データXはなぜ「やばい」と言われるのか?理由と評判を口コミや競合比較から検証
悩むビジネスマン

「データXに就職したい!でも「やばい」という情報もあって、会社の評判はどうなんだろう?」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「データXに就職・転職を考えている人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • データXはやばいと言われる理由
  • 同業他社を比較したデータXのやばい評判
  • データXに向いてる人の特徴と最適な就活支援

スマートデータ社会の実現を目指す会社「データX」

データテクノロジーをコアに、複数のプロダクトを展開中。
なかでも有名なのが、マーケティングプラットフォーム「b→dash」の開発/提供。

本プロダクトは、リリースして約6年で500社以上に導入を実現。
第2、第3の新規プロダクト開発を進めるなど、急速に事業拡大中の会社です。

そんなデータXをGoogle検索してみると、以下のワードがヒットしました。

「データX やばい」

他にも「データx 激務」など。
到底ポジティブとは思えない関連ワードが出現していることが分かります。

悪評ともとれる情報が出回っていますが本当なのでしょうか?
就職や転職を検討している方にとっては、非常に気になる情報です。

そこで本記事ではデータXの評判をリサーチ!
元従業員の口コミや競合他社との比較から真相を検証していきます!

本記事の結論を先にお伝えすると・・・

結論、データXはやばいと言われる理由は「個人の主観」
つまり、やばいと感じる人もいれば、まったく感じない人もいるということ。

客観的にみれば、特にやばい実態は確認できず。
実際、元社員の口コミをみても、成長できる環境として評価が高いです。

しかし、本当にやばいのではないか?
自分に合う会社なのかどうか?入社前は誰もが不安を抱きます。

ですので少しでも不安を取り除くためにも対策が重要になってきます。

その有効な対策の一つが「就活のプロに相談」
就活のプロとは、つまり「就活エージェント」に相談してみることを強くおすすめします

個人でリサーチするにも限界があります。
企業分析するには、業界に精通するプロに相談するのが賢明です。

無料の個別カウンセリングから自分に本当に合った企業を紹介してくれます。

【無料】早期の内定獲得を実現!就活生・新卒向け就活エージェントおすすめ3選

転職活動中の方は「転職エージェント」をフル活用しましょう

企業の内情だけでなく労働環境までリサーチできます。
年収交渉も代行してくれるため、有効かつ効率的に活動を進められるメリットがあります。

エンジニア転職に特化!経験者向けIT専門の転職エージェントおすすめ3選

株式会社データXとはどんな会社?

データXはやばいと言われる理由に触れる前に。
まずはじめにデータXとはどんな会社か?会社概要をまとめます。

会社名 株式会社データX
設立 2010年4月6日
東京オフィス所在地 〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-20-1
住友不動産西新宿ビル26階
Service b-dash
グループ会社 株式会社dataX Fukuoka
株式会社dataX Technologies

データXは、『データ』をキーワードに事業を展開するデータテクノロジーカンパニー。

掲げるミッションは「スマートデータ社会の実現」
データテクノロジーをコアに、複数のプロダクトを展開しています。

なかでも有名なのが、マーケティングプラットフォーム「b→dash」の開発/提供。

本プロダクトは、リリースして約6年で500社以上に導入を実現。
第2、第3の新規プロダクト開発を進めるなど、急速に事業拡大中の成長企業です。

データXはやばいと言われる5つの理由

早速、データXはやばいと言われる5つの理由について触れていきます。

【理由1】年収が低いからやばい?

特に気になるのが「年収が低いからやばい?」

データXの年収は低いのでしょうか?
就職希望者にとって、年収は非常に気になる情報です。

実際に調べてみると、データXの平均年収は口コミ調べで「872万円」
その他の求人情報をみても、営業職は840万円~1,260万円と職種によって年収は異なるようです。

一方、日本の会社員の平均年収は、国税庁調べで「443万円」
比較すると、データXの方が400万円近く年収は高いのがわかります。

つまり、データXの年収は高い水準だということ。
それでも「年収低い」と感じるのは、個々人の主観が大きく影響しているといえそうです。

【理由2】激務で仕事きついからやばい?

労働環境で気になるのが「激務で仕事きついからやばい?」

年収が高くても、激務だと就職を躊躇する人は多いです。
実際のところ、データXは激務になるほど仕事はきついのでしょうか?

