【2022年】儲かるビジネス(商売・事業・業界)20選!起業におすすめランキング
喜ぶ男性

「儲かるビジネスがしたい!どんなビジネスがおすすめ?選ぶときのポイントなんかあれば教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「儲かるビジネスにチャレンジしたい個人事業主or起業予定者」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • 儲かるビジネスを選ぶポイントと種類
  • 逆に稼ぎにくいビジネス・業界の特徴
  • 儲かるビジネスで成功を収めるステップ

ハルマ@ブログ管理人ハルマ@ブログ管理人

「儲かるビジネスに挑戦するうえでの注意点についてもまとめていきます。今まさにビジネスに挑戦したい方は、ぜひ参考にしてみてください!」

儲かるビジネスを選ぶポイント

「儲かるビジネス」があれば、「儲からないビジネス」もあります。

この2つの違いは何なのでしょうか?
結論からいうと、「儲かる構造」になっているかどうかです。

そして、儲かるビジネスを選ぶポイントというのが存在します。

つまり儲かる構造とは何か?
構造を因数分解したのが本章で解説する「ポイント」になります。

【ポイント1】「利益率の高いビジネス」かどうか

まず1つ目のポイントが「利益率の高いビジネス」かどうかです。

儲かる」とは利益を得ること。
売上から経費を差し引いた損益のことを指します。

売上ではなく利益が多いビジネスほど儲かるビジネスだということ。

そして儲かっているかどうかを測る指標が「利益率」
この利益率の高さが、儲かるビジネスを生み出す重要な構造の一つです。

ではどうすれば、利益率の高いビジネスは生まれるのか?

利益率を高めるためには、経費を抑える必要があります。
その経費にも「変動費」と「固定費」の2種類が存在します。

  • 変動費:仕入原価、外注費、原材料費など
  • 固定費:人件費、家賃、広告宣伝費など

これらの経費を抑えられる、もしくは必要としないビジネスが自ずと「儲かるビジネス」

つまり、いかに経費のかからないビジネスを選ぶかどうかが重要。
経費を抑えて利益率が上がれば、再投資に回せてビジネスの好循環が生まれます。

【ポイント2】「一人でもできるビジネス」かどうか

次に2つ目のポイントが「一人でもできるビジネス」かどうかです。

小資本は起業成功の一つとホリエモン氏は説く。
実際、小資本で始めることで起業の成功確率は9割を超えています。

その小資本を代表するビジネスが「一人起業」
スモールビジネスとも呼ばれ、一人でもできるビジネスを指します。

一人で起業することで自ずと経費は抑えられます。
また事業にかかわる人数が少ないほど、リスクも高まります。

つまり、ビジネスを行う上で関わる人数も重要。

創業期は一人、成長期に外注を増やすなど。
臨機応変に対応することが、儲かる構造を生み出す重要な要素だといえます。

【ポイント3】「付加価値を与えるビジネス」かどうか

3つ目のポイントが「付加価値を与えるビジネス」かどうかです。

付加価値」とは、他にはない独自の価値。
ある商品やサービスなどに付け加えられた価値のことを指します。

一方、付加価値のないサービスは単純労働やルーティンワーク。
誰にでもできる労働で、単なる時間の切り売りになりがちな業界です。

付加価値が高い業界は労働生産性も高いことが報告されています。

付加価値額が最も高い情報通信業で「909万円」
ルーティンワークの多い飲食業は「165万円」と700万円以上の差が生じています。

つまり、付加価値の高いビジネスはそれだけで儲かるということ。
顧客のニーズを捉えて、適切な付加価値を与えることが重要だといえます。

【ポイント4】「レバレッジが効くビジネス」かどうか

そして4つ目のポイントが「レバレッジが効くビジネス」かどうかです。

レバレッジ」とは、てこの作用。
少ない資本(労力)で大きな収益を得ることを指します。

なのでレバレッジの利くビジネスは儲かるビジネス。

そしてレバレッジを利かせたビジネスモデルが「資本集約型」
レバレッジが利かない人に依存するビジネスモデルが「労働集約型」

  • 資本集約型のビジネス(例:IT、ネット、不労所得など人に依存しないビジネス)
  • 労働集約型のビジネス(例:飲食、バイト、店舗展開など人に依存するビジネス)

もはやどちらが儲かるかは一目瞭然ですね。
つまり、ビジネスモデルを選んだ時点で儲かるかどうかは決まるということ。

儲かるビジネスに挑戦したいならビジネスモデルの選定が最も重要だといえます。

儲かるビジネス(商売・事業・業界)20選

儲かるビジネスを選ぶポイントが分かったところで!
早速儲かるビジネス(商売・事業・業界)20選をまとめていきます!

