【不安】行政書士に受かる気がしない?理由と一発合格205名を輩出したおすすめ受験対策
悩むビジネスマン

「行政書士に受かる気がしない…何かおすすめの受験対策はありませんか?」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「行政書士試験に受かりたい人」や「正しい受験対策を知りたい人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • 行政書士に受かる気がしない理由
  • それでも行政書士試験に受かる人の特徴
  • 行政書士試験に一発合格205名を輩出した受験対策

ハルマ@ブログ管理人ハルマ@ブログ管理人

「なぜ、行政書士に受かる気がしないと感じるのか?受験生や合格者の口コミから解説!今まさに行政書士合格を目指している方は、ぜひ参考にしてみてください!!」

本記事の結論を先にお伝えすると・・・

結論、行政書士に受かる気がしない理由は「難易度が高いから」

出題範囲、法改正、学習計画の立案など、行政書士合格に向けたやるべき準備は膨大です。
受験後だけでなく学習の過程で「受かる気がしない」と感じるのは、行政書士の全貌を目の当たりにした結果の表れともいえます。

しかし、難易度が高くても一発合格や1年以内の短期合格者はいます。

そしてこれら合格者には、「ある共通点」があります。
それは「合格実績の優れた通信講座を受講している」ということ。

実は、行政書士試験に4.63倍もの合格実績を誇る受験対策があります。

その受験対策というのが、一発合格者が200名を超える話題の通信講座「アガルートアカデミー

アガルートの行政書士試験合格率は『56.17%』
全国平均の合格率(12.13%)の実に4.63倍の合格実績を有する通信講座です。

ですが優れた反面、デメリットを一つ挙げるなら「価格」
簡単に手が出せるほど、手軽な価格設定ではないのが最大のデメリットです。

しかしアガルートでは、通信講座の無料体験を実施しています。
さらに、他通信講座では行われていない「講座の全額返金」する特典まで付けています。

気になる方は公式ホームページから簡単に無料体験を申込みできます。

悩んでいる間にも、あなたの貴重な時間はどんどん過ぎ去っていきます。

公式ホームページから「資料請求」を選ぶと「無料体験(資料請求)」のページに移ります。
※現在、期間限定で「教育クレジットローン分割手数料0円キャンペーン」を実施中!詳細はこちらからご覧ください。
※アガルートアカデミー行政書士試験講座の詳しい評判についてはこちらから確認できます。

行政書士に受かる気がしない3つの理由

頭を抱えた男性

「行政書士試験に合格された方にご質問します。今、来月の試験に向けて勉強中なのですが全く受かる気がしません…( ;∀;)」
引用: Yahoo!知恵袋「資格」

受験予定者の多くが悩んでいます。
なぜ、行政書士に受かる気がしないと感じてしまうのか?

具体的な行政書士に受かる気がしない3つの理由について触れていきます。

【理由1】対策すべき試験科目が多いから

まず1つ目の理由で多いのが「対策すべき試験科目が多いから」

行政書士の試験科目は「法令等」と「一般知識等」が出題されます。
試験科目をさらに出題内容と問題数、配点にまとめると、以下表のようになります。

行政書士試験|試験科目 出題内容 問題数 配点
法令等 基礎法学 2問 8点
憲法 6問 28点
民法 11問 76点
行政法 22問 112点
商法 5問 20点
一般知識等 政治・経済・社会 7問 28点
情報通信・個人情報保護 4問 16点
文章理解 3問 12点

(出典:行政書士試験研究センター「試験の概要」

上記の通り、試験科目が多く、出題範囲も広いです。
そのため、幅広い法律知識を問われるのが行政書士試験の特徴ともいえます。

さらに、試験科目ごとの配点もそれぞれ異なるのがわかります。
ただ厄介なのは、配点に関して「合格点」とは別に「基準点」が設けられています。

つまり、試験科目ごとに設定された基準点を超えない限り、合格点を取っても合格できないということ。

法律経験者であっても、行政書士は苦戦する試験です。
実際、合格者の多くは幅広い法律知識を問われるとあって、「曲者」と試験を評しています。

デスクワーク(男性)

「両方の資格者です。両者共に一般知識、一般常識は曲者扱いされてますね。行政書士は、一般常識+少し法律の知識というイメージです。高校程度の社会分野、現代文ができれば無学でもそれなりに得点できます。あと、法律部分は個人情報保護法、情報通信関連法を押さえておけばOkかなと。ある意味、一般常識なので範囲があるような無いような・・・。」
引用: Yahoo!知恵袋「資格」

