【激務?】シンプレクスはやばいと言われる5つの理由と将来性を口コミや競合比較から検証
悩むビジネスマン

「シンプレクスに就職したい!でも、やばいとか評判悪い情報もあって受けようか迷っている。口コミから真相を教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「シンプレクスに就職・転職を考えている人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • シンプレクスはやばいと言われる理由
  • 同業他社を比較したシンプレクスのやばい評判
  • シンプレクスに向いてる人の特徴と最適な就活支援

DXに必要なのは、ハイブリッドなパートナーを目指す「シンプレクス」

主に金融サービスのシステム構築・開発が強み。
公的機関や金融機関、各業界をリードする企業のDX推進も支援する会社です。

そんなシンプレクスをGoogle検索してみると、以下のワードがヒットしました。

「シンプレクス やばい」

他にも「シンプレクス 激務」や「シンプレクス きつい」など。
到底ポジティブとは思えない関連ワードが出現していることが分かります。

悪評ともとれる情報が出回っていますが本当なのでしょうか?
就職や転職を検討している方にとっては、非常に気になる情報です。

そこで本記事ではシンプレクスの評判をリサーチ!
元従業員の口コミや競合他社との比較から真相を検証していきます!

本記事の結論を先にお伝えすると・・・

シンプレクスはやばいと言われる理由は「利用者の主観」
つまり、やばいと感じる人もいればまったくひどいと感じない人もいるということ。

悪評が流れるのはこれらやばいと感じた元社員によるもの。

客観的にみれば特にやばい実態は確認できず。
やばい情報が気になる方は、就活の専門家に一度相談することを強くおすすめします。

その就活の専門家というのが「就活エージェント」

個人でリサーチするにも限界があります。
企業分析するにも業界に精通するプロに相談するのが賢明です。

無料の個別カウンセリングから自分に本当に合った企業を紹介してくれます。

【無料】早期の内定獲得を実現!就活生・新卒向け就活エージェントおすすめ3選

転職活動中の方は「転職エージェント」をフル活用しましょう

企業の内情だけでなく労働環境までリサーチできます。
年収交渉も代行してくれるため、有効かつ効率的に活動を進められるメリットがあります。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

シンプレクスはやばいと言われる5つの理由

早速シンプレクスはやばいと言われる5つの理由についてまとめていきます。

【理由1】年収が高すぎるからやばい?

前を向くビジネスマン

「最近までBizReachが○周年記念でのプレミア会員1ヶ月無料だったので少し検索してたんだけど、シンプレクスの求人が群を抜いてすごかったね。。プロマネ年収4千万、とか。 国内コンサル企業では一人勝ちの様相を見せてた。 買いでしょ、買い」
引用: Twitter

特に情報として多いのが「年収が高すぎるからやばい?」

シンプレクスの年収はどれくらいか?
IR情報(2022年3月期)から調べると、平均年収は「977万円」

1,000万円近い年収で、高収入なのが一目で分かります。

ただITコンサルの年収はそもそもが高いです。
業界平均でみても、求人ボックス調べで「625万円」
全産業平均の年収は、国税庁調べで「433万円」と差が開いています。

それでもシンプレクスのほうが遥かに高い。
なぜこれほど年収は高いのか?裏があるのでは?と不安になる方も多いです。

年収が高い理由は「完全実力主義だから」
日本企業に多くみられる「年功序列」は一切採用されていないということ。

実際、新卒入社から約10年で年収1500万や2000万超え多数。
創業社長である金子氏も会社の価値観や評価制度について説いています。

人材採用や評価についても独特の価値観によるピュアな実力主義を貫き、新卒入社から約10年で年収1500万や2000万超えを果たすプレイヤーが続々誕生している。

つまり、適正な評価で年収は決まるということ。
高く評価されれば、やばいほど年収も上がり青天井。

成果で評価され、見合った年収を受け取りたい方には最適な会社だといえます。

【理由2】長時間労働の激務だからやばい?

デスクワーク(男性)

「シンプレクスで7年くらい働いたゼミの友達、相当な激務と修羅場ばかりだったらしく顔つきが幾多の戦場を勝ち抜いていた戦士の顔になっていた。」
引用: Twitter

不安な声としてよく聞かれるのが「長時間労働の激務だからやばい?」

結論からいうと、シンプレクスは激務です。
どれくらい激務か?客観的情報から比較すると以下の通りです。

コンサル業界比較 シンプレクス アクセンチュア ベイカレント アビーム
平均残業時間 51.5時間/月 38.1時間/月 34.9時間/月 36.4時間/月

※2022年12月調査時点の情報

同業界で比較しても圧倒的に残業時間が多い。
ではなぜ、これほどまでシンプレクスは激務なのか?

