【最悪?】テクノプロはやばいと言われる6つの理由と評判を口コミと他社比較から検証
悩むビジネスマン

「転職活動中にテクノプロの求人を見かけたけど、評判はどうなんだろう?調べたらやばいって口コミも見かけて迷っている・・・」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「テクノプロに転職しようか迷っている人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • テクノプロはやばいと言われる理由
  • 同業の他社比較からやばい評判を検証
  • テクノプロに向いてる人の特徴と最適な転職支援

約1万人のエンジニアや研究者を擁する独立系技術人材サービス企業「テクノプロ」
東証プライム市場に上場するテクノプロ・ホールディングスのグループ企業になります。

国内最大の技術系人材サービスを展開。
圧倒的な「領域の網羅性」と「技術力の高さ」が強み。

そんな実績豊富な有名企業をGoogle検索してみると、以下のワードがヒットしました。

「テクノプロ やばい」

他にも「テクノプロ 最悪」や「テクノプロ レベル低い」など。
到底ポジティブとは思えない関連ワードが出現していることが分かります。

悪評ともとれる情報が出回っていますが本当なのでしょうか?
転職や就職を検討している方にとっては、非常に気になる情報です。

そこで本記事ではテクノプロの評判をリサーチ!
元従業員の口コミや競合他社との比較から真相を検証していきます!

本記事の結論を先にお伝えすると・・・

テクノプロはやばいと言われる理由は「利用者の主観」
つまり、やばいと感じる人もいればまったくひどいと感じない人もいるということ。

悪評が流れるのはこれらやばいと感じた派遣スタッフや元社員によるもの。

客観的にみれば特にやばい実態は確認できず。
やばい情報が気になる方は、正社員就職を目指し転職活動を始めることをおすすめします。

一つの会社にこだわる必要など一切ありません。
むしろ悩んで前進できないことのほうが、よっぽどやばい状況です。

正社員のエンジニアを目指したい方はプログラミングスクールに通う方法もあります。

未経験からエンジニア転職成功率は9割超え。
転職できなければ全額返金の保証など優れたスクールを3つご紹介します。

悩んでも何の解決にもなりません。
無料のカウンセリングを受けるだけでも、不安は解消されることが多々あります。

未経験からITエンジニア転職!転職成功率9割超のプログラミングスクールおすすめ3選

テクノプロはやばいと言われる6つの理由

仕事に悩む男性

「テクノプロ IT社の技術職のアシスタントという職種で内定をいただきました。システムの不具合の電話対応や運用をするそうです。贅沢を言えない立場なのは承知していますが、派遣型というところが少し怖くて入社を迷っています。」
引用: Yahoo!知恵袋「転職」

多くの人が転職に迷っています。
迷うのには必ず理由があって、それはネガティブな噂が多いから。

具体的にどんなやばい情報があるのか?
テクノプロはやばいと言われる6つの理由についてまとめていきます。

【理由1】年収が低すぎるからやばい?

仕事に悩む男性

「テクノプロについては、調べれば調べるほど「正社員とは名ばかりの派遣」「給料が安い」「退職金がでない、または少ない」「契約がなければ退職勧告を出される」等出てくるので、派遣型の良さがまるで見つかりません。」
引用: Yahoo!知恵袋「就職活動」

まず最も気になる情報が「年収が低すぎるからやばい?」

会社選びで特に気になる情報ですよね。
実際いくらか?まずテクノプロ・ホールディングスの年収を調べます。

最新の有価証券報告書(2021年6月期)によると、平均年収は「610万円」
全産業の正社員の平均年収(496万円*1)よりも100万円以上高いことが分かります。

決して悪くはなく、むしろ高収入の部類に入る企業だといえます。

ではテクノプロの年収はいくらか?
OpenWork調べでエンジニアの平均年収が「396万円」

親会社よりは劣っています。
ですが一般的な派遣エンジニアの年収(200~300万円*2)よりは高いです。

また年収だけでなくテクノプロでは退職金、賞与も支給されます。

賞与に至っては年2回と決算賞与も出る可能性があります。
残業代すら出さない会社があるなか、ポジティブな意味でやばいです。

前を向くビジネスマン

「私のような高卒・低技能・ブルーカラー上がりの者にはとても良い環境でした。特定派遣なので派遣先の契約が終わっても給料は全額出ます」
引用: Yahoo!知恵袋「労働条件、給与、残業」

