【やめとけ?】アウトソーシングテクノロジーはやばいと言われる3つの理由と口コミ
悩むビジネスマン

「アウトソーシングテクノロジーはやばい、という情報を耳にしたことがあるけどホント?やめといたほうがいいのかな?」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「アウトソーシングテクノロジーに派遣登録 or 転職しようか迷っている人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • アウトソーシングテクノロジーはやばいと言われる理由
  • 他社比較からわかるアウトソーシングテクノロジーの評判
  • アウトソーシングテクノロジーの登録に向いてる人の特徴

エンジニア派遣や業務請負を行う人材派遣会社「アウトソーシングテクノロジー」

親会社は東証プライムに上場する「株式会社アウトソーシング」
IR情報から直近の連結売上高は5,600億円を超え、人材紹介の巨大企業として有名です。

そんな有名な会社を検索してみると、以下のワードがヒットしました。

「アウトソーシングテクノロジー やばい」
「アウトソーシングテクノロジー やめとけ」

到底ポジティブとは思えない関連ワード。
登録予定の方、転職を考えている方にとっては非常に気になる情報です。

そこで本記事ではアウトソーシングテクノロジーの評判について、利用者や元社員の口コミと他社比較から真相を検証していきます。

本記事の結論を先にお伝えすると・・・


アウトソーシングテクノロジーはやばいと言われる理由は「利用者の主観」
つまり、やばいと感じる人もいればまったくひどいと感じない人もいるということ。

悪評が流れるのはこれらやばいと感じた利用者や元社員によるもの。

客観的にみれば特にやばい実態は確認できず。
むしろ平均的に考えれば、同業界、競合他社よりも優れた会社だといえます。

やばい情報が気になる方は、別の派遣会社に登録しておくことをおすすめします。

一つの会社にこだわる必要など一切ありません。
むしろ悩んで前進できないことのほうが、よっぽどやばい状況です。

おすすめのIT派遣は「パーソルテクノロジースタッフ

悩んでも何の解決にもなりません。
登録して働いてみないと気づけないことは多々あります。

就職活動中の就活生「就活エージェント」をフル活用しましょう。
ES作成から面接対策、企業分析など内定獲得までフルサポートを無料で受けられます

一人で活動するより、そばに心強い味方がいるだけで前向きになれます。

【無料】早期の内定獲得を実現!就活生・新卒向け就活エージェントおすすめ3選

アウトソーシングテクノロジーはやばいと言われる3つの理由

「アウトソーシングテクノロジーはやめとけ?」
不安に思う利用予定者、内定者の口コミは多く散見されます。

実際のところどうなのでしょうか?
具体的なアウトソーシングテクノロジーはやばいと言われる3つの理由について検証します。

【理由1】年収が低いからやばい?

まず1つ目の理由が「年収が低いからやばい?」

最も不安視されているのが「年収」
マージンと受け取れる額に不安を覚える人は多いようです。

ではアウトソーシングテクノロジーの年収を調べます。
OpenWork調べで派遣の年収は「311万円」となっています。

さらに、派遣労働者の平均賃金も調べます。
労働者派遣事業報告書」によると賃金は「15,590円(8時間換算)」

これから、年間240日労働(※)したとして年収は「約374万円」
(※休日を125日とし、365日から引いた労働日数)

確実ではありませんが、60万円ほどの差は生じているのが分かります。

しかし、以下口コミをご覧ください。
アウトソーシングテクノロジーでは、家賃補助など福利厚生が充実しています。

実際、家賃補助の支給が公式ホームページでも公表済み。
家賃補助だけでなく資格取得支援制度(1万~6万円程)も整っています。

つまり、働くうえで何を優先すべきかは個々人の判断。

年収が低い、と主観で判断する人もいます。
でも年収低いけど、家賃補助はあると総合的に判断する人もいるのも事実。

口コミの通りで個人の判断によります。
よってアウトソーシングテクノロジーがやばいというのは、個人の主観による影響が大きいと断言できます。

【理由2】担当営業がよくないからやばい?

