市役所への就職は難しい?理由と公務員試験に一発合格者を輩出したおすすめ受験対策
悩むビジネスマン

「市役所への就職は難しい?公務員になりたいから、おすすめの受験対策があれば教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「市役所に就職したい人」や「公務員になりたい人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • 市役所への就職は難しいかの結論
  • 市役所採用試験に受かる人の特徴
  • 公務員試験に一発合格者を輩出したおすすめ受験対策

ハルマ@ブログ管理人ハルマ@ブログ管理人

「市役所への就職は難しいのかどうか?合格者や現役公務員の口コミをもとに解説!今まさに市役所に就職したい方や公務員になりたい方は、ぜひ参考にしてみてください!」

本記事の結論を先にお伝えすると・・・

結論、市役所への就職は難しいです。
採用倍率が高く、受験対策もそれ相応の時間と労力をかける必要があります。

しかし、難易度が高くても合格する人はいます。

そしてこれら合格者には、「ある共通点」があります。
それは「合格実績の優れた通信講座を受講している」ということ。

実は、公務員試験に多くの一発合格者を輩出した受験対策があります。

その受験対策というのが、公務員試験に2年で合格者7.56倍に増加させた話題の通信講座「アガルートアカデミー

アガルートのカリキュラム受講者数は、2年で7.46倍。
公務員試験講座を受講して、合格者数は2年で7.56倍に急増する人気の通信講座です。

ですが優れた反面、デメリットを一つ挙げるなら「価格」
簡単に手が出せるほど、手軽な価格設定ではないのが最大のデメリットです。

しかしアガルートでは、通信講座の無料体験を実施しています。
さらに、他通信講座では行われていない「講座の全額返金」する特典まで付けています。

気になる方は公式ホームページから簡単に無料体験を申込みできます。

悩んでいる間にも、あなたの貴重な時間はどんどん過ぎ去っていきます。

公式ホームページから「資料請求」を選ぶと「無料体験(資料請求)」のページに移ります。
※現在、期間限定で「教育クレジットローン分割手数料0円キャンペーン」を実施中!詳細はこちらからご覧ください。
※アガルートアカデミー公務員試験講座の詳しい評判についてはこちらから確認できます。

【結論】市役所への就職は難しい?

頭を抱えた男性

「市役所に就職するのは難しいですか?」
引用: Yahoo!知恵袋「公務員試験」

「市役所への就職は難しいのかどうか?」
市役所で働きたい、公務員になりたい人にとって、非常に気になる情報です。

結論からいうと、市役所への就職は難しいです。

なぜ難しいのか?
具体的な市役所への就職は難しい理由について解説していきます。

【理由1】採用倍率が高いから難しい

まず1つ目の理由が「採用倍率が高いから難しい」

市役所採用試験の倍率は、市役所ごとに異なります。
ですが概ね倍率は高く、国家公務員採用試験よりも倍率は高い場合が多いです。

実際に市役所の採用倍率の一例(事務系の場合)を示すと、以下のようになっています。

市役所採用試験|採用倍率(令和4年実績) 受験者数 最終合格者数 倍率(合格率)
市川市(千葉県) 471人 35人 13.5倍(7.4%)
川口市(埼玉県) 673人 61人 11.0倍(9.1%)
川崎市(神奈川県) 1,035人 174人 5.9倍(16.8%)
明石市(兵庫県) 1,127人 24人 46.9倍(2.1%)
呉市(広島県) 110人 24人 4.6倍(21.8%)

