【潰れる?】大日本印刷はやばいと言われる5つの理由と評判を口コミや競合比較から検証
悩むビジネスマン

「就活中で大日本印刷に興味があって調べてみると「やばい」って情報が多くて、他にも「潰れる」とか「激務」とか、心配になってきました。。口コミから評判を教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「大日本印刷に就職・転職を考えている人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • 大日本印刷はやばいと言われる理由
  • 同業他社を比較した大日本印刷のやばい評判
  • 大日本印刷に向いてる人の特徴と最適な就活支援

印刷業界最大手の「大日本印刷(DNP)」

創業は明治9年の超老舗大企業。
印刷技術と情報技術を強みとし、「拡印刷」事業を展開中。

そんな有名な大日本印刷をGoogle検索してみると、以下のワードがヒットしました。

「大日本印刷 やばい」

他にも「大日本印刷 潰れる」や「大日本印刷 ブラック」など。
到底ポジティブとは思えない関連ワードが出現していることが分かります。

悪評ともとれる情報が出回っていますが本当なのでしょうか?
就職や転職を検討している方にとっては、非常に気になる情報です。

そこで本記事では大日本印刷の評判をリサーチ!
元従業員の口コミや競合他社との比較から真相を検証していきます!

本記事の結論を先にお伝えすると・・・

大日本印刷はやばいと言われる理由は「利用者の主観」
つまり、やばいと感じる人もいればまったくひどいと感じない人もいるということ。

悪評が流れるのはこれらやばいと感じた元社員によるもの。

客観的にみれば特にやばい実態は確認できず。
やばい情報が気になる方は、就活の専門家に一度相談することを強くおすすめします。

その就活の専門家というのが「就活エージェント」

個人でリサーチするにも限界があります。
企業分析するにも業界に精通するプロに相談するのが賢明です。

無料の個別カウンセリングから自分に本当に合った企業を紹介してくれます。

【無料】早期の内定獲得を実現!就活生・新卒向け就活エージェントおすすめ3選

転職活動中の方は「転職エージェント」をフル活用しましょう

企業の内情だけでなく労働環境までリサーチできます。
年収交渉も代行してくれるため、有効かつ効率的に活動を進められるメリットがあります。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

大日本印刷はやばいと言われる5つの理由

早速、大日本印刷はやばいと言われる5つの理由について触れていきます。

【理由1】給料安いブラックだからやばい?

仕事に追い込まれた男性

「印刷業界というのはブラック会社が多いのですか?残業代が出ない、給料安いなど悪い評判をよく聞くのですが・・・。どうか教えてくださいませ。」
引用: Yahoo!知恵袋「この仕事教えて」

ネガティブ情報としてよく聞かれるのが「給料安いブラックだからやばい?」

印刷業界全体に対する評判。
大日本印刷は業界最大手である以上、影響は大きいといえます。

実際のところ、印刷業界の給料は安いのか?
賃金構造基本統計調査から調べると、印刷営業の平均年収が「約540万円」

一方、大日本印刷の平均年収は営業職で「543万円」
次に全産業平均の年収を国税庁資料から調べると「433万円」

つまり、全産業平均でみれば印刷業界の給料は100万円ほど高い。
でも大日本印刷の年収は、業界平均並みで決して高いとは言い難い結果に。

しかし、元社員の口コミを見ると給料については満足する声が多く見受けられます。

前向いて歩くビジネスマン

「キャリアを積めば着実に年収が上がるシステムとなっており、基本的な水準も全国的に見れば決して低くない水準です。管理職かどうかではなく、年次・等級によって給与水準が分かれてきます。」
引用: 転職会議「大日本印刷株式会社」

従って、給料がやばいと感じるのは勝手な主観。
大企業ならではの安定性と将来性は、揺るぎない優位性といえます。

【理由2】激務で離職率高いからやばい?

仕事に悩む男性

「大手印刷会社(大日本印刷、凸版印刷)を志望しています。現在大学3年の者です。印刷会社は薄給激務と聞きますが、このような大手でもとんでもない程働かされるのでしょうか。」
引用: Yahoo!知恵袋「就職、転職」

給料だけでなく入社前に気になる情報が「激務で離職率高いからやばい?」

「激務な会社=ブラックな会社」
労働環境が悪いとブラックだと烙印を押されてしまいます。

印刷業界の労働環境はどうなのか。
そして、大日本印刷は激務なのでしょうか?

