成功しやすい自営業の条件と始めやすいおすすめ業種12選【初心者・女性向けを紹介】
前を向くビジネスマン

「自営業に転身したい!成功しやすいおすすめ業種ってありますか?できれば始めやすいやつ!」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「成功しやすい自営業を始めたい人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • 成功しやすい自営業に共通する条件
  • 成功しやすい自営業の中でもおすすめ業種
  • 自営業を始めるときに成功率を上げるコツ

当ブログの筆者も個人事業主。
開業届提出済みで、事業利益は2,000万円を超えています。

これほど成功できた要因は「業種の選び方」
つまり、成功しやすい業種を選び、実践したからに他なりません。

体験談と客観的な情報を元に成功しやすい自営業を解説していきます!

ハルマ@ブログ管理人ハルマ@ブログ管理人

「逆に失敗しやすい&始めにくい自営業の種類や始める前に知っておきたいポイントもまとめていきます!今まさに自営業になるべく事前リサーチしている方は、ぜひ参考にしてみてください!」

成功しやすい自営業に共通する4つの条件

自営業で始めやすい業種選びは重要です。
なぜなら、ハードルが高いとそもそも始められないから。

始められないと、自営業で成功することもできません。
つまり成功しやすい自営業とは、始めやすい自営業と表裏一体。

しかし、何でも始めれば成功するとは限らない。
実際中小企業白書によると、自営業者の起業1年目の廃業率は『37.7%』

3分の1もの自営業者がわずか1年でいなくなる計算。
しっかり「成功しやすい業種」を選ぶ必要があります。

ではどんな条件のもと、業種は選ぶべきなのでしょうか?

一つはすでに成功している実業家を参考にするのが賢明。
その参考になるのがホリエモン氏が提唱する「起業してほぼ確実に成功する方法

筆者の体験談も踏まえて成功しやすい自営業に共通する4つの条件をまずは解説していきます。

※条件より先に「成功しやすい自営業の中でもおすすめ業種」を知りたい方はこちらをご覧ください。

【条件1】利益率が高い業種

まず1つ目の条件が「利益率が高い業種」

なぜ利益率が高いと成功しやすいのか?
儲けの分だけ事業のさらなる成長に投資できるから。

投資することで事業は拡大し、より効率よく稼げるようになります。

その一方、利益率が低い業種だとどうなるか?
儲けがなければ投資もできず、自転車操業のような状況が続きます。

事業の成長期待は持てず、結果失敗する末路が待っています。

実際、営業利益率の低い会社ほど倒産しています。
存続企業は、利益を人件費などに投資し成長を遂げています。

つまり、利益率の高い業種は成功しやすい重要な条件の一つです。

【条件2】在庫を持たない業種

次に2つ目の条件が「在庫を持たない業種」

なぜ在庫を持たないと成功しやすいのか?
在庫はいわば原価、利益を圧迫する諸悪の根源だから。

そもそも在庫を売らないと儲けにもならない。
なので、在庫は持たないに越したことはないのです。

  • 【在庫ありの業種】売上100 – 原価100 = 利益0
  • 【在庫なしの業種】売上100 – 原価0 = 利益100

示すまでもないですね。
在庫を持つ業種より在庫を持たないほうが成功しやすいのは当然の話。

では在庫を持たない業種にはどんな種類があるのでしょうか?