次に2つ目の理由が「担当営業がよくないからやばい?」

派遣会社では結構あるあるです。
つまり、アウトソーシングテクノロジーに限った話ではないということ。

ただアウトソーシングテクノロジーでは、対策(体制)が取られています。

それが「SL(セクションリーダー)とTL(チームリーダー)ポジション」
それぞれの役割を明確にし、派遣社員の評価やスキルアップに専念する仕組み。

この仕組み導入によって、社員の満足度は9割を超えたとのこと。

この仕組みの導入によって、営業担当も営業業務に専念できるため、同業他社に比べて、きめ細かい対応が可能です。それにより、営業担当に対するエンジニアの満足度は9割(社内調査)を超える好環境が構築できています。

対策を取らない派遣会社も中には存在します。
派遣社員をコマとしか捉えていない会社のほうがよっぽどやばいです。

アウトソーシングテクノロジーがやばい会社であれば、ここまで対策を取るでしょうか?

【理由3】スカウトメールがしつこいからやばい?

そして3つ目の理由が「スカウトメールがしつこいからやばい?」

登録すればメールは届きます。
他の派遣会社でも同様に送られてきます。

また、転職サイトに登録しても同様にスカウトメールは届きます。

しつこい(だからやばい)と感じるなら拒否設定すれば問題なし。
つまり、登録後のしつこさも利用者の主観であってやばい要素は何もありません。

アウトソーシングテクノロジーと同業の他社比較から評判を検証

ここまでアウトソーシングテクノロジーがやばいと言われる理由を確認してきました。

結論、利用者の主観(やばい)によるもの。
やばいと感じる人もいればまったく感じない人もいるということ。

ただし、主観だけの評価では信憑性に欠けます。
競合他社との比較から客観的な評判も確認しておく必要があります。

主観だけでなく客観的な情報からアウトソーシングテクノロジーのやばさを評価。

ここではアウトソーシングテクノロジーと同業の他社比較から評判を検証していきます。

同業他社(人材派遣サービス)比較表

まず同業他社(人材派遣サービス)比較表は以下の通りです。

比較表 アウトソーシング
テクノロジー
パーソルテクノロジー
スタッフ
エンジニアガイド
福利厚生 引っ越し手当・住宅手当
→転居費用、原則全額会社負担
→寮費の補助(最大で家賃の半額まで)
→単身者の場合 30,000円まで/月
→家族同伴の場合 40,000円まで/月
確定拠出型年金
育休・時短勤務
みずほ銀行優遇措置
健康相談室
社会保険
通勤交通費・在宅勤務手当
休暇休業・見舞金
出産・育児支援
健康管理・ライフサポート
障がい者・外国籍支援
有給休暇/社会保険完備
健康診断/メンタルヘルスライン
任意加入型団体保険制度
安心のサポート体制
支援 資格取得支援制度
→ITパスポート取得時 11,000円支給
→CCNA取得 44,000円支給
→ITストラテジスト取得時 56,000円支給
割引・特典
KENスクール受講料割引
→オンライン英会話
→TOEIC団体受験割引
→高級化粧品優待販売
スキルアップ支援・優待制度
→エンジニア資格インセンティブ制度
→LEC 東京リーガルマインド
→FOM出版テキスト購入サービス
→ベルリッツ特別価格
→アルク法人価格
→Gaba英会話特別専用プラン
→ECC優待価格
→日経BP社ビジネス書籍割引購読
→産業能率大学
キャリアアップ
→キャリアカウンセラーによるサポート
→eラーニング
→通信教育講座
→提携スクール
研修
育成
研修生制度(未経験者向け)
→CCNA研修プログラム(20日間コース)
→Java研修プログラム(35日間コース)
→RPA研修プログラム(20日間コース)
スキルアップ研修(経験者向け)
キャリアドック制度
キャリア研修(対象者)
登録スタッフ限定無料セミナー・研修
エンジニアのスキルアップ
キャリア形成を支援
派遣先への定期訪問・面談
仲間と働けるユニット制度
業務連絡や交流の場のポータルサイト
キャリア
パス
多様性の尊重
キャリア支援の体制づくり
希望勤務地で働ける
ライフスタイルごとに設計
様々な企業でスキルアップ
安心できる就業環境作り
全国で1.2名以上が活躍
取引実績は大手中心に7500社
求人数は業界最大級約4.8万件