気になる激務となる理由を、元社員がYouTube動画で激白。
内容を一言でいうなら、シンプレクスが取り組む事業内容にあります。

シンプレクスは、ITを専門とするがSIer兼コンサル企業。
なかでも専門とする領域が、金融機関のトレーディングシステム構築。

メガバンク、証券会社の債権、仮想通貨、株式、FXなど。
24時間365日止まってはいけない基幹システムを扱うことに強みを持ちます。

そのため、品質保証のノウハウが非常に厳しく、ハードワークになりがち。

実際、バグが起きれば早急に修正が必要。
テスターなど後続作業にも影響するため、自然と残業時間も増えていきます。

結果何が起きるのか?辞める人も増えていきます。
離職率が業界平均で『30%』に対して、シンプレクスは『30%超え』

シンプレクスは長時間労働で激務なのは事実。
しかし、それ以上に得られる経験やスキルは業界トップクラス。

労働環境がポジティブにやばいか、ネガティブにやばいかは感じ方次第です。

【理由3】学歴フィルターがあるからやばい?

就活生なら気になる「学歴フィルターがあるからやばい?」

結論からいって、シンプレクスに学歴フィルターはありません。

なぜなら、完全ポテンシャル採用だから。
日本的雇用システムからはかけ離れた評価制度を設けています。

ですので、シンプレクスに学歴フィルターはないと断言できます。

ただし採用難易度は極めて高いといえます。
学歴フィルターが存在するのでは考えてしまうほど難しいです。

実際、採用倍率はリクナビ調べから「約20倍」
(採用予定人数201~300名に対してプレエントリー候補リスト登録人数が4018名)

それ相応の就活対策を講じなければ簡単に落とされます。

就職活動での対策に不安を覚える方。
内定を早期に勝ち取りたい方は、必ず就活エージェントの力を借りましょう。

【無料】早期の内定獲得を実現!就活生・新卒向け就活エージェントおすすめ3選

【理由4】採用大学に偏りあるからやばい?

学歴フィルターだけでなく気になるのが「採用大学に偏りあるからやばい?」

シンプレクスが採用する大学に傾向はあるのか?
まずは、2021年度の入社実績を以下ご覧ください。

2021年度入社実績 上位10校

  1. 慶應義塾大学
  2. 東京大学
  3. 東京工業大学
  4. 早稲田大学
  5. 神戸大学
  6. 東京理科大学
  7. 京都大学
  8. 一橋大学
  9. 大阪大学
  10. 電気通信大学

(出典:キャリタス就活2023「シンプレクス・ホールディングス株式会社」

国立大学、旧帝大、有名私立大など。
いずれも偏差値60以上の名門大学が揃っています。

【理由5】評判悪いし将来性もないからやばい?

そして最もネガティブ情報で気になるのが「評判悪いし将来性もないからやばい?」

まず「評判悪い」とは何のことを指しているのか?
調べてみると、シンプレクスの株の値動きに対する評判。

気になる会社に対する評判は高評価。
実際、「東大生1800人が選ぶ就職注目企業ランキング」にシンプレクスが選ばれています。

将来性があるからこそ将来有望な学生に支持される証拠。
さらに、シンプレクスの決算資料をみても好業績を叩き出しています。

特に今後注力する領域が「DX」
DXを支援する「総合コンサルティングファーム」も創設し順調な立ち上がりを見せています。

結果、業績予想の上方修正も適時開示
会社も事業も拡大し続けるシンプレクスに将来性がないといえるのでしょうか?

競合比較からシンプレクスのやばい評判を検証

シンプレクスはやばいと言われる理由をまとめてきました。

ここまでの情報はすべて主観によるもの。
やばいと感じる人もいれば、まったく感じない人もいる。

では、客観的に見た時のシンプレクスの評判はどうなのか?
主観だけでは評価に偏りが生じるため、競合他社との比較情報が必要です。

ここでは競合比較からシンプレクスのやばい評判を検証していきます!

