販売職で土日休みの仕事はある?サービス業から土日休みの職業に転職する方法
接客の仕事3

「販売職で土日休みの仕事がしたい!でも、そもそもサービス業で土日休みの仕事なんてある?土日休みたいならどうすればいい?」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「販売職で土日休みの仕事を探している人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • 販売職で土日休みの仕事の有無
  • 販売職から土日休みの職種に転職する方法
  • 土日休みの仕事にサービス業から転職する時の注意点

ハルマ@ブログ管理人ハルマ@ブログ管理人

「どうすれば販売職の人が土日休みの仕事に就けるのか?具体的な方法をまとめていきますので、今まさに仕事を探している方はぜひ参考にしてみてください!」

販売職で土日休みの仕事はある?

疑問に思う女性

「販売職のご経験がある方に質問です。販売職において土日のお休みまたは連休を取得することは可能でしょうか?」
引用: Yahoo!知恵袋「労働条件、給与、残業」

ネット掲示板にも多くの悩みがよせられています。
「販売職で土日休みの仕事はあるのかどうか?」

結論からいうと、あることはあります。

でも販売職の場合、土日休みの仕事は極端に少ないです。
サービス業で有給休暇を取得すること自体もかなり難しいです。
厚労省調べでサービス業の有給休暇取得率は41.2%と産業別で最下位)

実際、国民生活時間調査でも販売職が職業の中で最も土日に出勤することが多い。

国民が週末休んでいる間に仕事するのが販売職の宿命。
つまり休みが取れるのは平日であって、土日は出勤になりがちな職業だと断言できます。

販売職で土日休みの求人の数

では販売職で土日休みの求人の数はどれくらいか?
具体的な求人数をリクナビネクストから調べてみると以下表の通りです。

土日休みの求人情報 求人件数(件) 求人割合(%)
販売・サービス 140件 2.1%
営業 2,063件 30.7%
事務・管理 1,781件 26.5%
企画・マーケティング 574件 8.5%
ITエンジニア 733件 10.9%
クリエイティブ 382件 5.7%
求人総数 6,730件 100%

※2022年8月時点の情報

販売職の求人情報はわずか『2.1%』
100件中、2件しか土日休みの求人はないことになります。

その他のメジャーな職業は1割を超えています。
特に営業は『30.7%』と、3件中1件は土日休みの仕事に就ける計算です。

いかに販売職は土日休みの仕事が少ないかが分かります。

関連記事:平日休みの仕事はやめとけ?理由と向いてない人の特徴【おすすめ職業10選】

土日休みの販売職に多い仕事の内容

求人情報から土日休みの販売職に多い仕事の内容は以下の通りです。

土日休みの販売職に多い仕事の内容

  • 法人向けの販売営業・接客
  • 広告代理店の企画営業
  • ルート宅配、宅配スタッフ
  • カスタマーサクセス

土日休みの販売職は、BtoBビジネスの仕事がメイン。
個人向けの求人も多少ありますが、法人向けがメインになりやすいです。

関連記事:接客業では高収入も稼げない3つの理由【接客以外で高収入を目指す方法】

サービス業でも土日休みたいなら解決策は一つ

サービス業でも土日休みたいなら解決策は一つです。

それは「土日休みの会社に転職する」
土日休みたいなら、土日休みの会社に転職するのが手っ取り早い方法です。

販売職をはじめとするサービス業は基本土日出勤。
平日が休みであって、土日祝に休むのは冠婚葬祭以外は難しいです。

ただ、会社自体土日に休む方針なら?
サービス業であっても、土日に休むことは可能になります。

重要なのは、現状に留まるのではなく行動すること。
理想のライフワークは、行動した先に手に入るものです。

転職する際には、必ず転職エージェントの力を借りましょう。

希望の働き方に適した求人(会社)を紹介してくれます。
個人で探そうとしても時間がかかるうえ、見つからない場合が多いです。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

販売職から土日休みの職種に転職する方法

ここまで、販売職で土日休みの仕事の有無を解説してきました。

土日休みの仕事を探している人はとにかく多いです。
女の転職type調べで7割以上の販売職経験者が別業界への転職を希望しています。

その理由最多が「販売職は土日に休めないから」

さらに他の調査で、販売職から転職するなら「違う職種がいい」
このように回答した割合は『48.1%』と「同じ職種がいい」の3倍以上。

つまり、販売職から異業種・異職種への転職希望者はとにかく多いのが明確。

  • コロナもあってキャリアチェンジしたい。
  • 選択肢を増やして、働き方を見直したい!