ここでは、「激務」の度合いを「残業時間」で評価し調べてみます。

データXの平均残業時間は、口コミ調べで「44.9時間」
新卒募集要項を確認しても、2020年度実績で45時間と公表されています。

換算すると、毎日2時間超の残業をしている計算になります。

2時間超の残業をきついと感じるかは、個々人の主観。
ですが、データXでは平日20時以降の残業はできない決まりとなっているようです。

前を向くビジネスマン

「よほどの理由がない限り、20時以降は残業ができないようになっている。PCが利用できなくなるので、隠れて残業するなどといったこともできない。」
引用: 転職会議「」

さらに、ワークライフバランスを評価する声も多数あり。
リモートワークにも対応し、仕事とプライベートの両立もしやすい環境が用意されています。

つまり、残業は多くても働きやすい環境が揃う会社。
福利厚生も充実し、従業員ファーストの優れた会社だといえそうです。

【理由3】就職難易度が高いからやばい?

就活生が特に懸念するのは「就職難易度が高いからやばい?」

結論からいうと、データXの就職難易度は高すぎない。
なぜなら、採用倍率がそれほど高くはなく、就活生向け調査でランク外だから。

実際に倍率を調べてみると、リクナビ調べで「約27.8~約54倍」
(採用予定人数51~100名に対して、エントリー数は2,778名。※2023年9月調査時点の情報)

東洋経済によると、採用倍率が25倍以下を「低め」と表現。
比較しても、データXの採用倍率はわずかに超えている状況だといえます。

さらに、楽天みん就が公表する「新卒就職人気企業ランキング
本ランキングの200位にデータXはいずれもランクインしていません。

つまり、データXの就職難易度は低すぎない。
高くはないが、低すぎでもない難易度だといえそうです。

とはいえ、就活生にも人気な企業であるのは確かです。

人気が高いということは、一筋縄では受かりません。
内定を獲得したい方は、「入念な就活対策」が必要不可欠だと断言できます。

少しでも面接やESの書き方に不安を覚えるなら、その道のプロに相談しましょう。

その道のプロというのが「就活エージェント」
内定を早期に勝ち取りたい方は、必ず就活エージェントの力を借りましょう。

【無料】早期の内定獲得を実現!就活生・新卒向け就活エージェントおすすめ3選

【理由4】採用大学に偏りがあるからやばい?

さらに「採用大学に偏りがあるからやばい?」

結論、データXの過去の採用実績から偏りはなし。
なぜなら、偏差値50以下の大学卒も採用しているからです。

実際に採用実績のある大学の一例を見ると、以下の通りとなります。

愛知産業大学、愛媛大学、大阪大学、大阪芸術大学、関西学院大学、神田外語大学、北九州市立大学、九州大学、京都大学、京都産業大学、慶應義塾大学、高知大学、公立はこだて未来大学、相模女子大学、島根大学、信州大学、上智大学、椙山女学園大学、成安造形大学、専修大学、拓殖大学、玉川大学、千葉大学、中央大学、筑波大学、帝京大学、東海大学、東海学園大学、東京大学、東京外国語大学、東京工科大学、東京薬科大学、東京理科大学、桐朋学園大学、など。

国立大学、旧帝大、有名私立はもちろん。
偏差値50以下の大学も含まれており、採用にはバラつきが見られます。

つまり、採用大学に偏りなく平等にチャンスがあるということ。
もっといえば学歴フィルターもないことも分かり、完全実力次第だといえます。

ですが、油断したら簡単に落とされます。
内定を獲得するためには「入念な就活対策」が必要不可欠です。

そのための最適な方法が「就活エージェントの活用」

就職活動での対策に不安を覚える方。
内定を早期に勝ち取りたい方は、必ず就活エージェントの力を借りましょう。

【無料】早期の内定獲得を実現!就活生・新卒向け就活エージェントおすすめ3選

【理由5】インターンの倍率が高いからやばい?

大学生が不安視するのが「インターンの倍率が高いからやばい?」

インターンの募集人数は500名以上。
対象は、2025年3月に4年制大学・大学院卒業見込みの学生のみとなっています。

規模は大きく、就活生に人気のインターン。
倍率も高くなることが予想され、面接や面談準備など事前対策は必須といえそうです。

競合比較からデータXのやばい評判を検証

データXはやばいと言われる理由をまとめてきました。

ここまでの情報はすべて主観によるもの。
やばいと感じる人もいれば、まったく感じない人もいる。

では、客観的に見た時のデータXの評判はどうなのか?
主観だけでは評価に偏りが生じるため、競合他社との比較情報が必要です。

ここでは競合比較からデータXのやばい評判を検証していきます!

