【やめとけ?】アクセンチュアへの転職は後悔する5つの理由と評判悪い真相を検証
悩むビジネスマン

「アクセンチュアに転職したい!でも転職しても後悔する?やめとけなんて情報があるけど評判の真相を知りたい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「アクセンチュアへの転職を検討している人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • アクセンチュアへの転職は後悔する理由
  • 向いてる人の特徴と転職で後悔しないための対策
  • アクセンチュア転職に失敗しない秘訣と選考突破法

世界最大級の経営コンサルティングファーム「アクセンチュア」

様々な分野でコンサルティングを提供。
転職希望者だけでなく就活生にも人気の企業ですね。

そんな有名企業をGoogle検索してみると、以下のワードがヒットしました。

「アクセンチュア 転職 後悔」

他にも「アクセンチュア やばい」、「アクセンチュア やめとけ」など。
到底ポジティブとは思えない関連ワードが検索されているのが分かります。

悪評ともとれる情報が出回っていますが、本当なのでしょうか?
アクセンチュアへの転職を検討している方にとっては、非常に気になる情報です。

そこで本記事ではアクセンチュアの評判をリサーチ!
元従業員の口コミや競合他社との比較から真相を検証していきます!

本記事の結論を先にお伝えすると・・・

アクセンチュア転職を後悔する最大の要因は「社員の主観」
後悔している人もいれば、まったく後悔していない人もいるということ。

実際、元社員の中には成長できる環境として評価が高いです。

本当に転職して後悔してしまうのか?
転職前に転職エージェントに相談してみることを強くおすすめします

個人でリサーチするにも限界があります。
企業分析するにも業界に精通するプロに相談するのが賢明です。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

アクセンチュアへの転職は後悔する5つの理由

疲れた女性

「私の彼氏が外資コンサルのアクセンチュアという会社に転職しようとしています。ネットで見ると、激務だとか言われています。」
引用: Yahoo!知恵袋「この仕事教えて」

なぜアクセンチュアに転職すると後悔してしまうのか?
具体的なアクセンチュアへの転職は後悔する5つの理由をまとめていきます。

【理由1】中途採用の転職は厳しいから後悔する

まず1つ目の理由が「中途採用の転職は厳しいから後悔する」

アクセンチュアへの転職は簡単、と考える人も少なくありません。
なぜなら、「誰でも入れる」、「中途大量採用」なんて声が聞かれるから。

しかし実際は、誰でも入れるほど甘い世界ではない。
意気揚々と安易に受けたがために、待ち受ける結果は惨敗。

一言でいえば出鼻をくじかれる。

アクセンチュアは完全実力主義の会社。
元社員の口コミでも学歴は重視せず、コミットできるかだと語ります。

デスクワーク(男性)

「元社員です。アクセンチュアは学歴をあまり重視しない完全実力勝負の会社です。計画にしたがって、ロジや人的リソースの調整などの経験があれば入れるかもしれません。つまり、言葉は悪いですが、バカは入れません。」
引用: Yahoo!しごとカタログ「アクセンチュア株式会社」

つまり、しっかり転職対策を取らなければ後悔すること必須だということ。
転職エージェントなどその道のプロに相談して、対策を講じることを強くおすすめします。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

【理由2】使い捨て前提に大量採用しているから後悔する

次に2つ目の理由が「使い捨て前提に大量採用しているから後悔する」

アクセンチュアの転職難易度は高いです。
難易度は高くても採用人数が多いため、結果的に大量採用になっています。

ただその反面、社員教育が行き届いていないという声も多く聞かれます。

仕事に悩む男性

「人材の使い捨てを前提とした大量採用は良くない。育てることを考えるべき。」
引用: OpenWork「アクセンチュア株式会社」

疑問に思う男性

「「大量採用をした人材から、残れた人こそ優秀」という考え方は止めた方がいい」
引用: OpenWork「アクセンチュア株式会社」

教育に投資できるリソースはないかもしれない。
しかし大量採用しているのは、事業が拡大している証拠。

どのように捉えるかは、最終的にはあなた次第。
多くのことを得られる優れたコンサル会社であることに間違いはない。

【理由3】激務で違法残業がひどいから後悔する

決定的な理由が「激務で違法残業がひどいから後悔する」

厚生労働省東京労働局は8日、コンサルティング大手のアクセンチュア(東京都港区)が、社員に月143時間の違法な時間外労働をさせたとして、労働基準法違反の疑いで、法人としての同社とシニアマネジャーを務める男性社員を東京地検に書類送検した。

