【実は天才?】夜型人間の特徴と向いてる仕事10選!求人の探し方と向いてない仕事も解説
悩むビジネスマン

「昔から夜型で仕事選びに悩んでます・・・私の性格特徴に向いてる仕事なんてありますか?」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「昔から夜型人間で向いてる仕事を探している人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • 夜型人間の特徴から適職を分析
  • 夜型人間に向いてるおすすめの仕事
  • クロノタイプが夜型に向いてる求人の探し方

あなたは、夜型人間ですか?

もしあなたが、朝起きるのが苦手。
夜のほうがパフォーマンスを上げやすい。

このように考えているなら、記事を読み進めてください。

夜型人間の特徴から適職を分析しおすすめの仕事や働き方をご紹介していきます。

ハルマ@ブログ管理人ハルマ@ブログ管理人

「夜型人間に向いてない仕事の特徴と具体的な職業についてもまとめていきます。今まさに夜型で仕事選びに困っている方は、ぜひ参考にしてみてください!」

夜型人間の特徴から適職を分析

夜型人間の割合は「約3割」
精神科医で睡眠専門医の三島和夫氏の調査で明らかに。

その一方で、朝型人間も夜型人間と同程度いることが分かります。

では夜型と朝型は何が違うのでしょうか?
まず夜型人間の特徴から適職を分析していきます。

「朝型」か「夜型」かは生まれつきでほぼ決まる

結論から先にお伝えします。
「朝型」か「夜型」かは生まれつきでほぼ決まることが報告されています。

あなたは「クロノタイプ」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

個人が一日の中で、どの時間帯がもっとも活動的であるかを示す時間的特性。いわゆる朝型・夜型・中間型などの生活習慣を反映した特性を指す。個人が生まれつき持っている体内時計に依存し、遺伝的な影響も大きいことが知られる。日周指向性。

「遺伝的な影響も大きいことが知られる。」とのこと。
実際に学術雑誌(Nature Communications)によると、人間の身体には「時計遺伝子」が存在するそうです。

これら遺伝子によって朝型か夜型かが決まるという。
そして、クロノタイプが遺伝的に決まっている割合は約5割に達します。

つまり夜型も一つの個性であり、個人の性格特徴。
生まれつきであって、わざわざ朝型に直す必要も、負い目を感じる必要もないということです。

夜型は仕事できないのではなく選び方に原因あり

絶望する男性

「元々夜型人間ではあったけれど、最近本当につらいです。夜は朝4時に眠れれば良い方で、休みだと必ず朝は寝坊してしまいます。仕事の日は睡眠時間3時間以下です。そして起きて何時間もやる気が起きず、1日そのまま過ごしてしまうことも多々あります。」
引用: Yahoo!知恵袋「病気、症状」

「夜型で仕事できない」、「起きるのが辛い」
このように夜型の悩みを明かす声は多く見受けられます。

夜型だから仕事できないのが原因なのでしょうか?
先にも解説した通り、遺伝子レベルでクロノタイプは決まっています。

となれば夜型は仕事できないのではなく選び方に原因ありといえます。

実際、ある研究では夜型傾向と生産性低下に直接の相関はなし。
むしろ早起きよりも夜ふかしの方が生産性は高いことも報告されています。

つまり、働く上で重要なのは「仕事の選び方」と「睡眠の質」

努力しても夜型人間が朝型人間になれないのは紛れもない事実。
「夜型」という個性を尊重し、特徴を理解して向いてる仕事を選ぶのが大切だといえます。

夜型人間に天才が多い?特徴から向いてる仕事を考察

朝型より夜型のほうが集中力は高いことが報告されています
そのため、長時間にわたって仕事に集中し続けられる特徴があります。

夜型人間にクリエイティブな人間が多いのはそのためともいわれています。

かの有名なモーツァルトも夜型人間だったとか。
なにより夜型のほうがIQは高く、所得も高いことも研究から明らかに。

つまり、夜型人間に天才が多いということ。
これら夜型人間の特徴から向いてる仕事を考察する以下のようになります。

夜型人間の特徴から向いてる仕事の種類

  • クリエイティブな仕事
  • 出勤時間の自由度が高い仕事
  • 働き方も柔軟で一定の裁量権を持てる仕事

これらの仕事に合致する夜型人間の適職を次章にまとめていきます!