人によっては高待遇な環境だと絶賛しています。
つまり、収入を取るかその他待遇面や環境を選ぶかは本人次第。

テクノプロはやばいと感じるのも労働者の主観だと断言できます。

*出典1:国税庁「民間給与実態統計調査」
*出典2:modis「【アンケート調査】未経験から派遣エンジニアになるには?メリットデメリットも紹介」

【理由2】ブラックで離職率が高いからやばい?

疑問に思う男性

「テクノプロはブラック企業でしょうか?あまり良くない噂を耳にしましたが、実際はどうなのでしょうか?残業代、賞与もあるのでそこまで酷いとは思わないです」
引用: Yahoo!知恵袋「労働条件、給与、残業」

労働環境の中でも特に気になるのが「ブラックで離職率が高いからやばい?」

理由1でも説明した通り、収入面で大きな待遇の悪さは確認できず。
むしろ平均かそれ以上の収入と待遇が準備されていることが分かります。

ではテクノプロの労働環境はいかほどか?
分かりやすい指標として離職率をIR資料から確認すると「7.6%」

IT業界全体での離職率は「9.2%」
製造業界全体での離職率は「9.4%」と厚労省が公表しています。

比較してもテクノプロの離職率は低いのが分かります。
さらに元エンジニアの口コミを確認しても、ブラックではなかったと証言。

前向いて歩くビジネスマン

「元テクノプロの技術職の者です。フォーラムエンジニアリングの事は知りませんがテクノプロがブラックだとは思いません。」
引用: Yahoo!知恵袋「職場の悩み」

労働環境も本人の感じ方次第。
より良い環境を求めるなら、転職するのが賢明な行動だといえます。

【理由3】ITスキルが身につかないからやばい?

仕事に悩む男性

「sesはあまり良くない印象が強いので…。実際派遣というのは経験が積めるものでしょうか?」
引用: Yahoo!知恵袋「サーバ管理、保守」

エンジニア転職を希望する人にとって気になる「ITスキルが身につかないからやばい?」

個別事案に関する苦情等は確認できず。
東京都産業労働局が公表する資料を確認すると、派遣労働者からの苦情最多は「苦情なし」

SESの宿命、派遣エンジニアが気になる「業務内容の相違」
つまり、スキルが身につくかどうかに関しての苦情は少ないのが現状です。

ただし中途打ち切りにされる理由最多は「派遣スタッフの技術等能力」

従って、スキルを身につけられるかは本人次第。
会社に頼るのか、自助努力でITスキルを身につけるかはあなた次第だということ。

今では派遣会社に勤めなくても、未経験からITスキルを習得できる手段がいくらでもあります。

就職しても目的のスキルを習得するのに時間がかかります。
エンジニアとしてキャリアを積みたい方は、最初から正社員として転職するのが賢明です。

未経験からITエンジニア転職!転職成功率9割超のプログラミングスクールおすすめ3選

【理由4】レベル低い人が多すぎるからやばい?

疑問に思う男性

「株テクノプロから派遣契約で、派遣社員として働いて頂いていますが、仕事に対する姿勢、マナーがあまりにも低い。社内で働くならともかく、よく派遣社員として社外で働かせるなと感じています。この会社の評判を知りたいです。」
引用: Yahoo!知恵袋「職場の悩み」

職場環境も気になる情報で「レベル低い人が多すぎるからやばい?」

レベルが低いか高いかは本人の主観。
つまり、口コミも元社員による偏った意見によるもの。

レベル低い人と感じる人間もいれば、そうでない人間もいる。
まったく気にする必要はなく、やばいと感じても避ければいいだけの話です。

【理由5】リストラの可能性があるからやばい?