在庫を持たない業種

  • 自分のスキルを販売する業種
  • モノとモノをマッチングする業種
  • 問題や課題に合わせてコンサルする業種

つまり、無形資産を扱うビジネスが成功しやすいといえます。

【条件3】小資本で始められる業種

3つ目の条件が「小資本で始められる業種」

なぜ小資本で始めると成功しやすいのか?
失敗してもリスクを最小限に抑えられるから。

一度の挑戦で必ず成功するとは限らない。
成功する(生き残る)ためには挑戦し続けなければならない。

そのためにも資本は最小限に抑えるべき。
少ない資本で始められるビジネスを探すのが成功の秘訣。

また、失敗したあとの軌道修正力も自営業者には求められる資質だといえます。

同じ失敗を何度も繰り返しては本末転倒。
成功に近づく失敗を積み重ねることが何より重要です。

つまり、小資本なら挑戦できる機会が増えるということ。
成功のチャンスは、挑戦した分だけ掴み取ることができます。

【条件4】ビジネスモデルがストック型の業種

そして4つ目の条件が「ビジネスモデルがストック型の業種」

なぜストック型だと成功しやすいのか?
安定的な収益(儲け)が確保できるから。

ビジネスの収益モデルには大きく分けて2種類あります。

  • フロー型:単発の案件(収益は一過性)
  • ストック型:継続の案件(収益は継続性)

ストック型の代表的な業種が「保険」
保険は最強の利益方程式と呼ばれるほど優れたビジネスモデル。

実際、上場にまで至った企業の多くはストック型の収益モデルを採用。
フロー型の業種なら早い段階でストック型の考え方に切り替えることが重要、と語る。
(出典:セールスフォース・ドットコム「すごいベンチャーカンファレンス2017」

ビジネスモデルがストック型の業種

  • ウォーターサーバー
  • コピー機
  • 携帯電話

成功しやすい自営業の中でもおすすめ業種12選

成功しやすい自営業に共通する条件が分かったところで!
ここから成功しやすい自営業の中でもおすすめ業種12選をまとめていきます!

条件に合致した業種を以下ニーズ別に紹介していきます。
(以下クリックすると知りたい情報から読み始められます)

初心者でもとにかく始めやすい業種4選

初心者でもとにかく始めやすい業種4選は以下の通り。
順番に成功しやすい理由や始めやすい業種の特徴について解説していきます!

初心者でもとにかく始めやすい業種4選

  1. Webライター
  2. 動画クリエイター
  3. 結婚相談所経営
  4. ブログ運営

【業種1】Webライター

まず1つ目の始めやすい業種が「Webライター」

Webライターは、Web媒体のライティングを行う仕事。
完全在宅でできるため、好きな時間にマイペースに取り組めます。

扱うライティング案件は多種多様。
依頼内容も様々なので、得意なジャンルを選んで始められます。

つまり、初心者でも取り掛かりやすいビジネスだといえます。

Webライターの案件探しには「クラウドワークス」の利用がおすすめです。

ただし高収入を得るにはスキルが必須。
文字単価の高い案件を獲得するには、Webスキルが必要になってきます。

なぜなら、人気の職種であるがゆえにライバルも多いから。
ライバルに差をつけるためにもスキルの習得は重要になってきます。

しかし、Webスキルは一生使える食いっぱぐれないスキル。
一度身につければ、Webビジネス全般に活用できる最強スキルです。

Webスキル習得にはスクールの受講が最短ルートでおすすめです。

特におすすめのスクールを3社厳選して紹介。
すべてオンラインで受講可能なので、隙間時間の活用に便利です。

Webスキル習得に特化!オンラインスクールおすすめ3選(無料カウンセリング実施中)

【業種2】動画クリエイター

2つ目の始めやすい業種が「動画クリエイター」

動画クリエイターは、動画コンテンツの編集を行う仕事。
完全在宅かつパソコン1台でできると、現在人気を集めます。

パソコンさえあれば誰でも始められます。
ツールも高級なソフトでなく、無料で十分です。

そんな動画編集の案件は、現在増加傾向にあり。
初心者でもポートフォリオ次第で案件獲得は容易です。
(筆者も初心者ながら案件獲得に成功)