東京労働局は違法残業でアクセンチュアを書類送検。
結論、アクセンチュアは激務であることは紛れもない事実。

ではどれくらいアクセンチュアは激務なのか?
世界を代表するコンサルティングファームと残業時間を比較してみると以下の通りです。

比較表 アクセンチュア トーマツ PwC アビームコ KPMG
残業時間 38.6時間/月 61.7時間/月 42.3時間/月 36.5時間/月 34.6時間/月

比較してみるとそれほど残業が多いわけではないことが分かります。

つまり、コンサル業界全体が激務だということ。
アクセンチュアに限った話ではなく、どのコンサルに転職しても状況は同じ。

ただ配属先によって激務レベルは異なります。

働く女性

「アクセンチュアのどの部門に転職かにより、ライフスタイルや給与待遇は違う筈です。具体的には戦略系部門配属なら激務、IT系やバックオフィス部門(総務とか)配属ならそこまで酷くはないでしょう。」
引用: Yahoo!知恵袋「この仕事教えて」

しっかり企業分析を行ったうえで転職するのに越したことはありません。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

【理由4】ITの技術レベルが低いから後悔する

一部で聞かれる理由として「ITの技術レベルが低いから後悔する」

疑問に思う男性

「アクセンチュアってコンサルタント会社ですけど、なんであんなにレベルの低い品質のシステムしか導入できないんですか?」
引用: Yahoo!知恵袋「就職活動」

仕事に悩む男性

「アクセンチュアのITコンサルはレベル低いです。本当に!」
引用: Twitter

アクセンチュアの強みはIT・テクノロジーの導入の速さ。
総合コンサル、戦略コンサルだけでなくITコンサルとしての顔も持ちます。

しかし元社員の口コミによる証言からは想像できない実態があらわになっています。

【理由5】転職しても突然退職勧告されるから後悔する

そして最も影響の大きい理由が「転職しても突然退職勧告されるから後悔する」

先にも紹介した通り、アクセンチュアは完全実力主義。
実力主義に待ち受ける末路は、低評価社員に対する「退職勧奨」

追い込まれた男性

「同じ職位の中での相対評価で高い評価を維持できなければ昇進できないし、低評価が続けば退職勧奨を受ける。」
引用: OpenWork「アクセンチュア株式会社」

退職勧奨とは、会社が労働者に対し退職を勧めること。

実際、元アクセンチュア社員の情報でも明らか。

頭を抱えた男性

「パフォーマンスが出ないとPLPという業務改善命令(到底達成不可能。達成してもOK判断されないこともある)を適用されてクビになるから相当覚悟と実力がないと後悔しますよ」
引用: Yahoo!知恵袋「就職活動」

なぜアクセンチュアでは退職勧奨が行われるのか?
そもそも会社の制度設計上、会社に長く残れない仕組みになっているから。

制度設計上、会社に長く残れない――これを簡単に表現すれば、「組織にとって優秀な人間しか残れない」ということ。これこそが、コンサルティングファームに圧倒的な競争力をもたらしている源なのです。

