給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事16選!求人の探し方と転職のコツ
悩むビジネスマン

「とにかく精神的に楽な仕事がしたい!給料は安くてもいい!仕事重視ではなく精神的負担の少ない仕事、ありますか?」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事を探している人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • 精神的に楽な仕事の定義と特徴
  • 給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事
  • 仕事のメリット・デメリットと逆におすすめできない業界

ハルマ@ブログ管理人ハルマ@ブログ管理人

「心身ともに負担の少ない仕事の探し方も解説していきます!今まさに精神的に追い込まれている方は、ぜひ参考にしてみてください!」

「精神的に楽な仕事」とは?定義と特徴

給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事を紹介する前に。
そもそも「精神的に楽な仕事」とは何なのでしょうか?

一言で定義するなら「ストレスの少ない仕事」
なぜなら、ストレスは人間の心身に様々な問題を引き起こすから。

実際、以下「A」「B」どちらがいいか?
質問した調査があり、「B」の楽な会社が支持される結果に。

  1. 今より給料が高くて忙しい会社:46.5%(207人)
  2. 今より給料が低いけど楽な会社:53.5%(238人)

ある調査から世界と比較しても、日本は精神的な豊かを求める傾向にあるのが分かります。

つまり、「精神的に楽」=「ストレスの少ない」状態だと定義できます。

ただ人によって、ストレスの原因も度合いも異なります。
仕事の種類によっても、受けるストレスや心身への負担は異なります。

どんな特徴を持つ仕事が精神的に楽なのか。

筆者の主観でまとめても信憑性に欠けます。
なのでエビデンスに基づいて、精神的に楽な仕事の特徴をまとめていきます。

【特徴1】仕事の量・質とも重くない仕事

まず1つ目の特徴が「仕事の量・質とも重くない仕事」

社会人は何らかのストレスを抱えながら仕事しています。
なかでも強いストレスとなっているのが「仕事の量」と「仕事の質」

具体的にどんな仕事がこれらストレスに該当するのか?
原因となる要因と関連する仕事の種類をまとめると以下表のようになります。

仕事におけるストレスの原因 原因に対する主たる要因 関連する仕事・業態
仕事の量の問題
  • 不適切な業務割振
  • 納期が短い
  • 長時間労働
  • 従業員が少ない
  • 上司の能力不足
  • 下請けの多い仕事
  • サービス系の仕事
  • ベンチャー企業
仕事の質の問題
  • 過度なノルマ
  • 高い成果要求
  • 裁量権がない
  • 責任ある役職
  • 営業系の仕事
  • コンサル系の仕事
  • 自由度の低い仕事
  • 管理職、PM

一言でいうなら「責任が少ない仕事」
実際に若手の半数近くは、ストレスが低くとにかく楽な仕事に留まっています。
(出典:リクルートワークス研究所「若手の45%が「ストレス」も「成長実感」も低い仕事をしている」

また責任が問われる管理職に上がれば、精神的負担が大きくなります。

つまり、精神的に楽な仕事とは責任が少ない仕事。
仕事の量も質ともに重くない仕事がこれらに該当するといえます。

【特徴2】休みが多くてしっかり取れる仕事

次に2つ目の特徴が「休みが多くてしっかり取れる仕事」

心の安らぎは休息で得られるもの。
休みが少なく、休暇取得できなければ精神的安定は得られません。

休みが多くて、定期的に有給休暇が取れる仕事が精神的な安心は得られます。

【特徴3】イレギュラー対応がない仕事

3つ目の特徴が「イレギュラー対応がない仕事」

突発的な対応は精神的負担が大きくなります。
例えば、接客業のように対人関係を主とした仕事は多くなりがちです。

では、イレギュラー対応がない仕事とは具体的にどんな仕事か?

