【ブラック?】ブライダル業界はおかしいと言われる3つの理由と今後の将来性
絶望する男性

「ブライダル業界はおかしい?辞めたほうがいい?転職も考えていたから、どうしようか迷ってしまう。。」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「ブライダル業界に転職or就職しようか迷っている人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • ブライダル業界はおかしいと言われる理由
  • ブライダル業界に向いてない人の特徴とは
  • ブライダル業界から転職するならおすすめの職種

ハルマ@ブログ管理人ハルマ@ブログ管理人

「ブライダル業界はおかしいと感じる今後の将来性についても赤裸々に解説していきます。ブライダル業界に転職を考えている方、現職で別業界への転職を検討している方もぜひ参考にしてみてください!」

ブライダル業界はおかしいと言われる3つの理由

早速ブライダル業界はおかしいと言われる3つの理由についてまとめていきます。

【理由1】年収が低いからおかしい?

まず1つ目の理由が「年収が低いからおかしい?」

dodaによると、ブライダル業界(冠婚葬祭)の平均年収は「335万円」

他の業界に比べたら低いのか?高いのか?
結論からいうと明らかに低く、下から数えた方が早いです。

統計分類ではブライダルはサービス業の一つに含まれます。
そして全産業の平均賃金が「299.7千円」、年収に換算すると「359.6万円」
(出典:厚労省「令和2年賃金構造基本統計調査の概況」

全産業と比較し、20万円以上の差が生じています。
なので年収が低いからおかしい、と感じるのも無理はありません。

【理由2】激務で休みも少ないからおかしい?

次に2つ目の理由が「激務で休みも少ないからおかしい?」

ついイメージしてしまう「ブライダル業界=ブラック」

このように印象付けてしまうのが休みの少なさ。
つまり、激務で有給休暇すら取得できないおかしさにあります。

現在は、一部で有給休暇取得率100%を制度化した婚礼企業が存在します。
(出典:リクナビNEXT「“休めない”イメージを覆す。ブライダル業界」

ただ裏を返せば、今までは休めなかったということ。
実際、厚労省調べで冠婚葬祭(サービス業)の平均年次有給休暇の取得率は『51.9%』

産業全体での平均が『56.6%』なので、低いのは一目瞭然。
つまり、ブライダル業界は休みが取りづらいということが明白です。

【理由3】ノルマがきつく残業多いからおかしい?

そして3つ目の理由が「ノルマがきつく残業多いからおかしい?」

結論からいうと、ノルマの有無は勤務先次第。
しかしプランナーの場合は、ノルマはほぼあると認識しておいたほうがいいでしょう。

ウェディングプランナーは営業職の一つ。
以下業界人の体験談からもノルマは必ずあると明言されています。

仕事に悩む男性

「ブライダル業界のノルマですがプランナーを希望するのであれば必ずあります。私の会社では接客の件数や成約率(接客中何パーセント成約になったか)そして実際に挙式をされたお客様の売り上げなど種類がいくつかあり数字で明確に現れます。」
引用: 転職ステーション「ブライダル業界のノルマや繁忙期について教えて」

そして残業時間はどれくらいなのでしょうか?
ウェディング事業を展開する最大手3社の残業時間を確認すると。

婚礼最大手 残業時間(月) 有給消化率(年)
テイクアンドギヴ・ニーズ 50.5時間 38.5%
ツカダ・グローバルホールディング 58.1時間 40.1%
エスクリ 33.7時間 40.4%

月50時間を超えるブライダル企業も存在します。
ノルマがあるのは確か、残業も比較的多い、おかしい業界のようです。

ブライダル業界がおかしいと感じるのは今後の将来性

ここまで、ブライダル業界はおかしいと言われる理由を解説していました。

これらはおかしいと言われるも根本原因ではありません。
つまり、ブライダル業界がおかしいと感じるのは今後の将来性にあります。

日本は超少子高齢社会。
子供が減れば、ブライダル業界は先細りするのは当然。

実際、ブライダル関連市場は右肩下がりで縮小。
2019年は令和婚ブームで市場規模が微増するも、その後はコロナで激減。

外的要因の影響は受けるも基本的には縮小傾向にある業界。
なぜなら、婚姻件数は下げ止まらない状況が続いているからです。

2018年に婚姻件数は約58万件と過去最低を更新したと厚労省が公表しています。

また婚礼大手のT&Gがホテル事業を強化すると発表
これも確たる証拠、ブライダル業界の将来性は明るい兆しが見られるのか?

ブライダル業界の今後の将来性について、おかしいと感じるのも無理はありません。

やめとけ!ブライダル業界に向いてない人の特徴3選

ブライダル業界はおかしいと感じても転職・就職したい人はいる。

しかし、向いてない業界にいても得られるメリットはなし。
ブライダル業界に向いてない人の特徴3選もまとめていきます。

【特徴1】対面での接客が苦手な人

まず1つ目の特徴が「対面での接客が苦手な人」

ブライダル業界はサービス業の一つ。
接客がメインで、しかも対面が基本となる仕事です。

つまり、コミュニケーションを多用される業界だということ。

中には理不尽な要求をする新郎新婦もいます。
それら要求にすべて応えてこそのスペシャリスト。

篠原涼子主演の映画「ウェディング・ハイ」がまさにそれ。
ウェディング業界の仕事を鮮明に映した映画、気になる方はご覧ください。

【特徴2】ブライダル関連に興味がない人

次に2つ目の特徴が「ブライダル関連に興味がない人」

若者自身もブライダル離れは加速。
結婚式などに興味を持たない層は増えています。

興味がない仕事についても苦痛以外の何物でもない。

【特徴3】平日休み(土日祝出勤)は避けたい人

そして3つ目の特徴が「平日休み(土日祝出勤)は避けたい人」

ブライダルをはじめとするサービス業は平日休みが基本。

土日だけでなく祝日出勤は当たり前。
代休は決まって平日となり、予定も立てづらいです。

土日祝出勤を避けたい方は向いてません。
平日出勤の仕事に就きましょう、土日祝休みの仕事のが方が多いです。

関連記事:平日休みの仕事はやめとけ?理由と向いてない人の特徴【おすすめ職業10選】

ブライダル業界から転職するならおすすめの職種3選

ここではブライダル業界に現職の方を対象に!
ブライダル業界から転職するならおすすめの職種3選をご紹介していきます!

【職種1】企画・マーケティング職

「企画・マーケティング職」

【職種2】営業・コンサルタント職

「営業・コンサルタント職」

【職種3】事務・管理部門の仕事

「事務・管理部門の仕事」

ブライダル業界を辞めたいなら転職エージェントにまずは相談

ブライダル業界を辞めたいなら転職エージェントにまずは相談しましょう。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

自己分析が苦手ならキャリアのプロに相談

そして自己分析が苦手ならキャリアのプロに相談しましょう。

就職活動中の就活生なら就活エージェントを利用

まだ就職活動中の就活生なら就活エージェントを利用しましょう。

まとめ:ブライダル業界はおかしいと言われる理由と今後の将来性

ブライダル業界はおかしいと言われる理由と今後の将来性をまとめてきました。

改めて、ブライダル業界はおかしいと言われる理由をまとめると、

ブライダル業界はおかしいと言われる理由

  1. 年収が低いからおかしい?
  2. 激務で休みも少ないからおかしい?
  3. ノルマがきつく残業多いからおかしい?

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)