スーパーの正社員は恥ずかしいと感じる3つの理由と解決策【小売業界は後悔・きつい】
悩むビジネスマン

「スーパーの正社員であることを話すのが恥ずかしい。。どうすればこの気持ち、解決できますか?」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「スーパーの正社員は恥ずかしいと感じている人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • スーパーの正社員は恥ずかしいと感じる理由
  • スーパーの正社員に向いてない人の特徴とは
  • スーパーの正社員が恥ずかしい人への解決策

本記事の結論を先にお伝えすると・・・

恥ずかしいと感じる原因は「スーパーで働いていること」

スーパーに対する評判が原因であって、あなた自身になんら原因はない。
また業態自体の将来性を不安視しても、あなたにはどうすることもできません。

では恥ずかしいなら、どうすればいいのか?
スーパーの正社員が恥ずかしい人への解決策は一つです。

それは「仕事を変えること」
つまり、転職するのが現状を変える最適解になります。

自らの行動で環境は、簡単に変えられます。

そのための最適な手段が、仕事を変える転職という行動。
そして、転職活動には転職エージェントの力を必ず借りましょう

なぜなら、内定獲得まで手厚いサポートを誰でも受けられるから。

さらに企業に対して年収交渉まで行ってくれます。
数あるエージェントの中でも特におすすめの3社を紹介します。

すべて無料で利用可能、内定獲得の実績も豊富な優れた転職支援サービスです。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

スーパーの正社員は恥ずかしいと感じる3つの理由

頭を抱えた男性

「スーパーの正社員で働いてるんですけど、正直、スーパーで働いてるって言うのが恥ずかしいです。」
引用: Yahoo!知恵袋「職場の悩み」

疲れた女性

「スーパーの正社員って恥ずかしいことですか?スーパーから内定をいただいた新卒女子です。」
引用: Yahoo!知恵袋「就職活動」

「スーパーの正社員=恥ずかしい」
このように羞恥心を感じる人は多く見受けられます。

なぜ恥ずかしいと感じるのでしょうか?
スーパーの正社員は恥ずかしいと感じる3つの理由について解説していきます。

【理由1】世間体を気にしているから

まず1つ目の恥ずかしい理由が「世間体を気にしているから」

仕事で手が止まる女性

「スーパーの仕事はかっこ悪いですか?」
引用: Yahoo!知恵袋「この仕事教えて」

「スーパーで働く」ことに世間体からの評価を気にしている証拠。
もっというと、他の仕事と比較して劣っていると勝手に感じてしまっている。

だからスーパーの正社員は恥ずかしい、と感じてしまう。

実際、スーパー店員の最終学歴は中卒が多い。
スーパーレジ係に至っては、そのほとんどが高卒で占めています。

さらにスーパー業界は、常に深刻な人手不足が課題。

新卒正社員求人に対する応募状況をみても「想定以下」が3割超え。
人手不足対策の採用活動を『93.4%』が実施しているにもかかわらずの状況です。

つまり、不人気な仕事であるが故の状態だといえます。

【理由2】人に職業を話すのが惨めに感じるから

次に2つ目の恥ずかしい理由が「人に職業を話すのが惨めに感じるから」

疲れた女性

「スーパーマーケットで正社員をしている20代後半の女です。私は初対面の方に自分の職業をスーパーと言うのが何故かとても恥ずかしいです。」
引用: Yahoo!知恵袋「スーパーマーケット」

顔見知りに話すだけではありません。
初対面の人に対しても、スーパーで働いていることを話すのは恥ずかしい。

例えば、合コンや婚活パーティーの場。
男性だけでなく、女性も惨めな思いをする方は多いようです。

実際、異性からの人気の職業は華やかな仕事。
将来性もあって、安定感のある職業がとにかく人気です。
(出典:マイナビエージェント「女性に人気の職業とは?ジャンル別に人気職業をご紹介!」