夜型人間に向いてる仕事おすすめ10選

夜型人間の特徴から適職が分かったところで!
ここからは夜型人間に向いてる仕事おすすめ10選をまとめていきます!

以下目的別に夜型人間に向いてる仕事をまとめていきます!
(以下クリックすると知りたい情報から読み始められます)

【会社員におすすめ】夜型人間に向いてる仕事5選

【会社員におすすめ】夜型人間に向いてる仕事5選は以下の通り。
順番に夜型人間におすすめの理由や仕事の特徴について解説していきます!

【会社員におすすめ】夜型人間に向いてる仕事5選

  1. ITエンジニア
  2. Webデザイナー
  3. Webマーケター
  4. コンサルタント
  5. 事務職

【仕事1】ITエンジニア

まず1つ目の夜型人間に向いてる仕事が「ITエンジニア」

ITスキルを用いて開発を担う仕事。
パソコンとネット環境さえあれば取り組める仕事になります。

ITエンジニアの働き方で特徴的なのがリモートワーク。
実に約8割ものエンジニアがリモートワークを実施する調査もあるほど。

つまり、働く場所に縛られない働き方が可能だということ。

朝早く起きて満員電車に揺られる心配もありません。
在宅で、家から一歩も出なくても仕事できればいい実力主義。

夜型人間の特徴・特性に合致した最適な仕事だといえます。

そんなITエンジニアに転職するには転職エージェント「マイナビIT AGENT」の利用が最もおすすめです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビが運営。
全国の大手・上場から人気ベンチャーまで幅広く求人を揃えています。

しかし、ITエンジニア転職は経験者が対象です。

なぜなら、企業は経験豊富な即戦力を求めているから。
さらにIT専門転職支援サービスの登録も経験者が前提になります。

現時点ではITスキルも開発の実務経験もない。
でもITエンジニアになって、将来性あるスキルを身につけたい!

そんな方は、転職保証付きの「プログラミングスクール」の受講がおすすめです。

スキルを習得するにはプロに学ぶのが最短ルート。
独学でやっても効率が悪く、最悪挫折するリスクもあります。

転職できなければ全額返金の保証まで付く安心のスクール。
同じ志持った同士にも出会えて、一生ものの財産まで手に入れらます。

未経験からITエンジニア転職!転職成功率9割超のプログラミングスクールおすすめ3選

【仕事2】Webデザイナー

次に2つ目の夜型人間に向いてる仕事が「Webデザイナー」

Webメディアのデザインを担う仕事。
デザイン制作だけでなく分析やサイト管理も行います。

一言でいえば、クリエイティブな仕事。
パソコン1台でできるため、完全在宅な働き方も可能。

つまり、夜型人間の特徴に適した仕事だといえます。

そんなWebデザイナーへの転職には転職エージェント「マイナビクリエイター」の利用が最もおすすめです。

Web職・クリエイティブ職に特化した転職支援サービス。
ポートフォリオ作成から面接対策まで手厚いサポートも受けられます。

しかし、Webデザイナー転職は経験者が対象です。

なぜなら、スキルなくして勤まらない仕事だから。
さらにWeb職専門転職支援サービスの登録も経験者が前提になります。

現時点ではデザインスキルも実務経験もない。
でもWebデザイナーになって、将来性あるスキルを身につけたい!

そんな方は、転職保証付きの「Webデザインスクール」の受講がおすすめです。

スキルを習得するにはプロに学ぶのが最短ルート。
独学でやっても効率が悪く、最悪挫折するリスクもあります。

同じ志持った同士にも出会えて、一生ものの財産まで手に入れらます。

Webデザインスキル習得に特化!Webデザインスクールおすすめ3選(無料カウンセリング実施中)

【仕事3】Webマーケター

3つ目の夜型人間に向いてる仕事が「Webマーケター」

商品やサービスの売上拡大を担う仕事。
そのための施策がWeb上の集客やプロモーション。

売上に繋がる施策を、経験や戦略から立案。
PDCAサイクルを回しながら最大化させることがミッション。

Webマーケターの働き方もリモートが主体。
約6割もの現役がリモートワークする調査もあるほどです。

そんなWebマーケターの転職なら転職エージェント「ワークポート」の利用が最もおすすめです。

転職相談実績50万人超えの転職決定人数No.1!
各業界に強いコネクションを持ち、内定につながる力が違います。

しかし、Webマーケター転職は経験者が対象です。
なぜなら、企業は経験豊富な即戦力を求めているから。

現時点ではマーケスキルも実務経験もない。
でもWebマーケターになって、将来性あるスキルを身につけたい!