同業他社(ITコンサル業界)比較表

まず同業他社(ITコンサル業界)比較表は以下の通りです。

比較表 シンプレクス アクセンチュア 日本総合研究所
平均年収 708万円 867万円 686万円
初任給 月給354,167円
年俸5,000,000円以上
月給358,000円
年俸4,300,000円
(大卒)月給221,000円
(院卒)月給247,000円
賞与 年1回 年1回 年2回
諸手当 通勤手当
他当社規定による諸手当あり
など
時間外勤務手当
深夜勤務手当
出張手当
住宅手当
交通費支給
など
ワークスタイル手当
時間外勤務手当
深夜勤務割増手当
休日振替手当
通勤交通費
など
平均残業時間 51.5時間/月 38.1時間/月 33.7時間/月
有給消化率 56.7%/年 65.8%/年 66.0%/年
福利厚生 各種社会保険完備
従業員持株会
団体長期障害所得補償保険
総合福祉団体定期保険
社内カウンセリングルーム
社内マッサージルーム
カフェテリア(夕食無料)
など
各種社会保険完備
確定拠出年金制度
従業員株式購入プラン
長期収入所得補償
ホテル等の割引特典
ポイント・割引サービス
健康サポート
など
各種社会保険完備
財形貯蓄
育児休業
育児短時間勤務
介護休業
退職金
介護短時間勤務
厚生年金基金
積立休暇
リフレッシュ休暇
スポット休暇
半日休暇
など
総合評価 3.52 4.24 3.79

※2022年12月調査時点の情報

【数値データ引用元】
OpenWork「シンプレクス株式会社」
転職会議「シンプレクス株式会社」
マイナビ2023「シンプレクス・ホールディングス(株)[グループ募集]」
OpenWork「アクセンチュア株式会社」
転職会議「アクセンチュア株式会社」
マイナビ2023「アクセンチュア(株)」
OpenWork「株式会社日本総合研究所」
転職会議「株式会社日本総合研究所」
マイナビ2023「(株)日本総合研究所」

【評判1】初任給は業界トップクラスの高さ

まず競合比較から明らかなのは「初任給は業界トップクラスの高さ」

シンプレクスの初年度年収は「500万円以上」
高収入で有名なアクセンチュアより、70万円以上高い水準となっています。

若くして高収入を手に入れたい20代若手。
難題にも挑戦し、対価を得たいアグレッシブな方。

「年収」を軸にキャリアを選択したい方に最適な会社だといえます。

【評判2】残業時間や有給消化率から働きやすさには懸念あり

ただ強いてのデメリットを挙げるなら「残業時間や有給消化率から働きやすさには懸念あり」

シンプレクスの平均残業時間は「51.5時間」
50時間を超える長時間労働は、競合比較でも唯一。

さらに有給消化率も比較から劣っています。

つまり年収は高い分、働きやすさには懸念があるということ。

年収を取るか、働きやすさを取るか。
ワークライフバランスの優先順位を決めるのは、あなたです。

【体験談】シンプレクス元社員によるやばい評価

体験談からシンプレクス元社員によるやばい評価もみていきます。

【評価1】競争優位性は高くも海外進出には不安の声あり

前向いて歩くビジネスマン

「元々金融機関のディーリングシステムやリスク管理システムを作っており、技術、プロジェクトマネジメントに強みがある企業。強みを生かしつつ、コンサルティング、セールスにも近年力を入れており、金融以外の領域にも着々と手を広げつつあり、売上、社員数ともに右肩上がりになっている」(20代後半、男性、正社員、プログラマー)
引用: 転職会議「シンプレクス株式会社」

疑問に思う男性

「海外進出を掲げて数年になるが、馬鹿にできないほどの投資を行いながら一切成果が出ておらず、今後も可能性が皆無であること。給与のべらぼうに高い海外対応社員を多く抱えながら、既存プロジェクトの若手がどんどん疲弊していっており、退職者もかなり多い。5年以上の社員が非常に少ない。5年生存率は20%を余裕で切る模様。」(20代後半、男性、正社員、プログラマー)
引用: 転職会議「シンプレクス株式会社」

【評価2】長時間労働で仕事きついけど働き方は個人の裁量次第

デスクワーク(男性)

「アラートがなれば、そのアラートの原因っと調査を土日でもししなければならない。夜ごはんが提供されたり、パンやジュースやお菓子が入っている自動販売機が20時から無料になるためうれしい。」(20代前半、男性、正社員、ソフトウェア開発)
引用: 転職会議「シンプレクス株式会社」