仕事が辛い男性

「テクノプロで派遣で働いてます。契約終了が決まったら営業さんに『これからどうしたいの?』とまるで退職に誘導させるような質問をされました。」
引用: 教えて!しごとの先生「派遣社員」

先の将来を考えたときに気になる「リストラの可能性があるからやばい?」

テクノプロが採用している雇用形態は「無期雇用」
派遣元(テクノプロ)と雇用契約を結ぶ、いわば派遣の正社員。

なので、登録型派遣と違って簡単に解雇にはならない。
雇い止めも次の派遣先までの待機期間もないので安定性は担保されています。

またテクノプロでは日本社会のDXに貢献すると宣言。

「財務担当責任者として当社の前身となった会社に赴任したとき、リーマンショックから立ち直ることができず、リストラを実行せざるをえませんでした。そのときに二度とこうしたことはしたくないと思ったんです。10年前と同じことをしたら、今度こそ従業員に見放される。人を大切にすれば、再チャレンジは必ずできるのですから」

ブラック企業は、日本の社会貢献まで考えるでしょうか?
具体的な取り組みまで発表し、ポジティブな意味で「やばい」と感じます。

【理由6】スカウトメールがしつこいからやばい?

悩むビジネスマン

「テクノプロという会社のスカウトメールはなぜしつこい?現在無職の24才の男ですが、転職活動を行っております。」
引用: Yahoo!知恵袋「転職」

やばい情報としてよく見かけるのが「スカウトメールがしつこいからやばい?」

登録すればメールは届きます。
他の派遣会社でも同様に送られてきます。

また、転職サイトに登録しても同様にスカウトメールは届きます。

しつこい(だからやばい)と感じるなら拒否設定すれば問題なし。
つまり、登録後のしつこさも利用者の主観であってやばい要素は何もありません。

テクノプロと同業の他社比較からやばい評判を検証

ここまでテクノプロがやばいと言われる理由を確認してきました。

結論、利用者の主観(やばい)によるもの。
やばいと感じる人もいればまったく感じない人もいるということ。

ただし、主観だけの評価では信憑性に欠けます。
競合他社との比較から客観的な評判も確認しておく必要があります。

主観だけでなく客観的な情報からテクノプロのやばさを評価。
ここではテクノプロと同業の他社比較からやばい評判を検証していきます!

同業他社(無期雇用の人材派遣)比較表

まず同業他社(無期雇用の人材派遣)比較表は以下の通りです。

比較表 テクノプロ メイテック アルプス技研
平均年収 396万円 489万円 435万円
離職率 7.6% 5.8% 4.6%
残業時間 19.9時間/月 23時間/月 23.4時間/月
有給消化率 70.5%/年 63.8%/年 68.2%/年
休日日数 122日 126日 125日
福利厚生 社会保険完備
寮社宅制度
転勤赴任一時金
帰省旅費補助
引越費用補助
退職金制度
財形貯蓄制度
福利厚生サービス
労働組合有
通信教育補助
図書購入補助
社外技術研修参加費
学会参加費
自己啓発支援
など
社会保険完備
社宅支援
各種財形貯蓄制度
退職金制度
社員持ち株会制度
互助会
レクリエーション補助
など
社会保険完備
確定拠出年金
従業員持株会
労働組合
団体保険
共済会
自社保養所
会員制リゾートクラブ
など
研修 社員教育制度
 Winラーニング
 Winスクール
従業員サポート制度
 CDA制度
 各種補助制度
自己啓発型
 個人スキル向上研修
 教え合う研修
会社主導型
 導入研修
 教訓研修
 カスタマイズ研修
新入社員研修
2年目以降の研修
専門技術研修
能力開発研修
総合評価 2.22 3.02 2.59

【数値データ引用元】
OpenWork「株式会社テクノプロ」
OpenWork「株式会社メイテック」
OpenWork「株式会社アルプス技研」
株式会社テクノプロ「IR資料」
株式会社メイテック「数字で知るメイテック」
doda「株式会社アルプス技研」
転職会議「株式会社テクノプロ」
転職会議「株式会社メイテック」
転職会議「株式会社アルプス技研」

【評判1】福利厚生と研修制度の充実

「福利厚生と研修制度の充実」

【評判2】残業時間は全職種平均より少ない

「残業時間は全職種平均より少ない」

doda調べで全90職種の平均残業時間は「20.8時間」
同じ無期雇用で競合他社にあたる2社でも20時間は超えています。

【評判3】年収が競合他社よりも低いのが残念

ネガティブな評判としては「年収が競合他社よりも低いのが残念」

やばいと言われてもテクノプロに向いてる人の特徴

ここまでテクノプロの評判を調べてきました。
ではやばいと言われてもテクノプロに向いてる人の特徴とは何か?

