スーパーの正社員は恥ずかしいと感じる3つの理由と解決策【後悔・きつい】
悩むビジネスマン

「スーパーの正社員であることを話すのが恥ずかしい。。どうすればこの気持ち、解決できますか?」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「スーパーの正社員は恥ずかしいと感じている人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • スーパーの正社員は恥ずかしいと感じる理由
  • スーパーの正社員に向いてない人の特徴とは
  • スーパーの正社員が恥ずかしい人への解決策

スーパーの正社員は恥ずかしいと感じる3つの理由

頭を抱えた男性

「スーパーの正社員で働いてるんですけど、正直、スーパーで働いてるって言うのが恥ずかしいです。」
引用: Yahoo!知恵袋「職場の悩み」

疲れた女性

「スーパーの正社員って恥ずかしいことですか?スーパーから内定をいただいた新卒女子です。」
引用: Yahoo!知恵袋「就職活動」

「スーパーの正社員=恥ずかしい」
このように羞恥心を感じる人は多く見受けられます。

なぜ恥ずかしいと感じるのでしょうか?
スーパーの正社員は恥ずかしいと感じる3つの理由について解説していきます。

【理由1】世間体を気にしているから

まず1つ目の恥ずかしい理由が「世間体を気にしているから」

【理由2】人に職業を話すのが惨めに感じるから

次に2つ目の恥ずかしい理由が「人に職業を話すのが惨めに感じるから」

【理由3】他の業界/職業と比較しても年収が低いから

そして3つ目の恥ずかしい理由が「他の業界/職業と比較しても年収が低いから」

スーパーの正社員に向いてない人の特徴とは

ここまでスーパーの正社員は恥ずかしいと感じる理由を解説してきました。

働くことに恥ずかしいと感じる人は多くいます。
その恥ずかしさを感じるきっかけの多くが「他者との比較」

他者と比較することで劣っている、惨めに感じる人は多いようです。

恥ずかしさだけでなく仕事自体に向かない人はいます。
どんな人がスーパーの正社員としての仕事に向かないのでしょうか。

スーパーの正社員に向いてない人の特徴をまとめていきます。

【特徴1】肩書に恥ずかしさを感じてしまう人

まず1つ目の特徴が「肩書に恥ずかしさを感じてしまう人」

当然ながら、スーパーで働くことに誇りを持つ人は大勢います。

でも「スーパー」という肩書に敏感に反応してしまう人。
周囲の目や評価を気にしてしまう人は、スーパーの正社員は向きません。

【特徴2】スーパーで働く意義を見出せない人

次に2つ目の特徴が「スーパーで働く意義を見出せない人」

スーパーの仕事はきついので有名です。

実際、サービス残業が多い仕事としてランキング上位。
小売業界でみれば最もサービス残業が多いことは調査で明らか。

その結果、大卒の離職率は他業界の中でも高い。
新卒3年以内の平均離職率(32%前後)より高い状況となっています。
(出典:厚労省「新規学卒就職者の離職状況」

つまり、離職率が高いほど不人気な仕事だということ。
スーパーという仕事に意義を見出せない限り続けるのは難しいです。

【特徴3】業態の将来性に疑問を抱いている人

そして3つ目の特徴が「業態の将来性に疑問を抱いている人」

2021年の小売業界全体の市場規模は微増(前年比1.9%増)
しかし、スーパーマーケットの業態にフォーカスすると減少。

セルフレジなどの導入で人員整理(リストラ)も加速。
最大手セブン&アイでは、「お荷物事業」とまで表現されています。

実際、スーパー最大の経営課題は「収益性の向上」
それだけ危機的状況、収益が上がらなければ従業員への還元も悪化。
(出典:全国スーパーマーケット協会「スーパーマーケット年次統計調査」