仕事に追い込まれた男性

「特に若手の労働時間が非常に長い。多くの若手が労働時間を誤魔化している場合があり、プロジェクトごとの差が大きすぎるため、平均残業時間はあまり当てにならないと考えた方が良い。労働時間について労務が一定レベル管理はしているが全数把握しているわけでもなく、過労などで体調不良に陥っても保険があるだけで基本は退職に追い込まれる。」(20代後半、男性、正社員、ビジネスコンサルタント)
引用: 転職会議「シンプレクス株式会社」

【評価3】完全実力主義で女性もキャリアを形成できる環境

前を向くビジネスマン

「男女問わず成果主義的な社風なので、肉体的・精神的にタフな女性であれば役職やキャリアが上がりやすい。良く言えばとてもフラットな社風。」(20代前半、男性、正社員、プログラマー)
引用: 転職会議「シンプレクス株式会社」

前向いて歩くビジネスマン

「女性だからということで配慮されたり,与えられる仕事が制限されることはない.女性であろうと自分のバリューを出すポイントをしっかり持って働けば評価されるし,新卒で通常6年かかるスタッフ・シニアスタッフのキャリアを3年で終える (トリプルスキップ) を果たした社員の3人のうち2人は女性です.」(20代後半、男性、正社員、アプリケーション設計)
引用: 転職会議「シンプレクス株式会社」

やばいと言われてもシンプレクスに向いてる人の特徴

ここまで主観と客観的な評価から見えてくるシンプレクスのやばい情報をまとめてきました。

では、どんな人が就職には向いているのか?
やばいと言われてもシンプレクスに向いてる人の特徴についてまとめます。

【特徴1】論理的かつ柔軟な思考力を持ちあわせている人

まず1つ目の特徴が「論理的かつ柔軟な思考力を持ちあわせている人」

シンプレクスが掲げる「Simplex Way」
ビジネスとテクノロジーに精通したプロフェッショナル集団。

【特徴2】ベンチャーに相応しいチャレンジ精神・上昇志向ある人

そして2つ目の特徴が「ベンチャーに相応しいチャレンジ精神・上昇志向ある人」

コンサル業界への転職に強い転職エージェント3選

仕事に追い込まれた男性

「やばい情報も分かった!それでもコンサル業界に転職したい!どうすれば内定獲得を有利に進められる?」

シンプレクスをはじめとするコンサル業界への転職は至難の業。

ですが、転職を有利に進める方法があります。
それが「転職エージェントをフル活用する方法」

転職エージェントは企業の人事担当と太いパイプを持っています。
さらにエージェントとのカウンセリングから推薦状も出してもらえます。

ですので少しでも転職活動を有利に進めるためにも、転職エージェントの活用は必須といえます。

ではどの転職エージェントがおすすめなのか?
コンサル業界への転職に強い転職エージェント3選をご紹介します!

【おすすめ1】アクシスコンサルティング

現役コンサルタントの転職支援数No.1「アクシスコンサルティング」
(公式ホームページ:https://www.axc.ne.jp

サービスの特徴・強み

  • 総合系コンサルティングファームの転職に強いエージェント
  • 業界の実績が多いことからBIG4やアクセンチュアの独自求人も多数保有
  • コンサル業界各社とのパイプがあり書類審査や面接前後に候補者を推薦可能

利用に向いている人

  • 現役コンサルタントで転職を検討している人
  • 営業、エンジニアなどのIT系人材でITコンサルに興味がある人

【おすすめ2】JACリクルートメント

年収600万~1500万のハイクラス転職特化「JACリクルートメント」
(公式ホームページ:http://www.jac-recruitment.jp

サービスの特徴・強み

  • 外資系や海外進出企業などグローバル転職のサポートに強い
  • 各業界や職種に特化した総勢約1,200名のコンサルタントが所属
  • 求職者の専門性や可能性、希望などを考慮したポジションの提案

利用に向いている人

  • 年収600万円以上の求人を探している方
  • 自分自身の専門性や強みをいかし挑戦したい方
  • 外資系企業に転職してグローバルに活躍したい方

【おすすめ3】アサイン

若手ハイエンド特化!営業経験者向け転職エージェント「アサイン」
(公式ホームページ:https://assign-inc.com

サービスの特徴・強み

  • 創業メンバーは全員コンサルティングファーム出身
  • ハイエンド層を中心に長期的な視点で一人一人に向き合ったキャリア支援
  • 転職決定時の平均年収は約850万円!目指す姿から逆算したキャリア戦略を提案

利用に向いている人

  • 22歳~35歳の社会人で転職を検討している人
  • 営業、コンサル、経理、エンジニア経験者

就活生向け!人気企業から早期内定を獲得する方法3選

仕事に悩む男性

「人気企業、有名企業に就職したい!でも面接は不安で、企業分析もどうすればいいかも分からない。。何かいい方法はありませんか?」

初めての就職活動で不安に感じる就活生は多いです。
そんな就活生向けに人気企業から内定を早期に獲得する就活支援があります!