向いてなければ、結果的にやばい末路が待っています。
具体的なテクノプロに向いてる人の特徴をまとめていきます。

【特徴1】派遣エンジニアとして働きたい方

まず1つ目の特徴が「派遣エンジニアとして働きたい方」

【特徴2】Winスクールに通ってスキルアップしたい方

そして2つ目の特徴が「Winスクールに通ってスキルアップしたい方」

派遣ではなく正社員エンジニアに転職したい人向けサービス3選

【派遣という働き方を選んだ際の理由についてお伺いします。】

派遣を選んだ理由の最多は「正社員として働きたいが、職が見つからなかった」

要は不本意ながらも派遣を選んだということ。
できれば派遣ではなく正社員のエンジニアになりたい人は多いのが分かります。

しかし未経験から正社員のエンジニアに転職するのは難しい。

なぜなら、即戦力のエンジニアを探しているから。
実際、ある調査で9割以上の企業が採用基準を満たすエンジニアの採用は難しいと回答。

つまり、未経験ならスキルや経験を積んだうえで転職活動する必要がある。

テクノプロから経験を積んで転職する人も事実存在する。

前向いて歩くビジネスマン

「概ね3年以内に90%が、現場で得たスキルを基に転職していきました。率直に言うと、ある程度の自頭の良さに自信があれば、ここを踏み台にして、良い転職ができると思います。」
引用: Yahoo!知恵袋「転職」

でも険しい道のりであり、最短コースとは言い難い。
そんな派遣ではなく正社員エンジニアに転職したい人向けサービスがあります。

それが「プログラミングスクール」
ここでは派遣ではなく正社員エンジニアに転職したい人向けサービス3選を紹介していきます!

【サービス1】テックキャンプ

日本最大級のプログラミングスクール「テックキャンプ」
(公式ホームページ:https://tech-camp.in

スクールの特徴・強み

  • 転職成功人数No.1!未経験から10週間でITエンジニアへ
  • 転職支援期間は学習終了後182日(39歳以下まで対応)
  • 独自開発の学習サイクルで習得効率アップ
  • 選べる受講スタイル(短期集中or夜間・休日)
  • 給付金活用で受講料最大70%オフ(上限56万円)

利用に向いている人

  • 未経験からスキルを持ったITエンジニアに転職したい人
  • 確かな実績と手厚いサポートのもとプログラミングを学びたい人

【サービス2】GEEK JOB

受講料0円!20代向け無料のプログラミング学習&就職支援サービス「GEEK JOB」
(公式ホームページ:https://camp.geekjob.jp

スクールの特徴・強み

  • 転職に強いプログラミングスクールNo.1
  • 未経験でも転職紹介企業数500社以上
  • 600名以上が未経験からエンジニアに転職成功

利用に向いている人

  • プログラミング未経験から開発職のIT企業に就職したい20代
  • 社会人未経験やフリーターからIT業界正社員を目指している20代

【サービス3】DMM WEBCAMP

DMMグループが運営する「DMM WEBCAMP」
(公式ホームページ:https://www.lp.web-camp.io

スクールの特徴・強み

  • DMMグループならではの豊富なエンジニア求人
  • 未経験者のために開発されたカリキュラムと3つのコース
  • 活躍応援クーポン制度やキャッシュバックなどあり(期間限定)

利用に向いている人

  • 働きながらスクールに通いたい人
  • 少しでもお得にスクール申込みしたい人

事業会社に転職!エンジニア経験者向けの転職エージェント3選

最も多かった回答は「安定的な生活を送りたい」
実際、調査からITエンジニアの転職理由で最多は「安定して働ける環境」

エンジニアで特に安定して働ける環境が「事業会社」

そんな事業会社への転職にはIT専門の転職エージェントを利用するのが賢明
ここでは事業会社に転職!エンジニア経験者向けの転職エージェント3選をご紹介していきます!