それは「ルーティンワークの仕事」
手順・手続きがすでに決まっていて、創意工夫の必要ない業務になります。

マニュアルが完備されており、自分のペースで仕事に取り組めます。
手順が確立されているので、完了も明確で勤務時間内に終わらせられます。

つまり突発的な対応を必要としない仕事が、精神的に楽な仕事の特徴だと断言できます。

【特徴4】クレーム対応がない仕事

4つ目の特徴が「クレーム対応がない仕事」

ネガティブな環境は精神衛生上良くありません。
悪環境に巻き込まれない状態が、精神的健康にも良いとの研究結果が発表されています。

また人間関係の良好さは、心身の健康に欠かせません。
社会的欲求が満たされれば、精神的な充足感や安心感を得られます。

そんなクレーム対応が多い仕事は「対人ビジネス」
小売などのBtoC(個人向け)の仕事が多くなりがちです。

【特徴5】専門資格・学歴不要の仕事

そして5つ目の特徴が「専門資格・学歴不要の仕事」

専門資格を取るだけでも負担が大きい。
国家資格などの難関であればあるほど、精神的負担は少ないと言い難い。

学歴に関しても同様です。
つまり、専門的な資格がなくてもできる仕事が精神的に楽な仕事。

給料安くても精神的幸福感を得られる給与水準とは

ここまで精神的に楽な仕事の定義と特徴を解説してきました。

もう一つ、定義する必要があります。
それは給料安くても精神的幸福感を得られる水準とは何か?

いくら「給料安くてもいい」といっても生活できる水準は必要。
また精神的に楽でも幸福感(充実度)が高くないと、本質的な心の安らぎは得られない。

実際、給料上がっても幸福度は頭打ちになることは研究からも明らかに。

では心身ともにポジティブでいられる水準はいくらか?
答えは「300万円未満」、年収幅でいえば「年収250~299万円」

上図は年収に対する仕事のやりがいを示したグラフ。
驚くべきは、年収300万円未満の人と700万円以上の人が感じる「仕事のやりがい」はほぼ変わらない点。

むしろ年収低い方が仕事のやりがいは全体的に高い傾向にあります。
年収が高いと仕事の責任を問われて、やりがいを感じなくなるデメリットもあるようです。

また1人当たり平均所得金額は「222万3千円」
300万円あれば十分生活できる給与水準だといえます。

従って、生活できて精神的幸福感を得られる給与水準は「300万円未満」

給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事16選

給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事の条件

  • 精神的に楽な仕事の特徴に該当する仕事
  • 300万円未満(250~299万円)の給料が得られる仕事

これらの条件をもとに給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事16選をまとめます!

【正社員向け】給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事6選

【正社員向け】給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事6選についてです。

【正社員向け】給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事6選

  1. 社内SE
  2. 事務職
  3. 内部監査
  4. ルート営業
  5. インサイドセールス
  6. ルート配送の運転手

【仕事1】社内SE

「社内SE」

【仕事2】事務職

「事務職」

【仕事3】内部監査

「内部監査」

【仕事4】ルート営業

「ルート営業」

【仕事5】インサイドセールス

「インサイドセールス」

【仕事6】ルート配送の運転手

「ルート配送の運転手」

【女性向け】給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事5選

【女性向け】給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事5選についてです。

【女性向け】給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事5選

  1. 一般事務
  2. 総務
  3. 受付
  4. コールセンター
  5. Webライター

【仕事1】一般事務

「一般事務」

【仕事2】総務

「総務」

【仕事3】受付

「受付」

【仕事4】コールセンター

「コールセンター」

【仕事5】Webライター

「Webライター」

【バイト向け】給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事5選

【バイト向け】給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事5選についてです。

【バイト向け】給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事5選

  1. 施設警備員
  2. データ入力
  3. 清掃員
  4. 図書館のスタッフ
  5. ビルメンテナンス

【仕事1】施設警備員

「施設警備員」

【仕事2】データ入力

「データ入力」

【仕事3】清掃員

「清掃員」

【仕事4】図書館のスタッフ

「図書館のスタッフ」

【仕事5】ビルメンテナンス

「ビルメンテナンス」

給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事の探し方

ここまで給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事をまとめてきました。

悩むビジネスマン

「仕事は分かったけど、どうやって探せばいい?探し方も教えてほしい!」

ここでは給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事の探し方を解説していきます!