その就活支援が「就活エージェントを活用する方法」

ESの書き方から面接対策まで徹底的にサポートを受けられます
利用はすべて無料!早期の内定獲得を実現したい就活生は利用しない手はありません。

特におすすめの3社をご紹介します。
現在就活まっただ中の大学生は、ぜひ参考にしてみてください。

【就活支援1】レバテックルーキー


公式ホームページ:https://rookie.levtech.jp

サービスの特徴・強み

  • ITエンジニア専門の就活エージェント
  • ネット上にはない企業の一次情報を保持
  • ITエンジニア就活のプロがポートフォリオを添削

利用に向いてる人

  • 文系、理系問わずプログラミング経験のある就活生
  • 関東のIT業界・web企業に就職を考えている学生の方

【就活支援2】ジョブスプリング


公式ホームページ:https://jobspring.jp

サービスの特徴・強み

  • 学生のキャリアプランに寄り添った企業紹介
  • 経験を積んだエージェントが入社まで手厚くサポート
  • コンテンツも充実!イベント・セミナーでプロのノウハウを提供

利用に向いてる人

  • 地方在住で関東圏に就職希望の就活生(WEB面談対応)
  • 求人の紹介だけでなく就活イベントにも参加したい人

【就活支援3】キャリセン就活エージェント


公式ホームページ:https://careecen-shukatsu-agent.com

サービスの特徴・強み

  • 約1時間の面談で学生さんに合った企業を紹介
  • キャリアアドバイザーとの個別面談で自分の強みなどの整理が可能
  • 採用コンサルティングの実績から企業側の目線も併せ持ったサポートが可能

利用に向いてる人

  • 首都圏、関西圏で就職を考えている就活生
  • 自分に合った企業の探し方がわからない人

辞めたい!シンプレクスをストレスなく退職する方法

辞めたい!シンプレクスをストレスなく退職する方法があります。

それが退職手続きを代行する「退職代行サービス」

いまや退職代行サービスの認知度は約6割。
「退職」を重く考える必要も、煩雑な手続きも行わなくて辞められます

  • 上司に退職の報告をするのが怖い
  • どうやって伝えたらいいかも分からない
  • 退職を伝えても職場に留まるのは気が引ける

退職のことを考えて消耗してはいませんか?

退職代行サービスを使えばストレスなく辞められます。
自分のタイミングで、簡単に辞められる方法がすでに準備されています。

あとは勇気を出して行動するのみ。
退職代行サービスに連絡すれば、あとは退職完了まで進めてくれます。

労働組合or弁護士が対応!安心の退職代行サービスおすすめ3選

どんな会社?シンプレクス株式会社のサービス概要まとめ

最後にシンプレクス株式会社の会社概要とサービス特徴をまとめていきます。

会社名 シンプレクス株式会社
所在地 本店(登記):東京都港区虎ノ門一丁目23番1号
創業年月日 1997年9月16日
連結従業員数 1,047名(2022年4月1日現在)
事業内容 コンサルティングサービス、システム開発、運用保守

まとめ:シンプレクスはやばいと言われる理由と将来性を口コミから調査

シンプレクスはやばいと言われる理由と将来性を口コミから調査してきました。

改めて、シンプレクスはやばいと言われる理由をまとめると、

シンプレクスはやばいと言われる5つの理由

  1. 年収が高すぎるからやばい?
  2. 長時間労働の激務だからやばい?
  3. 学歴フィルターがあるからやばい?
  4. 採用大学に偏りあるからやばい?
  5. 評判悪いし将来性もないからやばい?

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

就活生で面接対策やESの書き方に悩んでいる方は「就活エージェント」の利用がおすすめです。

【無料】早期の内定獲得を実現!就活生・新卒向け就活エージェントおすすめ3選