち向かうようなもの。
素手で対峙しても、良い結果は得られるはずはありません。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

ソニー株式会社の会社概要と中途採用情報まとめ

最後にソニー株式会社の会社概要と中途採用情報をまとめます。

商号 ソニー株式会社(Sony Corporation)
本店所在地 〒108-0075 東京都港区港南1-7-1
主要なオフィスの所在地(国内) 東京都 港区港南、神奈川県 横浜市西区、東京都 品川区大崎
従業員数 約8,500名(2022年4月1日付)
事業概要 ・映像
・オーディオ
・デジタルカメラ/ビデオカメラ
・記録メディア/周辺製品
・スマートフォン
・ロボット
・ゲーム
・コンピューター
・プロフェショナル/業務用
・海外仕様製品

【情報1】事業内容

ソニーグループが手掛ける事業内容についてです。

事業内容(具体的な製品or手掛ける会社)

  • ゲーム&ネットワークサービス(プレイステーション)
  • 音楽(ソニーミュージック)
  • 映画(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
  • エンタテインメント・テクノロジー&サービス(Xperia etc)
  • イメージング&センシング・ソリューション(ソニーセミコンダクタソリューションズ)
  • 金融(ソニーフィナンシャルグループ)
  • その他、新しい取り組み

(出典:Sony「事業・製品」

【情報2】業績推移

ソニーグループの業績推移についてです。

【情報3】平均年収(電気機器)

ソニーグループと競合(電気機器)との平均年収比較についてです。

こちらをご覧ください。

【情報4】福利厚生(電気機器)

ソニーグループと競合(電気機器)との福利厚生比較についてです。

こちらをご覧ください。

まとめ:ソニーが「就職やばい」と言われる理由と転職して後悔する人の原因

ソニーが「就職やばい」と言われる理由に関する情報をまとめてきました。

改めて、ソニーへの就職はやばいと言われる理由をまとめると、

ソニーへの就職はやばいと言われる理由

  1. 年収が高すぎるからやばい
  2. 就職難易度が高いからやばい
  3. 企画力が高すぎるからやばい
  4. 仕事きつい激務だからやばい
  5. 第二新卒(転職)の難易度も高いからやばい

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

【無料】早期の内定獲得を実現!就活生・新卒向け就活エージェントおすすめ3選