儲かるビジネスといっても多種多様な方法が存在します。

ここでは目的別に儲かるビジネスをまとめていきます!
(以下クリックすると知りたい情報から読み始められます)

初心者からでも始めやすい儲かるビジネス5選

初心者からでも始めやすい儲かるビジネス5選についてです。

初心者からでも始めやすい儲かるビジネス5選

  1. 結婚相談所経営
  2. 動画クリエイター
  3. Webライター
  4. スキル販売
  5. ユーチューバー

【ビジネス1】結婚相談所経営

「結婚相談所経営」

【ビジネス2】動画クリエイター

「動画クリエイター」

【ビジネス3】Webライター

「Webライター」

【ビジネス4】スキル販売

「スキル販売」

【ビジネス5】ユーチューバー

「ユーチューバー」

ネットを活用したWeb関連の儲かるビジネス5選

ネットを活用したWeb関連の儲かるビジネス5選についてです。

ネットを活用したWeb関連の儲かるビジネス5選

  1. フリーランスエンジニア
  2. フリーランスデザイナー
  3. ゲームクリエイター
  4. ネットショップ運営
  5. オンラインコーチング

【ビジネス1】フリーランスエンジニア

「フリーランスエンジニア」

【ビジネス2】フリーランスデザイナー

「フリーランスデザイナー」

【ビジネス3】ゲームクリエイター

「ゲームクリエイター」

【ビジネス4】ネットショップ運営

「ネットショップ運営」

【ビジネス5】オンラインコーチング

「オンラインコーチング」

不労所得を得るおすすめの儲かるビジネス4選

不労所得を得るおすすめの儲かるビジネス4選についてです。

不労所得を得るおすすめの儲かるビジネス4選

  1. シェアリングビジネス
  2. ブログ運営
  3. 株式投資
  4. 不動産投資

【ビジネス1】シェアリングビジネス

「シェアリングビジネス」

【ビジネス2】ブログ運営

「ブログ運営」

【ビジネス3】株式投資

「株式投資」

【ビジネス4】不動産投資

「不動産投資」

資格を活かせる専門性の高い儲かるビジネス3選

資格を活かせる専門性の高い儲かるビジネス3選についてです。

資格を活かせる専門性の高い儲かるビジネス3選

  1. 公認会計士事務所
  2. 税理士事務所
  3. 弁護士事務所

【ビジネス1】公認会計士事務所

「公認会計士事務所」

【ビジネス2】税理士事務所

「税理士事務所」

【ビジネス3】弁護士事務所

「弁護士事務所」

2022年以降も成長が予想される儲かる業界3選

2022年以降も成長が予想される儲かる業界3選についてです。

2022年以降も成長が予想される儲かる業界3選

  1. IT業界
  2. インターネット広告業界
  3. ゲーム・エンタメ業界

【業界1】IT業界

「IT業界」

【業界2】インターネット広告業界

「インターネット広告業界」

【業界3】ゲーム・エンタメ業界

「ゲーム・エンタメ業界」

儲かるビジネスのおすすめランキングTOP5

儲かるビジネスのおすすめランキングTOP5は以下の通り!
迷ったらまずはこれらビジネスから始めることをおすすめします!