まず結論からいうと、印刷業界は激務です。
なぜなら、印刷業界全体の残業時間は多い傾向にあるから。

実際、政府がまとめた報告書(残業時間の現状)によると。
「45時間超と回答した割合が高い業種」の4番目に印刷業界が入っています。

印刷会社全体の『34%』が45時間超だと回答。
ですが、大日本印刷の残業時間を調べると「31.5時間」

さらに離職率(*)は、2021年度実績でわずか『1.69%』
新入社員の定着状況(*)も確認すると、2019年入社で『92.4%』

つまり残業時間は少ない、離職率も低い。
数字からも大日本印刷は働きやすい会社、であるのが一目でわかります。

ただし、部署によっては激務だという口コミがあります。
特に残業時間が多い部署(職種)は、「営業」と「エンジニア」

ワークライフバランスを意識したい方は、部署選びも重要だといえそうです。

(*出典)大日本印刷株式会社「DNPの人的資本に関する主要データ」

【理由3】就職難易度が高いからやばい?

就活生が特に気にする情報として「就職難易度が高いからやばい?」

結論からいうと、大日本印刷の就職難易度は高いです。
なぜなら、就活生に絶大な人気を誇る大手企業の一つだから。

実際、24年卒を対象にした「就職人気企業ランキング
本ランキングで大日本印刷は堂々の第7位、印刷業界ではトップの人気を誇ります。

さらに別の資料をみても難易度は高いことが分かります。

東洋経済が公表する「入社が難しい有名企業
企業数424社のうち、大日本印刷は122位といずれも業界最上位。

つまり、万全の就活対策を取らなければ簡単に落ちるということ。

就職活動での対策に不安を覚える方。
内定を早期に勝ち取りたい方は、必ず就活エージェントの力を借りましょう。

【無料】早期の内定獲得を実現!就活生・新卒向け就活エージェントおすすめ3選

【理由4】パワハラがひどいからやばい?

迷う女性

「パワハラを見て見ぬふりすることを何度か見かけた。病んで会社に来れなくなって初めて何か具体的な対処をする。上司ガチャ・同僚ガチャを外した途端に終わる。」
引用: 転職会議「大日本印刷株式会社」

入社前に気になるのが「パワハラがひどいからやばい?」

「パワハラまがいな状況に遭遇した」
このような口コミが一部散見されますが、実態はどうなのか?

調べると、わずかに主観による感想が見受けられます。
ですがその多くは、ハラスメント被害などなく健全な運営がなされています。

実際、大日本印刷では以下のハラスメント対策を講じています。

大日本印刷が取り組むハラスメント対策

  • 「セクシャルハラスメント防止規程」の制定
  • 「パワーハラスメント防止規程」の制定
  • 「マタニティハラスメント・ケアハラスメント防止規程」の制定

(出典:大日本印刷株式会社「ダイバーシティ&インクルージョン」

健全な職場環境の維持を目的に対策を実行。
仮にパワハラが横行する会社なら、これほど綿密な対策を取るだろうか?

【理由5】斜陽産業で将来潰れるからやばい?

頭を抱えた男性

「就活中のものです。印刷業界について、凸版や大日本印刷に興味があるのですが先輩から「めちゃくちゃ激務らしい、あと将来紙媒体がなくなるから心配」などの声を聞きました。本当でしょうか?」
引用: Yahoo!知恵袋「就職活動」

最もやばいといわれる理由が「斜陽産業で将来潰れるからやばい?」

「印刷業界は斜陽産業」
あなたも一度は、聞いたことがあるかもしれません。

出版不況と呼ばれ、印刷関連は厳しいイメージを持たれがち。
実際、出版の市場規模は縮小し歯止めがきかない状況が続いています。
(出典:日本印刷産業連合会「印刷市場の動向」

ですが、伸びている関連分野もあります。
それが「電子出版」や「インターネット広告」など印刷以外の分野。

大日本印刷の決算資料を見ても明らかです。
印刷以外のデジタルやIT分野を今後注力事業とし、多様な施策を実行。

売上高対前年比でも右肩上がりで増収増益を果たしています。

さらに前述した「就職人気企業ランキング」
本調査に大日本印刷がトップ10入りした要因を担当者はこのように分析します。

デスクワーク(男性)

「コンテンツ・ビジネス、特にデジタルやIT分野の仕事に興味や関心を持つ学生が増えている印象です」
引用: J-CASTニュース「出版不況なのに…?大日本印刷「就職人気」9位に急上昇した理由」

もはや印刷事業に留まらない会社、それが大日本印刷。
積極的に構造改革を進める大日本印刷の将来性は高い、といえるのではないでしょうか。

競合比較から大日本印刷のやばい評判を検証

大日本印刷はやばいと言われる理由をまとめてきました。

ここまでの情報はすべて主観によるもの。
やばいと感じる人もいれば、まったく感じない人もいる。

では、客観的に見た時の大日本印刷の評判はどうなのか?
主観だけでは評価に偏りが生じるため、競合他社との比較情報が必要です。

ここでは競合比較から大日本印刷のやばい評判を検証していきます!