【転職支援1】ワークポート

創業19年の豊富な実績を誇る転職決定人数No.1「ワークポート」
(公式ホームページ:https://workport.co.jp

サービスの特徴・強み

  • 転職決定人数No.1を誇る19年の運営実績(転職相談50万人以上)
  • 転職活動に便利な無料アプリやスクール(エンジニア向け)が豊富
  • 第2新卒~ハイクラスまでのベンチャー・大企業と幅広く求人を紹介

利用に向いている人

  • 確かな実績とサービス運用歴でエージェントを決めたい方
  • エンジニア、クリエイティブ、営業、管理部門に転職したい方
  • 名だたる有名企業、大企業に転職したい方

【転職支援2】マイナビIT AGENT

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビ運営サービス「マイナビIT AGENT」
(公式ホームページ:https://mynavi-agent.jp/it

サービスの特徴・強み

  • 全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業まで求人を網羅
  • 多くの人事採用担当者と太いパイプを持ち隠れた優良企業の紹介も可能
  • IT業界出身のキャリアコンサルタントが一人一人のニーズにマッチした転職を提案

利用に向いている人

  • 首都圏・関西圏・東海圏在住のIT、Web業界経験者
  • 大手からベンチャーまでIT業界の求人を幅広く探したい人

【転職支援3】レバテックキャリア

ITエンジニア経験者専門の転職エージェント「レバテックキャリア」
(公式ホームページ:https://career.levtech.jp

サービスの特徴・強み

  • ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1
  • 保有求人7000件以上のうち8割以上が年収600万円以上のハイクラス求人
  • 紹介可能な企業は大手IT企業からWeb系企業、スタートアップまでを幅広く網羅

利用に向いている人

  • IT/Web系エンジニアの経験者
  • 20代後半~40代前半で首都圏勤務希望の方

本当にやばいと感じたら?テクノプロをストレスなく退職する方法

本当にやばいと感じたら?テクノプロをストレスなく退職する方法があります。

それが退職手続きを代行する「退職代行サービス」

いまや退職代行サービスの認知度は約6割。
「退職」を重く考える必要も、煩雑な手続きも行わなくて辞められます

  • 上司に退職の報告をするのが怖い
  • どうやって伝えたらいいかも分からない
  • 退職を伝えても職場に留まるのは気が引ける

退職のことを考えて消耗してはいませんか?

退職代行サービスを使えばストレスなく辞められます。
自分のタイミングで、簡単に辞められる方法がすでに準備されています。

あとは勇気を出して行動するのみ。
退職代行サービスに連絡すれば、あとは退職完了まで進めてくれます。

労働組合or弁護士が対応!安心の退職代行サービスおすすめ3選

株式会社テクノプロ(IT・エンジニアリング)の会社概要まとめ

最後に株式会社テクノプロ(IT・エンジニアリング)の会社概要をまとめます。

商号 株式会社テクノプロ
設立 1997年6月
本社 〒106-6135 東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー35階
従業員数 18,204名(2021年6月末現在)
中途採用比率 2019年6月期:74.4%
2020年6月期:67.2%
2021年6月期:74.3%
事業内容 機械、電気、電子、組込制御、情報システム、情報インフラ、プラントエンジニアリング、化学、バイオ、医薬、新素材など各種技術分野における研究開発や商品開発などの技術サービスを提供

まとめ:転職活動でテクノプロ1社に絞るのが最もやばい

テクノプロはやばいと言われる理由と評判情報ををまとめてきました。

改めて、テクノプロはやばいと言われる理由をまとめると、

テクノプロはやばいと言われる理由

  1. 年収が低すぎるからやばい?
  2. ブラックで離職率が高いからやばい?
  3. ITスキルが身につかないからやばい?
  4. レベル低い人が多すぎるからやばい?
  5. リストラの可能性があるからやばい?
  6. スカウトメールがしつこいからやばい?

未経験からITエンジニア転職!転職成功率9割超のプログラミングスクールおすすめ3選