従って、多くの受験生は対策すべき試験科目の多さから「受かる気がしない」と感じるようです。

【理由2】出題形式が多様で勉強きついから

次に2つ目の理由が「出題形式が多様で勉強きついから」

行政書士試験の出題形式は、全部で3種類あります。

行政書士試験の出題形式

  • 5肢択一式:5つの選択肢の中から1つを選ぶ問題
  • 多肢選択式:20個の選択肢の中から4つを選ぶ問題
  • 記述式:40字程度で解答を作文する問題

出題形式が異なれば、試験対策も異なります。
何か一つでも対策が不十分であれば、前述の「基準点」を下回る可能性もあります。

そのため、それぞれの出題形式に合わせた対策が必須で、きつい勉強を強いられます。

法律初学者であれば、経験者よりも勉強はきつくなります。
さらに法改正が施行されれば、現在施行されている法令に関して問題も出題されています。

つまり、過去問の丸暗記では合格は難しいということ。
聞いたこともない法律用語を目の当たりにするだけでも、受かる気がしなくなるのも行政書士試験の特徴ともいえます。

【理由3】試験科目を免除する制度がないから

そして3つ目の理由が「試験科目を免除する制度がないから」

実は、行政書士試験に科目免除の制度はありません。
(税理士試験や弁理士試験、FPは科目合格制度が設けられています)

科目免除の特例制度がないために、受験生も嘆きの声を挙げるほど苦しめられています。

追い込まれた男性

「行政書士について質問です。行政書士の試験は全科目一発で受からないとダメなのですか?今年半分受かって、次回にもう半分といったように、分けて受けれないのですか?詳しく教えて下さい。」
引用: Yahoo!知恵袋「資格」

つまり、試験に落ちれば最初からやり直しになるということ。

ですが一度落ちるだけでもモチベーションは下がります。
徐々にやる気や自己肯定感も下がり、受かる気がしない心情にまで陥りかねません。

ですので、受験を決めたからには、一発合格を目指して勉強することが重要だといえます。

行政書士試験に何回も不合格になってしまう原因とは

ここまで、行政書士に受かる気がしない理由を解説してきました。
ただ、中には「何回受けても不合格になる」という受験生が一定数いるのは事実です。

仕事が辛い男性

「行政書士試験は、何回で受からなかったら諦めるべきですか?」
引用: Yahoo!知恵袋「資格」

ですが、行政書士試験合格者の受験回数は「平均2.3回」
3回以上や、まして10回以上も受験に失敗する人は、何らかの「落ちる原因」があるといえます。

なぜ何回も不合格になってしまったのか?
行政書士試験に何回も不合格になってしまう原因についても深堀解説していきます。

【原因1】一般知識で落ちるため

まず1つ目の原因として「一般知識で落ちるため」

行政書士試験で出題される「一般知識」の対策は難しいとされています。
なぜなら、出題範囲が広いうえに、法改正によって毎年問題は大きく影響し出題予想も難しいため。

一般知識の問題の内容自体は、難しいわけではありません。
上記のような対策と足切りの存在が、受験生を悩ます最大の要因といえます。

実際、一般知識に苦戦し試験でも泣かされた受験生は多くいます。

仕事に追い込まれた男性

「行政書士試験にまた落ちました。一般知識で正解数が1問足りませんでした。一般知識対策としてどのように勉強したら良いでしょうか。」
引用: Yahoo!知恵袋「資格」

ですので、不合格にならないために、確実に点を取れる問題が出題されれば落とさないこと。
そして何より、普段から新聞やニュースなどから情報を収集する癖をつけるのがよいでしょう。

【原因2】学習スケジュールを立てていないため

次に2つ目の原因として「学習スケジュールを立てていないため」

行政書士試験の独学合格に必要な勉強時間は、800~1000時間が目安だと言われています。

数字からも分かる通り、受験対策は長丁場です。
さらに行政書士の試験日は、毎年11月の第2日曜日に実施されています。
(出典:行政書士試験研究センター「試験の概要」

試験日までの間に、どうすれば勉強時間を満たせるか?
受験すべき試験科目とその対策はどのようにすればいいのか?

勉強する以前に、合格するための学習計画は必ず立てる必要があります。

計画なくして目的は果たせません。
何度受験しても不合格になる人は、往々にして計画を立てていない人が多いです。

【原因3】効率の悪い学習方法を行っているため

そして3つ目の原因として「効率の悪い学習方法を行っているため」

行政書士は、出題内容によって配点が異なります。
かつ足切りも存在するため、科目ごとに適した対策を取る必要があります。

また、法改正によって問題は大きく影響します。
言い換えれば、過去問のみ勉強しても対策は不十分だということ。

行政書士試験合格に必要な勉強時間は1000時間程度。
効率のよい勉強法を取り入れなければ、再び不合格通知が届く羽目になります。

結局、行政書士は何回受験しても受かる気がしない無理ゲー試験?