同業他社(印刷業界)比較表

まず同業他社(印刷業界)比較表は以下の通りです。

比較表(印刷業界) 大日本印刷 凸版印刷 NISSHA
平均年収 767万円 700万円 685万円
初任給(大卒)
初任給(院卒)
月給221,000円
月給241,000円
月給213,000円
月給231,500円
月給211,600円
月給232,000円
賞与 年2回(6月、12月) 年2回(6月、12月) 年2回(6月、12月)
諸手当 所定外勤務手当
公的資格手当
など
都市手当
家族手当
超過勤務手当
研究員手当
役付手当
など
家族手当
通勤手当
など
平均年齢 43.2歳 42.9歳 42.2歳
平均勤続年数 19.4年 13.3年 14.3年
平均残業時間 31.5時間/月 37.7時間/月 26.5時間/月
有給消化率 52.7%/年 51.4%/年 56.3%/年
福利厚生 各種社会保険完備
企業年金
個人積立年金
提携住宅資金融資
従業員持株会
共済会
財形貯蓄(補助制度あり)
各種団体保険制度
ジョブ・リターン制度
産休制度
育児制度
介護制度
寮制度(独身寮)
リゾート施設
(国内2カ所、その他施設有)
スポーツ施設
医療施設(診療所全国15カ所)
各種相談室
など
各種社会保険完備
リモートワーク制度
スマートワーク制度
財形貯蓄制度
財形融資制度
育児休業制度
介護休業制度
介護勤務短縮制度
従業員持株制度
独身寮
保養所
診療所
など
各種社会保険完備
育児介護休業
リフレッシュ休暇制度
財形貯蓄制度
持株制度
会員制福利厚生サービス
クラブ活動
自己啓発補助
独身寮
など
総合評価 3.10 2.95 2.98

【数値データ引用元】
大日本印刷株式会社「IR情報」
転職会議「大日本印刷株式会社」
マイナビ2023「大日本印刷(株)【DNP】」
凸版印刷株式会社「IR資料室」
転職会議「凸版印刷株式会社」
マイナビ2023「凸版印刷(株)」
NISSHA株式会社「IR」
転職会議「NISSHA株式会社」
マイナビ2023「NISSHA(株)【東証プライム上場】」

【評判1】平均年収&初任給ともに業界トップクラス

まず競合比較から明らかなのは「平均年収&初任給ともに業界トップクラス」

印刷業界最大手の大日本印刷。
2強と呼ばれる凸版印刷よりも収入面は優位となっています。

つまり、業界トップクラスの待遇を受けられるということ。

年収や初任給など収入面で企業を選びたい。
印刷業界に興味がある方には、おすすめの会社だといえます。

【評判2】福利厚生も充実し働きやすさは抜群

そして就職希望者に嬉しい「福利厚生も充実し働きやすさは抜群」

残業時間、有給消化率、諸手当。
すべてとっても平均的かそれ以上の待遇を受けられます。

何より福利厚生がさすが大企業。
制度はもちろんのこと、社内制度も充実しています。

さらに、勤続年数は20年近くと優位性あり。
長く勤めたい、働きやすい会社であることが分かります。

結果、総合評価も印刷業界ではトップクラス。
競合比較でも最も高い水準をキープし、多くの支持を得ています。

【体験談】大日本印刷元社員によるやばい評価

体験談から大日本印刷元社員によるやばい評価もみていきます。

【評価1】事業の将来性もあって簡単には潰れない

前向いて歩くビジネスマン

「印刷会社と聞くと斜陽のイメージがあるが、実際には落ち込んでいる出版系以外にも様々なサービスを持っている。事業部が違うと別会社と言っていいほど扱う商材も異なり、色々な分野に分散して投資している為簡単には潰れないと思う。」(20代後半、男性、正社員)
引用: 転職会議「大日本印刷株式会社」

喜ぶ男性

「非常に多くの業界や商材を扱っており、常に次のビジネスへと繋がる種、または社外との関係性がある。会社を支える柱となる事業が出ては消えてを繰り返すことで長い間会社として安定している。」(20代後半、男性、正社員、法人営業)
引用: 転職会議「大日本印刷株式会社」