同業他社(MAツール提供)比較表

まず同業他社(MAツール提供)比較表は以下の通りです。

比較表 データX SATORI シャノン
平均年収 872万円 585万円 481万円
初任給 月給230,000円
(※総合職)
月給416,667円
(※システムエンジニア職)
月給250,000円
(※ビジネス総合職)
賞与 年4回昇給昇格の機会あり 無(決算賞与有) 年2回
諸手当 交通費全額支給
近距離住宅手当
リファラル採用手当
など
就労環境整備手当
在宅手当
外部研修手当
交通費支給
など
通勤手当
家族手当
近距離手当
など
平均残業時間 44.9時間/月 32.9時間/月 20.9時間/月
有給消化率 55.7%/年 80.7%/年 67.9%/年
福利厚生 社会保険完備
持株会
ファミリア
健康支援
出産祝い金
育児サポート
など
社会保険完備
学習用書籍購入資格取得費用の会社負担
家事代行サービス(月2回)
各種お見舞金(結婚出産慶弔見舞金など)
育休/産休/時短勤務制度
企業主導型ベビーシッター利用者支援
年次有給休暇無制限取得
など
社会保険完備
関東ITソフトウェア健保
ベネフィットステーション加入
団体生命保険加入
確定拠出型年金
持株会
ベビーシッター利用支援
など
総合評価 3.72 3.33 3.16

※2023年9月調査時点の情報

【数値データの引用元】
ライトハウス「株式会社データX(旧:株式会社フロムスクラッチ)」
マイナビ2024「(株)データX、(株)dataXTechnologies、(株)dataX Fukuoka」
転職会議「株式会社データX(旧: 株式会社フロムスクラッチ)」
ライトハウス「SATORI株式会社」
マイナビ2024「SATORI(株)」
転職会議「SATORI株式会社」
ライトハウス「株式会社シャノン」
転職会議「株式会社シャノン」
HRMOS採用「株式会社シャノン すべての求人一覧」

【評判1】大卒初任給は低い

まず競合比較から明らかなのは「大卒初任給は低い」

データXの大卒初任給(総合職)は「23万円」
競合他社と比較すると、初任給は低い水準となっています。

ただ、昇給昇格の機会は年4回準備されています。

つまり、実力主義の給与体系・評価制度だということ。
実力次第では、早々に高収入も実現不可能ではないでしょう。

【評判2】40時間超えの残業に加えて有給消化率も悪い

客観的な情報からわかるのは「40時間超えの残業に加えて有給消化率も悪い」

前述でも解説の通り、データXの残業は多い。
有給消化率も悪い状況ではあるものの、福利厚生は充実しています。

自己成長できる会社か、プライベート重視の会社を選ぶか。
どのような会社、職場環境を選ぶかは、あなたの価値観次第です。

会社のより詳しい労働環境を調べたい方は、就活エージェントに相談してみることをおすすめします。

【無料】早期の内定獲得を実現!就活生・新卒向け就活エージェントおすすめ3選

【評判3】スキルアップできる会社として支持される人気企業

そして「スキルアップできる会社として支持される人気企業」

元社員からの評判をみてもデータXの評価は非常に高いです。
評判の多くは、自己成長やキャリア開発に力を入れている点に対する評価。

成長できる環境に身を置きたい就職希望者には、最適な会社だといえそうです。

【体験談】データX元社員によるやばい評価

体験談からデータX元社員によるやばい評価をまとめます。

【評価1】b→dashはじめ事業の成長性・将来性は明るい

前を向くビジネスマン

「b→dashは引き続き企業の大きな軸とし、機能拡張やUIの充実は引き続き図っていく。その上で海外展開を視野に入れながら事業展開を進めていく。当然、b→dash以外の新事業を創っていくことにもなる。」(20代後半、男性、正社員、販促企画・営業企画)
引用: 転職会議「株式会社データX(旧: 株式会社フロムスクラッチ)」

前向いて歩くビジネスマン

「b→dashというツールは、All in Oneという思想で開発しており、データマーケティングに関連する機能がb→dash1つで実現できるようになっています。そのため、1つ1つの機能に特化した専門ツールに比較するとできないことが一定あります。」(30代前半、男性、正社員、法人営業)
引用: 転職会議「株式会社データX(旧: 株式会社フロムスクラッチ)」