ここまで、行政書士に受かる気がしない理由と原因について解説してきました。

結論、受かる気がしない理由は難易度が高いから。
出題範囲、法改正、学習計画の立案など、行政書士合格に向けたやるべき準備は膨大です。

受験後だけでなく学習の過程で「受かる気がしない」と感じるのは、行政書士の全貌を目の当たりにした結果の表れです。

それでは結局、行政書士は何回受験しても受かる気がしない無理ゲー試験なのでしょうか?

結論からいうと、無理ではありません。
なぜなら、行政書士試験に独学でも一発合格している人はいるから。

実際、一発合格を果たした合格者の声はあがっています。

デスクワーク(男性)

「私も1回で合格しましたが、大学で法学を専攻していたし、法律系予備校の行政書士講座を受講していました。知人たちには、法科大学院・国家公務員・司法書士などの他の法律試験の勉強をしている人がついでに力ためしとして受けて1~2回で受かっている人が多くいます。」
引用: Yahoo!知恵袋「資格」

ですが、可能であっても独学で合格する人は、一握りだと断言できます。
上記口コミにもある通り、すべてを独学で勉強する人は、非常にごく稀です。

苦手科目だけを対策するべく講座に申し込む人。
1回目の受験は独学で、まったく歯が立たないことに気づき2回目は予備校に通うことを決断した人など。

行政書士試験に合格した人の多くは、何かしら通信講座や予備校を利用しているのが背景にあります。

本当に受かる気がしない?行政書士試験に受かる人の特徴とは

では本当に行政書士は受からないのか?
受かる気がしないと感じる人がいる中、行政書士試験に受かる人はいます。

どんな人が受かるのか?行政書士試験に受かる人の特徴をまとめます。

【特徴1】行政書士になる目的が明確な人

まず1つ目の特徴が「行政書士になる目的が明確な人」

何のために試験を受けるのか?
行政書士に合格するためには約600時間もの勉強が必要とされています。

膨大な時間を費やしてまで、何を成し遂げたいのか?

「合格後の目的」が明確でなければ、強い意志を持つ事が難しい。
合格した人のほとんどは、目的に向けたたゆまぬ努力の結果だといえます。

【特徴2】1日6時間以上の勉強時間を確保した人

次に2つ目の特徴が「1日6時間以上の勉強時間を確保した人」

人気通信講座で話題の「アガルート」が、行政書士試験合格者の勉強時間を算出した調査結果を公表しています。

本調査結果によると、3割以上の人が1日6時間以上の勉強時間を確保しているとのこと。
さらに、一発合格者の1日の勉強時間は、5時間以上が過半数を占める結果となっています。

そして合格者の多くは1年以内の短期合格者が多い。
社会人で1日6時間以上の勉強時間を確保するのは難しいため、専業受験生が対象となっています。

つまり、必要な勉強時間(600時間)確保から逆算した学習計画を立てることが重要。
学習計画なく進めても、勉強にムラが出てやり残しや対策が不十分なまま試験を迎えることになりかねません。

【特徴3】独学ではなく最短合格の勉強法を知っている人

そして3つ目の特徴が「独学ではなく最短合格の勉強法を知っている人」

人間に与えられた時間はみな平等。
1日24時間をどのように過ごすかは、自由です。

しかし、行政書士試験の日程は決まっています。
いつから、どれくらい勉強期間を設けても、試験は訪れます。

この「時間の使い方」の重要性を理解している人が、合格した人の特徴です。

逆をいえば、合格できない人の多くは時間の使い方が下手。
すべて独学でやろうと見栄を張り、無駄に時間を「浪費」する特徴があります。

一方、合格できる人は常に「投資」という観点を持っています。
「お金で時間を買う」という発想は、資格取得に限らず、成功者の共通項だと断言します。

つまり、行政書士試験において、有効な時間の使い方というのが「通信講座」
しかも単なる通信講座ではなく、合格実績に優れた通信講座を選ぶことで合格の確度は上がります。

行政書士試験に一発合格205名を輩出した受験対策と学習メリット

頭を抱えた男性

「行政書士は難易度の高い試験なのは分かった!それでも合格を目指したい!でも、どうすれば合格に近づけるのか、受験対策が分からない・・・」

結局、どうすれば合格に近づくのか?
あなたが知りたいのは、受かる人の特徴よりも行った受験対策ですよね?

実は、行政書士試験に一発合格205名を輩出した受験対策があります。

その受験対策というのが、勉強開始1年以内の合格者実績が9割を超える話題の通信講座「アガルートアカデミー

アガルートの行政書士試験合格率は『56.17%』
全国平均の合格率(12.13%)の実に4.63倍の合格実績を有する通信講座です。

独学で試験合格を目指すのは遠回りです。

人生において、「時間的ロス」は取り返しのつかない損失。
合格を目指すなら、早期に合格するに越したことはありません。

そんなアガルートの学習法や学習メリットについて、ここではご紹介していきます!