【評価2】働きやすさは二極化し年功序列も色濃く残る職場

前を向くビジネスマン

「有休取得に対する意識が全社的に浸透しており積極的な取得を勧められます。半年で最低3日、できれば毎月1日以上の取得が奨励されています。また時間休など細かく休むことも可能です。」(30代前半、男性、正社員、法人営業)
引用: 転職会議「大日本印刷株式会社」

ビジネスウーマン

「比較的休みは取りやすいが、有給を取らず働くことが美学とされている風潮もあり、自分の考えや意思を持って行動していくことが必要。休みは取りやすいがその分残業はやはり一般的に見て多いイメージ。クライアントや部署によりけりなところも多いが頑張っている人に仕事が流れがちなところが多く、トータル的に報われない印象がある。」(20代後半、女性、正社員、法人営業)
引用: 転職会議「大日本印刷株式会社」

【評価3】女性も安心して働けてキャリア形成も築ける組織風土

納得する女性

「女性で育休・産休を取る人が多く復帰する人も多い。時短制度を利用することも当たり前のように考えられているため、長く働き続けられる。特にスタッフ部門では女性が多い印象がある。」(20代前半、女性、正社員、法人営業)
引用: 転職会議「大日本印刷株式会社」

デスクワーク(男性)

「女性の管理職を意図的に一定数確保しようとする積極的な姿勢が見られ、また産休・育休に対してのハードルは皆無。自分が空けた穴は必要に応じて社内外から補充が入る。男性の育休取得にも力を入れており、より女性の働きやすい環境が整うと思われる。」(20代後半、男性、正社員、法人営業)
引用: 転職会議「大日本印刷株式会社」

やばいと言われても大日本印刷に向いてる人の特徴

ここまで主観と客観的な評価から見えてくる大日本印刷のやばい情報をまとめてきました。

では、どんな人が就職には向いているのか?
やばいと言われても大日本印刷に向いてる人の特徴についてまとめます。

【特徴1】「未来のあたりまえ」を体現できる人

「「未来のあたりまえ」を体現できる人」

【特徴2】好奇心旺盛で果敢に挑戦できる人

「好奇心旺盛で果敢に挑戦できる人」

就活生向け!人気企業から早期内定を獲得する方法3選

仕事に悩む男性

「人気企業、有名企業に就職したい!でも面接は不安で、企業分析もどうすればいいかも分からない。。何かいい方法はありませんか?」

初めての就職活動で不安に感じる就活生は多いです。
そんな就活生向けに人気企業から内定を早期に獲得する就活支援があります!

その就活支援が「就活エージェントを活用する方法」

ESの書き方から面接対策まで徹底的にサポートを受けられます
利用はすべて無料!早期の内定獲得を実現したい就活生は利用しない手はありません。

特におすすめの3社をご紹介します。
現在就活まっただ中の大学生は、ぜひ参考にしてみてください。

【就活支援1】ジョブスプリング


公式ホームページ:https://jobspring.jp

サービスの特徴・強み

  • 学生のキャリアプランに寄り添った企業紹介
  • 経験を積んだエージェントが入社まで手厚くサポート
  • コンテンツも充実!イベント・セミナーでプロのノウハウを提供

利用に向いてる人

  • 地方在住で関東圏に就職希望の就活生(WEB面談対応)
  • 求人の紹介だけでなく就活イベントにも参加したい人

【就活支援2】キャリアパーク就職エージェント


公式ホームページ:https://careerpark.jp

サービスの特徴・強み

  • 上場企業が運営する就活支援サービス
  • 全国各地から優良企業を厳選!最短3日で内定などスピード内定が可能
  • 年間1000名以上に面談を行うアドバイザーが通過率アップに向けた選考対策を伝授

利用に向いてる人

  • アドバイザーと二人三脚で就活を乗り越えたい人
  • とにかく早く内定をゲットして安心したい就活生

【就活支援3】キャリセン就活エージェント


公式ホームページ:https://careecen-shukatsu-agent.com

サービスの特徴・強み

  • 約1時間の面談で学生さんに合った企業を紹介
  • キャリアアドバイザーとの個別面談で自分の強みなどの整理が可能
  • 採用コンサルティングの実績から企業側の目線も併せ持ったサポートが可能

利用に向いてる人

  • 首都圏、関西圏で就職を考えている就活生
  • 自分に合った企業の探し方がわからない人

大日本印刷など大手企業への転職に強い転職エージェント3選

仕事に追い込まれた男性

「やばい情報も分かった!それでも大手企業に転職したい!どうすれば内定獲得を有利に進められる?」

大日本印刷など大企業への転職を有利に進める方法があります。

それが「転職エージェントをフル活用する方法」

転職エージェントは企業の人事担当と太いパイプを持っています。
さらにエージェントとのカウンセリングから推薦状も出してもらえます。

ですので少しでも転職活動を有利に進めるためにも、転職エージェントの活用は必須といえます。

ではどの転職エージェントがおすすめなのか?
大日本印刷など大手企業への転職に強い転職エージェント3選をご紹介します!

