【実は天才?】夜型人間の特徴と向いてる仕事10選!求人の探し方と向いてない仕事も解説
悩むビジネスマン

「昔から夜型で仕事選びに悩んでます・・・私の性格特徴に向いてる仕事なんてありますか?」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「昔から夜型人間で向いてる仕事を探している人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • 夜型人間の特徴から適職を分析
  • 夜型人間に向いてるおすすめの仕事
  • クロノタイプが夜型に向いてる求人の探し方

ハルマ@ブログ管理人ハルマ@ブログ管理人

「夜型人間に向いてない仕事の特徴と具体的な職業についてもまとめていきます。今まさに夜型で仕事選びに困っている方は、ぜひ参考にしてみてください!」

夜型人間の特徴から適職を分析

夜型人間の割合は「約3割」
精神科医で睡眠専門医の三島和夫氏の調査で明らかに。

その一方で、朝型人間も夜型人間と同程度いることが分かります。

夜型と朝型では何が違うのでしょうか?
夜型人間の特徴から適職を分析していきます。

「朝型」か「夜型」かは生まれつきでほぼ決まる

結論から先にお伝えします。
「朝型」か「夜型」かは生まれつきでほぼ決まることが報告されています。

あなたは「クロノタイプ」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

個人が一日の中で、どの時間帯がもっとも活動的であるかを示す時間的特性。いわゆる朝型・夜型・中間型などの生活習慣を反映した特性を指す。個人が生まれつき持っている体内時計に依存し、遺伝的な影響も大きいことが知られる。日周指向性。

「遺伝的な影響も大きいことが知られる。」とのこと。
実際に学術雑誌(Nature Communications)によると、人間の身体には「時計遺伝子」が存在するそうです。

これら遺伝子によって朝型か夜型かが決まるという。
そして、クロノタイプが遺伝的に決まっている割合は約5割に達します。

つまり夜型も一つの個性であり、個人の性格特徴。
わざわざ朝型に直す必要も、負い目を感じる必要もないということです。

夜型は仕事できないのではなく選び方に原因あり

絶望する男性

「元々夜型人間ではあったけれど、最近本当につらいです。夜は朝4時に眠れれば良い方で、休みだと必ず朝は寝坊してしまいます。仕事の日は睡眠時間3時間以下です。そして起きて何時間もやる気が起きず、1日そのまま過ごしてしまうことも多々あります。」
引用: Yahoo!知恵袋「病気、症状」

「夜型で仕事できない」、「起きるのが辛い」
このように夜型の悩みを明かす声は多く見受けられます。

夜型だから仕事できないのが原因なのでしょうか?
先にも解説した通り、遺伝子レベルでクロノタイプは決まっています。

となれば夜型は仕事できないのではなく選び方に原因ありといえます。

実際、ある研究では夜型傾向と生産性低下に直接の相関はなし。
むしろ早起きよりも夜ふかしの方が生産性は高いことも報告されています。

つまり働く上で重要なのは「仕事の選び方」と「睡眠の質」

努力しても夜型人間が朝型人間になれないのは紛れもない事実。
「夜型」という個性を尊重し、特徴を理解して向いてる仕事を選ぶのが先決だといえます。

夜型人間に天才が多い?特徴から向いてる仕事を考察

朝型より夜型のほうが集中力は高いことが報告されています
そのため、長時間にわたって仕事に集中し続けられる特徴があります。

夜型人間にクリエイティブな人間が多いのはそのためともいわれています。

かの有名なモーツァルトも夜型人間だったとか。
なにより夜型のほうがIQは高く、所得も高いことも研究から明らかに。

つまり、夜型人間に天才が多いということ。
これら夜型人間の特徴から向いてる仕事を考察する以下のようになります。

夜型人間の特徴から向いてる仕事の種類

  • クリエイティブな仕事
  • 出勤時間の自由度が高い仕事
  • 働き方も柔軟で一定の裁量権を持てる仕事

これらの仕事に合致する夜型人間の適職を次章にまとめていきます!