【評価2】強みは開発力だけでなく営業力と組織の一体感

デスクワーク(男性)

「組織の一体感と、そこからくる指揮命令の伝達の速さ。そこに「ノーコード」という新規性のある事業テーマを据えており、自分は新卒で入ったため、この会社しか知らないが、それでもスピードとパワーのある会社だと感じる。」(20代後半、男性、正社員、テレマーケティング)
引用: 転職会議「株式会社データX(旧: 株式会社フロムスクラッチ)」

喜ぶ男性

「営業力の強さ。セールスフォースなど外資系ベンダーにも引けを取らないセリングを実現できている。」(20代後半、男性、正社員、ITコンサルタント)
引用: 転職会議「株式会社データX(旧: 株式会社フロムスクラッチ)」

【評価3】女性にとって働きやすい職場環境

前を向くビジネスマン

「女性にとって働きやすい会社だと思います。・育児休暇などの支援も積極的で、復帰後の業務サポートなども行っており、安心して長く働ける環境・様々な福利厚生制度があり、子育てとの両立もしやすい・キャリアに関しては、男女間の弊害はまったく無く平等に評価する人事考課制度がある為、女性男性関係無く様々なキャリア形成が可能」(30代後半、男性、正社員、財務)
引用: 転職会議「株式会社データX(旧: 株式会社フロムスクラッチ)」

デスクワーク(女性)

「男女の区別なく評価がされるため、特に女性だから働きづらいと感じたことはない。女性だけではないが、家庭や育児の都合で出勤や定時で稼働ができなくても調整してくれるなど、社員の事情に寄り添ってくれる。」(20代後半、女性、正社員、新規事業・事業開発)
引用: 転職会議「株式会社データX(旧: 株式会社フロムスクラッチ)」

やばいと言われてもデータXに向いてる人の特徴

ここまで主観と客観的な評価から見えてくるデータXのやばい情報をまとめてきました。

では、どんな人が就職・転職には向いているのか?
やばいと言われてもデータXに向いてる人の特徴についてまとめます。

【特徴1】スピード感ある職場で自身も成長したい人

まず1つ目の特徴が「スピード感ある職場で自身も成長したい人」

【特徴2】「スマートデータ社会の実現」に共感し体現できる人

そして2つ目の特徴が「「スマートデータ社会の実現」に共感し体現できる人」

就活生向け!人気企業から早期内定を獲得する方法3選

仕事に悩む男性

「データXのような人気企業、有名企業に就職したい!でも面接は不安で、企業分析もどうすればいいかも分からない。。何かいい方法はありませんか?」

初めての就職活動で不安に感じる就活生は多いです。
そんな就活生向けに人気企業から内定を早期に獲得する就活支援があります!

その就活支援が「就活エージェントを活用する方法」

ESの書き方から面接対策まで徹底的にサポートを受けられます
利用はすべて無料!早期の内定獲得を実現したい就活生は利用しない手はありません。

特におすすめの3社を厳選紹介します。
現在就活まっただ中の大学生は、ぜひ参考にしてみてください。

【就活支援1】レバテックルーキー


公式サイト:https://rookie.levtech.jp

サービスの特徴・強み

  • 支援実績16年!ITエンジニア専門の就活エージェント
  • 大手Web企業から急成長ベンチャーまで5,000社以上の企業情報を保有
  • ES添削、面接対策、ポートフォリオ作成などプロのサポートで内定率アップ!

利用に向いてる人

  • 文系、理系問わずプログラミング経験のある就活生
  • 関東のIT業界・web企業に就職を考えている学生の方

【就活支援2】キャリセン就活エージェント


公式サイト:https://careecen-shukatsu-agent.com

サービスの特徴・強み

  • 約1時間の面談で学生さんに合った企業を紹介
  • 当社のサービスを利用した時の内定獲得率は5.4倍の実績あり
  • キャリアアドバイザーとの個別面談で自分の強みなどの整理が可能

利用に向いてる人

  • 首都圏、関西圏で就職を考えている就活生
  • 自分に合った企業の探し方がわからない人

【就活支援3】ジョブスプリング


公式サイト:https://jobspring.jp

サービスの特徴・強み

  • 学生のキャリアプランに寄り添った企業紹介
  • 経験を積んだエージェントが入社まで手厚くサポート
  • コンテンツも充実!イベント・セミナーでプロのノウハウを提供