【おすすめ1】ワークポート

創業19年の豊富な実績を誇る転職決定人数No.1「ワークポート」
(公式ホームページ:https://workport.co.jp

サービスの特徴・強み

  • 転職決定人数No.1を誇る19年の運営実績(転職相談50万人以上)
  • 転職活動に便利な無料アプリやスクール(エンジニア向け)が豊富
  • 第2新卒~ハイクラスまでのベンチャー・大企業と幅広く求人を紹介

利用に向いている人

  • 確かな実績とサービス運用歴でエージェントを決めたい方
  • エンジニア、クリエイティブ、営業、管理部門に転職したい方
  • 名だたる有名企業、大企業に転職したい方

【おすすめ2】JACリクルートメント

年収600万~1500万のハイクラス転職特化「JACリクルートメント」
(公式ホームページ:http://www.jac-recruitment.jp

サービスの特徴・強み

  • 外資系や海外進出企業などグローバル転職のサポートに強い
  • 各業界や職種に特化した総勢約1,200名のコンサルタントが所属
  • 求職者の専門性や可能性、希望などを考慮したポジションの提案

利用に向いている人

  • 年収600万円以上の求人を探している方
  • 自分自身の専門性や強みをいかし挑戦したい方
  • 外資系企業に転職してグローバルに活躍したい方

【おすすめ3】ビズリーチ

選ばれた人だけのハイクラス転職サイト「ビズリーチ」
(公式ホームページ:https://www.bizreach.jp

サービスの特徴・強み

  • 年収1000万円以上の方に支持される転職サービスNo.1
  • 求人の3分の1以上が年収1000万円以上!高年収求人を多数掲載中
  • 優良企業や一流ヘッドハンターから直接スカウトが届く(市場価値把握に役立つ)

利用に向いている人

  • 現年収が750万円以上かつ20代~40代の人
  • 年収1000万円以上のハイクラス転職を実現したい人

辞めたい!大日本印刷をストレスなく退職する方法

辞めたい!大日本印刷をストレスなく退職する方法があります。

それが退職手続きを代行する「退職代行サービス」

いまや退職代行サービスの認知度は約6割。
「退職」を重く考える必要も、煩雑な手続きも行わなくて辞められます

  • 上司に退職の報告をするのが怖い
  • どうやって伝えたらいいかも分からない
  • 退職を伝えても職場に留まるのは気が引ける

退職のことを考えて消耗してはいませんか?

退職代行サービスを使えばストレスなく辞められます。
自分のタイミングで、簡単に辞められる方法がすでに準備されています。

あとは勇気を出して行動するのみ。
退職代行サービスに連絡すれば、あとは退職完了まで進めてくれます。

労働組合or弁護士が対応!安心の退職代行サービスおすすめ3選

大日本印刷株式会社(DNP)の会社概要とサービス特徴まとめ

最後に大日本印刷株式会社(DNP)の会社概要とサービス特徴をまとめます。

商号 大日本印刷株式会社
本社所在地 東京都新宿区市谷加賀町一丁目1番1号
創業 1876(明治9)年10月9日
従業員数 36,542名(連結)
10,082名(単体)
(2022年3月31日現在)
主な事業組織 出版イノベーション事業部
情報イノベーション事業部
イメージングコミュニケーション事業部
Lifeデザイン事業部
生活空間事業部
モビリティ事業部
高機能マテリアル事業部
ファインデバイス事業部
オプトエレクトロニクス事業部
コンテンツコミュニケーション本部
教育ビジネス本部
メディカルヘルスケア本部
ICC本部
左内町営業部
ABセンター

まとめ:大日本印刷はやばいと言われる理由と潰れる噂の真相

大日本印刷はやばいと言われる理由と潰れる噂の真相についてまとめてきました。

改めて、大日本印刷はやばいと言われる理由をまとめると、

大日本印刷はやばいと言われる5つの理由

  1. 給料安いブラックだからやばい?
  2. 激務で離職率高いからやばい?
  3. 就職難易度が高いからやばい?
  4. パワハラがひどいからやばい?
  5. 斜陽産業で将来潰れるからやばい?

【無料】早期の内定獲得を実現!就活生・新卒向け就活エージェントおすすめ3選