※2022年8月調査時点の情報

登録メリットは「福利厚生や研修制度が充実」

同業他社との比較から登録メリットは「福利厚生や研修制度が充実」

客観的にも分かる通り、アウトソーシングテクノロジーは福利厚生が充実。

特に、住宅手当がついてるのはメリット大きい。
他にも未経験者向けの研修制度や資格取得支援も充実。

未経験からITエンジニア派遣になりたい方にとってメリットの大きい派遣会社だといえます。

スキルアップ支援・優待制度なら「パーソルテクノロジースタッフ」

ただしスキルアップ支援・優待制度なら「パーソルテクノロジースタッフ」

ITエンジニアとしてのスキルアップだけではありません。
英会話や法律・会計・経済などのビジネススキルも支援制度から取得可能。

特に語学習得の優待は手厚く準備されています。
英語だけでなく様々な教育サービスを受けることができます。

パーソルテクノロジースタッフは、総合的なビジネススキルを習得したい方におすすめな派遣会社です。

アウトソーシングテクノロジーの派遣登録に向いてる人の特徴とは

ここまでアウトソーシングテクノロジーの評判を調べてきました。
ではアウトソーシングテクノロジーの派遣登録に向いてる人の特徴とは何か?

向いてなければ、結果的にやばい末路が待っています。
具体的なアウトソーシングテクノロジーの派遣登録に向いてる人の特徴をまとめていきます。

【特徴1】未経験からエンジニア職の経験を積みたい方

まず1つ目の特徴が「未経験からエンジニア職の経験を積みたい方」

未経験向けの支援制度が充実したアウトソーシングテクノロジー。
研修・育成も手厚いので、全くの未経験者に向いている派遣会社です。

これからITエンジニアとして活躍したい方は、登録しておくことをおすすめします。

【特徴2】KENスクールに通ってITスキルを積極的に習得したい方

2つ目の特徴が「KENスクールに通ってITスキルを積極的に習得したい方」

グループ会社が運営している「KENスクール
資格取得と転職に強い人気のパソコン・ITスクールです。

福利厚生の一環で、登録している社員ならお得に受講可能。
つまり能動的に、ITスキルを習得してスキルアップを目指したい方に向いています。

アウトソーシングテクノロジーと併用登録したいおすすめ派遣会社3選

結論、アウトソーシングテクノロジーのみに登録するのがやばい。

派遣会社は複数登録しておくことをおすすめします。
なぜなら、登録数が多いと求人や働き方の選択肢が増えるから。

派遣会社によってもサポートの質は異なります。
担当の向き不向きもあり、併用すれば比較することも可能です。

1社に固執してしまうと選択肢を狭めることになりデメリットです。

実際に派遣社員の約7割が、2社以上に派遣登録しています。
(出典:日本人材派遣協会「派遣社員WEBアンケート調査」

ここではアウトソーシングテクノロジーと併用登録したいおすすめ派遣会社3選をご紹介します!

【おすすめ1】パーソルテクノロジースタッフ

人材領域で抜群の知名度を誇るパーソルグループが運営の「パーソルテクノロジースタッフ」
(公式ホームページ:https://persol-tech-s.co.jp

サービスの特徴・強み

  • 高単価&上流過程の仕事案件に強い!
  • 業界に精通したコーディネーターによるお仕事紹介!
  • 気軽に担当スタッフに相談できる抜群のフォロー体制!

登録に向いている人

  • 派遣社員から正社員を目指したい方
  • 充実した福利厚生・スキルアップ支援を受けたい方

【おすすめ2】テクノウェイブ

創業25年目を迎えた「人材サービスひとすじ」の会社が「テクノウェイブ」
(公式ホームページ:http://www.technowave.co.jp

サービスの特徴・強み

  • SE/PGをはじめ、IT系を中心に幅広い案件に特化した 独立系の人材派遣会社!
  • IT職を中心に“派遣スタッフの皆さんを第一に考えたサポート”体制

登録に向いている人

  • 45歳までのITエンジニアを目指したい方

【おすすめ3】エンジニアガイド

業界最大級の求人数を扱う「エンジニアガイド」

サービスの特徴・強み

  • 専属コーディネーターが徹底サポート!最短2日で就業可能!
  • 取引実績は大手メーカーを中心に7,500社!
  • 全国で12,000名以上のエンジニアが活躍中!