動画編集の案件探しには「クラウドワークス」の利用がおすすめです。

ただ需要が伸びているとはいえ、ライバルも多い。
高収入の案件獲得には動画編集のスキル習得も重要になってきます。

動画編集のスキル習得にはスクールの受講が最短ルートでおすすめです。

そんな動画編集スキル習得におすすめのスクールが「テックアカデミー

高単価の動画クリエイターを目指せる超実践型カリキュラム。
編集ツール3ヶ月無償&PCレンタル実質無料と特典も充実のスクールです。

【業種3】結婚相談所経営

3つ目の始めやすい業種が「結婚相談所経営」

結婚相談所経営は、男女の成婚を導く社会貢献性の高いビジネス。
ビジネス需要も高く、性別問わずビジネス初心者にも人気です。

結婚を望む男女を引き合わせるシンプルなビジネス。
また特別なスキルも不要なので、初心者かつお世話好きに向いています。

ただし、結婚相談所を始めるには連盟に加盟する必要あり。
なぜなら、結婚相談所の経営で最も苦戦するのが「集客」だからです。

連盟に加盟すれば、既存の会員ネットワークを活用しお見合いを組めます。
会員の中から簡単に気になるお相手を探せるので、開業早々に売上を立てることも可能です。

結婚相談所の加盟で最もおすすめなのが「日本結婚相談所連盟

粗利益90%以上!上場企業運営の信頼できるビジネス。
興味があれば無料の説明会に参加してみてはいかがでしょうか。

【業種4】ブログ運営

そして4つ目の始めやすい業種が「ブログ運営」

ブログ運営は、ブログを運営し収入を得るビジネス。
広告ビジネスの一つで、完全在宅で取り組めます。

筆者もブログ運営で1,000万円以上の獲得実績あり。
完全初心者から始めて、十分な実績を出すことにも成功しました。

そんなブログ運営に挑戦するには、まずスキル習得が先決。

ライティング、SEO、広告運用など。
多角的にスキルは必要でも、特に必須なのが「Webマーケティング」

Webマーケティングなくしてブログ運営での成功はあり得ません。
そしてWebマーケティングのスキル習得には、スクールの受講が最もおすすめです。

ブログ運営で不労所得を得たい。
フリーランスに転身して、自由な生き方を手に入れたい方は、挑戦してみてください。

未経験からWebマーケター転職!転職成功実績ありWebマーケティングスクールおすすめ3選

女性におすすめの成功しやすい業種5選

女性におすすめの成功しやすい業種5選についてです。
まず、おすすめを選定するにあたり以下の条件を設定。

おすすめの業種を選定する条件

これらの条件に合致した業種が以下の通り。
順番に成功しやすい理由や始めやすい業種の特徴について解説していきます!

女性におすすめの成功しやすい業種5選

  1. 結婚相談所経営
  2. Webデザイナー
  3. スキル販売
  4. ユーチューバー
  5. ライバー(ライブ配信)

【業種1】結婚相談所経営

まず1つ目の女性におすすめの成功しやすい業種が「結婚相談所経営」

結婚相談所経営は、男女の成婚を導く社会貢献性の高いビジネス。
ビジネス需要も高く、特に女性のビジネス初心者に人気です。

結婚を望む男女を引き合わせるシンプルなビジネス。
また特別なスキルも不要なので、初心者かつお世話好きに向いています。

ただし、結婚相談所を始めるには連盟に加盟する必要あり。
なぜなら、結婚相談所の経営で最も苦戦するのが「集客」だからです。

連盟に加盟すれば、既存の会員ネットワークを活用しお見合いを組めます。
会員の中から簡単に気になるお相手を探せるので、開業早々に売上を立てることも可能です。

結婚相談所の加盟で最もおすすめなのが「日本結婚相談所連盟

粗利益90%以上!上場企業運営の信頼できるビジネス。
興味があれば無料の説明会に参加してみてはいかがでしょうか。

【業種2】Webデザイナー

次に2つ目の女性におすすめの成功しやすい業種が「Webデザイナー」

Webデザイナーは、仕様書の通りWeb制作するビジネス。
完全在宅でもできるビジネスとあって女性に人気です。

さらにWeb制作をはじめとするEC市場は右肩上がりで増加。

つまりWebデザイナーは、今後も需要が高まる将来性あるビジネスだということ。

そんなWebデザインを始めたい方は「クラウドテック
今後フリーランスクリエイターに転身したい方は「レバテッククリエイター」の利用がおすすめです。

ただ未経験ならWebデザイナー転身はおすすめできません。
なぜなら、Web制作は経験者から優先的に依頼する傾向にあるから。

未経験でもWebデザイナーになりたい。
高収入と自由なライフワークを将来手に入れたい。

そんな方は「デザインスクール」に通うことをおすすめします。

Webデザインは一度身につければ生涯役立つ資産性の高いスキル
さらにスクールでは、同じ目標に向かって切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