儲かるビジネスのおすすめランキングTOP5

  1. 結婚相談所経営
  2. 動画クリエイター
  3. フリーランスエンジニア
  4. スキル販売
  5. スマホ投資

1位:結婚相談所経営

「結婚相談所経営」

2位:動画クリエイター

「動画クリエイター」

3位:フリーランスエンジニア

「フリーランスエンジニア」

4位:スキル販売

「スキル販売」

5位:スマホ投資

「スマホ投資」

逆に稼ぎにくいビジネス・業界の特徴とは

ここまで儲かるビジネスの選ぶポイントと種類について解説してきました。

悩むビジネスマン

「儲かるビジネスは分かったけど、逆に儲からないビジネスって何?リスクを減らすためにも特徴を稼ぎにくいビジネスの特徴も教えてほしい!」

儲かるビジネスがあれば、その逆もしかり。
稼ぎにくいビジネス・業界の特徴とは何なのでしょうか。

3つの稼ぎにくいビジネスについて、具体的な特徴と種類を解説していきます。

【特徴1】初期費用がかかるビジネス

まず1つ目の特徴が「初期費用がかかるビジネス」

初期費用がかかるビジネスは稼ぎにくい。
なぜなら、先行き不透明な状況で費用をかけるのはリスクだから。

実際、初期費用をかけすぎて利益減少。
自己資本不足に陥り、過小資本となった倒産の状況が散見されます。

初期費用をかけるより、かけないビジネスのほうが儲かるのは当然です。

今では初期費用ゼロでも始められる時代。
起業家の4人に1人は費用ゼロで起業しています。

さらに借入も約9割の起業家が借入していないことが資料で公表されています。

費用を最小限に抑えらえるビジネスを選びましょう。

具体的な稼ぎにくいビジネスの種類は以下の通り。
リスクを最小限に抑えたいなら、取り組まないほうが無難です。

初期費用がかかるビジネス

  • 飲食店経営
  • 宿泊施設運営
  • 高額なフランチャイズ契約

【特徴2】在庫を抱えるビジネス

次に2つ目の特徴が「在庫を抱えるビジネス」

在庫を抱えるビジネスは稼ぎにくい。
なぜなら、売れ残るリスクがあるからです。

有形商品ありきのビジネスは、仕入れた時点でマイナススタート。

当然商品すべて売れるとは限りません。
さらに、売るための間接コスト(家賃や光熱費など)もかかります。

つまり最終的な利益は少ないのが、仕入ビジネスの特徴ということ。

実際、経産省調べで小売業の営業利益率は『2.8%』
全産業平均の営業利益率は『4.4%』であることから低い業界といえます。

売れ残った在庫は資産ではなくリスクそのもの。
在庫消化のためにビジネスを運用しては本末転倒です。

具体的な稼ぎにくいビジネスの種類は以下の通り。
リスクを最小限に抑えたいなら、取り組まないほうが無難です。

在庫を抱えるビジネス

  • 小売店経営
  • 物販ビジネス
  • 転売・せどり

【特徴3】労働集約型のビジネス

そして3つ目の特徴が「労働集約型のビジネス」

労働集約型のビジネスは稼ぎにくい。
なぜなら、レバレッジを利かせることが難しいから。

人に依存するビジネスモデルは生産性が低い。
いかに労働から脱却できるかで、儲かるビジネスに転換できる。

サイボウズ社長の青野氏も労働集約型のビジネスモデルから脱却すべきと説いています。

具体的な稼ぎにくいビジネスの種類は以下の通り。
リスクを最小限に抑えたいなら、取り組まないほうが無難です。

労働集約型のビジネス

  • 配達スタッフ
  • アルバイト
  • 接客ビジネス

儲かるビジネスで成功を収める起業の5ステップ

起業希望者の推移は緩やかに減少。
ですが、起業家になった者の割合は増加傾向にあり。

理想のライフワークを手に入れるため。
老後2000万円問題の対策やとにかく稼ぎたい!

今後の将来を考えたとき、起業家に転身する人は増えています。

しかし儲かるビジネスだと分かっていても失敗は起こりえます。
実際、中小企業庁調べで個人事業主の廃業率は1年目で『37.7%』

もはや失敗しないためにも準備が必須です。
そこで儲かるビジネスで成功を収める起業の5ステップを紹介!

リスクを最小限に抑えて、利益を拡大するステップを解説していきます。

【ステップ1】まずは起業の目的を明確にする

まず1つ目のステップが「まずは起業の目的を明確にする」

何のために起業するのか?
儲かるビジネスをしたいのか?