このような方は今すぐ転職することを強くおすすめします。
そのための販売職から土日休みの職種に転職する方法をまとめていきます。

【方法1】販売職→事務職に転職

まず1つ目の方法が「販売職→事務職に転職」

最も確度高い方法になります。

【方法2】販売職→営業職に転職

次に2つ目の方法が「販売職→営業職に転職」

【方法3】販売職→マーケティング職に転職

3つ目の方法が「販売職→マーケティング職に転職」

【方法4】販売職→管理部門に転職

4つ目の方法が「販売職→管理部門に転職」

【方法5】販売職→エンジニア職に転職

5つ目の方法が「販売職→エンジニア職に転職」

【方法6】販売職→クリエイティブ職に転職

6つ目の方法が「販売職→クリエイティブ職に転職」

【正社員】土日休みの人と接する仕事おすすめ5選

現在販売職ではないけど、人と接する仕事がしたい。
そんな方に向けて土日休みの人と接する仕事おすすめ5選をまとめていきます。

まず、おすすめの仕事を選定するにあたり以下条件を設定。

おすすめの仕事の選定条件

  • 雇用形態は正社員
  • 未経験からでも挑戦できる仕事
  • 対面で人とコミュニケーションを取る仕事

これら選定条件に合致するおすすめの仕事が以下の通り。
順番に土日休みになる理由と仕事の特徴を解説していきます!

【正社員】土日休みの人と接する仕事おすすめ5選

  1. 総務
  2. 人事
  3. 受付
  4. ルート営業
  5. キャリアアドバイザー

【仕事1】総務

「総務」

【仕事2】人事

「人事」

【仕事3】受付

「受付」

【仕事4】ルート営業

「ルート営業」

【仕事5】キャリアアドバイザー

「キャリアアドバイザー」

土日休みの仕事にサービス業から転職する時の注意点

販売職から転職を考えている人は多いです。

ではどれくらいの人が転職に成功しているのか?
doda調べで7割近くが販売職(サービス業)から異業種へ転職に成功。

なので販売職から異業種への転職は不可能ではない。
不可能ではないけど、転職するために注意しておきたい点があります。

土日休みの仕事にサービス業から転職する時の注意点をまとめていきます。

【注意1】スキルの棚卸しを行う

「スキルの棚卸しを行う」

自己分析に役立つ!プロのキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【注意2】転職する目的を明確にする

「転職する目的を明確にする」

【注意3】経験を面接時にアピールする

「経験を面接時にアピールする」

【注意4】面接対策をとにかく入念に行う

「面接対策をとにかく入念に行う」

【注意5】必要なスキルは積極的に習得する

「必要なスキルは積極的に習得する」

Webスキル習得に特化!オンラインスクールおすすめ3選(無料カウンセリング実施中)

【注意6】現状を変えたいなら早めに行動する

「現状を変えたいなら早めに行動する」

販売職の男女比は、圧倒的に女性が多い。
割合でいえば6割が女性で「販売職=女性」というイメージすら定着。

でも販売職から異業種へ転職したい経験者(女性)は多い。

さらに、女性は男性に比べると転職できる年齢が低い。
(転職成功者の平均年齢は、男性が「32.5歳」に対し女性は「29.9歳」)

つまり、転職を考えるなら早く動くのが得策。
現状を変えたいと思った時には、時すでに遅いこともあり得る。

自己分析に役立つ!プロのキャリアコーチングサービスおすすめ3選

まとめ:販売職(サービス業)から土日休みに転職したいなら早めの行動が吉

販売職から土日休みの職業に転職する方法をまとめてきました。

改めて、販売職から土日休みの職業に転職する方法をまとめると、

販売職から土日休みの職業に転職する方法

  1. 販売職→事務職に転職
  2. 販売職→営業職に転職
  3. 販売職→マーケティング職に転職
  4. 販売職→管理部門に転職
  5. 販売職→エンジニア職に転職
  6. 販売職→クリエイティブ職に転職

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)