無料カウンセリングを受けるだけでも、Webデザインの適正把握に役立ちます。

Webデザインスキル習得に特化!Webデザインスクールおすすめ3選(無料カウンセリング実施中)

【業種3】スキル販売

3つ目の女性におすすめの成功しやすい業種が「スキル販売」

スキル販売は、自分のスキルを販売するビジネス。
コンテンツ販売とも呼ばれる利益率の高いビジネスです。

あなた自身のスキルが商品になります。
イラスト、料理、スピリチュアル、ヨガ、美容など。

筆者もスキル販売を実践し、翌月には5万円の利益確定。

つまり、完全初心者でも始めやすいビジネスだといえます。

スキル販売の実践には「ココナラ」の利用がおすすめです。

自分のスキルや得意なことが出品できるスキルマーケット。
出品は無料ですでに190万人が登録!スキマ時間の有効活用にも便利です。

【業種4】ユーチューバー

4つ目の女性におすすめの成功しやすい業種が「ユーチューバー」

ユーチューバーは、YouTubeに動画コンテンツを配信するビジネス。
有名芸能人やタレントも参入する人気のビジネスになります。

ユーチューバーの収益モデルは動画広告。
動画編集と同様に、広告市場は右肩上がりが増加傾向にあり。

スマホの普及、5Gの導入など動画コンテンツは追い風。
動画を身近に見る機会が増えれば、ユーチューバーの収益にも影響します。

言い換えれば、誰でもユーチューバーとして活躍できる時代ともいえます。

しかし、成長市場にはライバルも付き物。
強力なライバルも増えて、一筋縄ではいかないのがビジネスの本質。

スキルや経験を得て参入したほうが高収入につながります。

ユーチューバーになるにはまず動画編集スキルが必要。
動画編集者同様に、まずはスクールに通うことをおすすめします。

特にスキル習得におすすめのスクールが「テックアカデミー

高単価の動画クリエイターを目指せる超実践型カリキュラム。
編集ツール3ヶ月無償&PCレンタル実質無料と特典も充実のスクールです。

【業種5】ライバー(ライブ配信)

そして5つ目の女性におすすめの成功しやすい業種が「ライバー(ライブ配信)」

ライブ配信とは、リアルタイムに映像を配信するサービス。
ライバー(配信者)とリスナー(視聴者)のプラットフォームを介して繋がれます。

関連記事:【安全】家にいてお金を稼ぐ方法16選!本当に安全な副業を選ぶ基準と探し方

スキル次第で高収入も実現可能な業種3選

スキル次第で高収入も実現可能な業種3選についてです。
まず、おすすめを選定するにあたり以下の条件を設定。

おすすめの業種を選定する条件

  • 月100万円以上稼げる業種
  • スキルと収入が相関している業種

これらの条件に合致した業種が以下の通り。
順番に成功しやすい理由や始めやすい業種の特徴について解説していきます!