【探し方1】転職エージェントをフル活用する

まず1つ目の方法が「転職エージェントをフル活用する」

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

【探し方2】転職サイトに登録して求人を探す

次に2つ目の方法が「転職サイトに登録して求人を探す」

【探し方3】元社員の口コミから会社を探す

そして3つ目の方法が「元社員の口コミから会社を探す」

逆に給料安いのにストレスも多いおすすめできない3つの業界

逆に給料安いのにストレスも多いおすすめできない3つの業界もあります。

それが以下表で示す3つの業界。
根拠は公的機関が公表する資料から数字を引用しています。
産業の平均と比較しても、これら3つの業界は著しく労働環境は悪いといえます。

給料(千円) 年間休日総数(日) 離職率(%)
宿泊業,飲食サービス業 257.6千円 102.9日 51.5%
生活関連サービス業,娯楽業 268.2千円 105.6日 46.5%
医療,福祉 291.7千円 111.5日 38.6%
産業計 392.7千円 113.7日 31.2%

【数値データの引用元情報】
厚労省「令和3年賃金構造基本統計調査の概況」
厚労省「平成30年就労条件総合調査の概況」
厚労省「新規学卒就職者の離職状況」
経団連「定期賃金調査結果」

これらの仕事を一言でいうなら「感情労働」
接客を主とした労働で「バーンアウト」(燃え尽き)に陥りやすい仕事です。

相手に合わせるような仕事は過度なストレスとなってバーンアウトに陥る。
結果、精神的にも肉体的にもストレスが生じて、生活に支障をきたすと報告されています。

実際、給料と仕事が割合に合わないと過度なストレス。
7割もの社会人が仕事にストレスを感じていることが分かります。
(出典:エン・ジャパン「ストレスと解消法調査」

割に合わない仕事は早々に職を変えるのが賢明です。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事を選ぶメリット

社会人の約2割は「隠れストレス負債者」といわれています。
つまり、知らず知らずのうちにストレスを抱えているということ。

給料安くても精神的に楽な状態。
実はそれだけでも、心身ともにメリットがあります。

なぜなら、給料上がっても幸福感は満たされないから。

具体的な心身にもたらすメリットとは何か?
給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事を選ぶメリットをまとめます。

【メリット1】メンタルヘルスに良い影響をもたらす

まず1つ目のメリットが「メンタルヘルスに良い影響をもたらす」

仕事とプライベートの両立は大切です。
ただ、仕事への強迫性が強くなればオフの時も仕事のことを考えてしまう。

結果、メンタルヘルスは不調をきたす結果になります。

【メリット2】ストレスのための生活コストを抑えられる

次に2つ目のメリットが「ストレスのための生活コストを抑えられる」

心身によい影響を与える、だけではありません。
でも実は、生活コストを抑えられるメリットもあり。

上図の通り、ストレスが溜まると人間は散財してしまう傾向があります。

精神的に楽な仕事はストレスが少ない仕事。
つまり、散財が減るので手元に残る収入も増えるメリットあり。

【メリット3】仕事への不満が減れば退職するリスクも減る

そして3つ目のメリットが「仕事への不満が減れば退職するリスクも減る」

上図は、従業員満足度と退職率の関係を調べたグラフ。
従業員の満足度向上(仕事への不満低下)は退職率低下に寄与することを公表。

つまり、勤めやすいメリットあり。
会社も定着率が向上し、双方にとってメリットあり。

給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事を選ぶデメリット

仕事のメリットがあればデメリットもあります。
具体的にどんなデメリットが潜んでいるのか?

給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事を選ぶデメリットをまとめます。

【デメリット1】将来の選択肢が狭まるリスクあり

まず1つ目のデメリットが「将来の選択肢が狭まるリスクあり」

AIが人の仕事を代替する未来はすでに予測されています。
(出典:労働政策研究・研修機構「人生100年時代のキャリア形成と雇用管理の課題に関する調査」

まったく負担のない仕事を選ぶのも考えもの。
AIによる代替される可能性も秘めている、リスクあり。

給料安い仕事はますます代替される運命。
つまり、発展的なキャリアを積むのが難しくなるデメリット。

人生100年時代。
ライフプランだけでなくキャリアプランも考えたとき、本当にこのままでいいのか?

