「働きたくない、人と関わりたくない」あなたに向いてる適職15選と仕事の選び方
仕事に悩む人

「働きたくない、人とも関わりたくない。。でも働かないと生きていけない。こんな私でも向いてる仕事なんてあるのかな?これからの生き方に悩む。。」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「働きたくないし人と関わりたくないと悩む人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • 働きたくない、人と関わりたくない人向けの適職
  • 人と関わりたくない人に適した3つの仕事の選び方
  • 働きたくないし人と関わりたくなくても注意すべき点とは

ハルマ@ブログ管理人ハルマ@ブログ管理人

「働きたくない、人と関わりたくない人向けの適職と仕事の選び方をまとめていきます。今まさに働きたくないし人と関わりたくないと悩む方は、ぜひ参考にしてみてください!」

働きたくない、人と関わりたくない人向けの適職15選

6割近くの人が職場の人間関係で退職を検討。
多くの社会人は人間関係にストレスを抱えていることが分かります。

労働政策研究・研修機構の調査でも人間関係で悩む人は上位を占めます。

また人と関わりたくないと感じる人も多い。
以下コメントのように働きたくないと考える人は多くみられます。

仕事に疲れた女性

「もう人と関わりたくないです。働きたくないです。片親家庭なので、高校を卒業したら働かなければいけないのですが、どこに行っても嫌われるような人間なので、職場で上手くやって行ける自信がありません。どうしたらいいですかね。」
引用: Yahoo!知恵袋「職場の悩み」

では、働きたくないし人と関わりたくない人はどうすればいいのでしょうか?

結論、人と関わらない仕事を選ぶのが正解です。
人と対面で直接関わるのが仕事のすべてではありません。

いまや働き方も生き方も多様性の時代。
選び方次第で、個人に合った仕事はいくらでもあります。

そんな働きたくない、人と関わりたくない人向けの適職を以下対象者に分けて紹介していきます。

【ニート、フリーター向け】人と関わりたくない人の適職5選

ここでは【ニート、フリーター向け】人と関わりたくない人の適職5選についてです。

まず、ニート、フリーター向けの適職を選定するにあたり以下条件を設定。

ニート、フリーター向けの適職を選定する条件

  • 完全に人と関わることなくできる仕事
  • 完全在宅で外出しなくてもできる仕事
  • スキルによって高収入も実現可能な仕事

上記、選定条件に合致するおすすめの適職が以下の通り。
順番に人と関わらなくてもできる理由や仕事の特徴を解説していきます!

【ニート、フリーター向け】人と関わりたくない人の適職5選

  1. 動画編集
  2. プログラミング
  3. アフィリエイトブログ
  4. アドセンスブログ
  5. 仮想通貨

【適職1】動画編集

「動画編集」

【適職2】プログラミング

「プログラミング」

【適職3】アフィリエイトブログ

「アフィリエイトブログ」

【適職4】アドセンスブログ

「アドセンスブログ」

【適職5】仮想通貨

「仮想通貨」

【主婦、女性向け】人と関わりたくない人の適職5選

ここでは【主婦、女性向け】人と関わりたくない人の適職5選についてです。

まず、主婦、女性向けの適職を選定するにあたり以下条件を設定。

主婦、女性向けの適職を選定する条件

  • 完全在宅で外出しなくてもできる仕事
  • 人と関わらなくて済む女性に人気の仕事
  • スキルによって高収入も実現可能な仕事

上記、選定条件に合致するおすすめの適職が以下の通り。
順番に人と関わらなくてもできる理由や仕事の特徴を解説していきます!

【主婦、女性向け】人と関わりたくない人の適職5選

  1. Webデザイン
  2. Webライター
  3. オンライン秘書
  4. ユーチューバー
  5. イラストレーター

【適職1】Webデザイン

「Webデザイン」

【適職2】Webライター

「Webライター」

【適職3】オンライン秘書

「オンライン秘書」

【適職4】ユーチューバー

「ユーチューバー」

【適職5】イラストレーター

「イラストレーター」

【会社員向け】人と関わりたくない人の適職5選

ここでは【会社員向け】人と関わりたくない人の適職5選についてです。

まず、会社員向けの適職を選定するにあたり以下条件を設定。

会社員向けの適職を選定する条件

  • 人との関りが少ない仕事
  • リモートワーク可能な仕事
    (⇒調査結果からリモートワーカーの割合が高い職種を選定)
  • 汎用的なスキルが身につく仕事

上記、選定条件に合致するおすすめの適職が以下の通り。
順番に人と関わらなくてもできる理由や仕事の特徴を解説していきます!