そんな方は、転職保証付きの「Webマーケティングスクール」の受講がおすすめです。

スキルを習得するにはプロに学ぶのが最短ルート。
独学でやっても効率が悪く、最悪挫折するリスクもあります。

同じ志持った同士にも出会えて、一生ものの財産まで手に入れらます。

未経験からWebマーケター転職!転職成功実績ありWebマーケティングスクールおすすめ3選

【仕事4】コンサルタント

4つ目の夜型人間に向いてる仕事が「コンサルタント」

クライアントの課題解決を担う仕事。
戦略立案やプロセス改善など業務の幅は広いです。

コンサル業界では、調査からリモートワーク導入が8割超え。
出社不要の在宅勤務が定着するほど、柔軟性の高い働き方だといえます。

そんなコンサルタントへの転職なら転職エージェント「アクシスコンサルティング」の利用が最もおすすめです。

外資系企業・IT業界のハイクラス転職に特化!
アクセンチュアなど総合系コンサルティングファームの転職に強いエージェントです。

【仕事5】事務職

そして5つ目の夜型人間に向いてる仕事が「事務職」

業務上の庶務を担う仕事。
書類作成や整理、データ入力、電話応答など。

未経験からでも始められる女性に人気の仕事です。

そして、人気である最大の理由は「残業の少なさ」
doda調べで残業時間はわずか10時間程度という働きやすさ。

つまり、ワークライフバランスの取りやすい仕事だといえます。

そんな事務職に転職なら「マイナビキャリレーション」の利用が最もおすすめです。

20代女性限定の大人気無期雇用派遣サービス。
充実した研修制度で、あなたに合った配属先を選定してもらえます。

【フリーランスにおすすめ】夜型人間に向いてる仕事5選

【フリーランスにおすすめ】夜型人間に向いてる仕事5選は以下の通り。
順番に夜型人間におすすめの理由や仕事の特徴について解説していきます!

【フリーランスにおすすめ】夜型人間に向いてる仕事5選

  1. Webライター
  2. 動画クリエイター
  3. スマホ投資
  4. フリーランスエンジニア
  5. アフィリエイター

【仕事1】Webライター

まず1つ目のフリーランスにおすすめの仕事が「Webライター」

Web媒体のライティングを行う仕事。
完全在宅でできるため、深夜だろうとマイペースに取り組めます。

扱うライティング案件は多種多様。
依頼内容も様々なので、得意なジャンルを選んで始められます。

Webライターの案件探しには「クラウドワークス」の利用がおすすめです。

ただし高収入を得るにはスキルが必須。
文字単価の高い案件を獲得するには、Webスキルが必要になってきます。

なぜなら、人気の職種であるがゆえにライバルも多いから。
ライバルに差をつけるためにもスキルの習得は重要になってきます。

しかし、Webスキルは一生使える食いっぱぐれないスキル。
一度身につければ、Webビジネス全般に活用できる最強スキルです。

Webスキル習得にはスクールの受講が最短ルートでおすすめです。

特におすすめのスクールを3社厳選して紹介。
すべてオンラインで受講可能なので、隙間時間の活用に便利です。

Webスキル習得に特化!オンラインスクールおすすめ3選(無料カウンセリング実施中)

【仕事2】動画クリエイター

次に2つ目のフリーランスにおすすめの仕事が「動画クリエイター」

動画コンテンツの編集を行う仕事。
完全在宅、パソコン1台でできると現在人気を集めます。

そんな動画クリエイターの仕事は将来性あり。
なぜなら、動画広告市場は右肩上がりで増加しているから。

2025年には1兆円規模に達すると予測も出ているほどです。

ですので動画編集の案件自体も増加傾向にあり。
初心者でもポートフォリオ次第で案件獲得は容易です。
(筆者も初心者ながら案件獲得に成功)