中には46倍の採用倍率を超える市役所もあります。

市役所公務員は人気があるからこそ採用倍率も高くなりがち。
競争率が上がれば、就職はより難しさも増すことは必須です。

つまり、市役所への就職は簡単ではないということ。
受ける以上は、万全の受験対策をとって臨む必要があるといえます。

【理由2】筆記試験の出題範囲が広いから難しい

次に2つ目の理由が「筆記試験の出題範囲が広いから難しい」

市役所採用試験は、大きく「筆記試験」と「面接試験」があります。
さらに筆記試験出題範囲は、「教養科目」と「専門科目」で構成されます。

受験する市役所によって受ける科目は異なります。
「教養科目」はほぼ必須で、「専門科目」が必須ではないケースは多いです。

実際、どれくらいの科目と範囲を勉強しないといけないのか?
「教養科目」と「専門科目」を一覧で示すと、以下の表になります。

筆記試験 分類 試験科目
教養科目 一般知能 数的処理(数的推理、判断推理、空間把握、資料解釈)
文章理解(現代文、英文)
一般知識 人文科学(世界史、日本史、地理、思想、文芸)
自然科学(数学、物理、化学、生物、地学)
社会科学(法律、政治、経済、社会)
時事
専門科目 法律系 憲法、民法、行政法、労働法、刑法、商法
経済系 ミクロ経済学、マクロ経済学、財政学、経済事情
政治系 政治学、行政学、社会学、社会政策、国際関係論
その他 経営学、会計学、統計学

一般教養から専門分野まで。
幅広い知識を求められるのが、市役所採用試験の特徴ともいえます。

そのため、受験生の口コミをみても、試験範囲が広すぎて何から手を出したらいいか分からないとさえ吐露しているほど。

科目数が多いと、勉強する学習範囲も広くなります。
学習範囲が広くなれば、それだけ試験対策にも多くの時間を要します。

つまり、合格に向けた学習計画は必須だということ。
効率的な勉強法と合格に特化した受験対策がなければ、合格は難しいといえます。

【理由3】筆記より面接の方が難易度は高いから難しい

そして3つ目の理由が「筆記より面接の方が難易度は高いから難しい」

市役所採用試験の多くは、一次試験と二次試験の結果で合否が決まります。
一次試験が前述の「筆記」なら、二次試験は「面接」と「小論文」にあたります。

筆記試験を重視されがちですが、面接に通らなければ、内定獲得は実現不可能です。

面接対策を疎かにすれば、簡単に落とされます。
さらにいえば、市役所採用試験の場合、面接の方が対策は重要だといえます。

なぜなら、面接試験の方が筆記より配点は高い場合が多いから。
実際、川崎市の職員採用試験の配点を見てみると、面接試験の配点は高いのがわかります。

川崎市の職員採用試験 一次試験(筆記) 二次試験(面接+小論文)
配点 300 700

(出典:川崎市「令和5年度試験案内(大学卒程度等)」

二次試験の方が一次試験に比べて、倍以上の配点になっています。
さらに公務員試験合格者も、今は筆記の出来より人物重視と説きます。

デスクワーク(男性)

「元公務員です今は筆記試験よりも人物重視はあたりまえです。テストで成績いい人間や世間でいう高学歴の人が必ずしも仕事ができるとは限らないからです。」
引用: Yahoo!知恵袋「公務員試験」

つまり、筆記試験だけの対策では不十分だということ。
面接が苦手な人は、なおさら面接対策を重点的に行う必要があるといえます。

結局、市役所への就職は難しいから辞めたほうがいい?

ここまで、市役所への就職は難しい理由を解説してきました。

結論、市役所への就職は難しいのが事実。
採用倍率が高く、受験対策もそれ相応の時間と労力をかける必要があります。

それでは結局、市役所への就職は難しいから辞めたほうがいいのでしょうか?