スキル次第で高収入も実現可能な業種3選

  1. フリーランスエンジニア
  2. アフィリエイター
  3. 経営コンサルタント

【業種1】フリーランスエンジニア

1つ目のスキル次第で高収入も実現可能な業種が「フリーランスエンジニア」

フリーランスエンジニアは、案件を個人で受注し開発するビジネス。
パソコンとプログラミングスキルさえあれば、今すぐ始められます。

そんなフリーランスエンジニアの年収はどれくらいか?
レバテック情報によれば、平均年収が「876万円」

会社員の平均(約430万円)を優に超える高収入を得ています。

需要が高く、収入の天井もないフリーランスエンジニア。
フリーランスエンジニアとして働くには、まずエージェント登録が必要です。

フリーランス向けエージェントサービスのこと。
エージェント経由で案件紹介を受けた方が、スムーズに受注できます。

おすすめの3社を厳選して紹介します。
エージェントごとに特徴や強みも異なるため、一先ずすべて登録しておくことをおすすめします。

高単価案件多数!フリーランスエンジニア向けエージェントサービスおすすめ3選

しかし、フリーランスエンジニアになるにはスキル習得が必須。

なぜなら、企業は経験者に優先して発注するから。
さらにエージェントサービスの登録も実務経験が前提になります。

現時点では開発経験やスキルもない。
でもフリーランスとして自由な働き方を手に入れたい!

そんな方は短期間でスキルが身につく「プログラミングスクール」の受講がおすすめです。

スキルを習得するにはプロに学ぶのが最短ルート。
独学でやっても効率が悪く、最悪挫折するリスクもあります。

同じ志持った同士にも出会えて、一生ものの財産まで手に入れらます。

プログラミングスキル習得に特化!プログラミングスクールおすすめ3選(無料カウンセリング実施中)

【業種2】アフィリエイター

2つ目のスキル次第で高収入も実現可能な業種が「アフィリエイター」

アフィリエイターは、アフィリエイト広告を扱って収益を得るビジネス。
誰ともやり取りすることなく、完全個人でできる始めやすいビジネスです。

アフィリエイトは筆者が最も得意とするジャンル。
すでにアフィリエイト広告からの収益は1,000万円を超えています。

初期費用もほぼゼロ、誰でもすぐに始められます。
ハードルは低いものの、継続できる人が少なく難易度が高いのも特徴の一つ。

でも継続できた先の理想のライフワークは、続けた者にしか得られないベネフィット

アフィリエイターを目指すにもスキル習得が必須。
独学やスキルなしで始めても、時間かかって遠回りするだけです。

特に必要なスキルというのが「Webマーケティング」
マーケティングスキルを得てからアフィリエイトは始めるようにしましょう。

未経験からWebマーケター転職!転職成功実績ありWebマーケティングスクールおすすめ3選

【業種3】経営コンサルタント

3つ目のスキル次第で高収入も実現可能な業種が「経営コンサルタント」

経営コンサルタントは、企業の課題解決を担うビジネス。
自身のスキルや経験を活かして、副業でも人気のビジネスとなっています。

失敗しやすい&始めにくい自営業の種類とは

ここまで成功しやすい自営業について情報をまとめてきました。

では逆に失敗しやすい&始めにくい自営業の種類とは何か?
一言でいうなら「初期費用がかかる業種」になります。

業種の代表例が「箱物ビジネス」
飲食店や小売店、宿泊施設などがこれらに該当します。

実際、これら箱物ビジネスは廃業率が高いことで有名です。

廃業率が高い業種

  • 宿泊業、飲食サービス業
  • 生活関連サービス業、娯楽業
  • 小売業

なぜこれらの業種が廃業率は高いのか?
それは、成功しやすい条件に見事ミスマッチしているから。

初期費用も箱物ビジネスでは1,000万円は必要になります。
ですので、始めにくい業種でもありかつ失敗しやすいビジネスといえます。

【成功例】自営業で成功しやすい人の特徴

大企業ファーストリテイリングの創業者である柳井正氏の格言をご覧ください。

  • どれだけ良いアイデアがあっても、実行しなければ成功もしないし、失敗もしない。(感動の会議!
  • 致命的にならない限り、失敗はしてもいいと思っていました。やってみないと分からない。(1分で心が震えるプロの言葉100
  • 行動してみる前に考えても無駄です。行動して考えて修正すればいい。
  • 大事なのは、環境。自分の能力以上を求められる環境でなければ、成長は難しいんです。(プロ論。
  • 10回新しいことを始めれば9回は失敗する(一勝九敗
  • 目標が具体的かどうか。ちょっとしたことだが、ここが成功する人としない人との決定的な差だ。