【デメリット2】キャリアを積めない(=リストラの可能性あり)

次に2つ目のデメリットが「キャリアを積めない(=リストラの可能性あり)」

【デメリット3】経済力がないと結婚は難しくなる

そして3つ目のデメリットが「経済力がないと結婚は難しくなる」

結婚相手に求める条件は「経済力」
給料安いと到底条件には満たされなくなります。

つまり、給料安いと結婚が遠のくデメリットあり。
結婚を考えている人は、経済力も念頭に置いて活動する必要がありそうです。

精神的に楽だけど給料安いのが不満なら副業するのがおすすめ

ここまで給料安いけど精神的に楽な仕事の情報を紹介してきました。

精神的に楽な仕事・会社を選ぶ人は多いです。
ただ、給料が低いことに不満を抱く人も多いのは事実です。

実際、離職理由のトップは「給与に不満」
(出典:労働政策研究・研修機構「若年者の離職理由と職場定着に関する調査」

なかには「給料低い会社(400万円未満)」=「ブラック企業」
このような認識が、就活生だけでなく採用担当者の間でも広まっていることが調査で明らかに。

「でも今の精神的に楽な仕事に留まりたい。」
現在の状態をキープし、収入を増やす方法が一つあります。

それが「副業する」、というライフワーク。
精神的に楽だけど給料安いのが不満なら副業するのがおすすめです。

副業をしている理由の半数以上が「収入を増やしたいから」
(出典:厚労省「副業・兼業に係る実態把握の内容等について」

事実、副業での平均月収は「6.82万円」
調査結果から時給換算で平均「1652.1円」、収入を得ていることになります。

精神的に楽な仕事をそのまましたい。
でも給料安いのがデメリットで改善したい。

そんな方は、副業に挑戦することを強くおすすめします。

おすすめは「結婚相談所経営」
男女を成婚に導く社会貢献性の高い事業。

場所も、時間も、自由に選べる副業・起業ビジネスとなります。

結婚相談所経営の中でも「日本結婚相談所連盟」への加盟がおすすめです。

粗利益90%以上!上場企業運営の信頼できるビジネス。
興味があれば無料の説明会に参加してみてはいかがでしょうか。

給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事に転職するコツ

給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事に転職するコツをご紹介します。

【コツ1】ストレスの原因を特定する

「ストレスの原因を特定する」

【コツ2】自己分析を行い強み・弱みを把握する

「自己分析を行い強み・弱みを把握する」

自己分析に役立つ!プロのキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【コツ3】転職動機を明確にし面接でポジティブに伝える

「転職動機を明確にし面接でポジティブに伝える」

「精神的に楽な仕事を探してる」と伝えても受からない。
採用企業にメリットが伝わるような動機を考える必要がある。

【コツ4】転職エージェントを活用して転職活動を有利に進める

「転職エージェントを活用して転職活動を有利に進める」

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)

【コツ5】企業分析からブラック企業ではないかリサーチする

「企業分析からブラック企業ではないかリサーチする」

給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事に就く前に考えたこと

給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事に就く前に考えたことがあります。

それは「何のために仕事をするのか?」

給料安くて精神的に楽でも生活の質は上がらない
将来設計に不安は残ったまま

重視したいのは「ワークライフバランス」
仕事と生活の調和を重視したい層が一層ふえている。

つまり満足度の高い仕事は何なのかを考えるのがとても大切。

人生100年時代。
今は楽な道を選んだとしても、結果将来的に跳ね返ってくることになる。

自己分析に役立つ!プロのキャリアコーチングサービスおすすめ3選

まとめ:給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事と求人の探し方

給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事と求人の探し方をまとめてきました。

改めて、給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事をまとめると、

給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事16選

  1. 社内SE
  2. 事務職
  3. 内部監査
  4. ルート営業
  5. インサイドセールス
  6. ルート配送の運転手
  7. 一般事務
  8. 総務
  9. 受付
  10. コールセンター
  11. Webライター
  12. 施設警備員
  13. データ入力
  14. 清掃員
  15. 図書館のスタッフ
  16. ビルメンテナンス

無料で手厚いサポートが受けられる!転職エージェントおすすめ3選(Web面談実施中)