【やばい?】楽天モバイルへの転職は後悔する5つの理由と向いてる人の特徴
悩むビジネスマン

「楽天モバイルへの転職を考えてますが、転職すると後悔する?」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「楽天モバイルへの転職を検討している人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • 楽天モバイルへの転職は後悔する理由
  • 向いてる人の特徴と転職で後悔しないための対策
  • 楽天モバイル転職に失敗しない秘訣と選考突破法

IT企業最大手の楽天グループの一つ「楽天モバイル」

日本の移動体通信事業者(MNO)としてサービス展開。
そんな有名企業をGoogle検索してみると、以下のワードがヒットしました。

「楽天モバイル 転職 後悔」

他にも「楽天モバイル 激務」、「楽天モバイル パワハラ」など。
到底ポジティブとは思えない関連ワードが検索されているのが分かります。

悪評ともとれる情報が出回っていますが、本当なのでしょうか?
楽天モバイルへの転職を検討している方にとっては、非常に気になる情報です。

そこで本記事では楽天モバイルの評判をリサーチ!
元従業員の口コミや競合他社との比較から真相を検証していきます!

本記事の結論を先にお伝えすると・・・

楽天モバイル転職を後悔する最大の要因は「社員の主観」
後悔している人もいれば、まったく後悔していない人もいるということ。

実際、元社員の中には成長できる環境として評価が高いです。

本当に転職して後悔してしまうのか?
転職前に転職エージェントに相談してみることを強くおすすめします

個人でリサーチするにも限界があります。
企業分析するにも業界に精通するプロに相談するのが賢明です。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

楽天モバイルへの転職は後悔する5つの理由

喜ぶ男性

「楽天モバイルに変えたい。楽天モバイルに転職したい。英語しゃべれんわ。」
引用: Twitter

楽天モバイルに転職したいと考える人は多くいます。
しかし、一部で「転職は後悔した」との声も聞かれます。

なぜ後悔するのでしょうか?
具体的な楽天モバイルへの転職は後悔する5つの理由について触れていきます。

【理由1】激務で残業も多いから後悔する?

情報として特に多いのが「激務で残業も多いから後悔する?」

元社員の口コミから楽天モバイルの残業はとにかく多い。
45時間は最低ラインで、業務量も多く大変との声が多く寄せられています。

なぜ残業も多く、忙しいのか?
それは、楽天グループの業績が3期連続の赤字を計上しているから。

特に重荷となっているのがモバイル事業の楽天モバイル。
早期の黒字化を目指すべく、業務量が増えるのは当然の結果といえます。

実際、競合他社と残業時間を比較しても多いのは明らかです。

競合比較 楽天モバイル ドコモ UQ ソフトバンク
残業時間 36.2時間/月 22.8時間/月 25.0時間/月 30.2時間/月

ただ従業員の働きやすい環境は整っています。
福利厚生や女性のワークライフに寄り添った制度が充実。

納得する女性

「社内に大手と提携している保育園がある等、設備は充実しており、0歳児で預けたい人には大変良い。ただし、4歳に上がるときに、認可が通らなかった証明をしないと追い出されるので、あくまで復職のための手伝いをしてくれるというところも強い。コンサルタント会社から子育てのために転職をして、子供が大きくなるとまた転職していくケースmのあるくらい、子育てに向いている会社。」
引用: OpenWork「楽天モバイル株式会社」

仕事は忙しいが、従業員の労働環境は考慮済み。
キャリアにおいて何を優先したいかは、あなた次第です。

【理由2】赤字続きで先行き不透明だから後悔する?

会社の将来性についても「赤字続きで先行き不透明だから後悔する?」

仕事で手が止まる女性

「楽天モバイルの求人に興味ありますが赤字が続いてますよね。非常に興味あります。スキル身に付いて転職できたり長く働けるならばつづけたいのですが…(入れたら)赤字が続くと撤退もあり得るんでしょうかねえ」
引用: Yahoo!知恵袋「就職活動」

楽天モバイルの転職に興味を示す人は多い。
しかし業績推移をみると設立後、ずっと赤字を計上中。

もはや楽天の「元凶」とも呼ばれる楽天モバイル。

ただ営業利益の改善の兆しは現れつつあります。
かつ楽天モバイルの顧客獲得スピードは楽天カードの3倍以上。

三木谷氏も「楽天モバイルの23年単月黒字化は十分可能」と自信をのぞかせています。

実際、足元の決算をみても改善基調であるのは事実。
いうなれば、楽天モバイルは設立間もないベンチャー企業のようなもの。

赤字スタートとなってしまうのも当然の状況です。
つまり、事業の成長とともにビジネスマンとしての成長も期待できるということ。

社員一丸となって黒字化を目指す活気ある職場。
挑戦する環境としては、十分価値のある転職といえそうです。

【理由3】英語ができないと給与減額されるから後悔する?