【メリット1】合格実績に対するコスパの良さ

まず1つ目のメリットが「合格実績に対するコスパの良さ」

アガルートの合格率は令和4年度実績で『56.17%』
全国平均の合格率と比較して『4.63倍』もの合格実績を有します。

一方、競合にあたるフォーサイトは『54.1%』
スタディングに関しては合格率の公表すらありません。

比較表(令和4年度実績) アガルート フォーサイト スタディング
合格率 56.17% 54.1% 不明
合格実績 4.63倍 4.46倍 不明

※2023年8月調査時点の情報

つまり、圧倒的な合格実績を誇る通信講座がアガルートだということ。

講師に直接質問することも無料かつ回数無制限で可能です。
行政書士試験の合格を目指したい方には、最後の救世主ともいえそうです。

【メリット2】合格までのフォロー制度が充実

次に2つ目のメリットが「合格までのフォロー制度が充実」

アガルートでは様々なフォロー制度が整っています。
具体的には、以下2つの受講生をサポートするフォロー制度を受け取れます。

通信講座だからこその充実のフォロー制度

  1. 講師に直接聞けるFacebook質問制度(無料・回数無制限)
  2. 受講生参加型豊村講師のAWESOMEコンサルティング

合格の最短ルートを実現するフォロー制度。
フォロー制度の詳細については、こちらから確認できます。

【メリット3】合格したら全額返金する制度あり

そして3つ目のメリットが「合格したら全額返金する制度あり」

アガルートの真骨頂ともいえる「合格特典」
行政書士試験合格で受講料の全額返金を受けられる嬉しいメリットです。

アガルート行政書士試験講座の合格特典(1or2)

  1. お支払金額全額返金
  2. お祝い金5万円贈呈

さらに、その他にも割引制度やお得な特典が多数付いています。

アガルート行政書士試験講座の割引制度

  • 他校乗換割引
  • 再受講割引
  • 実務講座/開業講座割引
  • グループ割引
  • 他資格試験合格者割引
  • 再受験割引
  • ステップアップ割引
  • 家族割引

さらにさらに、カリキュラム申込者限定の3大特典も付いてきます!

合格特典・割引制度の詳細については、こちらから確認できます。

【Q&A】受かる気がしないと嘆かれる行政書士試験に関するよくある質問

最後に受かる気がしないと嘆かれる行政書士試験に関するよくある質問をまとめます。

【質問1】行政書士試験に働きながら合格は無理?

悩むビジネスマン

「仕事をしながら独学で行政書士の資格を取られた方いらっしゃいますか??私は現在19の女で、派遣で工場事務をしています。」
引用: Yahoo!しごとカタログ「資格」

【質問2】行政書士は誰でも受かるって聞いたけどホント?

悩むビジネスマン

「行政書士試験が誰でも受かる簡単な試験と言う人はある程度法律を勉強した人ですか?僕は高卒の法律初学者ですが、去年初めて受験して手も足も出ませんでした。どこが簡単なのかをかりません。」
引用: Yahoo!しごとカタログ「資格」

【質問3】行政書士試験には「抜け道」が用意されてるの?

悩むビジネスマン

「行政書士試験には「抜け道」が用意されてるの?」

結論からいうと、試験を受けなくても行政書士になれる者はいます。

その者というのが「公務員」

行政書士試験には「特認制度」というものがあります。
具体的な内容については、行政書士法2条に記されています。

国又は地方公共団体の公務員として行政事務を担当した期間及び行政執行法人(独立行政法人通則法(平成十一年法律第百三号)第二条第四項に規定する行政執行法人をいう。以下同じ。)又は特定地方独立行政法人(地方独立行政法人法(平成十五年法律第百十八号)第二条第二項に規定する特定地方独立行政法人をいう。以下同じ。)の役員又は職員として行政事務に相当する事務を担当した期間が通算して二十年以上(学校教育法(昭和二十二年法律第二十六号)による高等学校を卒業した者その他同法第九十条に規定する者にあつては十七年以上)になる者

記載の通り、公務員として行政事務17年または20年勤務した方は行政書士試験を免除されます。

まとめ:行政書士に受かる気がしない理由とおすすめ受験対策

行政書士に受かる気がしない理由とおすすめ受験対策をまとめてきました。

改めて、行政書士に受かる気がしない理由をまとめると、

行政書士に受かる気がしない理由

  1. 対策すべき試験科目が多いから
  2. 出題形式が多様で勉強きついから
  3. 試験科目を免除する制度がないから

行政書士試験に合格して人生を変えたい方向けの通信講座が「アガルートアカデミー