目的が明確でないと迷いが生じて進むべき方向性を見失います。

結果、ビジネスは失敗に終わりリスクだけが残る。
ビジネスモデルだけでなく目的も明確にしておく必要があります。

【ステップ2】副業から始めてテストマーケを行う

次に2つ目のステップが「副業から始めてテストマーケを行う」

いきなり起業するのはリスク。
まずは経験を得る意味でも副業から始めましょう。

儲かるビジネスを副業として着手。
テストマーケにもなるので、データを集めて検証が可能です。

仮説検証を繰り返してビジネスの精度を高める。
リスクを最小限に抑えるためにも副業から実践することをおすすめします。

ただ副業を始めるにもスキルの習得は必須。
どんなスキルなら汎用的か?今ではWebスキルが最も需要も高い。

オンラインスクールに通えば、同じ志を持った仲間も作れます。

Webスキル習得に特化!オンラインスクールおすすめ3選(無料カウンセリング実施中)

【ステップ3】ビジネスを一つに絞って目標を定める

3つ目のステップが「ビジネスを一つに絞って目標を定める」

「二兎を追う者は一兎をも得ず」
ビジネスは、いくつも手広く行ってもうまくいきません。

まずは一つのビジネスに絞って実践しましょう。
その際、しっかり目標も具体的な数字に落とし込んで定めましょう。

何か月で売上はいくらまで伸ばすのか?
3年、5年後にはどうなっていたいのか?

目標があるから具体的なアクションプランも立てやすくなります。

【ステップ4】やることよりやらないことを決める

4つ目のステップが「やることよりやらないことを決める」

時間は有限です。
限られた時間の中で高い生産性を上げるかが重要。

そのためにもやらないことをまずは決めましょう。
やることを増やし続けては、いくら時間があっても足りません。

例えば、テレビ、雑誌、生活維持に必要な行動以外は取らないなど。

やらないことを決めれば仕事の質は上がります。
生産性の観点からやらないことリストを作成することをおすすめします。

【ステップ5】起業資金を集めてビジネスを始める

そして最後のステップが「起業資金を集めてビジネスを始める」

起業するにあたっていくら資金は必要なのか?
自己資金がショートすればビジネスは立ち行かなくなります。

また起業当初は、テストマーケを行っているとはいえ順調に売上が経つとは限りません。

費用だけがかかれば自己資金不足に陥ります。
さらに毎月の生活費も考慮しておく必要があります。

そのため、余裕を持って数か月分の生活費を集めておきましょう。

これから儲かるビジネスに挑戦するうえでの注意点

これから儲かるビジネスに挑戦するうえでの注意点をまとめていきます。

【注意点1】目的からブレず愚直に実践する

「目的からブレず愚直に実践する」

起業後は愚直に実践あるのみ。

【注意点2】家族の理解・協力を事前に得る

「家族の理解・協力を事前に得る」

【注意点3】働く環境は整えておく

「働く環境は整えておく」

【注意点4】毎月の収支管理を必ず行う

「毎月の収支管理を必ず行う」

【注意点5】第三者からの儲け話に気を付ける

「第三者からの儲け話に気を付ける」

まとめ:儲かるビジネス(商売・事業・業界)20選と選ぶポイント

儲かるビジネス(商売・事業・業界)に関する情報をまとめてきました。

改めて、儲かるビジネス(商売・事業・業界)20選をまとめると、

初心者からでも始めやすい儲かるビジネス5選

  1. 結婚相談所経営
  2. 動画クリエイター
  3. Webライター
  4. スキル販売
  5. ユーチューバー

ネットを活用したWeb関連の儲かるビジネス5選

  1. フリーランスエンジニア
  2. フリーランスデザイナー
  3. ゲームクリエイター
  4. ネットショップ運営
  5. オンラインコーチング

不労所得を得るおすすめの儲かるビジネス4選

  1. シェアリングビジネス
  2. ブログ運営
  3. 株式投資
  4. 不動産投資

資格を活かせる専門性の高い儲かるビジネス3選

  1. 公認会計士事務所
  2. 税理士事務所
  3. 弁護士事務所

2022年以降も成長が予想される儲かる業界3選

  1. IT業界
  2. インターネット広告業界
  3. ゲーム・エンタメ業界