結論からいうと、無理ではありません。
なぜなら、公務員採用試験の受験者数は年々減少傾向にあるから。

受験者数が減少すれば、競争率は低下します。
競争率が低下することで、合格可能性は高まるということ。

つまり、市役所公務員になるなら今が絶好の機会。
しっかり受験対策を行い、明確な志望動機を持って臨めば内定可能性は高いといえます。

就職は難しいと言われる市役所採用試験に受かる人の特徴

市役所への就職は難しいのが現実。
ですが、受験者数が減少する昨今、対策次第では合格可能性は高まります。

ではどんな人が、公務員の採用試験に受かるのか?
具体的な就職は難しいと言われる市役所採用試験に受かる人の特徴をまとめます。

【特徴1】合格するための学習計画を立てて勉強した人

まず1つ目の特徴が「合格するための学習計画を立てて勉強した人」

公務員試験の合格に必要な勉強時間は1600時間。
1年(365日)で合格するにも、1日4時間以上の勉強は必要です。

つまり、公務員試験は長期戦だということ。
合格に向けた学習スケジュールを立てることは絶対条件です。

スケジュールすら立てずに勉強する人は、残念ながら合格することはないでしょう。

【特徴2】独学ではなく合格者に教わりながら学習した人

次に2つ目の特徴が「独学ではなく合格者に教わりながら学習した人」

学習計画を立てるだけでは合格できません。
「勉強の仕方(アウトプットの方法)」も同じくらい重要です。

実際、合格者のほとんどは予備校ないし通信講座を受講しています。

つまり、試験合格者に教わりながら学習したということ。
「餅は餅屋」、「馬は馬方」というたとえの通り、その道の専門家に正しい勉強法を教わるのが最短ルートだといえます。

【特徴3】合格実績に優れた通信講座を受講して対策した人

そして3つ目の特徴が「合格実績に優れた通信講座を受講して対策した人」

人間に与えられた時間はみな平等。
1日24時間をどのように過ごすかは、自由です。

しかし、公務員試験の日程は決まっています。
いつから、どれくらいの勉強期間を確保しても、試験は訪れます。

この「時間の使い方」の重要性を理解している人が、合格した人の特徴です。

逆をいえば、合格できない人の多くは時間の使い方が下手。
すべて独学でやろうと見栄を張り、無駄に時間を「浪費」する特徴があります。

一方、合格できる人は常に「投資」という観点を持っています。
「お金で時間を買う」という発想は、試験合格に限らず、成功者の共通項。

つまり、公務員試験において、有効な時間の使い方というのが「通信講座」
しかも単なる通信講座ではなく、合格実績に優れた通信講座を選ぶことで合格の確度は上がります。

【内定特典あり】公務員試験に一発合格者を輩出したおすすめ受験対策

頭を抱えた男性

「市役所への就職は難しいのは分かった!それでも挑戦したい!でも、どうすれば合格に近づける?受験対策がわからない・・・」

結局、どうすれば合格に近づくのか?
あなたが知りたいのは、受かる人の特徴よりも、行った受験対策ですよね?

実は、公務員試験に一発合格者を輩出したおすすめ受験対策があります。

その対策というのが、公務員試験に2年で合格者7.56倍に増加させた話題の通信講座「アガルートアカデミー

アガルートのカリキュラム受講者数は、2年で7.46倍。
公務員試験講座を受講して、合格者数は2年で7.56倍に急増する人気の通信講座です。

独学で試験合格を目指すのは遠回りです。

人生において、「時間的ロス」は取り返しのつかない損失。
公務員を目指すなら、早期に合格するに越したことはありません。

そんなアガルートの受験対策や学習メリットについて、ここではご紹介していきます!

【メリット1】合格実績に対するコスパの良さ

まず1つ目のメリットが「合格実績に対するコスパの良さ」

アガルートの合格者数は、2年で7.56倍に急増。
現役大学生だけでなく、社会人でも公務員試験に合格者を輩出する優れた通信講座です。

合格者の多くが、一発合格や短期合格者。
これほどまでに合格者が増える背景には、充実のフォロー制度が挙げられます。

特に人気を集めるのは「論文添削が充実している点」
実際、論文添削などフォロー制度の手厚さで受講を決断する人も多いほど。

デスクワーク(男性)

「アガルートは論文添削とか質問への解答とか進捗管理とか完全にやってくれるけど、スタディングは講義動画とサンプルスケジュールのみ。質問も課金が必要」
引用: Twitter