【会社員向け】人と関わりたくない人の適職5選

  1. ITエンジニア
  2. 経理
  3. 製造系エンジニア
  4. Webデザイナー
  5. Webマーケター

【適職1】ITエンジニア

「ITエンジニア」

【適職2】経理

「経理」

【適職3】製造系エンジニア

「製造系エンジニア」

【適職4】Webデザイナー

「Webデザイナー」

【適職5】Webマーケター

「Webマーケター」

【番外編】職歴なし&スキルなしでも高収入な仕事

【番外編】職歴なし&スキルなしでも高収入な仕事についてです。

働きたくない、人と関わりたくないなら仕事の選び方は3つ

ここまで人と関わりたくない人向けの適職を紹介してきました。

結論、人と関わらなくても仕事はできます。
働きたくない、と感じても自分のペースで働けます。

重要なのは「仕事の選び方」
理想のライフワークは、仕事の選び方で手に入れられます。

では、どんな仕事を選べばいいのか?
働きたくない、人と関わりたくないなら仕事の選び方は3つです。

【選び方1】ネットで完結できる仕事を選ぶ

まず1つ目の選び方が「ネットで完結できる仕事を選ぶ」

インターネットという空間は他者ともつながりを得られます。

ただ、他の手段と大きく違うのはつながる相手を選べる点。
そして何より、相手とのつながりに対面でなくてもよい点が挙げられます。

つまり、ネットで完結できる仕事=非対面ビジネス。
直接対面で人と関わる機会をなくすことも、コントロールすることも可能です。

実際に、インターネット上で取引を行う「EC」
EC市場は右肩上がりで増加し、新たなプラットフォームも続々と登場しています。

また、スマホの個人保有率もずっと右肩上がりで増えています。
(出典:総務省「通信利用動向調査」

従って、ネット完結の仕事は今後も成長期待が大きいビジネス。
人と関わりたくないならまず選ぶべきはネット上で取引できる仕事が賢明だといえます。

【選び方2】対面接客を伴わない仕事を選ぶ

次に2つ目の選び方が「対面接客を伴わない仕事を選ぶ」

人と関わりたくないなら人と関わらない仕事を選ぶべき。
間違っても、対面コミュニケーションありきの仕事は不向きです。

実際、接客業の半数以上が消費者からクレームを受けたと回答。
対面接客を行うだけで働く意欲も削がれる精神的に追い込まれる仕事だといえます。
(出典:連合「消費者行動に関する実態調査」

では具体的にどんな仕事が対面接客にあたるのか?
対面接客を伴う職種を挙げると、以下のような仕事が該当します。

対面接客を伴う職種

  • 営業
  • 飲食店スタッフ
  • エッセンシャルワーカー

これらの仕事は選ばないほうが無難です。
人と関わりたくないなら他の仕事を選ぶようにしましょう。

【選び方3】リモートワーク可能な仕事を選ぶ

そして3つ目の選び方が「リモートワーク可能な仕事を選ぶ」

コロナの影響でいまや聞きなれた「リモートワーク」
テレワークとも呼ばれますが、その労働者の割合は約6割にのぼります。
(出典:TSR「新型コロナウイルスに関するアンケート」

そんなリモートワークのメリットは何か?
仕事にかかわるところで上位を挙げると「通勤ストレスがない」「人間関係のストレスがない」

精神的ストレスが減るのが最大のメリット。

リモートワークなら出社する必要もありません。
朝出勤するときの「働きたくない」気持ちも抑制できます。

人と直接関わる必要もないため、理想的な働き方だといえます。

人と関わりたくないと感じるのは病気で精神病?原因と対策

約9割もの社会人が「働きたくない」と感じてます。
なので、あなたも働きたくないと感じるのは人間としてごく当たり前ともいえそうです。

ただ、「人と関わりたくない」という感情は違うかもしれません。
人と関わりたくないと感じるのは病気で精神病?原因と対策についてです。

【原因】対人関係に起因するストレス

特に多いのが「対人関係に起因するストレス」

悩みの9割は対人関係によるといわれています。
結果ストレスが増加し、意欲の低下や不安障害といった支障をきたします。

実際、社会的状況や交流を回避する特徴が見られます。
この反応を「回避性パーソナリティ障害」と呼び、対人関係で用いられます。

また精神的に追い詰められうつ病という可能性もあります。
うつ病を疑うサインもありますので、自身の症状から照らし合わせてみてください。

  • 以前と比べ表情が暗く、元気がない
  • 体調不良の訴え(身体の痛みや倦怠感)が多くなる
  • 仕事や家事の能率が低下、ミスが増える
  • 周囲との交流を避けるようになる
  • 遅刻、早退、欠勤(欠席)が増える
  • 趣味やスポーツ、外出をしなくなる

【対策】自分に適した環境、働き方を見つけること

対策は「自分に適した環境、働き方を見つけること」

無理に関わろうとしても逆効果。
自分に合った環境、働き方を見つけることが何より大切。

また付き合い方を習得するのも大切。
関わりたくない人とどのように接すればいいか?