楽天グループといえば「英語ができないと給与減額されるから後悔する?」

楽天グループでは社内言語に英語を採用。
そのため、英語ができないと給与にも影響してしまいます。

楽天の入社条件にもあげられる「TOEICスコア」
800点以上の取得が必要で、転職後2年以内に取らないと減給処分となります。

どれくらい給与を減額されるのか?
元社員の口コミでは『10%』というケースもあるようです。

つまり、英語が苦手・不得意な人にとっては苦痛。
転職しても必達でTOEICスコアを上げなければならないノルマが課せられます。

【理由4】契約社員から正社員登用は厳しいから後悔する?

雇用形態別で見たときの「契約社員から正社員登用は厳しいから後悔する?」

中には契約社員として入社後、正社員登用を活用。
戦略的な正社員転職を考える人も少なくありません。

ですが楽天の登用制度は、非常に難易度が高い。
口コミにもある通り、面接実施までこぎ着けるにも時間がかかります。

働く女性

「契約社員から正社員になるには部長(マネージャかも)以上の方、2名以上の推薦があれば正社員登用の面接が受けられます。 上司の覚えが良ければ年次で受けられます。」
引用: 転職会議「楽天グループ株式会社」

さらに、TOEICスコアも800点取得しておく必要あり。
楽天の契約社員は、仕事しながら英語の勉強する姿も珍しくありません。

それなら正社員として転職したほうがよっぽど楽。
正社員なら入社後、2年以内にTOEICスコア800点以上取得すれば要件クリア。

ですので、契約社員ではなく正社員就職を前提に、転職活動を行うのがよいでしょう。

【理由5】転職難易度が高すぎるから後悔する?

そもそも「転職難易度が高すぎるから後悔する?」

結論からいうと、楽天の転職難易度は高いです。
前述の通り、英語は必須であり、取得できないと減給処分。

さらに大手転職エージェントでは、2022年9月現在、楽天の求人の扱いなし。

公式サイトからキャリア採用の求人は3件のみ掲載。
楽天モバイルへの転職を希望する方は、相応に転職対策が必須といえます。

そして対策に不安を覚える方は、転職のプロに必ずアドバイスもらいましょう。

一人で悩んでも、良い結果は得られません。
プロに相談するだけでも肩の荷は下りて、具体的な対策が見えてきます。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

やめとけと言われても楽天モバイルに向いてる人の特徴

ここまで楽天モバイルへの転職は後悔する理由を解説してきました。

ではどんな人が転職には向いているのか?
やめとけと言われても楽天モバイルに向いてる人の特徴をまとめます。

【特徴1】通信業界にイノベーションを起こしたい人

まず1つ目の特徴が「通信業界にイノベーションを起こしたい人」

【特徴2】優れたチームと共に世の中を動かしたい人

次に2つ目の特徴が「優れたチームと共に世の中を動かしたい人」

【特徴3】最後までやり遂げる実行力がある人

そして3つ目の特徴が「最後までやり遂げる実行力がある人」

楽天モバイルへの転職で後悔しないための対策とポイント

  • 楽天モバイルに転職を検討している方
  • 楽天グループの一員として社会に貢献したい方

上記の方に向けて楽天モバイルへの転職で後悔しないための対策とポイントをご紹介します。

【対策1】自己分析を徹底的に行う

まずは「自己分析を徹底的に行う」

なぜ自己分析が重要なのか?
それは、長い会社員人生をデザインするため。

大学を卒業すれば、長くとも40年近くは会社員人生を歩むことになります。

長い人生、適当に会社を選んでしまうとどうなるか?
やばい生活が待っているのは、想像しなくても分かります。

どんな仕事をしたいのか?やりたいのか?
将来、叶えたいキャリアを描ける会社はどこか?

これらの疑問に対し、軸を明確にするために「自己分析」が必須になります。

己を客観的に分析することで、強みも弱みも分かります。
したい仕事と向いてる仕事とのギャップにも気づけて、軸を再定義できます。

ただとはいえ、自己分析は一人でできるほど簡単なものではありません。

時間がかかるうえ、そもそもどうすればいいかも分からない。
そんな方におすすめなのが「プロのキャリアコーチングサービス」

自己分析はプロに相談しながら進めるのが確実かつ効率的です。

一人で迷うより、プロに相談するだけで悩みの解消は早まります。
無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロのキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【対策2】転職エージェントをフル活用する

自己分析が完了したら「転職エージェントをフル活用する」

転職活動を具体的に考えたら、早速プロに相談しましょう。
何をするにも、まずは専門家からアドバイスもらうことは鉄則です。

その転職のプロというのが「転職エージェント」

あなたに適した求人を紹介してくれます。
求人の紹介だけでなく転職活動中のサポート全般も受けられます

特にエージェント独自の企業分析は、非常に役に立ちます。
転職の相談だけでも有益ですので、現状の悩みを聞いてもらってはいかがでしょうか。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