動画編集の案件探しには「クラウドワークス」の利用がおすすめです。

ただ需要が伸びているとはいえ、ライバルも多い。
高収入の案件獲得には動画編集のスキル習得も重要になってきます。

動画編集のスキル習得にはスクールの受講が最短ルートでおすすめです。

そんな動画編集スキル習得におすすめのスクールが「テックアカデミー

高単価の動画クリエイターを目指せる超実践型カリキュラム。
編集ツール3ヶ月無償&PCレンタル実質無料と特典も充実のスクールです。

【仕事3】スマホ投資

3つ目のフリーランスにおすすめの仕事が「スマホ投資」

スマホでできる株式取引サービス。
パソコンがなくてもスマホ1台で始められます。

つまり、スマホ投資最大のメリットは「手軽さ」

為替なら1日中取引することも可能。
筆者もスマホ投資を経て株式投資に挑戦し200万円の利益確定。

そんなスマホ投資でおすすめの口座が「LINE証券

LINEポイントで株や投資信託の購入も可能。
お得に株が買えるキャンペーンもあって、全LINEユーザーにおすすめの証券口座です。

【仕事4】フリーランスエンジニア

4つ目のフリーランスにおすすめの仕事が「フリーランスエンジニア」

案件を個人で受注し開発する仕事。
パソコンとスキルさえあれば始められます。

開発の納期はあるものの、基本作業時間は自由。
深夜に集中して開発したい人にとっては最適な仕事だといえます。

フリーランスエンジニアとして働くには、まずエージェント登録が必要です。

フリーランス向けエージェントサービスのこと。
エージェント経由で案件紹介を受けた方が、スムーズに受注できます。

おすすめの3社を厳選して紹介します。
エージェントごとに特徴や強みも異なるため、一先ずすべて登録しておくことをおすすめします。

高単価案件多数!フリーランスエンジニア向けエージェントサービスおすすめ3選

しかし、フリーランスエンジニアになるにはスキル習得が必須。

なぜなら、企業は経験者に優先して発注するから。
さらにエージェントサービスの登録も実務経験が前提になります。

現時点では開発経験やスキルもない。
でもフリーランスとして自由な働き方を手に入れたい!

そんな方は短期間でスキルが身につく「プログラミングスクール」の受講がおすすめです。

スキルを習得するにはプロに学ぶのが最短ルート。
独学でやっても効率が悪く、最悪挫折するリスクもあります。

同じ志持った同士にも出会えて、一生ものの財産まで手に入れらます。

プログラミングスキル習得に特化!プログラミングスクールおすすめ3選(無料カウンセリング実施中)

【仕事5】アフィリエイター

そして5つ目のフリーランスにおすすめの仕事が「アフィリエイター」

アフィリエイト広告を扱って収益を得る仕事。
ブログ等で集客し、広告の魅力を伝え成約させるビジネスです。

完全在宅、パソコン1台から始められる。
誰ともやり取りなくマイペースにできる夜型人間には最適な仕事です。

アフィリエイトは筆者が最も得意とするジャンル。
すでにアフィリエイト広告からの収益は1,000万円を超えています。

そんなアフィリエイターをおすすめする理由は、収益性が高い点。

少ない労力で爆発的に収益を伸ばせます。
レバレッジを効かせられる投資効率の高い方法といえます。

ただしデメリットは、収益を得るまでに相当な時間と労力を費やす点。

初期費用もほぼゼロ、誰でもすぐに始められます。
ハードルは低いものの、継続できる人が少なく難易度が高いのも特徴の一つ。

でも継続できた先の理想のライフワークは、続けた者にしか得られないベネフィット

アフィリエイターを目指すにもスキル習得が必須。
独学やスキルなしで始めても、時間かかって遠回りするだけです。

ライティングやマーケティングなどスキルを得て始めるようにしましょう。

Webスキル習得に特化!オンラインスクールおすすめ3選(無料カウンセリング実施中)