周囲の女性との比較や男性ウケを狙うなら。
スーパーの正社員ではない仕事に就くのがよいかもしれません。

また彼氏がスーパーの正社員であることを友人に話すのも恥ずかしく感じるようです。

仕事で手が止まる女性

「彼氏の仕事について。 彼氏はディスカウントスーパーの店員として正社員として働いています。月17万円とお給料が少なく、結婚したら共働きです。他の人に話すとき、いつも思わず会社名を伏せてしまうんですが、これは恥ずかしいと思っているからでしょうね…。」
引用: Yahoo!知恵袋「恋愛相談」

ちなみに、スーパーの正社員に占める女性割合は『24.4%』
つまり、ほとんどが男性で構成された職場であることが分かります。

【理由3】他の業界/職業と比較しても年収が低いから

そして3つ目の恥ずかしい理由が「他の業界/職業と比較しても年収が低いから」

揺るぎのない事実で抗うこともできない。
政府統計の資料からスーパー店員の平均年収は「354.8万円」

正社員の平均年収は国税庁調べで「496万円」
全業種と比較しても、100万円以上の差が生じているのが分かります。

また同業他社(小売業界)と比較しても、スーパーマーケットの売上規模が低い。

買物場所で比較したとき、コンビニが『71.1%』と最も高い。
その一方、スーパーマーケットの割合は『48.7%』と5割を切る状況。

つまり、今後も年収は上がりづらい仕事だといえます。

特に男性は年収で評価されがち。
年収が低い仕事についていると恥ずかしさにも直結。

現状を変えたいなら、早々に解決策を講じるに尽きます。

スーパーの正社員に向いてない人の特徴とは

ここまでスーパーの正社員は恥ずかしいと感じる理由を解説してきました。

働くことに恥ずかしいと感じる人は多くいます。
その恥ずかしさを感じるきっかけの多くが「他者との比較」

他者と比較することで劣っている、惨めに感じる人は多いようです。

恥ずかしさだけでなく仕事自体に向かない人はいます。
どんな人がスーパーの正社員としての仕事に向かないのでしょうか。

ここではスーパーの正社員に向いてない人の特徴をまとめていきます。

【特徴1】肩書に恥ずかしさを感じてしまう人

まず1つ目の特徴が「肩書に恥ずかしさを感じてしまう人」

当然ながら、スーパーで働くことに誇りを持つ人は大勢います。

でも「スーパー」という肩書に敏感に反応してしまう人。
周囲の目や社会的な評価を気にしてしまう人は、スーパーの正社員は向きません。

【特徴2】スーパーで働く意義を見出せない人

次に2つ目の特徴が「スーパーで働く意義を見出せない人」

仕事に悩む男性

「サービス残業ばっかりだしで割に合わないのと、スーパーの仕事に向いてないので辞めました。」
引用: Yahoo!知恵袋「スーパーマーケット」

口コミの通り、スーパーの仕事はきついので有名です。

実際、サービス残業が多い仕事としてランキング上位。
小売業界でみれば最もサービス残業が多いことは調査で明らか。

その結果、大卒の離職率は他業界の中でも高い。
新卒3年以内の平均離職率(32%前後)より高い状況となっています。
(出典:厚労省「新規学卒就職者の離職状況」

つまり、離職率が高いほど不人気な仕事だということ。
スーパーという仕事に意義を見出せない限り、続けるのは難しいでしょう。

【特徴3】業態の将来性に疑問を抱いている人

そして3つ目の特徴が「業態の将来性に疑問を抱いている人」

2021年の小売業界全体の市場規模は微増(前年比1.9%増)
しかし、スーパーマーケットの業態にフォーカスすると衰退気味。

セルフレジなどの導入で人員整理(リストラ)も加速。
最大手セブン&アイでは、「お荷物事業」とまで表現されています。

実際、スーパー最大の経営課題は「収益性の向上」
それだけ危機的状況、収益が上がらなければ従業員への還元も悪化します。
(出典:全国スーパーマーケット協会「スーパーマーケット年次統計調査」