【対策3】元社員の口コミから内情を把握する

セルフ対策として「元社員の口コミから内情を把握する」

エージェントの企業分析だけでは不安な方。
そんな方は、元社員の口コミで構成される情報サイトの利用もおすすめです。

特におすすめの口コミ情報サイトが「転職会議

国内最大級300万件以上の口コミ情報を掲載。
元社員による忖度なし&リアルな企業情報を垣間見ることができます。

楽天モバイル転職に失敗しない秘訣と選考突破の対処法

とはいえ、誰でも転職成功できるほど簡単ではない。
楽天モバイル転職に失敗しない秘訣と選考突破の対処法を解説します。

【対処法1】面接に落ちた人の特徴

まず1つ目の対処法として「面接に落ちた人の特徴」

【対処法2】中途採用の評判と選考内容

次に「中途採用の評判と選考内容」

【対処法3】具体的な転職活動時の面接対策

そして最も重要な「具体的な転職活動時の面接対策」

優先すべき面接対策は「企業を知る」
楽天モバイルが求める人材は、主体的な「チャレンジ精神」

その他、求める人物像やよくある質問。
一般的な面接対策については、転職エージェントの力を借りましょう。

論理武装ないまま相手に立ち向かうようなもの。
素手で対峙しても、良い結果は得られるはずはありません。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

楽天モバイル株式会社の会社概要と中途採用情報まとめ

最後に楽天モバイル株式会社の会社概要と中途採用情報をまとめます。

会社名 楽天モバイル株式会社
設立 2018年1月10日
本社所在地 東京都世田谷区玉川一丁目14番1号 楽天クリムゾンハウス
事業内容 電気通信事業法に基づく電気通信事業その他通信に関する事業
従業員数 4,621人(2022年1月1日現在)

【情報1】事業内容

まず楽天モバイルの事業内容についてです。

事業内容(サービス)

  • 楽天モバイル
  • 楽天ひかり
  • 楽天シニア
  • 楽天ブロードバンド
  • 楽天でんわ
  • SMARTalk
  • 国内・国際電話サービス(マイライン)法人向け
  • 国内電話サービス(マイライン)個人向け

【情報2】業績推移

次に楽天モバイルの業績推移は以下の通りです。

【モバイルセグメント 四半期業績推移】

【情報3】平均年収

楽天モバイルの平均年収を競合他社と比較すると以下の通り。

競合比較表 平均年収 職種別の平均年収
(営業)
職種別の平均年収
(エンジニア)
楽天モバイル 627万円 538万円 746万円
NTTドコモ 712万円 639万円 651万円
KDDI 685万円 574万円 669万円
ソフトバンク 679万円 658万円 681万円

【情報4】福利厚生

中途入社向けの福利厚生は以下の通りです。

比較表 楽天モバイル ドコモ KDDI ソフトバンク
福利厚生 各種社会保険完備
フレックスタイム制度
時差勤務制度
在宅勤務
新型コロナ禍でのワークスタイル
仕事と育児・介護の両立支援
食事補助
ストックオプション・従業員持ち株会
クラブ活動
楽天クリムゾンハウスサービス施設
社員寮
福利厚生サービス(リロクラブ)
健康カウンセリングサービス
入社時のビザ取得・更新サポート
リロケーションサポート
従業員向け優待割引
など
各種社会保険完備
交通費全額支給
諸手当(住宅、扶養、他)
財形貯蓄制度
共済/各種貸付制度
その他福利厚生施設
育児休暇・介護休暇制度
など
各種社会保険完備
育児・介護休職
フレックス制度
テレワーク勤務
裁量労働制
各種財形貯蓄制度
社員持株会
KDDIグループ共済会
提携住宅ローン
全国約75カ所の契約保養所
など
各種社会保険完備
社員持ち株会
財形貯蓄
確定拠出年金制度
確定給付年金選択拠出制度
関東ITソフトウェア健康保険組合
転勤社宅
カフェテリア
ソフトバンクホークス野球観戦
福利厚生サービス
など

まとめ:楽天モバイルへの転職は後悔する理由と向いてる人の特徴

楽天モバイルへの転職は後悔する理由と向いてる人の特徴をまとめてきました。

改めて、楽天モバイルへの転職は後悔する理由をまとめると、

楽天モバイルへの転職は後悔する理由

  1. 激務で残業も多いから後悔する?
  2. 赤字続きで先行き不透明だから後悔する?
  3. 英語ができないと給与減額されるから後悔する?
  4. 契約社員から正社員登用は厳しいから後悔する?
  5. 転職難易度が高すぎるから後悔する?

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)