夜型人間に向いてる仕事おすすめ10選

夜型人間の特徴から適職が分かったところで!
ここからは夜型人間に向いてる仕事おすすめ10選をまとめていきます!

以下目的別に夜型人間に向いてる仕事をまとめていきます!
(以下クリックすると知りたい情報から読み始められます)

【会社員におすすめ】夜型人間に向いてる仕事5選

【会社員におすすめ】夜型人間に向いてる仕事5選は以下の通り。
順番に夜型人間におすすめの理由や仕事の特徴について解説していきます!

【会社員におすすめ】夜型人間に向いてる仕事5選

  1. ITエンジニア
  2. Webデザイナー
  3. Webマーケター
  4. コンサルタント
  5. 事務職

【仕事1】ITエンジニア

「ITエンジニア」

【仕事2】Webデザイナー

「Webデザイナー」

【仕事3】Webマーケター

「Webマーケター」

【仕事4】コンサルタント

「コンサルタント」

【仕事5】事務職

「事務職」

【フリーランスにおすすめ】夜型人間に向いてる仕事5選

【フリーランスにおすすめ】夜型人間に向いてる仕事5選は以下の通り。
順番に夜型人間におすすめの理由や仕事の特徴について解説していきます!

【フリーランスにおすすめ】夜型人間に向いてる仕事5選

  1. Webライター
  2. 動画クリエイター
  3. スマホ投資
  4. フリーランスエンジニア
  5. アフィリエイター

【仕事1】Webライター

「Webライター」

【仕事2】動画クリエイター

「動画クリエイター」

【仕事3】スマホ投資

「スマホ投資」

【仕事4】フリーランスエンジニア

「フリーランスエンジニア」

【仕事5】アフィリエイター

「アフィリエイター」

クロノタイプが夜型に向いてる求人の探し方

ここまで夜型人間に向いてる仕事を解説してきました。

悩むビジネスマン

「向いてる仕事は分かったけど、どうやって求人は探せばいい?」

適職が分かっても求人を探せないと本末転倒。
クロノタイプが夜型に向いてる求人の探し方についてもまとめていきます。

【探し方1】自己分析から強みを客観的に把握する

まずはじめに自己分析から強みを客観的に把握しましょう。

自己分析に役立つ!プロのキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【探し方2】転職のプロから求人の紹介を受ける

自己分析が完了したら転職のプロから求人の紹介を受けましょう。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

【探し方3】転職サイトで「夜型」と検索し探す

自分で転職サイトで「夜型」と検索し探すこともできます。

夜型人間に向いてない仕事の特徴と具体的な職業

向いてない仕事を選ぶのはデメリット。
リスク回避の意味でも向いてない仕事を理解することが重要です。

ここでは夜型人間に向いてない仕事の特徴と具体的な職業をご紹介していきます。

【特徴1】野外で行う仕事

まず1つ目の特徴が「野外で行う仕事」

【特徴2】辛い早起きが必要な仕事

次に2つ目の特徴が「辛い早起きが必要な仕事」

【特徴3】コミュニケーションが主体の仕事

そして3つ目の特徴が「コミュニケーションが主体の仕事」

まとめ:夜型人間の特徴と向いてる仕事・求人の探し方

夜型人間の特徴と向いてる仕事に関する情報をまとめてきました。

改めて、夜型人間に向いてる仕事をまとめると、

夜型人間に向いてる仕事おすすめ10選

  1. ITエンジニア
  2. Webデザイナー
  3. Webマーケター
  4. コンサルタント
  5. 事務職
  6. Webライター
  7. 動画クリエイター
  8. スマホ投資
  9. フリーランスエンジニア
  10. アフィリエイター

自己分析に役立つ!プロのキャリアコーチングサービスおすすめ3選