業態の将来性に疑問を抱きながら働き続けるのは困難を極めます。

でも、気づている人はすでに動いています。
向いてない、恥ずかしいとネガティブに感じるなら解決行動を取るのが賢明です。

スーパーの正社員が恥ずかしい人への解決策

恥ずかしいと感じる原因は「スーパーで働いていること

スーパーに対する評判が原因であって、あなた自身になんら原因はありません。
また業態自体の将来性を不安視しても、あなたにはどうすることもできません。

では恥ずかしいなら、どうすればいいのか?
スーパーの正社員が恥ずかしい人への解決策は一つです。

それは「仕事を変えること」
つまり、転職するのが現状を変える最適解になります。

【解決策1】「自己分析」から将来のキャリアを見つめ直す

現状を変えるには仕事を変える他方法はありません。

なので、別の業界へ転職するのが最適解です。
と、いわれても何から取り組めばいいか分からないのが本音ですよね。

まずは「自己分析」から将来のキャリアを見つめ直すことから始めましょう。

  • いったい仕事で何をしたいのか?
  • 何を成し遂げたいのか?そのための仕事は何が最適か?
  • 自分の強みや弱み、得意なこと・不得意なことは何か?

自己分析が不完全だと、進むべき方向性は見えてきません。
方向性が定まらないまま転職しても、また同じ轍を踏むだけです。

とはいえ、自己分析は一人でできるほど簡単なものではない。

時間がかかるうえ、そもそもどうすればいいかも分からない。
そんな方におすすめなのが「プロのキャリアコーチングサービス」

自己分析はプロに相談しながら進めるのが確実かつ効率的です。

一人で迷うより、プロに相談するだけで悩みの解消は早まります。
無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロのキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【解決策2】特に人気かつ年収も高い職業が「ITエンジニア」

自己分析が完了したら転職エージェントに求人紹介を受けましょう。

転職エージェントをフル活用するのが転職成功のカギ
なぜなら、内定獲得まで手厚いサポートを誰でも受けられるから。

さらに企業に対して年収交渉まで行ってくれます。

数ある転職エージェントの中でも特におすすめの3社を紹介します。
すべて無料で利用可能、内定獲得の実績も豊富な優れた転職支援サービスです。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

また、転職する職業も迷う人は多いです。
特に人気かつ年収も高い職業が「ITエンジニア」になります。

ITをはじめとするデジタル人材の需要は年々増加。
需要が高まれば報酬水準も高まり、年収1,000万円以上を提示する企業も存在します。

ただ報酬が高いのは、スキルや経験を持つ即戦力のみ。
エンジニア未経験から高収入を得るのは難しいのが現状です。

しかし、未経験でもエンジニアに転身できる方法があります。

それが転職保証付きの「プログラミングスクール」
転職成功率は98%と高い実績を誇るスクールに通うのが最適です。

未経験からITエンジニア転職!転職成功率9割超のプログラミングスクールおすすめ3選

【解決策3】独立して「経営者」になるという選択肢もあり

転職以外にも独立して「経営者」になるという選択肢もありです。

今では、多様な働き方と選択肢が準備されています。
終身雇用はもはや崩壊し、一つの会社に留まること自体がリスクに。

そんな環境下で、経営者(フリーランス)人口は年々増加。
年収もスーパーの正社員より2倍近い収入を得ている人が多くを占めます。
(出典:ランサーズ「フリーランス実態調査 2021」