柳井氏の言葉一つ一つにビジネス成功のヒントが隠されています。
これら成功例から自営業で成功しやすい人の特徴は以下の通りです。

自営業で成功しやすい人の特徴

  • ビジネス環境の変化に対応できる人
  • 自分が経営の意思決定を持ちたい人
  • 成長意欲が高く挑戦し続けられる人

関連記事:個人事業主になれない人の特徴5選【自営業に向いてる人の性格とおすすめ職種も紹介】

自営業を始めるときに成功率を上げるコツ

疑問に思う女性

「成功しやすい自営業の条件もおすすめの業種も分かったけど、それでも失敗が怖い。。どうすれば成功率は上げられるかな?」

ビジネスでの成功率を上げるには、とにかくリスクを抑えること。

そのために何をすべきか?
具体的な自営業を始めるときに成功率を上げるコツをまとめます。

【コツ1】まずは副業から始める

1つ目の成功率を上げるコツは「まずは副業から始める」

なぜ副業から始めるのがコツなのか?
一言でいえば、テストマーケができるからです。

スモールスタートから始めたほうが、市場の反応は取りやすい。

仮に失敗してもリスクを最小限に抑えられます。
成功すれば、一つのビジネスとしてコミットすればいい。

まずは副業から始めるのが、賢いビジネス運用だといえます。

ただ、副業を始めるにしてもスキル習得は必須です。
スキルなくして、テストもビジネスもできるはずはありません。

今ではオンラインで学べるスクールも数多く存在します。
無料のカウンセリングを受けて、自分に合うスクールを探すのがおすすめです。

Webスキル習得に特化!オンラインスクールおすすめ3選(無料カウンセリング実施中)

【コツ2】資金調達せずに始められる業種を探す

2つ目の成功率を上げるコツは「資金調達せずに始められる業種を探す」

資金調達ありきの業種は成功しにくいです。
なぜなら、調達した時点ですでにリスクを負っていることになるから。

今ではゼロ円でもビジネスは始められます。
実際、ご紹介した「スキル次第で高収入も実現可能な業種」も費用は不要。

その代わり、スキルや経験が必要です。
リスクを抑えたいなら、まずはスキル習得に専念しましょう。

Webスキル習得に特化!オンラインスクールおすすめ3選(無料カウンセリング実施中)

【コツ3】集客はSNSなど複数チャネルを活用する

3つ目の成功率を上げるコツは「集客はSNSなど複数チャネルを活用する」

今では無料で、利用できるSNSは増えています。
Twitter、インスタグラム、YouTube、TikTokなど。

有料広告など利用せずとも、無料で十分集客は可能です。
これらプラットフォームを活用することで、費用も抑えられます。

【コツ4】資格取得よりスキル習得に時間を当てる

4つ目の成功率を上げるコツは「資格取得よりスキル習得に時間を当てる」

資格が必要な自営業はおすすめできません。
なぜなら、資格を取得するハードルが高いから。

そもそも資格取得に合格する必要があります。

そのために、どれほどの勉強時間を費やす必要があるのか?
もっといえば、受けたからといって全員合格するとも限らない。
さらにいうと、資格があるから成功するとは断言できない。

つまり、資格取得は諸刃の剣だということ。
費やした時間の割に得られるメリットは少ないでしょう。

資格取得に時間を当てるくらいなら、スキル習得に励んだ方がコスパよしです。

Webスキル習得に特化!オンラインスクールおすすめ3選(無料カウンセリング実施中)