つまり、アクセンチュアは長く働くような会社ではないということ。
コンサル業界に転職したい方は、出口戦略も考慮しつつ転職するのが賢明だといえそうです。

なぜ評判悪い?後悔するアクセンチュア転職の真相とは

ここまでアクセンチュアへの転職は後悔する理由をまとめてきました。

具体的な後悔の理由が分かりました。
ではなぜ評判悪い?後悔するアクセンチュア転職の真相とは何か。

結論からいうと、自己分析不足。
評判悪いのは元社員が発信する主観による情報です。

中では生き生きと働いている現役社員も多い。
実際、doda公表の転職人気企業ランキングで50位に入る人気企業。

さらに、リモートワークも早期に導入。
従業員の働き方を優先し、柔軟な制度設計を取り入れたとニュースでも話題です。

つまり、捉え方は転職する本人次第。
目的意識やコンピテンシーでアクセンチュアに対する思想は二極化しているといえます。

やめとけと言われてもアクセンチュアに向いてる人の特徴

ではどんな人が転職には向いているのか?
やめとけと言われてもアクセンチュアに向いてる人の特徴をまとめます。

【特徴1】仕事優先で成長意欲が高い人

まず1つ目の特徴が「仕事優先で成長意欲が高い人」

アクセンチュアは激務です、残業も多いです。
その分対価として受け取れる報酬(給料)は高い。

プライベートより仕事を優先できる人が向いています。

【特徴2】論理的思考力に優れている人

次に2つ目の特徴が「論理的思考力に優れている人」

コンサルは各業界の組織に入り込む。
そして、課題解決や改善提案を行うのが主な役割です。

そのため、論理的思考力が常に試されます。
ロジカルシンキングだけでなくラテラルシンキングも得意な人が向いています。

【特徴3】最後までやり遂げる実行力がある人

そして3つ目の特徴が「最後までやり遂げる実行力がある人」

コンサルで主流となるのが「成果報酬型コンサルティング」
クライアントの課題を解決できた成果に対し報酬が支払われる形態です。

つまり、最後までやり遂げるコミット力が必須。
途中で投げ出す、実行力のない人にはアクセンチュアは勤まりません。

アクセンチュアへの転職で後悔しないための対策

  • アクセンチュアに転職を検討している方
  • アクセンチュアの一員として課題解決に貢献したい方

上記の方に向けてアクセンチュアへの転職で後悔しないための対策を解説します!

【対策1】自己分析を徹底的に行う

まずは「自己分析を徹底的に行う」

なぜ自己分析が重要なのか?
それは、長い会社員人生をデザインするため。

大学を卒業すれば、長くとも40年近くは会社員人生を歩むことになります。

長い人生、適当に会社を選んでしまうとどうなるか?
やばい生活が待っているのは、想像しなくても分かります。

どんな仕事をしたいのか?やりたいのか?
将来、叶えたいキャリアを描ける会社はどこか?

これらの疑問に対し、軸を明確にするために「自己分析」が必須になります。

己を客観的に分析することで、強みも弱みも分かります。
したい仕事と向いてる仕事とのギャップにも気づけて、軸を再定義できます。

ただとはいえ、自己分析は一人でできるほど簡単なものではありません。

時間がかかるうえ、そもそもどうすればいいかも分からない。
そんな方におすすめなのが「プロのキャリアコーチングサービス」

自己分析はプロに相談しながら進めるのが確実かつ効率的です。

一人で迷うより、プロに相談するだけで悩みの解消は早まります。
無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロのキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【対策2】転職エージェントをフル活用する

自己分析が完了したら「転職エージェントをフル活用する」

転職活動を具体的に考えたら、早速プロに相談しましょう。
何をするにも、まずは専門家からアドバイスもらうことは鉄則です。

その転職のプロというのが「転職エージェント」

あなたに適した求人を紹介してくれます。
求人の紹介だけでなく転職活動中のサポート全般も受けられます

特にエージェント独自の企業分析は、非常に役に立ちます。
転職の相談だけでも有益ですので、現状の悩みを聞いてもらってはいかがでしょうか。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

【対策3】元社員の口コミから内情を把握する

セルフ対策として「元社員の口コミから内情を把握する」

エージェントの企業分析だけでは不安な方。
そんな方は、元社員の口コミで構成される情報サイトの利用もおすすめです。

特におすすめの口コミ情報サイトが「転職会議

国内最大級300万件以上の口コミ情報を掲載。
元社員による忖度なし&リアルな企業情報を垣間見ることができます。

アクセンチュア転職に失敗しない選考突破のポイント

とはいえ、誰でも転職成功できるほど簡単ではない。
アクセンチュア転職に失敗しない選考突破のポイントをご紹介していきます!

【ポイント1】転職難易度は高い?低い?

結論からいうと、アクセンチュアの転職難易度は高いです。

疑問に思う女性

「知り合いが日大の院を卒業したあと、アクセンチュアに入りました。旧帝大や早慶レベルの大学出身でないと、入れないと思っていたので、驚きでした。」
引用: Yahoo!知恵袋「就職活動」

新卒なら対策次第で学歴関係なく入れる。
しかし、中途の転職難易度でいえば高いといえます。

なぜなら、高い実務経験と英語力が求められるから。
グローバルに活躍できるため、全世界から転職希望者が集まります。

結果、中途採用の競争率は高くなるということ。
面接対策だけでなく、実務経験の棚卸しも転職活動時は必須といえます。

【ポイント2】中途採用の評判と選考内容

アクセンチュアの中途採用は現在追い風です。
なぜなら、DX人材の不足はコンサル業界にも波及しているから。

その結果、アクセンチュアでは人材を急拡大中。
高度人材なら「年収2,000万円」のオファーもあるとの報道あり。

そんなアクセンチュアの選考内容で特徴的なのが「ケース面接」

ケース面接では、お題に対してどのようなストーリーを立てられるかという論理力に加えて、話し方、質問に対する回答力などのプレゼンテーションスキルを見ています。お客様の前でプレゼンテーションをして通用するか、という観点ですね。コンサルタントは議論好きが多いので、時にはYujiさんとの面接のように、議論が白熱することもあります。