そんな経営者の職業で最もおすすめなのが「結婚相談所経営」
なぜなら、需要が高く今後なくなることのないビジネスの一つだからです。

男女を成婚に導く社会貢献性の高い事業。
場所も、時間も、自由に選べる副業・起業ビジネスとなります。

結婚相談所経営の中でも「日本結婚相談所連盟」への加盟がおすすめです。

粗利益90%以上!上場企業運営の信頼できるビジネス。
興味があれば無料の説明会に参加してみてはいかがでしょうか。

その他、おすすめの業種については関連記事をご覧ください。

関連記事:【2022年】独立開業しやすい仕事ランキング20選!起業に必要スキル・資格も紹介

スーパーの正社員でも恥ずかしさを紛らわす方法

スーパーで働くことにネガティブに感じる人は多いです。

それでも転職はできない。
今の会社はブラックでもないし、むしろ働きやすい。

ただ「スーパーの正社員が恥ずかしい」というだけ。
そんな方にスーパーの正社員でも恥ずかしさを紛らわす方法もご紹介していきます!

【方法1】職業を話すときは「スーパー」を伏せる

まず1つ目の方法が「職業を話すときは「スーパー」を伏せる」

スーパーにも様々な職種が存在する。
レジ打ちや店頭での品出しだけではありません。

商品部、企画部、広報、バイヤー、営業など。
営業関連がスーパーマーケットでは花形の部門だといえます。

つまり、業態で話すのではなく職種で話すのがおすすめ。

【方法2】異動願いを出してレジ打ちから卒業する

次に2つ目の方法が「異動願いを出してレジ打ちから卒業する」

迷う女性

「ママ友との話の中で以前勤めていた会社の話になりました。その中でスーパーのレジ?あんなん稼げないしょ。責任ないし。と言われショックを受けました。給料は高い方ではないのは確かですし、特に資格も必要ないです。」
引用: Yahoo!知恵袋「子育て、出産」

上記体験談の通り、「スーパーの仕事=レジ打ち」
とのイメージを持たれがちで、恥ずかしいのはレジ打ちの仕事。

レジ打ちから卒業して他の仕事に異動するのも一つの方法です。

【方法3】職業で人を評価する人間とは付き合わないようにする

そして3つ目の方法が「職業で人を評価する人間とは付き合わないようにする」

あなたは、「影響の輪」と「関心の輪」を聞いたことはあるでしょうか。

スティーブン・コヴィーのベストセラー「7つの習慣
本書では、人間に起こる出来事や事象は2つの概念で説明されています。

  • 興味関心があること、でも変えられないことが「関心の輪」
  • 「関心の輪」に含まれ、かつ変えられることが「影響の輪」

つまり、「相手」を変えることはできない。
変えられるのは「自分」の言動や態度、思考のみだということ。

なのであれば、付き合う人間を選ぶのが最適解。

職業で人を勝手に評価するようなら。
スーパー正社員というだけで人を卑下するような人間とは付き合わないのが正解。

実際、スーパーは店員さんがいる方が活気があると評価する声も。
(出典:インテージ「セルフレジに関する調査」

ストレスも減って、快適なお仕事ライフを送れます。
常に「影響の輪」を意識し、人付き合いするだけで人生は好転します。

でもスーパーの正社員で羞恥心を感じるのは主観

ここまでスーパーの正社員は恥ずかしいと感じる理由と解決策を解説してきました。

でもスーパーの正社員で羞恥心を感じるのは主観です。
周囲はそれほど気にしてはないし、捉え方次第でポジティブにもなりえる。

実際、スーパーの仕事に誇りをもって働く正社員の方は大勢います。

恥ずかしいと感じるのは、あなたの捉え方次第。
先にも紹介した、影響の輪を意識するだけでも見方は変わります。

それでも、スーパーの正社員は恥ずかしいと感じるなら。
転職して別の仕事・業界に移るのが最適解であり、手っ取り早い方法です。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

まとめ:スーパーの正社員が恥ずかしいなら行動ですべて解決

スーパーの正社員は恥ずかしいと感じる理由と解決策ををまとめてきました。

改めて、スーパーの正社員は恥ずかしいと感じる理由をまとめると、

スーパーの正社員は恥ずかしいと感じる理由

  1. 世間体を気にしているから
  2. 人に職業を話すのが惨めに感じるから
  3. 他の業界/職業と比較しても年収が低いから

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)