業態の将来性に疑問を抱きながら続けるのは困難を極めます。

でも、気づている人はすでに動いています。
向いてない、恥ずかしいとネガティブに感じるなら解決行動を取るのが賢明です。

スーパーの正社員が恥ずかしい人への解決策

恥ずかしいならどうすればいいのか?
恥ずかしいと感じる原因は「スーパーで働いていること」

スーパーに対する評判が原因であってあなた自身になんら原因はない。
また業態自体の将来性を不安視しても、あなたにはどうすることもできません。

であれば、スーパーの正社員が恥ずかしい人への解決策は一つだけ。
それは「仕事を変えること」、つまり「転職する」のが最適解です。

【解決策1】「自己分析」から将来のキャリアを見つめ直す

「「自己分析」から将来のキャリアを見つめ直す」

【解決策2】特に人気かつ年収も高い職業が「ITエンジニア」

「特に人気かつ年収も高い職業が「ITエンジニア」」

【解決策3】独立して「経営者」になるという選択肢もあり

「独立して「経営者」になるという選択肢もあり」

スーパーの正社員でも恥ずかしさを紛らわす方法

スーパーで働くことにネガティブに感じる人は多いです。

それでも転職はできない。
今の会社はブラックでもないし、むしろ働きやすい。

ただ「スーパーの正社員が恥ずかしい」というだけ。
そんな方にスーパーの正社員でも恥ずかしさを紛らわす方法もご紹介していきます!

【方法1】職業を話すときは「スーパー」を伏せる

まず1つ目の方法が「職業を話すときは「スーパー」を伏せる」

スーパーにも様々な職種が存在する。
レジ打ちや店頭での品出しだけではありません。

商品部、企画部、広報、バイヤー、営業など。
営業関連がスーパーマーケットでは花形の部門だといえます。

つまり、業態で話すのではなく職種で話すのがおすすめ。

【方法2】異動願いを出してレジ打ちから卒業する

次に2つ目の方法が「異動願いを出してレジ打ちから卒業する」

迷う女性

「ママ友との話の中で以前勤めていた会社の話になりました。その中でスーパーのレジ?あんなん稼げないしょ。責任ないし。と言われショックを受けました。給料は高い方ではないのは確かですし、特に資格も必要ないです。」
引用: Yahoo!知恵袋「子育て、出産」

上記体験談の通り、「スーパーの仕事=レジ打ち」
とのイメージを持たれがちで、恥ずかしいのはレジ打ちの仕事。

レジ打ちから卒業して他の仕事に異動するのも一つの方法です。

【方法3】職業で人を評価する人間とは付き合わないようにする

そして3つ目の方法が「職業で人を評価する人間とは付き合わないようにする」

あなたは、「影響の輪」と「関心の輪」を聞いたことはあるでしょうか。

スティーブン・コヴィーのベストセラー「7つの習慣
本書では、人間に起こる出来事や事象は2つの概念で説明されています。

  • 興味関心があること、でも変えられないことが「関心の輪」
  • 「関心の輪」に含まれ、かつ変えられることが「影響の輪」

つまり、「相手」を変えることはできない。
変えられるのは「自分」の言動や態度、思考のみだということ。

なのであれば、付き合う人間を選ぶのが最適解。

職業で人を勝手に評価するようなら。
スーパー正社員というだけで人を卑下するような人間とは付き合わないのが正解。

実際、スーパーは店員さんがいる方が活気があると評価する声も。
(出典:インテージ「セルフレジに関する調査」

ストレスも減って、快適なお仕事ライフを送れます。
常に「影響の輪」を意識し、人付き合いするだけで人生は好転します。

でもスーパーの正社員で羞恥心を感じるのは主観

ここまでスーパーの正社員は恥ずかしいと感じる理由と解決策を解説してきました。

でもスーパーの正社員で羞恥心を感じるのは主観です。
周囲はそれほど気にしてはないし、捉え方次第でポジティブにもなりえる。

実際、スーパーの仕事に誇りをもって働く正社員の方は大勢います。

恥ずかしいと感じるのは、あなたの捉え方次第。
先にも紹介した、影響の輪を意識するだけでも見方は変わります。

それでも、スーパーの正社員は恥ずかしいと感じるなら。
転職して別の仕事、業界に移るのが最適解であり、手っ取り早い方法です。

まとめ:スーパーの正社員が恥ずかしいなら行動ですべて解決

スーパーの正社員は恥ずかしいと感じる理由と解決策ををまとめてきました。

改めて、スーパーの正社員は恥ずかしいと感じる理由をまとめると、

スーパーの正社員は恥ずかしいと感じる理由

  1. 世間体を気にしているから
  2. 人に職業を話すのが惨めに感じるから
  3. 他の業界/職業と比較しても年収が低いから