  1. 会話が終わるような返事をする
  2. ある程度の距離感を保つ
  3. 嫌いであることを相手に悟らせない
  4. 言いたいことは簡潔にまとめて伝える
  5. 2人きりのシチュエーションは避ける

分からない方はプロに相談するのも一つの方法です。

自分らしく生きる、どう生きたいか?
最終目標から逆算して、キャリアを設計する。

働きたくない、人と関わりたくなくても注意すべきポイントとは

仕事の選び方で、人と関わらずに働けます。
仕事のストレスは、仕事の選び方でコントロールできます。

ただし、人と関わらない選択はデメリットにもなります。
働きたくない、人と関わりたくなくても注意すべきポイントとは何か、解説します。

【注意1】仕事の選択肢が減る

まず1つ目の注意点が「仕事の選択肢が減る」

産業の技術もインフラも日夜進歩しています。
働きやすさは向上し、新たなニーズに応えた仕事も増えています。

その中の一つに、人と関わらない、関りが少ない仕事も増加傾向にあります。

ただし、仕事を選り好みしてしまうと選択肢は狭まります。
当然、人と関わらない仕事が働き方のすべてではありません。

日本には約1.7万もの職業があると報告されています。

これほどの仕事が世の中には存在します。
いうなれば、自らキャリアの可能性を閉ざしていることと同義。

天秤にかけて何を人生で優先したいのか。
自分の心に問いかけながら、選択は慎重になるのも大切です。

【注意2】仕事を選ぶためにはスキルが必要になる

次に2つ目の注意点が「仕事を選ぶためにはスキルが必要になる」

仕事を選り好みすれば選択肢は狭まります。
さらにいうと、仕事を選ぶには就くための専門スキルが必要です。

先にも紹介の通り、人と関わらない仕事はネット完結の仕事。
つまりネットビジネスに取り組むためには、Webビジネスのスキルが必須。

スキルとは、ライティング、マーケティング、デザインなど。
選ぶネットビジネスに応じたスキルを習得し、取り組むことになります。

スキルなくして仕事を選ぶことが難しいといえます。

実際、未経験で仕事の受注は難しいのが実情。
人気のエンジニアも今では経験者採用が主流で9割を超えています。
(出典:type「【2021年2月】ITエンジニア採用のための最新動向情報」

仕事を選びたいなら、選べるほどのスキルをまずは習得すべきだということ。

【注意3】社会性が失われ孤立化する

3つ目の注意点が「社会性が失われ孤立化する」

人と関わらない、それは孤独であるということ。
生涯孤立してしまうと、精神的・肉体的な健康に影響を及ぼします。

まず、社会とのつながりが少ないだけで健康リスクに悪影響であることが報告されています。

さらに、脳卒中・心臓病・認知症の発症リスクが増加。
認知症に至っては1.5倍もの発症リスクが高くなります。

なぜ孤立すると健康に悪影響なのか?
それは、人と関わる以上に関わらないストレスが増えるから。

人間は元来社会で生活を営む生き物(社会的動物)。
社会性が失われれば、人間本来の生き方を見失いかねなくなります。

結果、精神的に追い込み各種リスクも増加。
自らの首を絞める結果にならないよう、慎重に選ぶべきだといえます。

【注意4】自己肯定感が低下し自信を失う

4つ目の注意点が「自己肯定感が低下し自信を失う」

「3日目くらいから、社会とのつながりを感じられず孤独な気持ちになることがあります。仮に1週間続いた場合は、将来が不安になったり自信喪失感が強くなったりするでしょう。生きがいを感じられなくなるというようなこともあると思います」

メンタルコーチの平澤一美氏はこのように説きます。

【注意5】人とのつながりがなくなると幸福度も低下する

そして5つ目の注意点が「人とのつながりがなくなると幸福度も低下する」

社会的な、人とのつながりもなくてはならないもの。
実際、日本では孤立感が幸福度を著しく低下させることが報告されています。

人と関わらなくても仕事はできる【大事なのは、どう生きたいか】

改めてお伝えしたいのは、人と関わらなくても仕事はできるということ。

ただし、人と関わらない生き方もデメリットはあります。
先にも紹介した通り、仕事の選択肢は自ら狭めていることと同義。

さらに孤立化して、天涯孤独になりやすい。
人との、社会とのつながりが薄まれば幸福度も低下する恐れがあります。

大事なのは、どう生きたいか?

働きたくないなら働かなくていい

働きたくないなら働かなくていいです。

多様な働き方がいまでは準備されています。
ニーズに合った仕事も増えていて、選択肢も以前より多いです。

人間関係も働き方も賢く過ごす術を身につけるのが大切

人間関係も働き方も賢く過ごす術を身につけるのが大切です。

  • 自分の気持ちに正直になる
  • しっかりと割り切って接する
  • 程よく距離をとる

無理する必要ありません。
自分らしく、あなたらしく生きれる場所を探しましょう。

まとめ:働きたくないし人と関わりたくないなら仕事選びが重要

「働きたくない、人と関わりたくない」人の働き方と生き方をまとめてきました。

改めて、働きたくない、人と関わりたくない人向けの適職をまとめると、

働きたくない、人と関わりたくない人向けの適職

  1. 動画編集
  2. プログラミング
  3. アフィリエイトブログ
  4. アドセンスブログ
  5. 仮想通貨
  6. Webデザイン
  7. Webライター
  8. オンライン秘書
  9. ユーチューバー
  10. イラストレーター
  11. ITエンジニア
  12. 経理
  13. 製造系エンジニア
  14. Webデザイナー
  15. Webマーケター