他の通信講座で手厚くフォローする講座はなし。
なかには、受講料とは別に課金する必要がある通信講座もあるようです。

つまり、圧倒的な合格実績を誇る通信講座がアガルートだということ。

講師に直接質問することも無料かつ回数無制限で可能です。
公務員試験の合格を目指したい方には、最後の救世主ともいえそうです。

【メリット2】合格までのフォロー制度が充実

次に2つ目のメリットが「合格までのフォロー制度が充実」

アガルートでは、様々なフォロー制度が整っています。
具体的には、以下2つの受講生をサポートするフォロー制度を受け取れます。

通信講座だからこその充実のフォロー制度

  1. 「学習サポーター」に学習スケジュール、進路を相談!
  2. 講師に聞ける!Facebook質問制度(無料・回数無制限)
  3. 小林講師に勉強方法を相談!実力定着確認!毎月1回のホームルーム
  4. オンライン業務説明会
  5. 定期カウンセリング(オプション)

※「教養+専門型ワイド・スタンダード対策カリキュラム」の場合

さらに、苦手な人も多い「二次試験対策講座」も充実しています。

二次試験対策講座

  1. 講師による論文添削
  2. 無制限の模擬面接
  3. グループワーク対策
  4. 面接再現レポート

※「教養+専門型ワイド・スタンダード対策カリキュラム」の場合

合格の最短ルートを実現するフォロー制度。
フォロー制度の詳細については、こちらから確認できます。

【メリット3】内定したら全額返金する制度あり

そして3つ目のメリットが「内定したら全額返金する制度あり」

アガルートの真骨頂ともいえる「内定特典」
公務員試験合格で受講料の全額返金を受けられる嬉しいメリットです。

アガルート公務員試験講座の内定特典(1or2)

  1. お支払金額全額返金
  2. お祝い金3万円分贈呈

さらに、その他にも割引制度やお得な特典が多数付いています。

アガルート公務員試験講座の割引制度

  • 再受講割引制度
  • 他校乗換割引制度
  • 家族割引制度
  • グループ割引制度
  • 司法試験・予備試験受講生割引制度

さらにさらに、友人紹介制度もあり!
紹介者には現金2万円をキャッシュバックし、申込者には5%OFFで講座申込できるクーポンを発行。

内定特典・割引制度の詳細については、こちらから確認できます。

【Q&A】就職は難しいと囁かれる市役所採用試験に関するよくある質問

最後に就職は難しいと囁かれる市役所採用試験に関するよくある質問をまとめます。

【質問1】市役所の倍率をランキングで教えて!

悩むビジネスマン

「市役所職員の倍率はどのくらいですか?ぐぐってもよくわかりません。、」
引用: Yahoo!知恵袋「公務員試験」

【質問2】公務員採用試験に受かりやすい市はどこ?

悩むビジネスマン

「市役所をどこ受けるか決まっていないです。やはり地元の方が受かりやすいでしょうか?私は地元ではなく他の市の市役所を受けたいと思っています。アドバイスお願いします!」
引用: Yahoo!知恵袋「公務員試験」

【質問3】市役所の合格難易度は大学レベルでいえばどこ?

悩むビジネスマン

「県庁や市役所の合格難易度は、大学のレベルで言うと場所にもよると思いますが、関関同立MARCHレベルの難易度って認識で合ってますか?」
引用: Yahoo!知恵袋「公務員試験」

まとめ:市役所への就職は難しい理由とおすすめの公務員試験受験対策

市役所への就職は難しい理由とおすすめの公務員試験受験対策をまとめてきました。

結論、市役所への就職は難しいのが現実。
ですが、近年受験者数は減少傾向にあり、受験対策次第で合格可能性は高まります。

改めて、市役所への就職は難しい理由をまとめると、

市役所への就職は難しい理由

  1. 採用倍率が高いから難しい
  2. 筆記試験の出題範囲が広いから難しい
  3. 筆記より面接の方が難易度は高いから難しい

公務員試験合格の人生を叶えたい人向けの通信講座が「アガルートアカデミー