【コツ5】成功者の話や成功例から学びを得る努力をする

5つ目の成功率を上げるコツは「成功者の話や成功例から学びを得る努力をする」

最短で成功したいなら、すでに成功している人の話を聞くのが賢明。
または成功者、実績者の元で学びを得るのも最適解です。

自営業を始める前に知っておきたいポイント

最後に自営業を始める前に知っておきたいポイントについてご紹介します。

【ポイント1】開業届は出した方がいい

まず1つ目のポイントが「開業届は出した方がいい」

開業届を出すメリットは「青色申告」
確定申告で青色申告として申請でき、節税効果に期待できます。

開業届を出しても会社にはバレません。
ただし青色申告は白色申告に比べて作業が複雑です。

経理職員が行うような仕訳を行う必要があります。
そのため、開業届のメリット・デメリットがあることをまずは確認すること。

そのうえで優先したいことは何なのか?
節税なのか、作業効率なのか、副業専念なのか。

先を見据えて開業届は、提出するのがよいでしょう。

【ポイント2】確定申告についての知見を持つ

次に2つ目のポイントが「確定申告についての知見を持つ」

確定申告は、副業で年20万円以上稼ぐと申請が必要になります。
さらに、確定申告しても副業が会社にバレない方法があります。

それが「自分で納付」

副業が会社にバレる多くの原因は「住民税」
本業に対する住民税より多く住民税を払っている場合に会社にバレます。

住民税でバレないための対策があります。
それは確定申告の際に、副業での収入分を「自分で納付」を選択すること。

また副業禁止の会社だった場合の話。
かつ副業を禁止されていることを知らないことが前提。

副業バレの対処法として「副業していた理由」を事前に考えておきましょう。

【ポイント3】必要であればクレジットカードは作っておく

3つ目のポイントが「必要であればクレジットカードは作っておく」

自営業者になれば、社会的信用は低くなります。
結果、起こりえるデメリットが、クレジットカードの審査が厳しくなる点。

クレジットカードも作りにくくなります。
必要であれば自営業になる前に、事前に作っておくのが賢明です。

【ポイント4】事業計画書は作成しなくても始められる

4つ目のポイントが「事業計画書は作成しなくても始められる」

事業計画書は、基本銀行融資を受けるために作るもの。
開業資金など多額の費用が必要な場合に、作る必要があります。

ですが今回ご紹介する成功しやすい自営業種は、資金ゼロでも始められます。

事業計画書も作成する必要ゼロ。
作成する暇があったらスキル習得に時間を費やしましょう。

【ポイント5】まずは生活費以上稼げることを目標に始めるのがおすすめ

そして5つ目のポイントが「まずは生活費以上稼げることを目標に始めるのがおすすめ」

・100万円稼ぎたい!
・自由な働き方を手に入れたい!
・国内外問わず旅行しながら自営業したい!

願望が前面に押し出されますが、まずは足元基盤を固めましょう。

健全な目標はひとまず「生活費を稼ぐこと」
そのための支出が現在いくらなのか?を計算しておくことです。

支出以上の収入があれば、ひとまずは生活できます。
自営業者にとって、生き残ることはとにかく重要な心構え。

ちなみに、いくら稼ぐことを目標にすればいいのか?

総務省統計局が公表する「家計調査(2020年)
本調査から一人暮らしでかかる平均の生活費は「月150,506円」

つまり、15万円以上稼ぐことを目標に掲げるのがポイントです。

まとめ:成功しやすい自営業の条件と始めやすいおすすめ業種

成功しやすい自営業に関する情報をまとめてきました。

改めて、成功しやすい自営業をまとめると、

初心者でもとにかく始めやすい業種4選

  1. Webライター
  2. 動画クリエイター
  3. 結婚相談所経営
  4. ブログ運営

女性におすすめの成功しやすい業種5選

  1. 結婚相談所経営
  2. Webデザイナー
  3. スキル販売
  4. ユーチューバー
  5. ライバー(ライブ配信)

スキル次第で高収入も実現可能な業種3選

  1. フリーランスエンジニア
  2. アフィリエイター
  3. 経営コンサルタント

Webスキル習得に特化!オンラインスクールおすすめ3選(無料カウンセリング実施中)