ちなみに、ケース面接の心得も丁寧に公開されています。
これらの心得を意識し、しっかり対策することは最低限だといえそうです。

【ポイント3】具体的な転職活動時の面接対策

アクセンチュアの転職面接時に聞かれる質問例が公開されています。
部署やポジションによって内容は異なりますが、最低限の対策には十分です。

  • 自己紹介
  • 職務経歴(ご経験、業務経験、ご自身のスキル 等)
  • 性格(長所、短所、ご自身の強み 等)
  • 志望動機(転職を考えたきっかけ、転職理由/退職理由、転職によって実現したいこと/アクセンチュアで実現したいこと 等)
  • 中長期的なキャリアの希望、今後の働き方の希望
  • 転職活動に関する情報(他応募企業、志望度、会社選びの判断基準、希望条件 等)
  • 逆質問(アクセンチュアに関する質問)

面接対策として必ず押さえておきましょう。
これでも不安な方は、転職エージェントにアドバイスもらうのが賢明です。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

アクセンチュア株式会社の会社概要と中途採用情報まとめ

最後にアクセンチュア株式会社の会社概要と中途採用情報をまとめます。

名称 アクセンチュア株式会社(Accenture Japan Ltd)
創業 1962年、事務所開設
設立 1995年12月
従業員数 約19,000人(2022年6月1日時点)

【情報1】事業内容

まずアクセンチュアの事業内容についてです。

アクセンチュアの事業内容

  • ストラテジー & コンサルティング
  • アクセンチュア ソング
  • テクノロジー
  • オペレーションズ
  • インダストリーX

【情報2】業績推移

次にアクセンチュアの業績推移についてです。

【情報3】平均年収(コンサル業界)

アクセンチュアの平均年収を競合他社と比較すると以下の通り。

比較表 平均年収 職種別の平均年収
(コンサルタント)
職種別の平均年収
(マネージャー)
職種別の平均年収
(アナリスト)
アクセンチュア 860万円 913万円 1,080万円 554万円
デロイト トーマツ コンサルティング 927万円 930万円 1,306万円 541万円
PwCコンサルティング 945万円 941万円 1,204万円 -万円
アビームコンサルティング 806万円 791万円 1,258万円 506万円
KPMGコンサルティング 882万円 863万円 1,272万円 -万円
業界平均(doda調べ) -万円 664万円 -万円 -万円

【情報4】福利厚生(コンサル業界)

中途入社向けの福利厚生は以下の通りです。

比較表 アクセンチュア トーマツ PwC アビームコ KPMG
福利厚生 確定拠出年金制度
従業員株式購入プラン
長期収入所得補償
ホテル等の割引特典
ポイント・割引サービス
健康サポート
トーマツ企業内保育園
各種社会保険完備
企業年金基金
退職金制度
総合福祉団体定期保険
財形貯蓄制度
定期健康診断
保養施設利用補助
カフェテリアプラン
PwC健康保険組合
カフェテリアプラン
健康維持
確定拠出年金制度
公認会計士企業年金基金
語学学習支援制度
資格取得支援制度
PwC Funs活動
選択型福利厚生制度
確定拠出年金制度
団体保険制度
社内クラブ
外部カウンセリング
通勤手当
健康保険
厚生年金保険
雇用保険
労災保険
退職金制度
財形貯蓄制度
公認会計士企業年金基金
健康保険組合カフェテリアプラン
休暇
手当
年次有給休暇
私傷病休暇
結婚・出産・忌引休暇
リフレッシュ休暇
ボランティア休暇
時間外勤務手当
深夜勤務手当
出張手当
住宅手当
交通費支給
年次有給休暇
特別有給休暇
年次有給休暇
特別有給休暇
出産支援制度
育児支援制度
介護支援制度
ベビーシッター育児支援補助
病児保育サポート制度
保活コンシェルジュサービス
保育園費用補助制度

まとめ:アクセンチュアへの転職は後悔する理由と評判悪い真相

アクセンチュアへの転職は後悔する理由と評判悪い真相をまとめてきました。

改めて、アクセンチュアへの転職は後悔する理由をまとめると、

アクセンチュアへの転職は後悔する理由

  1. 中途採用の転職は厳しいから後悔する
  2. 使い捨て前提に大量採用しているから後悔する
  3. 激務で違法残業がひどいから後悔する
  4. ITの技術レベルが低いから後悔する
  5. 転職しても突然退職勧告されるから後悔する

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)