クロノタイプが夜型に向いてる求人の探し方

ここまで夜型人間に向いてる仕事を解説してきました。

悩むビジネスマン

「向いてる仕事は分かったけど、どうやって求人は探せばいい?」

適職が分かっても求人を探せないと本末転倒。
ここではクロノタイプが夜型に向いてる求人の探し方についてもまとめていきます。

【探し方1】自己分析から強みを客観的に把握する

はじめに自己分析から強みを客観的に把握しましょう。

仕事には必ず向き不向きがあります。
向かない仕事に就いても、得られるメリットは少ないです。

では向いてる仕事は、どのように選べばいいのか?
最も有効な方法というのが「自分の強みを活かせる仕事」

なぜなら、強みは弱みさえ凌駕する力があるから。

この考え方を「長所伸展法」とも呼びます。
まずは、自己分析から強みを客観的に把握するが優先事項です。

とはいえ、自己分析も簡単ではありません。
簡単に強みを客観的に把握できるなら、誰も悩みません。

ではどうすればいいのか?
悩んだらその道のプロにアドバイスもらうのが鉄則。

自己分析のプロというのが「キャリアコーチング」

「どう生きたいか?」、ありたい姿を設計し実現する。
一人で悩んでも解決の糸口は見出せず、無駄に時間が過ぎ去るだけです。

無料のカウンセリングを受けるだけでも、人生の方向性は見えてきます。

自己分析に役立つ!プロのキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【探し方2】転職のプロから求人の紹介を受ける

自己分析が完了したら転職のプロから求人の紹介を受けましょう。

自己分析で自分の強みが明確になった!
次行うべきは、求人を探すための転職活動に入ります。

転職活動時には必ず「転職のプロ」の力を借りましょう。

転職のプロとは転職エージェントのこと。
あなたの適性から最適な求人、企業を紹介してくれます。

自分で探しても見つからない「非公開求人」も厳選し紹介してくれます

求人の紹介だけでなく書類の添削や面接対策。
煩わしい年収交渉も代行してくれる、頼れるサポーター的存在です。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

【探し方3】転職サイトから「夜型」と検索し探す

自分で転職サイトから「夜型」と検索し探すこともできます。

最もおすすめの転職サイトは「リクナビNEXT

実際に転職した人の約8割がリクナビNEXTを利用!
常時60,000件以上の求人を掲載し、理想の仕事に出会えます。

夜型人間に向いてない仕事の特徴と具体的な職業

向いてない仕事を選ぶのはデメリット。
リスク回避の意味でも向いてない仕事を理解することが重要です。

ここでは夜型人間に向いてない仕事の特徴と具体的な職業をご紹介していきます。

【特徴1】野外で行う仕事

まず1つ目の特徴が「野外で行う仕事」

日が昇っているうちに仕事は行われます。
太陽の光を有効活用するため、夜型人間は不向き。

野外で行う仕事の具体的な職種は以下の通り。
これらの仕事は、夜型人間には向かない仕事ですので注意が必要です。

野外で行う仕事

  • 土木作業員
  • 塗装工
  • 農業

【特徴2】辛い早起きが必要な仕事

次に2つ目の特徴が「辛い早起きが必要な仕事」

夜型人間にとっても最も不適当な仕事。
強制的に朝起きなければならない行為は不向きです。

辛い早起きが必要な仕事の具体的な職種は以下の通り。
これらの仕事は、夜型人間には向かない仕事ですので注意が必要です。

辛い早起きが必要な仕事

  • 木こり(林業全般)
  • 漁師
  • 新聞配達

関連記事:林業はやめとけ?生活できない?向いてる人の特徴3選と転職に失敗しないための対策

【特徴3】コミュニケーションが主体の仕事

そして3つ目の特徴が「コミュニケーションが主体の仕事」

夜型人間の特徴は静かでクリエイティブ。
目まぐるしくコミュニケーションありきの仕事は不向きです。

コミュニケーションが主体の仕事の具体的な職種は以下の通り。
これらの仕事は、夜型人間には向かない仕事ですので注意が必要です。

コミュニケーションが主体の仕事

  • 営業職
  • アパレル店員
  • 接客スタッフ

関連記事:スーパーの正社員は恥ずかしいと感じる3つの理由と解決策【小売業界は後悔・きつい】

まとめ:夜型人間の特徴と向いてる仕事・求人の探し方

夜型人間の特徴と向いてる仕事に関する情報をまとめてきました。

改めて、夜型人間に向いてる仕事をまとめると、

夜型人間に向いてる仕事おすすめ10選

  1. ITエンジニア
  2. Webデザイナー
  3. Webマーケター
  4. コンサルタント
  5. 事務職
  6. Webライター
  7. 動画クリエイター
  8. スマホ投資
  9. フリーランスエンジニア
  10. アフィリエイター

自己分析に役立つ!プロのキャリアコーチングサービスおすすめ3選