登録に向いている人

  • エンジニア経験者の方
  • 首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)と近畿(大阪、京都、兵庫)で仕事を探している方

IT派遣社員ではなく正社員エンジニアに転職したい人向けサービス3選

【派遣という働き方を選んだ際の理由についてお伺いします。】

派遣を選んだ理由の最多は「正社員として働きたいが、職が見つからなかった」

要は不本意ながらも派遣を選んだということ。
できれば派遣ではなく正社員のエンジニアになりたい人は多いのが分かります。

追い込まれた男性

「いまアウトソーシングテクノロジーで正社員として雇われていて、派遣社員として某大手で働いています。先日ボーナスを貰ったのですがあまりに低すぎて頭おかしくなりそうでした。」
引用: Yahoo!知恵袋「労働条件、給与、残業」

現役社員による口コミ情報の通り。
アウトソーシングテクノロジーも例外ではありません。

しかし未経験から正社員のエンジニアに転職するのは難しい。

なぜなら、即戦力のエンジニアを探しているから。
実際、ある調査で9割以上の企業が採用基準を満たすエンジニアの採用は難しいと回答。

つまり、未経験ならスキルや経験を積んだうえで転職活動する必要があるといえます。

また派遣から経験を積んで正社員になるにも時間がかかり過ぎます。
最も効率的かつ有効な方法は、スキルを引っ提げて正社員求人に応募すること。

そんな派遣ではなく正社員エンジニアに転職したい人向けサービスがあります。

それが「転職保証付きのプログラミングスクール」
転職できなければ返金保証も付くスクールに通うことで全てが解決します。

ここではIT派遣社員ではなく正社員エンジニアに転職したい人向けサービス3選をご紹介していきます!

【サービス1】テックキャンプ

日本最大級のプログラミングスクール「テックキャンプ」
公式ホームページ:https://tech-camp.in

スクールの特徴・強み

  • 転職成功人数No.1!未経験から10週間でITエンジニアへ
  • 転職支援期間は学習終了後182日(39歳以下まで対応)
  • 独自開発の学習サイクルで習得効率アップ
  • 選べる受講スタイル(短期集中or夜間・休日)
  • 給付金活用で受講料最大70%オフ(上限56万円)

利用に向いてる人

  • 未経験からスキルを持ったITエンジニアに転職したい人
  • 確かな実績と手厚いサポートのもとプログラミングを学びたい人

【サービス2】GEEK JOB

受講料0円!20代向け無料のプログラミング学習&就職支援サービス「GEEK JOB」
公式ホームページ:https://camp.geekjob.jp

スクールの特徴・強み

  • 1000名以上が未経験からエンジニアに転職成功
  • 未経験でも転職・就職可能求人数は500社以上を紹介
  • 徹底した採用者目線での就職支援とプログラミング学習支援を実施

利用に向いてる人

  • プログラミング未経験から開発職のIT企業に就職したい20代
  • 社会人未経験やフリーターからIT業界正社員を目指している20代

【サービス3】DMM WEBCAMP

転職成功率98%の転職特化型スクール「DMM WEBCAMP」
公式ホームページ:https://www.lp.web-camp.io

スクールの特徴・強み

  • DMMグループならではの豊富なエンジニア求人
  • 未経験者のために開発されたカリキュラムと3つのコース
  • 活躍応援クーポン制度やキャッシュバックなどあり(期間限定)

利用に向いてる人

  • 働きながらスクールに通いたい人
  • 少しでもお得にスクール申込みしたい人

株式会社アウトソーシングテクノロジーの会社概要とサービス特徴まとめ

最後に株式会社アウトソーシングテクノロジーの会社概要とサービス特徴をまとめます。

会社名 株式会社アウトソーシングテクノロジー
設立 2004年12月
本社所在地 東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館16・17F
事業セグメント 国内技術系アウトソーシング事業
事業詳細 「PRODESK(常用雇用派遣)」
「IT JOBS(ITエンジニア採用サイト)」
「スタッフジョブズ(STAFF JOBS) (派遣サイト)」
「ものづくりJOBS(機電エンジニア採用サイト)」
経営理念 プロフェッショナルな人材を育み、 人とテクノロジーを融合させ、あらゆる産業のイノベーションを支援し、 働きがいの持てる社会を実現する。

まとめ:アウトソーシングテクノロジー1社のみに登録しておくのはやばい

アウトソーシングテクノロジーはやばいと言われる理由をまとめてきました。

改めて、アウトソーシングテクノロジーがやばい理由をまとめると、

アウトソーシングテクノロジーはやばいと言われる理由

  1. 年収が低いからやばい?
  2. 担当営業がよくないからやばい?
  3. スカウトメールがしつこいからやばい?

正社員のITエンジニアを目指したい方はプログラミングスクールに通うことをおすすめします。

未経験からITエンジニア転職!転職成功率9割超のプログラミングスクールおすすめ3選