利用に向いてる人

  • 地方在住で関東圏に就職希望の就活生(WEB面談対応)
  • 求人の紹介だけでなく就活イベントにも参加したい人

データXなど急成長IT企業への転職に強い転職エージェント3選

仕事に追い込まれた男性

「やばい情報も分かった!それでも急成長IT企業に転職したい!どうすれば内定獲得を有利に進められる?」

データXなど急成長IT企業への転職を有利に進める方法があります。

それが「転職エージェントをフル活用する方法」

転職エージェントは企業の人事担当と太いパイプを持っています。
さらにエージェントとのカウンセリングから推薦状も出してもらえます。

ですので少しでも転職活動を有利に進めるためにも、転職エージェントの活用は必須といえます。

ではどの転職エージェントがおすすめなのか?
データXなど急成長IT企業への転職に強い転職エージェント3選を厳選紹介します!

【転職支援1】ワークポート

創業20年の豊富な実績を誇る転職決定人数No.1「ワークポート」
(公式サイト:https://workport.co.jp

サービスの特徴・強み

  • 転職決定人数No.1を誇る創業20年の運営実績(相談実績67万人以上)
  • 転職活動に便利な無料アプリやスクール(エンジニア向け)が豊富
  • 第2新卒~ハイクラスまでのベンチャー・大企業と幅広く求人を紹介

利用に向いている人

  • 確かな実績とサービス運用歴でエージェントを決めたい方
  • エンジニア、クリエイティブ、営業、管理部門に転職したい方
  • 名だたる有名企業、大企業に転職したい方

【転職支援2】マイナビIT AGENT

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビ運営サービス「マイナビIT AGENT」
公式サイト:https://mynavi-agent.jp/it(※マイナビのプロモーションを含みます。)

サービスの特徴・強み

  • 全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業まで求人を網羅
  • 多くの人事採用担当者と太いパイプを持ち隠れた優良企業の紹介も可能
  • IT業界出身のキャリアコンサルタントが一人一人のニーズにマッチした転職を提案

利用に向いている人

  • 首都圏・関西圏・東海圏在住のIT、Web業界経験者
  • 大手からベンチャーまでIT業界の求人を幅広く探したい人

『マイナビIT AGENT』に無料登録して転職活動を始める
※マイナビのプロモーションを含みます。

【転職支援3】レバテックキャリア

ITエンジニア経験者専門の転職エージェント「レバテックキャリア」
(公式サイト:https://career.levtech.jp

サービスの特徴・強み

  • ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1
  • 保有求人7000件以上のうち8割以上が年収600万円以上のハイクラス求人
  • 紹介可能な企業は大手IT企業からWeb系企業、スタートアップまでを幅広く網羅

利用に向いている人

  • IT/Web系エンジニアの経験者
  • 20代後半~40代前半で首都圏勤務希望の方

今すぐ辞めたい!データXをストレスなく退職する方法

今すぐ辞めたい!データXをストレスなく退職する方法があります。

それが退職手続きを代行する「退職代行サービス」

いまや退職代行サービスの認知度は約6割。
「退職」を重く考える必要も、煩雑な手続きも行わなくて辞められます

  • 上司に退職の報告をするのが怖い
  • どうやって伝えたらいいかも分からない
  • 退職を伝えても職場に留まるのは気が引ける

退職のことを考えて消耗してはいませんか?

退職代行サービスを使えばストレスなく辞められます。
自分のタイミングで、簡単に辞められる方法がすでに準備されています。

あとは勇気を出して行動するのみ。
退職代行サービスに連絡すれば、あとは退職完了まで進めてくれます。

労働組合or弁護士が対応!安心の退職代行サービスおすすめ3選

まとめ:データXはやばいと言われる理由と評判・口コミ情報

データXはやばいと言われる理由と評判ををまとめてきました。

改めて、データXはやばいと言われる理由をまとめると、

データXはやばいと言われる理由

  1. 年収が低いからやばい?
  2. 激務で仕事きついからやばい?
  3. 就職難易度が高いからやばい?
  4. 採用大学に偏りがあるからやばい?
  5. インターンの倍率が高いからやばい?

就活生で面接対策やESの書き方に悩んでいる方は「就活エージェント」の利用がおすすめです。

【無料】早期の内定獲得を実現!就活生・新卒向け就活エージェントおすすめ3選

転職活動中の方は「転職エージェント」をフル活用しましょう

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)